さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
シリーズ《親友》③ 大阪みやげ編
これは親友の帰省先である、大阪のみやげです。四半世紀を越える付き合いながら、未だヤツが大阪弁で話すのを聞いたことがない…そこに何があるのか知りませんが、実家では大阪弁で話してるのでしょうか。

グリコのどて焼き丼

多分、駅のそういうコーナーで売ってるのかも、グリコ『DONBURI亭』から『どて焼き丼』です。
ええもう、関西限定の文字が躍ってます。重ねて通天閣のイラストも誇らしげです。

牛すじこんにゃくたけのこ

“大阪ソウルフード”のコピーもありますが、そもそもどて焼きやどて煮といわれるそれ、東海から関西にかけて一般的なものですが、牛すじなどバラエティミートとこんにゃくを味噌で煮込んだ…そういうものなのです。
これは、それに加えてたけのこまで加わってるところに期待が高まりますよ。

手軽に美味しいどて焼き丼

これは素晴らしかったですね!甘辛な味わいですが、濃すぎず薄すぎず、下の丼飯がわしわしと進む味わいです。左党ならついつい、これを肴に一杯…などと思いかねないところですが、これはご飯にあわせた味ですね。特にたけのこのアクセントは、想像どおりの面白さでした。

思うところというほどの思うところでもなく、小うどん(刻み)も添えて大阪感を盛り上げましたが、ああ大阪で…めし食いたいなぁ(※)…そんなことを思ってしまった『どて焼き丼』でした。

大阪でいただく“めし”は、たまらなく美味しい…否!“旨い!”のです

こういうのが好きな方へのおみやげには最適かと思いますので、大阪で迷ったら是非これをどうぞ。


親友に感謝しつつ、読んでくださった皆さんに感謝しつつ、シリーズ《親友》、これにて閉幕!
ありがとうございます。美味しいモノを楽しんで笑って…長生きしたいですね♪


(了)

スポンサーサイト
シリーズ《親友》② 鹿児島みやげ編
その親友が、どこで何をしていたかは国家機密レベルの話なのでここには書けませんが、その出張先のみやげです。

まるごとしろくまプリン

鹿児島みやげなのですが、『まるごとしろくまプリン』というものをいただきました。そういえば以前この親友から、大阪みやげで『お持ち帰り通天閣』というプリンをいただきましたが…みやげ=プリンなのか?>親友

こんなパック

プリンと名乗ってますが、開けるとそこには…ひと口饅頭かと思うような個別包装…これ、ホントにプリンなのか?

鹿児島といえば

ちなみにしろくま、これはアイスで今や全国区かなと思うのですが、まだ伝播してない地域のかたに説明を。
鹿児島発祥の名物で、かき氷に練乳をかけ、その上にたっぷりとフルーツをのせたアイスです、と。

で、そのしろくまの美味しさをプリンにしてみましたって…気持ちは解るのですが…このパッケージは…?

生牡蠣風に

何と!この中に充填されてるような形態でした。ビックリしましたよ。ただ、これってどうやって食べれば…器に移すのも何か違うし、ここにスプーンを突っ込むのも何だか…あ、そのままイケばいいのか。

という訳で、それこそ生牡蠣を殻からツルッといく…あの感覚で、“口から迎えにいって”ツルリと直接いただきました(笑)。で、これがなかなか♪
実際のフルーツではなく、みかん・さくらんぼ・メロン・りんごの果汁を使った角切りゼリーの類が散りばめられてるのですが、白い中にほのかに見え隠れする色合いもきれいですし、何より美味しいので…ついついもう一個もう一個…と。

これ、鹿児島みやげとしてお薦めです。機会があれば是非♪

桜島鶏炭火焼

そしてもうひとつ。これは左党向けのものですね。『桜島鶏炭火焼』です。さすが親友、押さえてますねー。

香りが好い

シンプルに塩こしょうで仕上げられてるせいか、肉の味わいが好いですね。そしてこういう地鶏ものとなれば、わざとやってんじゃないかってくらいに硬かったりしますが、これは柔らかいです。
酒が進みますが、これを使って丼物を仕立てるなんてのも楽しいかも知れません。

これまたお薦めです。そんな、親友の出張みやげ二題でした。で、帰省みやげもいただいたんですよ。次回はそれをアップいたします。


(つづく)

シリーズ《親友》① あの店で豪遊
川崎の親友から、時間があったら飲まない?というオファーが。まあ、言ってみれば新年会のようなものですね。自営なこちらと違って海外出張もある技術者ですから、基本的には月金勤務ながら…年末年始の休暇がいろいろとややこしいことになって、向こうの希望日に金曜日なんてのが。

玉川上水の梅

いつもは土曜なのですが、じゃあそういう…世間の週末前と合わせてみようかということに。世間の週末の賑わいとか縁のない生活ですから、そういう中で楽しむのもまた一興かと思ったんですよ。もう川原に咲き始めてた梅を眺めながら出かけました。

で、場所は西新宿ということに。これはこっちのホームでもあるのですが。
そして店選び。前回はそこが満席だったからと流れた先が面白かったとかありましたが、時間もまだ早いからそこに行ってみようぜ、と。
そこの価格設定なら、わたしでも豪遊できるのです…そう、“魚肉ソーセージ52円”で有名な『さくら水産』です。この日もお互い、気分は“魚食いたいね!”でしたし。

突き出しのポテサラ

そういう安さばかりがクローズアップされてる感もありますが、行ったことがあればそれだけじゃない…ここはどこで利益を出してんだ?と疑問に思うくらいに、どれも安いながら…ここが肝心ですが、美味しい店なんですよ。

で、お通しはアイスのチョコミントとかをアレするヤツでアレしたと思しきポテサラ。ただ、この下には刻みキャベツが敷かれてんですよ。これが何だか…うれしくなるんですね。
そういう、芸の細かいところがあるんですよ、ここは。

本日の大漁刺盛り

“水産”ですから、頼みたいのはやっぱり刺身。安いんですよ。単品だとスーパーで売ってるそれよりも安いのでは?と思うほど。今回は思い切って舟盛り~『本日の大漁刺盛り』990円(税別)を。
好かったですねぇ!あ、これは!と思うところが並んでますから、これは“おまかせ”で楽しむ逸品ですね。

牛すじ煮込み

でもやっぱり肉もということで、『牛すじ煮込み』を。これは器から取り分けたものですが、牛すじって好いですよね。これの煮込みは得意料理のひとつなのですが、最近は牛すじも高いし…なかなか作れず仕舞いでした。
たまには作りたいですね。

大ばちまぐろねぎ間串

串物もあるんです。これは『大ばちまぐろねぎ間串』。まあ、まぐろですから、こういう方向性だと独特の酸味なども感じますが、肉の串物にはない面白さがあります。

ノルウェーサーモンタルタル

こちらは『ノルウェーサーモンタルタル串』。そもそもが脂ののった系なのに、そこにタルタルか!と思うところですが、肴としてはアリですよ。
ま、酒宴ですし、健康がどうとかはとりあえず棚の上に置く、と。

お薦めが安い

で、また長期出張があったということで、今回は鹿児島県だった、と。あれ?前回のフランス関係があって、今回が鹿児島ってことは…えーっと…あのさぁ、鹿児島市内じゃないんだろ?と問えば…

きゅうりとらっきょう

さあ、何のことやら…そうそう、おみやげあるよー、とゴマカシ。
ええもう、どっちみちここには書けませんが、大体解りました。

これは作ったことある

これ、何だろうと思って頼んだ“ピザのようなもの”。出て来て、正体が判りました。これ、ベースは春巻の皮です。何せわたし、これ作ったことありますから。若い頃、いろいろあって『オレンジページ』読者だったのですが、こういう“中華の皮”を使ったクイックメニューとか学んだものです。

※簡単お薦めは春巻の皮を1/4に切って、それでスティック状に切ったハム&溶けるチーズを包んで、フライパンでカリカリに…というもの。つまみやすい上にカリカリな中でチーズがとろり!アツアツなうちに召し上がれ♪

ひと口サイズなら、餃子の皮を使っても美味しいんですよね。餃子の皮を使ったピザはかつて、『タモリ倶楽部』にも登場しましたよね。

そこに熱燗

で、そこに熱燗を頼むわたし。“ピザに熱燗かよー(笑)!”といわれながらも、まあ何となく併せてみたかったんです。
この組み合わせ、不思議なケミストリーが生まれ…たりしませんでした。わたしは嫌いじゃないですが、普通の左党は止めといたほうが好いです。

さくら酎ハイ

で、ここへ来たなら一杯は飲みたいのが『さくら酎ハイ』。桜の花の塩漬けが加わったそれなのですが、塩分はどうなのよさ(←ピノコ)とか思いつつ…まあそもそも酒宴なんだし、健康はとりあえず置いといて…香りが好いんですよ、これ。

タッチパネルで

ここもタッチパネル操作で注文が出来るので便利は便利なのですが、最近こういう店が増えてるのはやっぱり、労働力の確保が難しいからとか…そっち方面の問題解決でなのでしょうか。余談ですがこの店舗、近くにあるもっと大型なそこは留学生と思しきアジアの若者店員が多かったんですよ。
ここは日本人ばかりだったような気がするので…まあ、注文したものがすぐに出てきてくれれば、誰が働いていようとこちらも構いませんが。
コミュニケーションがある点では塚田農場のほうが…この話はいいか。


楽しい夜でした。で、口封じの出張みやげ(笑)と、帰省先の大阪みやげがありますので、その話に続きます。


(つづく)

乾燥野菜の真打ち登場
弁当持参の際の、フードコンテナーでの容器内調理に目覚めてしまって以来いろいろと試しては喜んでるのですが、熊本・吉良食品の乾燥野菜に出会って以来、その楽しみはさらに広がりました。
で、ラインナップの中でも一番気になってたのがこれです。

吉良食品ごぼう

『ごぼう』です。これはメーカにとっても自信作みたいなんですよ。そうなったら是非にと、いつも買ってる郊外のセレクトショップで手に入れました。

まるで生

ここの製品はフリーズドライではなく、逆に熱風で乾燥させる独自製法だそうで、それゆえに戻しに時間はかかりつつも、戻ったそれは生に近いという…ええもうこれはこれまでの大根葉や人参で熟知しております。

しかも乾燥前にボイルされてるので、戻せばそのまま使えるというところもありがたいのですが、まずは同様な人参とともに水で戻してみました。20分なのですが、戻ったそれを見て声を上げそうになりましたよ!何ですかこれは!生のそれを刻んで湯通しした、丸っきりそれじゃないですか!

きんぴらカレー

これを胡麻油で炒めて鷹の爪の輪切りなんぞを加えれば立派なきんぴらになるところですが、この日は休日のお昼で…カレーを作ろうと思ってたんですよ。
で、これを参加させて…『きんぴらカレー』とでもいうような、食物繊維たっぷりなカレーを。これが美味しかったという♪カレーという料理はそもそも、素材に対するラチチュードの広いそれではありますが、こういうことをやっても美味しいそれが出来てしまうことに驚嘆し、カレーの神に感謝いたしました。

カレーは飛び道具ですが、普通にきんぴらにしても美味しいですよ。皮目もありますし、香りが好いんですよ♪牛蒡好きなら納得の乾燥素材かと思います。
弁当の汁物にも使ってますが、これがたまんないですね。他の素材も面白いものだから豚汁みたいなものをとも思ったのですが(=豚肉は代わりにベーコンなどを)、味噌はやっぱり時間が経つと香りが劣化するのがなぁ…。


ここの商品は面白いです。大家族なら八百屋さんで生の素材を買ってくれば、そっちのほうが安上がりですが、少人数家庭では吉良食品のこれらが大活躍となることでしょう。
特に年配世帯の場合、これを使って何を作るかとか…好いアタマの体操になるんじゃないかと思います。


とりあえず、フードコンテナー愛用者にお薦めです。食物繊維を日々楽しんで、健康に長生きしようぜ!

巨大だけど、実はこれが美味しい
なめこ、好きなんですよねぇ…そもそもアタシが育った地方では一般的ではなく、一方でご飯の友の『なめ茸』は幼少時からナガノのそれがお馴染みだったのですが、あれはえのきであってなめこではないということは…いつ頃気付いたんだっけ?

関東に居を移して、定食屋さんなんかで出て来た味噌汁が『なめこ汁』だったりした際にはもう驚嘆したものです。それまで自らのカルチャーになかったからというだけでなく、たまらなく美味しかったからの驚嘆だったんです。

かつてはそれくらいにローカルなマテリアルだったと思うのですが、今や全国的に出回ってますよね。先日は帰省した際に、朝食に出て来てビックリしたものですが、それくらいに栽培なめこの生産量が拡大し、食卓に普遍化したかと思うと…感慨深いですねぇ!

たべごろなめこ

そんな、なめこを取り巻く環境も様々な昨今ですが、近所(=渋谷区)の商店街の八百屋さんで出逢ったのがこの『たべごろなめこ』。福島産です。
たべごろとは名乗られてますが、世間一般でのなめこイメージとは全く異なる…このデカさは何なのよさ(=ピノコ)?
写真を撮ろうとして、これは比較対象を入れなきゃなぁ…と、シヤチハタを入れてみました。

でっかいなめこ

ええもう、このデカさは非日常なのですが、うちにあるキノコの本では、プロによる解説で…なめこは大きく育って傘が開いたものが美味しいのに、都会では小さな蕾みたいなそれが珍重されてて実に惜しいことだ…そういう記述があったんです。

あと…サブカル的にはつげ作品ですね。天然のなめこ群生ってのに羨望ことしきりでしたが、そういう環境があることの豊かさに感動したものでした。

縮んでもデカい

こんなに巨大ななめこなのですが、火を通すとサイズは縮みます。でもそれでもやっぱり、大きいんですよ(笑)。で、味そのものも素晴らしいのですが、なめこらしいぬるぬる感…だけじゃないんだ、シャキシャキ感…これには感動しますよ?

なめこ澄まし汁

これは澄まし汁で。その大きさをビジュアルで楽しむなら、味噌汁よりも澄まし汁のほうが面白いかも。どっちにしても何だか、この大きななめこの存在は、笑いを誘うといいましょうか…いやそれ以上に!軸も傘もシャキシャキ感マックスなところが感動モノなんですよ♪

なめこって、そのぬるぬる感ばかりが認知されてるように思うのですが、実はそのシャキシャキ系な歯ざわりを推さなくてどうするよとはキノコファンの…それはさておき。

なめこ中華丼

汁物以外に、もっと他に使い道があるだろうと思ってたところ、パッケージの使い道に中華丼の文言が。確かにそれ、美味しそうやん!と思いながら作ってみれば…あー!たまらん(泣)!と。

菌類ではキクラゲ(=台湾産のアラゲキクラゲ)も参加させてるのですが、もうそれが逆にオプションに思えるくらいになめこが全てをさらうが如し…中華丼に巨大なめこを入れなくてどうするよ!なくらいに…これは最高でした!
とりあえずこの巨大なめこが手に入って、かつ中華丼を日常で楽しんでおられるかたには、なめこ中華丼がお薦めです。
で…お店でこういうメニューがあったら面白かですよね♪


ひさびさに、料理欲をそそられる素材に出逢えました。この量で、八百屋さんでは145円で売ってるんですよ。日常の使い切りでもありがたい量です。皆さんもお見かけしたなら、これは面白すぎるので是非どうぞ!

ローソン小根多
ちょっとした、ローソン絡みの小根多です。

サラダハム

これは、やってるひとは多いかもと思うのですが、知らないかたに向けての啓蒙…そこまでのものじゃないか。
コンビニでサンドウィッチを買って、そこの周辺の屋外で食べるんじゃなくて、うちとかオフィスとかに持ち帰って食べる…そういう場合の提案なのですが。

軽くトースト

トースターで軽くトーストすると、これが別物になるんですよ♪もちろん、種別を選びますが、レタスがドッサリ挟まってるものよりは、ハムとか玉子とかツナとか…そっち系ですね。
しかもこれ、泡の出る冷たくて苦い飲み物のお供にも最高だという(笑)。左党にも大推薦です。

ナムル入りとは

こんなものを見つけました。焼肉のおむすびは珍しくありませんが、何とこれは焼肉だけにあらず“ナムル”まで入ってんですよ!オクサン!

ピリ辛で美味しい

このように、原材料名のところには《玉葱人参小松菜たれ和え》なる文言が。これは《牛ハラミ焼肉たれ和え》とともに、内部に収まってるんです。
美味しかったですよ。全体的にピリ辛なのですが、量はわずかとはいえおむすびで食物繊維を摂れるところが面白いですね。
こういう、ちょっと変わったそれはいつ消えるか判らないので、気になるかたは早めにお近くのローソンへどうぞ。


オマケ。

麻婆豆腐とはいえない

忙しかった時期、冷蔵庫に賞味期限を迎えた豆腐があって…これで何かをと思いつつ…そうだ麻婆豆腐にとは思ったのですが長ネギは無いし、豆板醤も切らしてるし…

えーっと、味噌も豆板醤も使わない代わりにハリッサを使って、長ネギの代わりにタマネギみじん切りを使って…こういうものが出来ました。
見た目は麻婆豆腐なのですが、香りが…中華とは全く違ったエスニックです(笑)。クミンって偉大ですね(爆)!

これはご飯により、やっぱパンですね。同じような状況に陥ってしまったかたにはお薦めです。あ、酒のつまみのディップとしては秀逸ですよ。クラッカーなどとともにどうぞ。

京王百貨店新宿店で『大九州展』やってます!
昨日は仕事で川崎に行ってたのですが、帰りの午後に新宿での乗り換え時に…ふと気づく京王百貨店の催事。
何と!『大九州展』をやってました!しかもこれ、2/20(月)までの開催。新宿基点生活の同志で九州好きのアナタ!出身のアナタ!とりあえず急いで急いで!

大九州展

とりあえず、こんなところを買ってきました。手前の粕漬は佐賀の『竹八漬』で。海茸と貝柱の少量パックをひとつずつ。これが美味しいんですよ♪
貝柱というのはホタテなどではなくタイラギの貝柱なのですが、このタイラギ(=平貝と書きます)ってのは本体も巨大ながら、その貝柱も相応に巨大にして…しかも美味なんですよ。
で、海茸ってのは…これがとても美味しいモノなのですが、海に生えてるきのこではありません。その本体はというと…画像検索はしないほうがいいかも。まあ、有明海が創りたもうた造形って…H.R.ギーガー系ですしね。以前、この粕漬を使った『うみたけ寿司』なんて逸品を楽しんだことがありましたが…あ、そうそう、みる貝ですよ、あの食感を想像していただければ、だいたい当たってます。
海茸のそれも以前いただきましたが、どちらもホカホカご飯に載せてハッピーとはいえ、左党なら…やりたいことはひとつでしょ?たまんないですよん(笑)♪

で、後ろの『海老しゅうまい』は、今や全国区だと思う佐賀・呼子(よぶこ)の『萬坊』で。萬坊といえば海中レストランと、そしてイカの活き造りで有名ですが、やはりイカを使った『いかしゅうまい』は今や全国の催事だけでなく、たまにスーパーでも見かけるくらいに有名です。
んで、ブースのかたと“萬坊!行ったことありますよ!”“ありがとうございます”などと話してて、いかしゅうまい美味しいですよねなどと。そしたら、“この海老しゅうまいも、さらに美味しいんですよ”と試食を薦められ、いただけば…雄々!これはあのいかしゅうまいの美味しさに海老のプッツンパッツンした食感と旨みが…旨みが!旨みがああああああ!と。
これはもう、買わずばなるまいと購入いたしました。


これはほんの一部も一部で、他にたっくさんの九州の逸品が並んでます。特に熊本については応援もあって、復興支援商品もありますし、そうそう!前にSAで買って美味しかった熊本・フジバンビの『黒糖ドーナツ棒 火の国』もありました。しかもお得なセットとかあったみたいでしたし、これはまた会期中に伺って買おうかな。美味しいんですよ。

食だけでなく、工芸品などもいろいろと。ひと通り見て回るだけでも楽しいですよ。暇のあるかたには、是非訪れていただきたい『大九州展』です。

京王百貨店新宿店『大九州展』 HP