FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
世界一強い国の美味しい料理
表参道での早朝からの仕事が終わり、自転車でうちに帰る…のですが、その日は土曜日。途中で通りがかる代々木公園のイベント広場で何か面白いイベントをやってたら、そこでお昼食べてもいいなと思ったのです。

そしたらこれがラッキーなことに、ベトナムフェスティバルの日だったのです。ベトナム、いいですよね。女の子はかわいいし料理は美味しいし。しかも強いんですよ。世界に名だたる軍事大国の二国に戦争で勝ってるのですから。
いや、そういう話はさておき、最近は留学生も多いので、コンビニの店員さんがベトナム人でもかつてほど違和感なく、そしてそういう関係もあるのか、ベトナム料理店も増えてるような気がします。

バインミーゴンゴン_result

とはいえわたし、ベトナム料理に詳しいわけではなく、フォーとかバインミーくらいしか食べてないのですが。で、バインミーの店はあちこちにあったのですが、店の名前に惹かれて…ここでいただこう、と。

スペシャルバインミー_result

店のお兄さん…当然ベトナム人ですが、お薦めを伺うと“スペシャルがいいですよ。全部入ってます”とのことで、700円は高いかなとも思いましたがせっかくですし。
そしたら…大当たりでした!食べても食べても次々と新しい具が登場してくるのです。目玉焼きがこういうものに入ってることにも驚きなのですが、葉物だけでなく根菜ブロックまで野菜もたっぷりなところもうれしいですよ。
しかもハム!ベトナムのハムって、なんであんなに美味しいのでしょう。あれはもうベトナム独特の料理ですよね。検索すれば自作用のレシピも出てきますが…どこかその辺で手に入らないものでしょうか。

パンがフランスパン系の独特なもので“食いちぎる”感もあるせいか、食べ終わってみれば充分満腹。逆に700円でこのしあわせ…安かったかも知れません。
ここは高田馬場に店を構えてるようですので、機会があれば店に立ち寄って…またこれをいただきたいなぁ。


偶然でしたが、楽しいベトナムランチでした。サンドイッチ好きのアナタにお薦めです。


スポンサーサイト
栃尾の油揚げで
最近、TL上で栃尾の油揚げが話題に上がってたのです。で、思い出したかのように買ってきて楽しんだ…そんな話です。

栃尾の油揚げというのは新潟県長岡市・栃尾地方の名物で、ビッグサイズの油揚げなのですが、これがとても美味しいのです。

群馬名物辛味大根_result

東京では以前から、置いてるスーパーにはありましたが、最近は以前よりもそれが増えて入手しやすくなってます。
そのまま焼いて、醤油かけたりしても美味しいのですが、まあせっかくだからと群馬名物・辛味大根も買ってきました。これ高いのですが、その分確実にいい仕事してくれるのです。

栃尾の油揚げで雪虎_result

焼いた栃尾の油揚げに、すりおろした辛味大根をたっぷり載せて…魯山人おっしゃるところの“雪虎”です。シンプルな料理だけにこれは、素材の良さと焼き立てのアツアツ感が勝負どころです。しかも辛味大根は水分少なめですから、すりおろしたままをそのまま載せて水浸しになりません。
そしてここに今回は、最近ハマってる九州の甘い醤油を垂らしてみましたが、これは日本酒を進ませるヤツですねぇ。たまんないですよ。

一方でこの油揚げ、この分厚さもあってか“中に何か挟む”というのも定番。アンテナショップでは、切り開いた中にネギ味噌など挟んであって、あとは焼くだけなものも売ってたりしますから。

ハムとチーズでまさかの美味しさ_result

ここでふと思いついたのが、ハム&チーズ。これだけ分厚くて、しかしふんわりしてるのならホットサンド感覚で…漠然とした思いからやって見たのですが、これが大当たりでした。これはビールなんかにも合う味わいですよ。お薦めです。


と、最近は手に入れやすくなった栃尾の油揚げで、ちょっと変化球も投げてみた話でした。おでんに入れたり煮付けたりしても美味しいですよ。見かけたら是非、お楽しみ下さい。


これは自分でつくろう~応用編
と、その前に…

喜多方らーめん塩_result

たまたま近所のミニスーパーで見つけた『喜多方らーめん』。現地を思い出すほどに本場の味で美味しいのですが、先日は醤油味だけでなく味噌味も出てて、それもまた美味しかった…今度は塩味登場ですよ。

塩味も美味しい_result

これまた美味しかったですねぇ!といいながら具が…チャーシューじゃなくて薄揚げが、ほうれん草じゃなくてルッコラが載ってますが、これはこれで美味しいのです。
いや、その話じゃなくて、塩味も美味しいのです。

塩らーめんにもサラダチキン_result

ここに自家製サラダチキンですよ。オニスラが載ってますがそれはさておき、これいいですよ。あっさり目な味わいにしてよい弾力が楽しいサラダチキンに好い味のスープが染みる…チャーシューよりいいかも。
しかも、色もいいですよね。これは夏の冷やしラーメンにもいいかも知れません。


サラダチキンの話だか喜多方らーめんの話だかごっちゃになってしまいましたが、とりあえずサラダチキンは自家製が安くて美味しいですよという話でした。
余談ですがこの『喜多方らーめん』、肉のハナマサのPB『プロ仕様』で出てるものと同じです。醤油と味噌は並んでますが、塩はまだ見かけてません。ここのは美味しいので、喜多方ラーメン好き(=特に澄んだスープ系)のアナタにお薦めです。


(了)

これは自分で作ろう~簡単ですよ
サラダチキンというものがコンビニに登場し始めて以来、人気あるのか今やスーパーでも売ってますよね。で、それを使って何かしらの料理にするためのレトルトや調味料も各種。

あれは素材としてもいいと思うのですが、味が付いてるところが余計だなとも思うのです。もちろん保存の問題もありますから塩分は致し方ないこととは思いますが、こちとら減塩さんなのですから。
あと、単純に高いですよね。自分で料理するひとなら皆さん感じておられるかと。

サルサでサラダチキン_result

自分で作れるんですよ、あれは。検索すればレシピが山ほど出てきますが、基本的には沸騰した湯に鶏むね肉を入れて、再沸騰したら蓋をして火を止めて…あとは冷めるまで放置というもの。

臭み消しとしてわたしは酒少々を加えてますが、冷めればふっくらとしつつ弾力のあるサラダチキンが出来てるのです。で、ちょっとつまめば判るのですが、塩分を加えなくても生物由来のほんのりとした塩気を感じるんです。ゆえにまあ、そこに濃い味とかつけるよりは…このようにサルサを載せるとか、この程度で充分美味しく楽しめますよ。

よだれ鶏ソース売ってない_result

そして一方で、以前ローソンで買って面白がってたよだれ鶏用のソース。探したのですが…人気が今ひとつだったのか消えてるのです。
もうそういうアタマでしたから、じゃあどうしたものか…案外これでもいいんじゃないの?

これはもも肉で_result

好かったです。これは鶏もも肉の唐揚げ用というひと口大に切られてるやつで同様に作りましたが、なかなかでした。
しかもオン・ザ・ライス仕様となってますが、下のタイ米ご飯は茹で汁で炊いてます。一種の海南鶏飯ですが、新しいかたちの丼もの…丼ものというよりはタイ料理なんかの“ラーカオ”か。


で、余ったそれを思わぬかたちで応用する時が来たのです。


(つづく)

博多名物を世田谷で
青色申告会からの会報にはいつも地域イベントのフライヤなども同梱されてるのですが、特に美術展などが面白そうなのです。

萬画家・石ノ森章太郎展

今回はこのようなものが。世田谷文学館での『萬画家・石ノ森章太郎展』というもの。これは見ておきたいぞということで…

世田谷文学館で

やってまいりました。そして、見学…すばらしかったのです。

執筆部屋の再現

まあ、わたしが何かを語ろうということもないので、写真撮影可だったところから空気を汲み取っていただければ。これはかつての執筆部屋の再現なのですが、このように様子を撮影するだけでなく…

変身セット

こういう“なりきり”セットも置かれてて、画伯をコスプレしての記念撮影も出来たのです。こういう試みは面白いですね。

これ、他の全国どこかも巡回するのでしょうか。もしお近くに来たのならば、是非ご覧いただきたいのですが。



で、ここからが本題になるのです。この日のお昼なのです。世田谷文学館は京王線沿線ですが、こちらは自転車での移動ですから、気になってた小田急線沿線スポットへと向かいました。友人から、ここ面白いけど知ってる?とメールをいただいてたのです。

博多名物鉄板焼肉大当たり_result

最初は“あれ?知ってるような気がするけど…何だっけ?”と容易には思い出せなかったのですが、料理写真が送られてきて思い出しました。出張の多いブロガーさんの記事に出てきたのです。

博多名物鉄板焼肉…博多の名物というと普通はラーメンとかもつ鍋とか明太子といったところでしょうが、ごく一部の地域で熱く盛り上がってるのがこの料理なのです。

博多名物鉄板焼き_result

小さな店ですが、平日でピークを過ぎた時間帯なのに客が入れ代わり立ち代わり…学生の多い街とはいえ地元に根付いてるようです。ランチメニューは量別で一種類しかないのですが、まずはご飯普通盛りで。

ハラミ肉どっさり!キャベツどっさり!そして刻みニンニクもどっさり!元気の出るやつですよ。そしてこれには作法があって、カウンタ上に置かれてる拍子木状のものをまずはこのプレートの片側下に置くのです。そうすると片側の端に肉汁や脂がたまり始めますが、そこに辛味噌を投入して混ぜ、それを付けながらいただくという…たまらん!
熱さハフハフに刺激的な辛味…ご飯も止まりません。これはいいですよ!いつか福岡に行った際にと思ってましたが、まさか世田谷・経堂でいただけるとは…ありがたいことです。


ここはまた伺いたいですよ。うちからそう遠くないし。ただ、近くに駐輪場がないので、駅周辺に停めてここまで歩くことになるのですが。
週一くらいでこれをいただいてれば、日々健康に過ごせるのではないか…そんな事も思った、屋号どおり“大当り”だった博多鉄板焼肉でした。