さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
むしられたそれをむしって食べよう!
下北沢へ散歩がてら用を足しに行って、ついでといっては何ですが志村商店(乾物屋さん)に寄って煮干などを買いつつ、“おっ?これはこれは”と気づいたところも一緒に。

むしりかんかい

『むしりかんかい』です。北海道ではスーパーなどで普通に売ってますが、こっちではまず見かけません。これが何かといいますと…“氷下魚(こまい)”という魚の干物がありますが、あれを丸で干さずに開いて骨を抜いてから干したものです。

むしってから干したかんかい(=こまいの別名)だからこのような名前なのでしょうが、好みはさておきこっちのほうが食べやすいですよ。
あのカッチカチなやつをトンカチで叩いて食べるってのも風情がありますが…疲れますしね(笑)。

そのままむしって…ええもう、むしられたそれをむしりつつ、お好みのアルコール類を傾ける…止まらなくなりますよ。タラのこの手の珍味に似た感じですが、お好みでマヨネーズや七味なんかをディップしつつなんてのもまた酒が進んで困るところでしょう。


今は通販もありますし、現地に行かずとも手に入れられる時代ですが、冬の荒波に思いを馳せつついただくのもまた一興。
左党のかたにはおすすめです。


スポンサーサイト

テーマ:酒の肴 - ジャンル:グルメ

函館もってきました!
自転車で都心を駆け抜けてたところであの色が視界の端に飛び込んできて、思わず引き返しました。北国の新幹線の、あの色です。

函館もってきました

ローソンなのですが、このような看板が。曰く、《函館もってきました。》…アンテナショップじゃないよね?
ところが、ちょっとしたアンテナショップ並みにいろいろと、食品中心で並んだコーナーがあったんです。実はこれ、ローソン店内に作られた函館市のアンテナショップだったんです。

函館各種

とりあえず、こんなところを。乾麺はストック用として、すぐにいただけるところを…そうそう、熊ガラナは帰りつつ飲んでしまいましたが(笑)、割とスッキリした味わいで初心者にも飲みやすいかも。無色透明なところも面白いですね。

炭火燻つぶ

肴として『炭火燻つぶ』を。つぶを炭火で燻した…名前そのままですが、いかくんのような酸味もあって酒が進みます…あ、バックにサッポロクラシックが写ってますが、これはたまたまスーパーの北海道フェアで手に入れたものです。
ああ、気分は北海道♪

函館いかめし

こちらは『函館いかめし』。結構濃い色ですが、普通に美味しいいかめしでした。何となく彩りで刻みネギを散らしましたが、これはなかなか合ってましたよ。
真空パックで常温保存ものですから、忙しいときに向けてのストックとしても好いかもしれません。


なかなか面白いところを“もって”きてました。あまり走り回るコースではないのですが、機会があればまた寄って《函館》を仕入れようと思います。
京橋辺りが行動範囲の、北海道ファンやご当地ファンのかたにはお薦めです。

ローソン京橋駅前店


テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

ファイターズ日本一記念!北海道みやげ代々木編
舞台が広島に移ったら、また広島が連勝して…そう思ってた日本シリーズも、ある意味劇的な展開でファイターズ日本一となりました!特に今年は大谷の活躍が面白かったし、やっぱり栗山監督はすごいし、面白いな、と。

で、遡ること約一ヶ月前、『北海道フェア in 代々木』で買った自分みやげの話です。

カットポンたら

稚内の珍味『カットポンたら』、これは渡道中に現地でも買うのですが、まさかこっちで買えるとはと驚いて、期間中に二回も買ってしまいました。あ、稚内(わっかない)ってのは、本土最北端の街です。地図に表された北海道の、菱形というか何というかのかたちの、北に延びた一番先…てっぺんにある街です。
宗谷岬で有名ですが、首都東京よりも道都札幌よりもロシアのほうが近いという…そこも含めて惚れて以来…毎夏に通い始めて…9年になりますが。
あ、ノシャップというのは、稚内にある岬の名です。これも、「岬のそば」「岬がアゴのように突き出たところ」というアイヌ語が語源なのですが。

おいしいお召し上がり方

主に道北で楽しめる珍味です。おいしいお召し上がり方とありますが、このようにしなくても、そして味付けしなくても楽しめますよ。
それにはまず、やらなきゃならないことがあるのですが。

ノシャップの味

このような感じです。これが、総グラム数に合わせて何枚か入ってます。
で、身のほうはこうなのですが…

血合いが美しい

乾燥してリザードみたいに見える皮が結構分厚くて硬いんですよ。それをまず剥がすのですが、そうするとその下には…木目のような美しさを持った血合いが!

これに美しさを感じるんです。で、あとはこの身が斜めりつつ縦方向に裂けるので、そうしながら口に運びつつ、泡の出る苦くて冷たい飲み物などを。
しあわせです♪もちろん、お好みの調味料で楽しむのもまた楽し。

で。硬すぎてそのままでは食べられない皮も…

加熱したポンたら皮

電子レンジで加熱すると柔らかくなって、これがまた独特の食感と風味を持った珍味となります。
これは面白い珍味ですよ。お薦めです。

山わさび使い道

もうひとつ、山わさび醤油漬ですが、これって案外色んなものに合うんです。それこそ、洋風なものにでも。まあ、西洋でいうホースラディッシュですから、合わないわけがありません。

多分、今日までくらいかな?この数日はファイターズ日本一(=皆さんいろいろありましょうが、個人的にはなかなか面白かった日本シリーズでした)のセールで、あの『シャウエッセン』がお買い得になってますよ!オクサン!
そもそもが美味しいけど高めな食材ですから、わたしもここぞとばかりに買い込んでますが、これはやっぱり美味しいし…しあわせを感じる味わいだと思うのです。
賞味期限が長いので、今買っても二週間以内くらいで楽しめますよん♪

いわし刺しにも

生姜を使うものにも、わさびを使うものにも合うと思うんです。もっといってしまえば、上記のようにからしを使うものにも。
いわし刺ですが、これがまた。これ自体が味付けものなので、醤油はなくても充分です。

黒はんぺんにも

黒はんぺんとか。美味しいんですよ。

オキコにも

ついでに、オキコのラーメンにも。案外、美味しいんですよ。もちろん、ご飯にそのまま載せても美味しいですよ。おむすびの具にも面白そうですね。
結構万能な、北海道の『山わさび醤油漬』です。


今回は、北海道で二題でした。どちらもお薦めです。手に入ったら是非!カスタマイズで楽しんでください。
で、ファイターズ日本一を祝いたいかたは、一緒に祝いましょう♪

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

あの旭川名物を自作してみる(←今ごろ?)
長年に亘って夏は渡道して、大体一週間くらい放浪して楽しんでるというか…魂の開放というか一年の旅の打ち上げというか…まあこれが旅好き暮らしの集大成でもあるんですよ。

毎年通ってるとなると、おなじみのところも出てくるんですね。それは宿泊先であるライダーハウスもそうですが、飲食店でも。
そのひとつが旭川名物『ゲソ丼』の発祥であるスタンド系そば店(=とはいえ座って楽しめます)『花ちゃん』。
何だかんだ毎年いただいてますが、そうしたくなるくらいの魅力があるんです。

ゲソ塩焼

で、地元のスーパーでスルメイカが旬だったり大漁で大量入荷したりした際は、刺身がこれぞとばかりに並ぶ一方で…余剰となるえんぺらやげそがパックされて安く出てるんですよ。
日々スーパーに足を運ぶ同志にとっては、おなじみのお買い得素材ですよね。

で、単に塩焼きにしても酒が進んでたまらんという…イカは好いですね♪この色がまた、食慾をそそるんですよ(ふふん)。

とかやっててですね、これって…ゲソ丼の材料じゃん…と、気づいた、と。じゃあこれの残りでゲソ丼を…そもそもスルメイカのゲソ&えんぺら4~5杯分で¥200-と、素材としては激安なんですよね。

自作ゲソ丼

やってみました。揚げるのではなく、粉をはたいて油で炒めるという花ちゃん方式でしたが、これがまさに!お店のあの味に近い!あれをうちで再現…いや詳細までじゃないのですが、旭川を思い出して遠い目になるには充分な美味しさです。

わたしレシピですが、まずはゲソやえんぺらを食べやすい感じに切って酒で洗い(=トンビのところは切開して黒いクチバシを取り除きましょう)、水分を切ってから“これでもか!”ってなくらいに片栗粉をまぶす、と。サラサラになるくらいまでまぶす、と。

で、それを油で炒めて…と。これは火の通りやすい素材ですから、色が変わったらそこら辺から判断しましょう。
で、単なる上記の塩焼きと違って、薄いけど片栗粉の衣があります。ここに…アフター味付けが上手い具合に染みるんですよ♪

これはプレーンですが、ここに佳き醤油をポタポタ回し垂らしても好し、任意の変わり塩を高いところから少量振りまいても好し♪とにかくご飯が進みます。丼物なのに更なるご飯が別に欲しくなるくらいです。

で…これは応用が利きまくりですよ?安易なところではカレーとかアジアンテイストとか浮かびますが、油を胡麻油にするだけで全く別物になろうことは想像に難くありません。オリーブ油にすると…一体どうなるのでしょうか?
イタリアンもデビルフィッシュを楽しむ国柄らしいですが(=イカ墨パスタとかありますし)、これもそっち系の味付けで…仕上げに刻みパセリを散らしたりとか…これ、やってみようかな(笑)。


ゲソ丼、美味しいです♪旭川に伺う機会も縁も無いかたがたも、料理好きならこれは是非試していただきたい…ネオ郷土料理です。
日々買い物する同志よ!安いゲソ&えんぺらパックを見かけたら…カモンジョイナス!
楽しみましょう♪

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道みやげ(後)~『ご当地限定茶づけ』北海道編
実は、ふりかけだけじゃなかったんです。

北海道限定茶づけ

さすが永谷園、『北海道限定茶づけ』もありました!こちらはふりかけのように多種多様でなく、二種入りです。
とはいえ、一般的に想起される“北海道といえば”をしっかり押さえてます。

毛がに茶づけ

まずは『毛がに』ですが…これは名作かも知れません。世間一般が思う“カニ感”からすればアッサリし過ぎというか物足りないかも知れませんが、カニカマじゃなくて実際のカニって…まあこんなもんだよな、みたいなところが絶妙です。
忙しい朝や、飲んだあとにサラッといただくにはこんな感じでいーのでは。物足りないならカニカマをほぐして加えるなりしましょう。ふりかけのそれはそんなでもなかったのですが、どっこい茶付けは素晴らしいですね♪

うに茶づけ

で、うにですが…まあこれはこんなもんかな、と。ふりかけもそうでしたが、何せ高級素材ですしね。むせ返るほどのウニ感…いや、そこまでは望んでませんけど。
東北編のそれも薄かったながら、まあビジュアル的にはウニウニしてましたが…とりあえずウニを感じるにはこれで充分なのかな…そんなところで。

何にせよ、生とかボイルとか何とかの大量なそれと比べるべきではないですよね。


ふりかけと茶づけ、北海道限定の双方を試しましたが、総合的にはどちらもお薦めです。旅人にありがたいのは、どちらも軽いというところ。たくさん買っても身体的負担にはなりません。
ただ…大判ですし、収納するバッグ類によってはシワになるかも。でもまあ、上司にこれを持っていくひともそうそういませんでしょうし、自分・家族・恋人&親友など親密なひとへのみやげには最適かもしれません。


まあとにかく思ったのは、“永谷園、やるなぁ!”でした。かつてはこういうものって全般的には、てきとーなものが多かった印象があるんですよ。でも今やネットありきで“悪事千里をあっという間に走る”時代ですから、いー加減なモノや中途半端なものを出したとしたら、売れるのは初日だけでしょうし。

そういうことも考えた…北海道編の永谷園スーベニアでした。あ、高評価を付けてないそれも、普通に美味しいですよ。日常のスパイス・オブ・ライフにお薦めです♪


で、ちょっと短いような気もするのでオマケを。

北海道みやげ

新千歳で買った『水曜どうでしょう』タオルと、AIR DO機内で買った『ベアドゥ扇子』です。どちらも安くはありませんでしたが、厚手で大判なタオルは今治製で、質の高いしっかりとしたもの。それが『どうでしょうグッズ』になってるギャップも面白さのひとつでしょう。
そして、扇子もまた。高級感溢れる造りですし、何といっても軽いところが最大のポイントかな。色合いも涼しげですし、そこに雲から顔を覗かせるベアドゥ…これまたギャップが楽しい扇子かも。
新千歳空港の広大な店舗群の一角にある店で、、普通のおみやげがズラリ並ぶ一角にHTBコーナーのあるところがあり、『どうでしょうグッズ』各種はそこで手に入ります。
一方でベアドゥ扇子。これは機内誌に出てたので、あとでいいかな?と思いつつも…やっぱり今欲しいなと、機内で買い求めました。実は扇子も忘れてきてたんですよ(笑)。で、往路で求めておいて正解でした。復路では売り切れてましたから。

あと、友人知人用にはお菓子などを、でもって『どうでしょう』ファン仲間の川崎の親友には『どうでしょう手拭い』を。新千歳空港の店舗群は広大なショッピングモール以上というか、全部見て回れないくらいの規模なので、とりあえずおみやげ探しに悩むことはまあないでしょう。いま立ってるところから半径100m以内でほぼ好いものが見つかるでしょうし。
逆に、あのひとには何がいいかな…などとウォーキング並みに歩き回って探すのも、新千歳空港の楽しみかも知れません。


じゃ、この辺で。おみやげも楽しい北海道でした♪

(了)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道みやげ(前)~『おとなのふりかけ』北海道編
北海道編の自分みやげがあったのですが、それの消費ということもあったりしたので…今ごろになってしまいました。
とはいえお薦めモノなので、ご紹介いたします。ちょうど『北海道フェア in 代々木』のあとですしね。


以前、近所のヴィレヴァンで見かけて買って楽しんだ、永谷園のご当地シリーズ。あれが面白かったので、旅先でもついついあの定式幕デザインを視覚デバイスでサーチするようになりました。

北海道限定おとなのふりかけ

で、先日の、毎年恒例北海道放浪で見つけた自分みやげが、永谷園ご当地シリーズ。
今回はこの『おとなのふりかけ』北海道限定。4メニュー×4袋ですから、結構な内容量です…ま、ふりかけですからね。

おとなのふりかけ北海道

で、ふりかけといえば弁当だろうとおっしゃるかたも多そうですが、わたしはそうでもないんです。そもそも減塩生活ですしね。
ただ、こういうのを試すとなるとよい機会だということで、弁当持参の日にこれらも、と。

いつもの弁当

弁当自体はいつものそれなのですが、そういう事情もあっておかずはいつもよりは薄味で…いや、そもそも薄味なのですが、さらに…と。

じゃがバター

まずは『じゃがバター』。まさかこんなふりかけが創造されるとは、思ってもみませんでした。さすがに永谷園、R&Dのすごさを感じました。
ある程度、想像付くかも知れませんが…一瞬“ポテトチップス”を想起します。でもこれはちょっと違って…あまりの“じゃがバター”感に、公園のベンチで爆笑しそうになりました。

これまでに、こんなにも“洋”なふりかけがあっただろうか…そう思い返して改めて知恵熱が出るくらいに、なかなか稀有な存在だと思います。
これは特異な存在にして面白すぎる味わいですよ!

十勝チーズ

そして『十勝チーズ』なんてのも。白飯を半分いただいたところでこちらを使用いたしましたが…これまたビックリの味わい!
ここまでチーズチーズしたふりかけが、歴史上あったであろうか…いや、ありはしない、と思うくらいのチーズ感!
当然、これまた洋風感マックスなのですが、思ったよりご飯に合うんですよ。これはすごいですね…っていうか、さすがに老舗というか…開発力がすごいな、と。

弁当にこれ等を添えるなら、オカズは洋風が好いよな…そうも思った、前半戦でした。

北海道産毛がに

で、後半戦。『北海道産毛がに』ってのがあるのですが…これはまあ、普通のふりかけでした(笑)。
特に毛がに感はまあ…彩りはなかなか素敵ですから、そういう方面で楽しめれば、と。

北海道産うに

そういう意味では最後のひとつ『北海道産うに』もまた。彩りを楽しみましょう。


で、同様の『茶づけ』も買ったんですよ。明日はそちらをお送りいたします。


(つづく)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

今年も北海道@東京~第28回『北海道フェア in 代々木』最終日
さていよいよ最終日だった昨日。連日の馬食で胃も少々疲れ気味だったので、軽く済ますか、と
それ以上に最終日ともなると、まともに歩けないくらいの人出は避けられませんし。

栗山町

朝から並びに行くのではなく、お昼を食べに行くいつもの感覚で…ってこれがすんごい暑さ!いや、暑さというよりは日差しが強くて熱いという感じ。当然、会場はすでにごった返してて、ブースによってはどこが列の最後尾か判らないくらい。
こういうときはふるさと会連合会で過ごすに限りやす…といいたいところですが、こちらでも東京芽室(めむろ)会の『牛サガリ串』には長蛇の列が。

で、東京栗山会でこういうものを。

くりやまコロッケ

揚げ立てに目覚めてしまったので、『くりやまコロッケ』のカレー味を。カレーコロッケは春の18きっぷ旅で訪れた那須烏山市で目覚めたものですが。
揚げ立てホクホクは美味しかったです♪そう思えば『いかめしコロッケ』もやっぱり、渡された揚げ立てアツアツをその場で楽しめばもっと美味しかったんだなと、つくづく。

恵庭ジンギスカン焼きそば

そして、東京恵庭ふるさと会で『恵庭風ジンギスカン焼きそば』を。これは面白かったですよ。麺に地元産の小麦『ゆめちから』が使われてるという、地元発信な焼きそばでした。そういえば以前、石窯焼きピザを出してたときも地元産野菜だったよな、ということを思い出したり。

美味しかったのですが、ちょっと驚いたのが練り物の存在。これ、焼きそばに添えるって…北海道の食文化なのでしょうか。

函館風ザンギ

暑いし混んでるしで、どこかすぐに買って持ち帰られるところはないかと歩き回って見つけたのが、函館『鳥~おおとり~』というところ。常に列が出来てるものの、すぐに進むんですよ。
ザンギを売ってたんですが、それに“函館風”と書かれてます。これを買って帰って、今年のわたしの『北海道フェアin 代々木』は終わりました。

今回も、充実の四日間でした。サンキューグルメに二日も並ぶという…暇だねぇ、まったく。それはさておき、ひとの少ない平日にいろいろと楽しめたところは今年も大きかったですよ。しかも今年は平日が二日もありましたから。
まあ、仕事を休んでまで通うものではないですが、ゆっくり楽しむなら平日がいいですよ。

函館風ザンギとカットチキン骨付き

そして、持ち帰ったザンギなど。左は『カットチキン(骨付き)』で、右が『函館風ザンギ』です。ザンギの白っぽいのは海苔塩味で、茶色いほうが函館風。甘めの味付けなのですが、それがご飯に悪くないんですよ。
そしてカットチキン。これが面白かったですねぇ!味付けは色をご覧のように函館風ザンギと同じなのですが、カットされたチキン~ももだったり手羽だったり、隙間にはテールを詰めてくれたり…大盛りにしていただきましたが、これが色からお解りのようにザンギの甘めのそれと同じ味付けで、これがまた美味しいんですよ。
外がパリッとしてる味わいも面白く、これまたご飯が進む味わいでした。

あ、半分はお昼に白飯とともに楽しんで、夜は泡の出る冷たくて苦いものとともに。これがまた♪あまり甘いもので飲みたくは無いのですが、これだけは別です。これは、来年も来てくれたらリピートしたいですね。販売のおじさんがナイスなキャラクターで、ほかのブースではなかなか伺えなかった正調北海道弁にはこころがほぐれる思いでした。


四日間に亘ってだらだら書いてきましたが、やっぱり代々木のフェスは楽しいです。今週末からの三連休(10/8~10)も、おなじみの『九州観光・物産フェア2016』が行われます。会場ですでにパンフレットが配布されてましたが、これまた面白いんですよね。

お読みいただき、ありがとうございます。じゃ、今週末も代々木で待ってるぜっ!


(了)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ