FC2ブログ
『さてめしアネックス』
放浪旅と、名物と…
隠密の旅② 一旦帰宅
当初はあれです、初宿泊地から次のそこを目指す…となると自宅からJR最寄り駅となる新宿通過ですよ、肝は。
ここを通過しつつ次のそこを目指すと言うのもまあ背徳感とか…そこで里心とか…これは単なるサービスギャグですが、それがあるから横須賀線のそれで横浜まで行って、そこから横浜線で北上とか考えていたのです。

ただ、例の証明書コピーの発送問題が。こういうのは放っておくと忘れかねないのです。ということで…一旦…帰宅することにしました。
旅の途中で自宅に寄る…こういう展開は当然!初めてでしたよ。

で、妙な話ですがよそへ泊まっておいて、そしてこの夜もよそへ泊まるのですが…一旦自宅へ戻って、書類に書き込みコンビニでマイナンバーカードのコピーを取り、それをホテルへと送るという。そして今度は忘れずにマイナンバーカードを持ってうちを出る、と。
なんかあれですね、放蕩無頼の作家とかが自宅には寄り付かなくてあちこちを泊まり歩き、たまに自宅に…父方の祖父がそういうひとで、資産家だったもののあちこちの…この話は止めよう。

しょうがおむすびとひじきとくわいのパン

まあ早いほうがいいとコンビニおむすび一個を食べたくらいで自宅へ戻ってましたから、あらためて次の目的地へと向かう途中…補給食としてニューデイズで…年末閉店でした。

ただ、接続のこの駅には自家製パンやおむすびの店も、ホームからも待合室からも使える形態で営業してますので、こういうものを。
しょうがおむすびは自作チャレンジ欲をそそるものでしたし、ひじきとくわいのサラダパンはくわいの食感が楽しいものでした。

雪をかぶる八ヶ岳

雪をかぶる有名山脈…美しいなぁと。しかしこののち、もっと美しいものに出会うこととなるのですが。

あの店はなくなったけど

とりあえず、到着。ここで正式なお昼に。この駅の、とあるホームには美味しい立ち食いそば店があって、これは旅人だけにあらずアルピニストにも人気の店だったのですが、昨今の事情か…惜しくも昨年、閉店してしまったのです。

ところが、別のホームにあるこの店がなかなかに評判がいいようなので、ならばここに伺ってみるか、と。

葉わさびそばに山菜追加

先の店には葉わさびそばという、まさか立ち食いそばでそんなものがいただけるとはなメニューがあったのですが、こちらにもありました。そしてさらに、山菜をトッピングするという…内陸&山地における個人的ぜいたくそばですよ、これ。
そして噂通り、立ち食いのレベルじゃないな、と。さすがに当地はそばどころで、そしてわさびどころでもあるなぁ…あの店はもうないけれど、ここがあるじゃないか。

タケちゃんマンを思い出す

美味しいものをいただいてうれしい気持ちで改札を出て、そして一度は訪れてみたかった観光スポットへ…と、その途中で出会った看板。
飯ライス…遠い記憶が蘇ります。『タケちゃんマン』の中のドラマシーンで、食堂に入ってきた労務者風のタケちゃんが「飯ライスとご飯ねー」と。店のかたも「はーい」…はーいじゃないよ、飯ライスとご飯ってなんだ?と笑い転げたものでした。

ところどころ道に雪

向かうところどころに雪…寒いといえば寒いのですが、もうこの頃は東京もやたら寒くて困ってましたから、特別に寒いと感じることはなかったのですが。

見えてきましたが

そして、見えてきました。一度は来てみたかったのです。


(つづく)

スポンサーサイト



隠密の旅① 仕事を納めて
18きっぷシーズンの到来となって…このシーズンは帰省が出来ませんでしたから、ひさびさに各地を…と思ったところで、Go To の期間停止の問題が。

もとより遠くまでどうのこうのとは思ってませんでした。むしろ近郊で…以前から気にしてた宿泊地全国制覇…これの達成に振るのはどうだろうかと思ってたのです。

訪問の全都道府県制覇はもうとっくに成し遂げてますし、北海道全振興局は支庁時代に訪問全制覇してますし、余談ですが旧国単位でも離島以外はすべて訪問してます。

こういう状況でした

そして宿泊全国制覇…まずはこういう状況でした。高知県に関してはもうあそこは、関東のかたがたも関西のかたがたも“鉄道で行くところじゃない”的な発言をしておられて…東京からもっとも遠い県だとは思ってましたが、関西エリアのかたがたもそうなのかと。


で、仕事納めの日。始発で出る呼ばれ仕事でしたが、それが急遽仕様の変更があったりして…詳しく書いても別に面白いものではないのですが、まあ一旦うちに帰って仮眠したりして…このことや以前の当日中止についての…として当日に「申し訳ありませんでした」と、その親方から税金のかからない補填が出た、と。
それはそれで…旅の小遣いとしてありがたいものです。

仕事納め後の生ビール

そして、まずは隣県へ。これは旅費交通費も千円程度ですから、当然18きっぷは使いません。そして、チェックインで問題が。
これは肝心なことですが、身分証明書…わたしの場合はマイナンバーカードなのですが、これをうっかり忘れてきてしまったのです。これがないとGo To の恩恵は受けられないのです…が?

お通しの牛たん煮込み

ホテルもホテルです。ここで断ってしまっては収入も減ですし…後日証明書のコピーを郵送してくださいということに。魚心あれば水心…助かりました。

牛たん三種盛り合わせ

そしてクーポン片手に繰り出した夜の街…使えるところが近くに全然なくて…そういう話をリアルタイムで書きましたが、ここはと思ったところが全然料理が出てこなくて…と。
「お飲み物のおかわりはいかがですか」といわれても…「料理が出てこないんじゃあ頼み様もないよ」といったらまもなく牡蠣の雲丹焼きが出てきたということは…もしかして…料理をなかなか出さずに酒で繋がせて稼ぐ手法か?

だったら最低なのです。ここの店名には東京の地名が入ってましたが、どこにしろもうこの店に入ることはないでしょう。ふざけんじゃないよ。

熟成牛たん塩焼き・とろ牛たんのたたき・牛たん煮込みパイ皮包み焼きの牛たん三種盛り…これまた続けてすぐに登場しました。料理は最高なのですが、店は客数組なのに異常なほどの料理の遅さと…もし上記のような方法を取ってたんだったとしたら…本部からそういう指令が出てるのならもう…とにかく二度目はないですね。

セブンイレブンでポンデケージョ

帰りにセブンイレブンに寄りました。逆にホント、ここで好かったのかも。前に情報としては聞いてたポンデケージョ…これ、自宅近所にもあったかなぁ…とか思って、〆に購入。
美味しかったです。ブラジルのものですが、訳せば“チーズのパン”ってなものです。好きなんですよ。


そして、本来なら泊まりどころではない近さのところに宿泊しましたが、上記のような事情が出来ましたから、翌日の予定がちょっと変更となりました。


(つづく)


※あれに罹患すると発症までに数日、そして治癒するまで二週間…その期間を過ぎて全く症状も出ませんから、発表することとしました。但し、地名など具体的なことは扱いません。旅好きならあそこじゃないかと想像したり特定したり…そこで楽しんでください。今回はそういう連載記事となります。



アイデアが面白い油そば
こんなものを売ってました。

チキンラーメンの油そば

普段は食べることもないのですが、チキンラーメンで油そば?という疑問からついつい手に取ってしまったという。

添付がちょっと変わってる

添付がちょっと変わってます。ラー油とお酢の追いがけパックなんてのが。好みのタイミングで味を変えるという…店でこういうものを食べてる際に途中から卓上の調味料を…あの感覚でしょうか。

切った湯がスープになる

そもそもめんに味が付いてるチキンラーメンで湯切りをするなんてと思いましたが、これがそのままスープになるという面白い展開。カットわかめや刻みネギは加えましたが、これはまさにチキンラーメンスープと呼べる味。
もしかして主役はスープなのでは…とも思いましたが、太めで平打ち気味のめんがなかなか面白いのです。個人的な好みで刻みキャベツも添えて混ぜながらいただきましたが、これはこれで面白かったです。追いがけパックで途中からサッパリ味に変えたり出来ましたし。


この業界もいろいろと考えるものだなぁ、と。でも、単なる名店再現ものや奇をてらいすぎたものより、こういう発明のほうに好感が持てますよ。
面白い一杯でした。

ピットインで出会う
仕事帰りにペダルを踏みつつ、ちょっと小腹が…そこで思い出したのが店内ベーカリーのあるデイリーヤマザキ。
ただ最近はどこも、コロナ禍の影響か品数が少ないのです。なければまあ、肉まんでもいいかと思ってたのですが…

フレンチトーストハムチーズ

ちょっと面白いものがありました。フレンチトーストなのですが、中にハムとチーズが挟まってるのです。これまではわたし、フレンチトーストといえば甘いもので…食事にはちょっとなぁと思ってたのです。
これも当然、フレンチトースト自体は甘いものでしたが、甘いのは表面だけで中までどっぷりというのではありません。そして挟まってるハムとチーズはしょっぱいものですから…いかがなものかと思ったらこれが美味しいのです。
それぞれの甘さとしょっぱさがお互いを高めあってるかのよう。なるほど、そういうアイデアなのですね。

チキングラタンロール

これはまた別のヤマザキですが、ここも最近は品数が少ないとはいえ、相変わらずチキングラタンロールなんていう、素敵なものが。しかもこれ、まだ出来たてのホカホカでしたから、温めてもらわなくても身体が温まりました。


ちょっと面白い発見のあったピットインでした。

広島式!
東京・銀座に広島県のアンテナショップがあって、それこそ現地の中でも狭い範囲でしか手に入らないけど旨さ炸裂な『みやけのがんす』も手に入ったりしてありがたい…ここは広島県の飛地なのです。

広島式ご飯にかける汁なし担々肉味噌

こんなものを見つけました。いつかはと思っていたものです。広島式の辛いめん類って、知るひとぞ知るというか…辛いモノ好きならご存知ですよね。激辛つけめんなんて有名ですよ。
そんな中の、汁なし担々麺…これの上部構造をご飯用にアレンジしたものがありました。

ご飯向けアレンジ二人前くらい

これは…使用量としては二人前は取れるそれでしょうか。まあ、いわゆる肉味噌なのですが。

個人的にはご飯には味が強すぎ

ご飯に載せて、作例写真にあるように温玉も載せました。ついでにフリーズドライの三つ葉なんかも散らしてますが。
で…これはこれで悪くないのですが、個人的にはもう味の濃すぎるものはちょっとあれなので…肉味噌は半量=パックの1/4でもいいかも。

うどんに坦々肉味噌は合う

これはご飯向けに調製されてるものなのかもしれませんが、じゃあめん類ならどうなのだろうと細うどんで試してみれば…これがバッチグー(死語)でした。
かき混ぜていただきましたが、茹でたてめん類は湯気を含めて水分を含みますし、それで上手いこと味が伸ばされたのかな…これは好きな味わいでした。


となると次はご飯アレンジではない広島式汁なし担々麺をアンテナショップで探して…いや、現地でいただくのが最上ですが、この状況下ではなかなかそうも行きませんし、安芸といえばあのカレー屋さんがあるし…嗚呼っ!食べたい!あの店で辛さ10フィーバーくらいでナックルカレーを食べたいので…すいません、なかなか伺えないので取り乱してしまいました。


広島といえばお好み焼きともみじ饅頭…それだけではないのです。地元の皆さんが楽しんでおられる…これこそがご当地グルメですよ。
今はなかなか大変な時代ですが、各地のアンテナショップがあるなら(=ない場合はお取り寄せで)、全国各地の名物を応援したいものです。