FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
山わさびの夏(上)
北海道放浪の余録なのですが、これはセイコーマートの商品開発力のすごさというか…面白がりかたというか、そういうところについつい笑ってしまう…そういう要素もインクルードされてます。

山わさび塩ラーメン

セコマのカップめんといえばレギュラーの数々は、とにかく安くてそして美味しくて…そういうものなのですが、『山わさび塩ラーメン』なんてのも出てたのです。

稚内のライダーハウスみどり湯というところは宿泊者同士…いや同志がやたら仲良くなったりするライハとしてもおなじみで、一方では婚活ライハとしても結果的にはおなじみなのですが(=これまでに20数組がここでの出会いから結婚へと。昨年出会った方が今年入籍報告なんて話も)、そこでこのカップめんを楽しんでおられるかたがいてですね(=中高年男性でしたが)…わたしも店で見かけて気になってたものの…いかがなものでしょうか?と。

うかがえば…いやぼくも情報の又聞きみたいなものでしたが自分の好みに合うかな?と思ってですね…ようやくですけど、いやこれ旨いわ!滞在中に是非食べてくださいよ!と。

ただ、稚内滞在中は…そのみどり湯では夕食を自炊してましたし。で、北海道最終日前日に“もう要らないもの”…シュラフとか衣類とかですが、それをまとめて箱詰めにしてうちに発送してしまったんですよ。
その関係で、ザックには余裕が出来まくりだったのです。明けた最終日、ホテル至近のセコマで朝食を買いつつ、この類もおみやげとして購入しました。

さっぱり爽やかで美味しい

これは確かに!好かったですねぇ!基本的には塩ラーメンだと思ってください。で、そこに山わさびですよ。山わさびそのものをご存じない方が世の中では大多数なんじゃないかと思うので申し添えれば…ローストビーフなんかに付くホースラディッシュってのがあったりしますが、あれが北海道でいうところの山わさびです。

で、実のところ山わさびは、あれやこれやに結構万能なのですよ。それこそ、魚の刺身にも合いますし、一番有名なのはこれの醤油漬けなんじゃないでしょうか。
セコマおにぎりでもお馴染みですしね♪

そしてその、川のわさびとは違った独特の感じが好いなぁ…と遠い目に。これはセコマの通販でも扱ってますので、ひとケース頼んでみるのも悪くないかな?とか思った…そんな爽やかで美味しい山わさび塩ラーメンでした。
これ、お薦めです♪で、カップめんで山わさびといえば…もうひとつあるんですよ。


(つづく)

スポンサーサイト

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

北海道2018 8-3(終) 時間がない
で、美々駅まで走るのに空港の西側から向かったので、意外に時間がかかってしまったりしましたが(=あの辺の道も好きなのです)、まあまあ余裕のあるうちに空港へ到着。

そしてチェックイン。これはiPhoneの画面に表示させたバーコードですぐに。そして、ちび輪バッグに仕舞ったフレッタを…何だこの長蛇の列は!
どうやら列の後ろから30分はかかる模様。お昼とか買い物とか…30分あれば充分余裕だったはずなのになぁ。

ジンギスカンステーキ丼

何とか保安検査場をクリア。急がなければなりません。まずはお昼です。これはもうフードコートのマツジンをリピートと決めてましたから、急いで向かって…ええっとこれむちゃくちゃ美味そう!と思ったジンギスカンステーキ丼をお願いしたら…?

温玉も付けました

これは何か時間かかるみたいで、あとからの客のジンギスカン丼とかのほうが先に次々と…でもまあ、ここでしか食べられないようなものですしね。時間はかかりましたが美味しかったです!ええもう、ご覧の通りのこれもんです。見た目で美味しいと皆さん解っ…あ、温玉は追加です。途中から加えると、これがまた別物に変化♪
これ、秋の代々木公園『北海道フェアin代々木』でも食べられないかなぁ。厚切りが好いんですよ。

雪ミクスカイタウンちょっとだけ

もう搭乗時刻までそう余裕は無いのですが、一応は雪ミクスカイタウンを覗いたり…

ステッカーも買う

ステッカーを買ったり。この言葉が何なのかは、知ってるひとだけが笑ってくれればいいです。「子どもたちもおいで~」とか「わたしが食べますっ!」とかも思い出しますよね。実はあの夏野菜スペシャルが、当時終夜営業してた恵庭の健康ランド泊時にリクライニングシートの個別TVで観た初めてのあれだったのです。

地上がよく見えた

そして無事に、機上のひとへ。いつもの左側の、翼のちょっと後ろの窓側を事前指定で取りました。ここは離陸から着陸まで、いろんな部分が開いたり閉じたり垂れ下がったりして、見ていて楽しいのです。

仙台空港上空

仙台空港上空です。左側にやや斜めった上下方向の滑走路が見えます。蛇行して仙台湾に注ぐ阿武隈川もよく見えます。

霞ヶ浦上空

これは霞ヶ浦上空。あっという間に関東です。速いですね、航空機は。

面白かった曲

で、北海道的な機内放送を楽しめるところがAIR DOの面白いところですが、往路ではいつものように音尾琢真さんのおなじみの番組を、今回の復路では十勝のコミュニティFM局制作の音楽番組を。ここで面白い曲に出会ったのですが、この番組は曲間に十勝の紹介をしていく番組で、演奏者名や曲名はいわないから…誰の何?と。
しかも放送自体がループ放送ですから、どの曲から聴き始めたのかも判りませんし。

とりあえずプログラムを撮影して、帰ってきてから探したら…サイダーガールの『エバーグリーン』という曲でした。



恋愛の展開を野球に例えたりして、上手いというか面白いというか…絶妙な歌詞だなと思ったのです。そしてこのPVも巧いというか好いですね。関係を進めたいけれど、うちあけられない…いいだせない…これでは『飯田線のバラード』ですが、言い出すことでこれまでの関係が壊れてしまったら…モテモテ人生のかたがたには何を言ってるのか解らないかも知れませんが、そういう葛藤に悩む青春もあるのです。

今年も終わりました

そして着陸。翼の例のところが一番いろいろと開いたりするこの瞬間が楽しいなぁと思いながら…今年もわたしのパラレイロンは終わりました。
旭川スタートで稚内にゴール、そして新千歳で終了…これは昨年と同じですが、同じようなコースでもまた違う顔を見せてくれる北海道…ホント“でっかいどう北海道”ですよ。

今年もまた日々いろいろと出会いや別れがあり、美味しいものや絶景があり、そしてドラッグストア問題やタイヤバースト問題という今後の課題も生まれましたが、終わってみればトラブルもよい思い出です。
さあ、鬼に笑われようとも来年のことを考え始めなければ!


長々と綴って来ましたが、北海道2018はこれにて終幕。お読みいただきありがとうございます。夏の北海道といえばバイクでが有名ですが、クルマでも自転車でも徒歩でも鉄道でも…そしてヒッチハイクでも!そのひとなりのスタイルで楽しめますし、高級温泉旅館で高級グルメ三昧もあればビジホ泊地元グルメも。そしてライダーハウス泊で旅の仲間とわいわいとかキャンプ場で静かに過ごすなど…旅人の数だけ北海道旅のスタイルがあると思います。

旅好き同志への情報提供になればさいわいですし、いつか行ってみたいと思ってるかたの参考になればそれもまた。

じゃあ、来年はあのライダーハウスで逢おうぜ!


(北海道2018、これにて了)


テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道2018 7-2 帰ってきたぜ
この日はただのんびりと移動するだけでなく、長時間の接続待ちの間にタスクがありました。バーストして応急処置のままのリアタイヤ…これを何とかするために、18×1.5インチのサイズのタイヤを探さねばなりません。最終日はもう、雨でなければ追悼で走る予定がある上に、フライトの時刻に間にあうようにせねばなりませんから、途中で応急処置のタイヤが完全にイカれてしまった場合は空港にたどり着けず、乗れなくなる可能性もあります。

まずは名寄で探して残念な結果となりながらも、続く旭川では駅近一店目で無事にゲット!Siriさんに感謝しつつ、駅前広場の片隅でタイヤ交換して“よっしゃ!”となったことはリアルタイム編で書きました
そしてこの日のお昼ですが、往路で訪問して“帰りも寄ります!”宣言をした『花ちゃん』へ。通常のゲソ丼も食べておきたかったのです。

ゲソ丼ネギ塩が旨い

あら!帰ってきたのね!ホントに寄ってくれたんだ!と、花ちゃん(店主・粋なお姐さん)から。どっちが好きかといわれたらこっちを選ぶ『ネギ塩』を。美味しいんですよ、これが。
ここはツーリングライダーの口コミで地元以外にも知られることとなっただけに、地元のかたがた以外に旅の客にも出会うことがしばしば。気をつけて発車しないとウイリーしそうなほどに荷物満載のアメリカンとか、ダートばかり走ってますなオフ車とか、走りはじめたひと…走り終えて港に向かってるひと…いろいろな旅人に出会うこともあります。
もっともそれだけにあらず、地元のかたとの会話も面白いのですが。

いつもなら花ちゃんでお昼食べて旭川駅に戻っても各駅停車の上りはしばらくありませんから、滝川まで別料金の特急でつないで…となるところですが、今回はタイヤ探しとタイヤ交換がありましたし、到着から約二時間後の各駅停車までエキサイティングでグッドな時間を過ごせました。

その間にやった他のこととして…ちょっとまだ時間があるなと旭川駅構内で休憩してると、目に入ってきたのがクロネコヤマトのカウンター。観光客の荷物預かりだけでなく、おみやげや荷物の発送業務も。
もうシュラフやシュラフシーツ、あと冬用サイクルジャケットや翌日着ない衣類など、持ち運ぶ必要もありませんよね。で、箱を買って荷造りして、ここから自宅へと送り、背中が身軽になりました。
便利なもので、伝票を書き込まないでもいいんです。タブレット入力なんですよ。郵便番号を入れれば何々区何々までは出ますから、あとは番地や物件名や名前をタップして。便利になったものですね。わたしは背中を大怪我して以来、もともと上手くなかった字がさらに書きづらくなってしまったので、こういうのは助かります。

最終日は札幌泊

そして、札幌に無事到着。ここでフレッタを広げて、ホテルまで走りました。


(つづく)

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ

北海道2018 6-3 稚内今年最後の晩餐
バス停を降りてみどり湯に向かう踏切のところで、こっちに手を振るライダーが…お姉さんだ。こんな時間までみどり湯に居たんですね。またどこかで出会えるといいですね。

帰宅しておかあさんに、今そこでお姉さんに会いましたよなどと話しつつ連泊の手続きを。そして冷たいものを求めて、近所のセコマに。
そうそう、セコマラリーで違う店のレシート300円以上を10枚集めてっていう例のあれですが、5店目のソフトに加えて10店目のミネラルウォーターもいただきました。その一方で…

10本買って1本もらった

対象飲料を買うとレシート式のクーポンが出て、それを10枚集めると一本もらえるというお祭りを今年もやってたのです。10枚揃ったのですが、これは早々に引き換えずに翌日に取っておこう、と。

肉を買いに

この日が稚内最後の日だったので改めて荷物を整理して荷造りしたり、洗濯したり銭湯を楽しんだり。
そして夕刻。この日も、肉のたかみへ夕食材料を買いに。折しも、めったに閉まらない踏切が音を立ててて、そこへ特急サロベツ1号が

南駅に停まる

通称・南駅こと南稚内駅に停まってます。最北はもうすぐだぞー!

ラムチョップもう一回

そしてこの日は、美味しかったラムチョップをリピート。もう一度食べたかったんです。一方で、骨付きソーセージなども安くてこころ動かされましたが、来年もまた来ます!と宣言してた高校生くんにまた来年会えれば、そういうものでも振る舞おうかな。
で、やっぱり美味しいラムチョップ。今後は稚内ライフ時、ここの食材が定番化するでしょうね。

畑のミートソース

〆にはセコマで半額になってたパスタを。血圧が気になる方のための『畑のミートソース』とあるように、減塩なだけでなく大豆で作られたミートソースなんです。

減塩さんパスタ

薄味です…当然か。それに慣れてるわたしには楽しめるものでしたが、半額になってた理由も解るというか…まあ普通はインパクトとか求めますしね、パスタには。


この夜もまた、戻ってきて連泊のかたあり、何か見覚えのある…去年お会いしましたよね?あ、やっぱり!という方が何人もいて、これだからみどり湯は楽しいのです。
この夜も自己紹介タイムから合唱タイム、そして焼酎パーティーといつものように楽しく更けていった、今年最後の稚内の夜でした。


(六日目了 七日目につづく)

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

北海道2018 6-2 話題のハンバーガー
そして下っていくのですが、あれ?こっちの道は?と。文芸の小道というのが時々出現して、そこには俳句や短歌などが並んでるのですが…九人の乙女の碑の裏から上がって来るかたが。ここにもあるのか…っていうか、こっち経由でも下れるのでしょうか。

徒歩ならこっち経由

何のことはない、徒歩なら断然こっち経由のほうが楽でした。足元もところによっては舗装路ではないから、脚に優しいですし。
北門神社の裏に出て境内を通り、最終的には中央一丁目の交差点へ。徒歩で登られる方は宝来三丁目まで行かずに、稚内駅前バスターミナルで降りたほうがいいかも知れません。


そしてお昼。話題になってた店へと。冷戦時代の稚内は最前線でもあった関係でノシャップに米軍基地があったのですが(=現在は自衛隊稚内基地が)、その関係で米国文化もまた。その当時、米兵に人気だったメニューを今に伝えてる店があるのです。

噂のスラッピージョー

その中でも特製なのが、巨大ハンバーガーにミートソースやチーズをかけて鉄板焼きにしたもの。ナイフとフォークでいただくのですが…

まあ話の種だな

ご覧のようなとんでもないサイズながらパンはパサパサのフカフカで…これ何か記憶にあるぞと思ったら、以前食べた佐世保バーガーのそれでした。なるほど、あれも米軍文化ですしね。
まあ…あまり好みのものではありませんでした。それ以上に、時間がかかりすぎて…ホントに腹ペコで今すぐなにか食べたい人にも向かないかな。

バスが来た

あれはまあ、話の種だなと思いながら駅前のバスターミナルまで。地元じゃない土地でバスに乗るのって不安もあるものですが、稚内はもう第三の故郷みたいなものですから、当たり前のように。

バスが来ましたが、その奥の百年記念塔…さっきまであの上にいたんですよね。そしてバスで、みどり湯に帰宅しました。


(つづく)

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

北海道2018 6-1 激坂登って
北海道も六日目。当初はこの日、島に渡ろうかと思ってたものの雨の予報だったので、じゃあ市内をうろちょろしてようかと思ったんです。そしたら予報が外れて好い天気に。
ならば島へっ!といきたいところですが、タイヤがタイヤ…応急処置のままですから、島を走ってる最中にもっとひどい事態を迎えないとも限りません。

具が面白い

この日は連泊者も旅立っていくひとが多かったですね。で、いつものようにセコマ朝食。前日に食べた野沢菜ラー油と、そしてとびっこツナマヨなんて手巻き寿司も!美味しゅうございましたが、それ以前に発想が面白いですよ。

あの上まで

自転車でタイヤがこれ以上の最悪自体を迎えかねないのは市内とて同じことですから、この日は公共交通機関を利用することにしました。バス停まで歩く途中、目標が見えました。あの塔の上にある展望台が目的地です。

コンクリドーナツ坂

最寄りのバス停で降りて、そして上へ上へと…ここはとんでもない急勾配なんです。上には公園とともにキャンプ場もあるのですが、自転車ではちょっと登れないクラスの激坂です。
そもそも北海道で激坂って珍しいのですが。ここはこのように、コンクリ舗装の“ドーナツ坂”なんです。

百年記念塔

170mだったか、そんなに登らされれば充分に登山なのですが、バスはないからしょうがない。昔はロープウェイがあったらしいのですが。
ほとんどのひとはクルマなどで来てるんですが、ここが稚内市開基百年記念塔・北方記念館です。

稚内のアイヌ語地名

この日は記念日か何かで入場無料になってました。で、一度見てるのですがまたひと通り北方記念館を見て回りました。これは稚内のアイヌ語地名。写真を大きなサイズでアップしてますので、興味のあるかたは拡大して御覧ください。

首飾りタマサイ

こういったものの展示も。首飾りなのですが、青玉の美しさに魅せられました。

稚内樺太鳥瞰図

で、樺太の資料もあるのですが、これは樺太側から稚内も含めた鳥瞰図。稚内からの航路も、大泊(おおどまり)と本斗(ほんと)の双方が描かれてます。
いわゆる稚泊航路は最近までハートランドフェリーの運行がありましたが、なくなってしまったんですよね。昨年はロシア側からの高速船が就航してましたが、今年は無いということで…と思ってたら、8月シーズンに運行再開してました。
まあ、7月に訪れるわたしにはどっちみち…と。

ハートランドフェリーが行く

そこからさらに80m上の展望台に上がれば…今回は視界バッチリでした!本来ならば乗ってたかも知れないハートランドフェリーの姿がよく見えます。

きれいな利尻富士

そして、利尻島の姿も。利尻富士と呼ばれてますが、美しい姿ですよ。と、ここで思いがけない再会が。朝に出てったはずの道東から来てたレンタカーの大学院生組と再会。ヒッチハイカーに影響を受けた高校生くんも乗せてもらって網走を目指してたはずですが、せっかくだから少し観光して帰ります、と。

礼文島も見えます

どっちが好きかといわれれば迷いなく答えるであろう礼文島の姿も。湿度高めでうっすらガスってるようでもありながら、島々の姿はよく見えました。

昨日往復したところ

緑とか青とか、美しいですよ。こちらは昨日往復した方面です。あの陸地の先が、有名な宗谷岬です。

いつもの街を上から

そしていつもの街を上から。こういうのは面白いものですね。でもってサハリンも見えました

熊笹ソフト

そして帰宅&お昼モード。同じ道を下るのも何ですから、観光スポット方面経由で。休憩所に熊笹ソフトがありました。こういうのは気分が盛り上がりますね。それ以上に…写真からお判りかと思いますが、とにかく日差しの強い日だったので、こういうのはありがたいです。

青空に氷雪の門

氷雪の門も、青空だと映えますが、その分悲しみもより一層。

青い空と青い海と皆さんさようなら

そして、この碑。こういうのは曇天が似合うかというと、逆に晴天のほうが染み入るものがある気がします。


※前回の訪問、7年も前だったんですねぇ。当時の模様はこちらで。
(つづく)

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

北海道2018 5-4 サロベツもみじ
みどり湯に再帰宅(笑)。夕刻に買ってあった食材で、夕食作りです。この日は魚もいいかな?とあいざわや西條を覗いたのですがこれといったものもなかったので、前日同様に『肉のたかみ』に行ってしまいました。
気になったものがあったんですよ。

サロベツもみじ

これです!サロベツもみじです。もみじって何?と思われるかたは…うちのお客にはあまりいないか。イラストでお判りかと。“フレッシュ鹿肉”とも書かれてますが。
結構な大きさです。わたしの握りこぶしより一回り…これじゃ判らないな。あ、隣に見えますマジックソルトの小分けパック、これとの比較でお判りかと。この大きさというか量で約千円でした。

若者にもふるまう

美味しかったですねぇ!地元産だから新鮮でとか、そういうところもあるのかも知れないですが、肉の味わいが濃いんです。で、ジビエというとくせがどうとかいうひともいますし、TVで女子アナが鹿肉を食べて“全然臭みがありません!”とか言ってたりしますが、草食動物なんだからさ。これまたお店を紹介してくださったtododesuさんに感謝です。

まあ、ひとりで食べるには結構な量でしたから、隣でカップ焼きそばを食べてる高校生くんにもおすそ分け。初めて食べますよと…君の年齢ならまあ普通そうだろう…あ、これ美味しいじゃないですか!もうひと切れいいですか?いや~こんな肉初めてですよ!あのー…もうひと切れ…いいよいいよ食べろよ。

カップ焼きそばがエゾシカ肉焼そばに昇格してました。一方で、九州からヒッチハイクでここまでやってきた若者にも。こいつも金が底をつきそうだとかいってたので。まあ、よろこんで…というより北海道らしいものを全然食べてなかったらしく、それを通り越して感激してましたが。

チキンデミパスタ118円

〆はセコマの百円パスタ…今は百円じゃないですが(118円)、そこからチキンデミパスタを。これもまた美味しかったんですよ♪ホント、セイコーマートにはハズレがありませんね。
北海道、美味しいものがたくさんありますよ!そこのアナタもいかがですか?


(五日目了。六日目につづく)