FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と… スマホ等からは広告がウザくないPC版での閲覧を推奨します
年末年始の変化球 4-2 だらだら過ごす(下)
そして大晦日。午前中に天草の伯母から活けの車えびが届くのです。これはありがたいことに毎年恒例なのですが、それが届いてから…お昼はどうしようか、と。大晦日ともなるとランチタイムでも閉めてしまってる店も多いのです。

今年も届いた美味しい車えび_result

わたしはラジオ聴きながらブログ書いたりギター練習したりしてましたが、ピンポ~ン♪という音が…届きました!
これは刺身で食べると、ホントに美味しいのです。もちろん、そうして楽しむためにはいろいろと超えねばならぬハードルもあるのですが。

向上してるスーパーの寿司_result

この日のお昼は近所のスーパーで寿司を買ってきて。ここ、以前は弁当コーナーにコンビニの握り寿司みたいなのを出してるくらいだったのですが、客の要望が高まったのか…いつしか鮮魚部の棚に刺身とともに本格的なものを並べるようになったのです。
美味しかったですよ。

で、姉夫婦は午後に到着。昨年はインフルエンザで帰省できず…でしたから、二年ぶりの再会となりました。

ソコイトヨリ塩焼き_result

夜はソコイトヨリの塩焼きが出ました。赤い魚はめでたくていいですね。小さな鯛(黄鯛とかち鯛)よりはイトヨリのほうが美味しいと思います。

捌くのは大変です_result

そして、毎年恒例・活車えびの刺身。活きたままハコのおがくずの中に埋まってる車えびを掴みだして、暴れるそれを洗って頭を落として殻をむいて落とされた頭は入れた器から這い出そうとしてたりなどホラーな展開もありますし、頭を落とされた身も殻をむこうとすると暴れたり…もう慣れましたが、これは抵抗あるかたも多そうですね。
身の甘みにプッツンパッツンした歯ごたえ…食べればとても美味しいのですが。

アタマは塩焼きがスナック感覚_result

落とした頭は塩焼きで。これがまたスナック感覚で麦ジュースの進むものなのです。これにはカリポリな殻に多少の身と、そしてミソ…すべてが入ったパーフェクトエビスナックですよ。

伊七郎_result

義兄さんが故郷・鹿児島の芋焼酎を持ってきてくれました。『伊七郎(いひちろう)』というレアなものだそうで、美味しかったですよ。レアなものもといいながら、一升瓶で持ってきてくれるところがさすがです。

かもねりそばに鴨肉_result

今回の年越しそばは宮城の『海藻練(かもねり)そば』を、ひとり当たりハーフサイズで。海藻のあかもくの粉末を練り込んだということで、のどごしの好い…そして海を感じるそばです。シャレではないですが、思いつきで鴨肉を使った鴨だしそばとしていただきました。

えそ団子の吸い物で〆_result

んで、〆は地元根多・えその団子を使った吸い物で。この辺りでは鮮魚店でもスーパーでも、えそのすり身というものをどこでも売ってるのです。これが美味しいのですよ。


二年ぶりに姉夫婦の愛犬も揃って、家族で紅白を見ながら過ごした大晦日でした。


(年末編、了 年始編につづく)


スポンサーサイト

テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

冬のミネストローネ
これはツイッター上でsavasioさんからいただいたアイデアを試してみたものです。
季節もののかきの話から、ミネストローネに入れると美味しいというご意見をいただいたのです。

キャンベルのミネストローネ_result

ただ…ミネストローネって自作するには…ちょっとだけ作るってわけにもいきませんよね。で、具も種類が多く入ってたほうが美味しいだろうし…そうなると自作よりはというところから思いついたのがキャンベルスープ缶。折しもたまたま伺ったサミットストアで、キャンベルのミネストローネ缶が安く出てたのです。
何というタイミングでしょうか、ねぇ?あとは鮮魚売り場で加熱用かきを探せば…関東ではお馴染み・宮城産の物がお買い得価格で。役者が揃いました!

かきのミネストローネ_result

加熱しすぎて縮んでしまってはあれですから、そこに気をつけながらの加熱でしたが…これいいですねぇ!特に、冬場にこれはうれしいですよ。こころも温まりますよ。
ウォーホール缶も思ってたより具だくさんでしたから、これもたまにはいいかな?と。好い発見でした。


こういうアイデアを思いがけなくいただけるところが、ネット社会の面白いところではないでしょうか。savasioさんに感謝です!


テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

七草粥らない
帰省先から帰ってくればもう、七草粥の時期。地元駅に着き、帰りがてら商店街で八百屋さんを覗けば、お馴染みの七草セットが。

それを毎年買って帰ってるのですが、粥にはしないのです。あれは…粥は…病弱で寝たり起きたりだった幼少期を思い出してしまって、暗い気持ちになるのです。また、匂いがちょっとダメなんですよねぇ。で、いつもは七草雑炊にしてたのです。

特牛イカ魚醤_result

今年はちょっと違ったものを、と。ツイッターのハッシュタグで“#七草粥らない”というのがあって、これだ!と。ここでふと思い出したのが、先日の帰省時に手に入れた『特牛イカ魚醤プレミアム』。特牛と書いて“こっとい”と読むのは鉄道ファンや難読地名好きにはおなじみですが、その辺りの詳しくは旅日記でまた書きます。

特牛イカというのは赤イカ…ここでいう赤イカとは標準和名のケンサキイカのことなのですが、地元産ブランドなんですね。そしてその赤イカを使った魚醤を地元の醤油醸造元が作ってるのです。

ガイ七草ラーカオ_result

ナンプラーじゃなくてこれを使って、そしてバジルじゃなくて七草であのタイ料理を…ガイガパオラーカオならぬガイ七草ラーカオに。七草の苦味がなかなか面白い、そしてそこに特牛イカ魚醤の風味が加わって楽しいものになりました。

七草玉子焼きlarge_result

翌日の弁当には、玉子焼きに応用。基本的な味付けはマジックソルトでしたから、広い意味でハーブ玉子焼きといい切れなくもないな…と。これも美味しかったですよ。


粥とか雑炊じゃなくてもいいんだ…改めてそういうことを認識した次第です。さあ!来年はアナタも何か新しい七草ものにチャレンジ!


テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

ひさびさに出会う(=お求めやすい価格で)
最近はコンビニで野菜を売ってるところが多く…というか、うちの周りには多くて、それはまあ駅前から離れてるところなどは高齢者の買い物問題もあったりするから…そういった点からの取り組みならば、それは素晴らしいことだと思うのです。

一方で、あれはオーナーとかがそこと何か懇意で…そういうものなのかな?と思う店も。たまたま通りがかった近所のそこ、山梨県産を中心とした野菜販売活動を行っておられたのです。

金時にんじん売ってた_result

その中に何と!金時人参がお求めやすい価格で!結構なビッグサイズですから使いでもありますし、何よりこの色が好きなんです。

主役は金時人参_result

仕事から帰ってきてのお昼、さっそく使ってみました。この日は豚の生姜焼きならぬ柚子胡椒焼きにしようと思ってたので、その付け合せに。やっぱりこの色、好いですよ。大人の色ですね。味わいももちろん、子供は嫌うかも知れませんが人参人参した大人の味ですよ。

金時にんじんしりしりー_result

夜は、一度やってみたいと思ってた『にんじんしりしりー』の金時人参バージョンを。きっと色がきれいだろうなと思ってたのですが、そのとおりでした。玉子の黄色に濃い赤…サクラエビか何かに見えなくもないですが、これが美味しいんですよ。今回は色を活かしたくて、味付けに色の薄い『だし道楽』を使いましたが、素材の色を活かすのにもだし道楽は役立ちますね。


ひさびさの金時人参でした。あの辺を通ったらまた買いたいと思います。


テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

爽快な柿の種
帰省からは無事に帰り着きました。で、今回も発着地は同じなのに様々な面白い体験がありました。その辺はまた追々と綴っていきたいと思います。
年明けなので、軽い根多でひとつ。

柿の種梅ざらめ_result

仕事先でいただいたものです。「これ面白いから持ってってー(笑)!」と、そこの管理者からいただきました。
一見、柿の種なのですが…“梅ざらめ”と来ましたよ。って…何じゃそりゃ?

新鮮な味わい梅ざらめ_result

柿の種は皆さんご存知かと思いますが、その表面に梅味のザラメ…これが想像しにくいかと思うのですが、そういうものがくっついてます。
そもそも柿の種って醤油味でしょっぱいものという印象ですが、ザラメは甘いし…梅は酸っぱいし…ところがアナタ!これが合ってるから不思議。食は奥が深いですね。

ただ、アルコール類のつまみとしてだと、麦ジュースには微妙でした。むしろ辛口の白ワインやスパークリングなんかに好い感じでしたよ。
どこで売ってるのか判らないのですが、興味あるかたはそういう売り場にご注目下さいな。


テーマ:おつまみ - ジャンル:グルメ

豚肉でも安心して
カレー好きなのですが、そのバリエーションとしてハヤシライスも好きなのです。ただ、あれは基本的に牛肉使用ですよね。ハッシュドビーフなんてものがあるくらいですし。でもまあ、店によっては何の断りもなく思いっきり豚肉だったりしますが。
そもそも関東以北では、単に肉といえば豚肉を指す場合が多いのですから。とはいえ、自宅で作るとなると“ハッシュドビーフの素”を使って豚肉のものを…そこにかすかな後ろめたさを感じる向きもございましょう。

ハッシュドポーク

そういう後ろめたさ解消ということなのか、ハッシュドポークというものが出てました。ええもう、これを使えばこころおきなく豚肉で調理できるというものです。しかも、肉も野菜も薄切り前提で短時間調理、しかもここが売りのようなのですが、煮込んでないのに長時間煮込んだかのような深いコク…よく考えられてます。

ハッシュド鶏胸肉_result

この濃厚さは面白いなと思ったところで、これ案外鶏肉でもイケるんじゃないか?と。胸肉で作ってみましたが、これはいいですね。鶏肉でも美味しいですよ

ハッシュド鶏団子_result

調子に乗って鶏団子でも作ってみましたが、それでも美味しいんですよ。いっそのこと肉じゃなくてなまり節とか、そういうモルディブっぽいものでも合うのかも知れません。

これは面白いので、また使ってみようと思います。


テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

アイデアもいただきたい酒宴
親友とひさびさに一杯やろうかということになり、西新宿の量販店街へ。ヨドバシの売り場で待ち合わせという、どちらかが遅れても、または早く着きすぎても退屈したりしないという、便利な待ち合わせです。
その後は、気になるものの売り場を巡ったりするのですが、じゃあ一杯となって…

お通しはなめこおろし_result

前回、最近の改革が気になったさくら水産へ今回も。お通しがなめこおろしでしたよ!これ、ちょっとビックリ。やっぱり高級路線…とまではいわないけど、安さだけじゃないという方向性なんだろうな。

ぶれてるけどクジラ刺し_result

で、クジラ刺があったので、これは大好きなわたしが。興奮のあまり写真がぶれてますが、美味しかったんですよ。まあ、帰省すればそこらじゅうで売ってるのですが、東京でいただくことに意味があるのです。

んで、マグロ酒盗というものがあったのです。カツオはおなじみですが、へえ面白いなと頼んだら…

マグロ酒盗にクリームチーズ_result

何と!こういうスタイルで登場!てっきり小鉢で出てくるものだと思ってたので、持ってきた器の形やサイズに、いやこれは頼んでな…えええっ!と。
解剖台上のミシンとこうもり傘ならぬ、クラッカー上のマグロ酒盗とクリームチーズの出会いです。そしてこれが美味しかったんです。口の中でこれらがミックスされると、何ともいえない旨味が広がって…何かもう、昔のさくら水産じゃないねぇ。

唐揚げにレモン_result

一応、鶏唐も頼んだりはしましたが…

甲イカ刺しがうれしい_result

甲イカの刺し身があったのがうれしくて、これまた帰省すれば食べられるというか、あっちではスルメイカじゃなくて地元に揚がる甲イカの刺し身が普通なのですが、東京で食べることに意味が…もういいか。

煮込みおでん_result

んで、煮込みおでんなぞを突きつつ、最近どう?な話を。最近は親友も、ひとにいえない出張などはないらしいです。

〆にピザ頼むやつ_result

〆にピザを頼むのもどうかと思いますが(=私が頼みました)、熱燗をすすりながらつまむわけではないですし(←これは悪酔いしそうだ)、まあこれはこれで、と。


今回は、マグロ酒盗にノックアウトを食らったさくら水産でした。この店、確実に変わり始めてますね。しかも面白い方向に。
今後も楽しみです。


テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ