さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
あの味~空知の味に再会
ちょっと八重洲とか有楽町とかあの辺に行く用事があり、それならば北海道のアンテナショップに寄りたいと思うのはフリークの必定です。
今年の『北海道フェア in 代々木』で出逢った美味しいご当地モノ、アンテナショップなら買えるんじゃないかと踏んでたんです。

で、一店目の北海道フーディストにはありませんでしたが、ならばと歩いて向かった有楽町界隈。

※東京駅から隣ひと駅ですが鉄道利用の場合、わたしのような風体のものは東京駅の改札内ではまるで犯罪者扱いの職質をされて実に不快な思い~拒否的反論をすれば公務執行妨害になリますよと静かに脅されて~いつまでもこころに棘が刺さって抜けない~をすることになったことが数回あるので

※平日昼間にスーツ姿ではないひとは、東京駅改札内にはなるべく近づかないほうがいいです。テロ起こすんなら逆に怪しまれないスーツ姿で、爆発物などはアタッシュケースやキャリーケースに収めて事に及ぶと思うんですが、そこがあの連中には解んないだろうな。杓子定規なバカっぽいし。

アンテナショップの聖地・交通会館のどさんこプラザで無事、冷凍コーナーにて発見いたしました!

さ蔵上ホルモン

これです、空知の上ホルモンです。『さ蔵』という名店があるらしいのですが、多分わたしはこれを、北海道フェアの空知PRブースでいただいたんだと思います

濃いうまっ!

"濃いうまっ!"と来ましたよ。たしかにそういう味わいでした。ただ、濃いんだけど押し付けがましいとか、または口の中がうるさくなるような味ではなく、ご飯の進む味。
空知はかつて炭鉱で栄えたところですが、炭鉱マンのパワーの源となったのがこういった食だったようです。炭鉱関係の各地で、これってありますよね。

調理方法

調理方法ですが、うちならフライパン一択ですね。

思い出す味わい

そうそう!この味ですよ。これが美味しかったんですよ♪北海道フェアでの提供のように茹でもやしを添えましたが、これがまた合いますねー。歯ごたえ、そして味噌だれの深い味わい…ご飯に合うことは実証済みですから、今回は左党の常として泡の出る冷たくて苦い麦製の飲み物とともに味わいましたが(=せっかくそういうところに行ったんだから、もちろんサッポロクラシック♪)、これがまたたまらんという。

で、300gはひとりで楽しむには多いかと思いましたが、溶けてみればこれは調味液込みですから、本体の量でいえばちょうど好い感じに一人前といったところ。鍋物的な利用なら結構な汁だくですから、そういう方向性でも楽しめそうです。
これで500円だったかな?調理は自前とはいえ、これのお買い得感は半端ないです。

尿酸値の高い体質ゆえ、本来ならばこのような食材は避けねばならない身の上ですが、最近安定してますし…毎日食べようってんじゃないですしね。しかもプリン体って実際には、食よりも疲労から生成されるそれのほうが多いそうですし…んなこたぁどーでもいい。


これ、ホントに美味しいです。左党ならツマミとして、でなくとも特にご飯好きならば、これは大推薦です。もうひと釜炊かなきゃ!となるかも(笑)。
気になるけど出会いのないかた(←何の話だ?)は、お取り寄せも可能です。“さ蔵 ホルモン”で検索を。
美味しい空知の味との、再会話でした。お薦めです♪


オマケ!

角屋のやきそば

これはフーディストで。毎週金曜に入荷する『角屋のやきそば』です。美味しいんですよ。

フライパンでいためて

フライパンでいためて…と書かれてるのですが、すでに味付け済みだから袋からそのまま…スナック感覚で食べられてることでも有名です。これもまた、空知の味です。


スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

東京で北海道
たまたま八重洲方面へ行くことがあったので、今は地下街に移った北海道フーディストへ寄り道。北海道のアンテナショップです。
で、ここはかなりディープなアイテムもあって、現地気分が味わえるんです。

自主的北海道みやげ

今回買ったのはこんなところ。美唄(びばい)関連です。真っ黒いめん類が見えますが、これは角屋のやきそばの石炭バージョン。角屋のやきそばといえば、スナック感覚で袋から直接食べるということで有名ですが、実際にはそういう食べ方を推奨してるわけでは無いらしいですね。消費者からのボトムアップな提案が広まった結果らしいです。

もうひとつは、同じ美唄のやきとり。これはちょっと他にない独特の様式なんです。

いろいろ刺さってます

こういうものは普通、各部位ごとで一本となるところですが、美唄のそれは一本の串にいろんな部位が刺さってるんですよ。一本でいろんな味わいを楽しめる…楽しいし、ある意味合理的です。

ゴーヤと玉ねぎ

で、角屋の石炭やきそばですが、せっかくですから適当なものと炒め合わせてみました。ゴーヤも玉ねぎも味わいとしては合ってたのですが…ビジュアルがキツいですよね、これ。黒いめんに合わせる具材なんてなぁ…いっそのこと赤パプリカとか、面白いかも知れません。

鎌倉で興部

これはたまたま仕事で言った鎌倉で。早くに終了となったのですが、すんごく暑い日で…こういう観光地ならソフトクリームとかあるだろうと思ってていきなり出逢ったのがこの『ぎゅう舎』。何とここ、夏に散々走り回った興部(おこっぺ)の店だったんです。興部で食べた美味しいそれと同様に、自然な甘さが嬉しいソフトでした。


そんなわけで、東京(と鎌倉)で楽しんだ、北海道の味でしたとさ。


テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道フェア in 代々木2017で④ 楽しかったです
そして最終日。この日は世間同様にわたしも休日だったのですが、最終日の日曜ともなるととんでもない人出は避けられませんから、ちょっとお昼を食べに…という感覚で。
代々木公園イベント広場での食がらみイベントといえばまあ、そういうところから通うようになったのですが。

金獅子肉寿司

肉寿司というのが気になってたのですが、要はローストビーフの握り寿司なんですね。しかしながらこれに合わせる山わさび&昆布のたれ…いやいやソースが絶妙で、5貫で千円はまあ高い部類ですが…美味しかったから良し!

ホルモンザンギと空知ご飯

空知の各店が気になって、というか前日にいただいた滝川市の味噌ホルモンが美味しかったので、他も美味しいに違いないと踏んで今回は由仁町の『ホルモンザンギ』を。
もちろん!美味しい無料の空知ごはんも付けていただきましたが、これもまた最高の味わいでした!ホルモンを揚げてしまうというまさかの発想も面白いのですが、これは初めての味にして“嗚呼…また食べたいなぁ…”と思う面白さ。ご飯が進みまくりでしたから、きっとビールも止まらなくなることでしょう。

出汁乃介もなかソフト

デザートということで、ふるさと会連合会エリアで東京稚内会を訪問。稚内は毎年訪ねては数日過ごしてるところですから、ここにも毎年足が向きます。今回は『出汁乃介もなかアイス』を。これ、観光協会のキャラクターだそうですが、中のモナカは宗谷の塩の塩味で、さっぱりとした味わい。汗ばむ秋の日差しの中でのクールダウンにちょうどよい、最北のデザートでした。

御宝付

今回も面白かった、北海道フェア in 代々木でした…あ、ちなみに上の幟の不思議な文字列は“オホーツク”と読みます。今年はオホーツクも訪問しましたから、これには苦笑してしまいました。
長年続いてる名物行事ですが(今年で第29回!)、最近の日本の実質的国際化もあって、そこここから聞こえてくるアジアンな外国語…そういう皆さんにも北海道の好さが知られて、帰国後に“北海道ってところがあってさ…”と、現地訪問とはまた違いますが、好印象を伝えていただければ…そんなことも思った“代々木の北海道”でした。


じゃあ来年も、代々木公園イベント広場で逢おうぜ!っていうか今週末は九州フェアだぜ!

(了)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道フェア in 代々木2017で③ 忙しい一日
翌日金曜日。この日は早朝からの仕事が入ってたのですが、終わって帰ってくるのが10時前頃なので、早くからサンキューグルメに並ぶことは出来ません。
で、お昼を普通に食べに行ってもいいのですが、月末の金曜日ということで思い出したことが。プレ金ではありません。近所の店で、月末金曜日にしか出してない垂涎の料理があるのです。
それを知ったのは数年前でしたが、なかなかタイミングが合わず幾星霜…今日がその日じゃないか!出かけようじゃないか!


ということで、そこで感動の味わいを楽しみましたから、北海道フェア in 代々木訪問は三日目から再び。
ただ、この日は忙しかったんです。前日と同じ仕事で早朝から仕事して帰宅して、そしてここからがまた忙しい。まず、北海道フェアでお昼なのですが、そのあと西が丘でスフィーダ世田谷の試合~ホーム最終節が1330から行われるんです。
前回訪問時、駐輪場があることを確認してましたから、どっちも自転車で、と。

滝川味噌上ホルモン

ただ、土曜日ということもあってかなりの人出です。人気店には長い行列が出来てますし…でも案外、逆のそうじゃないところに光るものがあるのではないか…空知振興局の観光や移住のPR『そらち・デ・ビュー』というのがあって、今回は空知のいろいろをフィーチャリングしたブースが。

炭鉱の町だったところのアピールで、ホルモンなどを使った料理などが各自治体から。その中から滝川市の味噌上ホルモンを…で、各メニューを買うと、空知米を使った空知ごはんが無料でいただけるのです。で食べやすいように丼にカスタマイズしていただきました。

これが美味しかったんですよ!下には茹でもやしもひそんでますが、絶妙な味付けとホルモンらしい食感…これは下の空知ごはんも進みます。ここに行列ができてないのが不思議でしたよ。
自転車でなく、しかも夜だったらビールの出番となるところですが、アンテナショップで買えるようなので、いつかは自宅でもと思った空知名物でした。ここはまた来年も、空知総合ブースでも好いですから出店していただきたいものです。

オホーツク北海蟹まぜそば

何か麺類をと思って目についたのがこの、北海蟹まぜそば。蟹汁なども出してましたが、これは美味しかったですねぇ♪蟹肉・イクラ・蟹味噌がしっかりとトッピングされたそれを混ぜていただく…カニ好きにはたまんなかったですよ!


そしてそこから10数km、西が丘へ。今回のゲートは駐輪場のすぐそこだったのはありがたかったです。
で、試合ですが…相手のラフプレーが気になりました。プレーの中でのそれならばまあ展開上しかたないってのもありますが…スローインのボールを渡すときに顔にぶつけるかぁ?普通。

勝利しました

客席とピッチの近いスタジアムなので、最後のダメ押しゴールなどが目の前で展開されるのは大迫力でした。で、3-1で勝利!よかったよかった♪

スフィーダみやげ

試合に行くと、いろいろと協賛企業関連のおみやげをいただくのですが、前回同様にウテナのクリアファイルと、今回はメモパッドに世田谷税務署からe-Taxの案内、そして通販でおなじみの世田谷自然食品からは『減塩ほうれん草のおみそ汁』、そして試合終了後に10~12月のポスターカレンダーを。
ポスターカレンダーは初心者が選手の顔と名前と背番号を覚えるのに好いですね…って、俺だよ俺。

で、試合会場ではテケツやもぎり(←落語用語じゃないか!これ)とか、物販販売とか案内とか幟の設営とか、ユースやジュニアユースなどの皆さんが大勢、可愛い笑顔と元気な声で頑張ってるんです。娘のいないわたしには、皆んな可愛い娘のようなものですよ…いや、息子も嫁もいませんが。彼女たちからも元気を貰えますよ!


そしてそして帰路!鉄たまさんからの情報では、ウエルシア薬局でセイコマアイテムを扱い始めたということで、たまたまスタジアムの近くに大型店があったから寄ってみたところ…アイス各種が!あのマークとともに!
他の棚も見て回ったものの、その店はとりあえずアイスだけでした。出来れば、安くて美味しいワインとかスパークリングとかもあったらなぁ…と思いましたが(あと、味付けジンギスカンパックも!)、追々そういうものが増えてってくれたらと思いつつ、中山道から山手通りへと南下して帰宅した、忙しかった一日でした。


(つづく)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道フェア in 代々木2017で② 持ち帰りハッピー
持ち帰りのサンキューグルメも、選んで好かった逸品でした。

小樽ザンギ醤油とコロッケ

ザンギ専門店『Ichi(イチ)』の小樽ザンギ(醤油味)とコロッケが、この量で390円とは。なにせ通常価格800円ですから、ザンギは二人前くらいの量があります。
で、これが冷めても美味しかったんです。しかも驚くことにこのコロッケ、中に鶏肉片がゴロゴロ入ってるんです!普通、ひき肉でしょ?これにはビックリしつつ、初めてのその食感と味わいに感動いたしました。

本数の子山海

そして翌朝。その日の仕事の関係でごく早めの朝食でしたが、前日に買った布目『本数の子山海』を。この堂々とした数の子にも驚きますが、これって数の子とわさびの粕漬けなんですね。これまた知らない味わいで、ご飯が進むことこの上ない♪
こんな組み合わせ、あったんですねぇ!

秋の空

前日までの雨も上がり、予報どおりに晴れて…空気も入れ替わってすっかり秋模様。これからがいよいよ“食欲の秋”本番ですよ!


(つづく)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道フェア in 代々木2017で① 豪雨の朝
東京代々木・秋の名物といえばまずこの、『北海道フェア in 代々木』です。毎年9月末に代々木公園イベント広場で行われてる名物イベントですが、来場者数がほかのこの手のイベントと比べて数十万人と段違いに多いことでも有名です。

で、今年は木~日の4日間開催でしたが、初日がたまたまわたしの休日で、それなら先着50名は390円で各種提供を受けられる『390円(サンキュー)得トクグルメ』に朝早く行って並ぼうかと思ったら…豪雨。

まあ雨はじきに上がるということだったので、小止みになったところで出かけました。自転車ならすぐなのですが雨ですし、めんどくさいし時間もかかるけど地下鉄で。うち→駅や駅→イベント広場が結構な距離なのです。
そして、ひと駅ですがまだラッシュの真っ最中でぎゅうぎゅう詰め…毎日こういう通勤だったら…こういう話はいいですね、別に。

10時スタートなのですが、9時前にブース前に着いたら…もうすでに10人以上並んでるし。いや、サンキューグルメ時に限らず、いつも行列の絶えない札幌『久兵衛』なんですけどね。

とろサーモンといくらの親子丼

正札で1500円するこの『とろサーモンといくらの親子丼』が390円とあっては、やっぱり並ぶでしょ。以前いただいたことがあるのですが、さすがの美味しさです。小振りに見えますが、実際には中のご飯もぎっしりだし、かなりの食べ応えです。
スタート時には先着50名を有に超える行列だったのですが、どっちみち並ばなければありつけない店ですし、あとのひと達は定価で各メニューをということでしょう。


朝10時からこんなものを食べてしまって“罰当たんねーかなぁ…”とか思いましたが、この日は朝食を抜いてたんです。で、朝昼兼だしということで、もうひとつ。

礼文島のウニたこにぎり

現地に今年伺った礼文島の、スコトン岬(=最初に島に訪れた際に到達した礼文島最北端)近くにある店『島の人 礼文本店』で、数量限定の『地元めし』シリーズから『ウニたこむすび』600円を。焼きおにぎりなのですが、これは美味しかった!焼くことによって締まった感のたこ炊き込みご飯に島名物のウニトッピング、不味かろうはずがありません。
ちなみにそのお店、わたしはかつて岬を訪れた際に“昆布ソフト”をいただいてます。美味しかったですよ。


スタート間もなく満腹となってしまったので、あとは持ち帰り系でサンキューグルメを物色して、家路につきました。


(つづく)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

10年目の道北8-2(終) 名物で〆
新千歳空港のフードコートで早めにお昼をいただいてから搭乗するとなると、せっかくだから北海道らしいものをいただいて旅を〆たいものですよね。

新千歳のマツジン

ここには何と!松尾ジンギスカンがあります!マツジンですよマツジン!10:30開店なので、11:20出発のフライトには充分間に合います。
ここ、出張族のかたがたにも人気らしいですね。新千歳空港内は大きなひとつの街ですから、飲食店は数え切れないくらいあるのですが、どれかひとつ選ぶならここはお薦めですよ。

マツジンでジンギスカン丼大

で、ジンギスカン丼の大を。いや~、これですよこれ。ちょうど今、代々木公園でやってる『北海道フェア in 代々木』でもおなじみですが、美味しいんですよね~♪

ジンギスカン丼たまらん

しかも、野菜もしっかり入ってるところがさすがジンギスカン。単なる肉丼と違って野菜もどっさり摂れるところが、ジンギスカンの好いところです。
最後の一食が美味しい北海道名物…振り返れば今回の長期旅、食に関しては各地で名物を楽しんだりして、充実してました。

ベアドゥがギターを

そして搭乗。雨模様の中、ベアドゥがギターを弾きながら出迎えてくれました。

こっちは左利き

今回は翼のちょっと後ろを事前指定できました。ここが結構、面白いんです。いろいろと開いたり閉じたり垂れ下がったり…機体の動きと連動して楽しめます。
あれ?ベアドゥって左利きだっけ?さっきのは右利きだったような…反転してるだけでした(笑)。

いつもギターを弾いてくれている

蒼穹の領域にまで上がれば、雲海を下にベアドゥがギターを…機内放送で北海道ゆかりのアーティスト特集な音楽番組を聴いてたのですが(往路は音尾タクちゃんの番組を)、外を見ればいつも曲に合わせて…じゃないけど、ベアドゥがギターを、と。
これ、なかなか楽しかったです。

竹原ピストルママさんそういった

で、何だかヘヴィな弾き語りが。竹原ピストルさんの『ママさんそう言った ~Hokkaido days~』でした。これがすごい唄で、ライブシーンに関わってたひとならこれがどういう意味なのかよく解ると思うのですが、そうじゃなくてもかなりショッキングな唄に感じるのではないか、と。衝撃的でした。
いや、ベアドゥは相変わらず、穏やかな笑顔で弾いてるのですが。

着陸態勢で休暇終了

そして、着陸態勢へ。翼は開いたり垂れ下がったり…このあたりの席はこれが楽しいのです。


帰ってきた東京は相変わらず蒸し暑く、もっと長く北海道に居られたらいいのになぁ…と、毎度思うことを。まあ、仕事もしなけりゃ生きていけませんから仕方ないのですが。リタイアさんの中には一ヶ月どころか、三ヶ月も北海道放浪を楽しんでおられるかたもいらっしゃるんですよね…まあ、リタイア後はわたしも、夏は北海道でのんびり過ごせたらいいな…何となく老後を考えたりもした、10年目の道北放浪でした。


今年は自転車中心でしたが、道も景色もグルメも満喫できた旅でした。特に今回、今はなき名寄本線の痕跡をたどるというのがまずメインでしたが、駅舎だけでなく跨線橋なども、そしてトレインハウスに二泊など…鉄道にあまり乗ってないのに鉄道趣味も満足…あ、とほ宿の『天塩弥生駅』もそうでしたね。

美味しいものといえばやはり、礼文島のほっけのちゃんちゃん焼きにとどめを刺しますが、地元利用の店での立ち食いそばやラーメンも、そして何といってもセイコマホットシェフの大きなおにぎり『すじこ』!高いけどその分満足度の高いところは、もはや北海道遺産…でなくとも、北海道旅人遺産じゃないでしょうか。

何度も書いてることですが、夏の北海道は楽しいですよ。まず、涼しいし。そして、価格帯に関わらず何を食べても美味しいし。
予算や日数、手段などひとそれぞれのスタイルで楽しめるところも魅力ですね。今年出逢った旅人の中には、徒歩ってひとはたまに出逢うし今年もでしたが、一輪車でってかたには皆さんも驚いてました。スポーツ仕様なタイプのかっこいー一輪車でしたが、これはライハのお母さんも初めてだと驚いてらっしゃいました。

AIR DOやスカイマークの飛んでるエリアからなら、早めに押さえれば航空券も安く取れますし(羽田ー新千歳なら片道12Kくらいから)、AIR DOなら自転車持ち込みの追加チャージを取られません。
宿もライダーハウスなら安く済みますし(←そういうのが苦手でなければ)、ご飯の見えないウニ丼イクラ丼だけが北海道グルメじゃないし、おまかせな旅行でなく自ら作る《旅》ってのも、その分日々がエキサイティングですよ!


長期に亘る北海道放浪記、お読みいただきありがとうございます。じゃあ来年、あのライダーハウスで逢おうぜ!サッポロクラシックを酌み交わそうぜ!


(了)


テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ