さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
さすが鮮魚店!
何となく今日は刺身気分の宵…そういう時は、スーパーより商店街の鮮魚店です。スーパーでは見かけない魚が並んでますよ!

トロキンメ刺身

この日は『トロキンメ』なんてのが出てました。これはもちろん、買うでしょ。そもそもキンメダイは美味しいものですが、脂の乗ったそれは刺身でもとろけるような味わい。素晴らしかったですねぇ♪

ビーツ扱わば

それだけで終わっては何ですから、料理根多を。ビーツが安く出てれば、買って帰ってボルシチを作ったりしてますが、これの色素の強力なことといったら!皮をむいたり切ったりしてるうちに、手が赤く染まります。これが…洗っても洗っても手に付いた血が取れねぇよおおおおお!といったような、ひとをあやめてしまって逃げ回るうちに気の毒なことになってしまった加害者ではないですが、洗ってもしばらくは落ちないので、まあいいか俺ひとをあやめてないし、そのうち消えてるだろう、と。
実際、そのうち消えます。

きたあかりバター

小根多として、きたあかりバター。これはもう!無条件幸福ですね。きたあかりを売ってたら、こういうシンプルなかたちでまずどうぞ♪


今回はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

簡単!あんかけかた焼きそば
旅先のホテルで『きょうの料理ビギナーズ』を観ていたところ、焼きそばを扱ってたんです。この番組は料理初心者向けのようでいて、実は目ウロコなアイデア満載なんですよね。
で、焼きそば。炒めてはいけないってところが目ウロコでした。普通、そうするもんですよね。わたしもこう、フライパンを煽ったりしてましたし。

焼きそばなんだから焼きなさいということで、焼き付けるようにするのですが、そういえばご当地グルメでもあったなとか思いつつ…これをそのまま進めていくと“かた焼きそば”か…と、ここでふと思うことが。

かた焼きそばといえばあんかけのそれですが、そのあんを作るのがちょっと手間だと思いつつ…あれ?こないだ買ったあれって、要は同じものなんじゃないか、と。

これであんかけ焼そば

100円ローソンやスーパーで売ってる、中華丼のレトルトです。これって、あんかけ焼きそばのあれと同じようなものでしょ?
で、めんもその辺で売ってるチルドの三パックものでと思いつつも、添付ソースは使わないから余ってしまうんですよね。これは近所にあるいつもの製麺所で、業務用のそれを小売りで。1パック60円ですが、ここのめんはどれも美味しいので気になりません。

固めに焼き付ける

そのめんを、ちょっと油多めな感じで…揚げ焼きっていうんですか?そういう感じに焼いて、仕上げにはごま油を垂らして香り付けを。

レトルトかけて完成

それを皿に盛って、温めておいたレトルトの中華丼の具をかける、と。折りしもこの製品、うずら玉子もしっかり入ってるという嬉しい仕様。
彩りで刻みネギをばら撒きましたが、これは確かに“あんかけかた焼きそば”に違いありませんよ(笑)。簡単に、美味しいそれが出来てしまいました。

牛たま丼でも

応用として、同じシリーズの『牛たま丼』を使って。やや甘口めですが、こんなあんかけ焼きそばなんて初めてだぞという、美味しい世界がアナタを待ってます♪
このレトルトは特売のときなんて、もっと安く出てますから、中華丼好きだけでなくかた焼きそば好きのアナタも買ってストック…いかがですか?


オマケ。

あじムニエル

アジが安かったので、マジックソルトと片栗粉をまぶしてオリーブ油でムニエルに。外はパリッと中はふっくら…酒が進みます♪


テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

身体が浄化されるような
北海道放浪旅の話も一日分が終わったので、切りのいいところで通常更新を。
こんなものを見つけました。

しじみ入りわかめスープ

『しじみ入りわかめスープ』です。前に『海女さんのまかない 女のスープ』という、ハイインパクトな商品名のものを買いましたが、それと同じタイプです。
フリーズドライの具が調味料とともに何となくカタマリを成してるようなものですが、これを大さじ軽く1ほどお椀に入れ、お湯を注ぐだけでおいしいスープが出来る、と。

増えて旨い

増えますよぉ!これ。思ったよりしじみも入ってるし、味わいもなかなか。ただ、減塩野郎Aチームにはちょっと濃く感じたので、大さじ1/2くらいでいいかも。それでもやっぱり、わかめドッサリですし。
これ、姉妹品で『がごめ昆布入りわかめスープ』も並んでたのですが、そっちも買っておけばよかったかなー、と。並んでたら、両方買ったほうがお得です。

海藻は身体にありがたいですし、それこそ勤務先で弁当をという場合にこれを添えると、今まで以上にお昼がハッピーになるかも知れません。
こういうのは上手く利用したいものですね。


ノドグロじゃなくて
帰省すると毎日のように魚三昧となるので、基本的にそういう暮らしを送りたいという願望を持つ身にとっては、えすたぱらいそなんです。

アカムツ煮付け

で、魚には旬というものがありますが、このアカムツも旬は脂の乗る冬場かも。ただ、獲れてしまうのかこの時期でも、普通に店頭に並んでます。

アカムツ…今や“ノドグロ”の名前のほうが通りがいいかも。テレビなんかでも高級魚として取り上げられてたりしますし。わたしも新潟で刺身をいただいたことがありましたが…舌でとろけるその味わいは絶品ながら、結構とんでもない価格でした。昔の表現方法でいうと“そんな値段!カレーライスなら○杯食べられる!”みたいな。

そういうのはいわゆる刺身クオリティでの流通でしょうし、しかも元のサイズが違うんでしょうし。
でもこういう、おひとり様サイズで加熱調理用ならば、この辺では安く出てるんですよ。だってノドグロじゃなくてアカムツだし。
やっぱ煮付けが一番ですね。刺身じゃなくても、その絹の味わいは充分楽しめます。

アカムツ塩焼き

とか言ってながら、塩焼きもたまらんという…煮付けが一番、塩焼き二番、三時のおやつは…いや、文明堂はともかく。

これは無条件幸福な味わいだから、東京の自宅でも楽しみたいとは思うのですが…まずこういうかたちで見かけることはないですよ。たまに魚屋さんで刺身を見かけるくらいです。


おひとり様サイズのアカムツ、もし近所で手に入るのなら、そこがぱらいそなのかも知れません。実は青い鳥は…いや赤い魚は身近なところにいるんです。
もし近所で見かけたら、煮付けか塩焼きで是非どうぞ♪

今日から、うちに向けて帰省旅復路編です。途中の宿は早めに予約して、無事取れました。まあ、あの街あの宿リピート、ということで。

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

電子レンジでパスタを茹でるあれを使って
暑い時期ともなると、パスタを茹でるのもどうかと思ってしまうのですが、食べたいときには食べたいものですよね。ただ…お湯を沸かしてそこそこ長い時間茹でて…これがどうにも暑苦しさをブーストしてしまうような…と。

で、百円ショップで見つけた“パスタ茹で器”。これなら、時間はもっとかかるものの、電子レンジ内で完結してしまいますし、その間はほかのことをやってればいいんだし。

実際使ってみれば、これほど便利な調理器具はなかなかないのではと思うくらい。ただ、この…茹で汁は何かに使えないものかと思って…スープパスタにならんかな?と

簡単スープパスタ

簡単なところで、塩を入れない代わりにロースハムを刻んで入れて、指定時間後にハウスのクリームシチューミクス大さじ1を振りまくように入れて、菜箸でよくかき混ぜて…と。
何か、好い感じになりました。のちに乾燥野菜の大根葉やほうれん草などを入れたりもしましたが、葉物はちょうどよく戻ってるし、さらに彩りもアップして面白かったですよ。

トムヤムわかめスープでも

あとこれは、先日のトムヤムわかめスープをあとから加えて混ぜて。酸味と辛味が夏向きですねぇ!カップスープの類は量的にもちょうど好いかもしれません。

それより何より、火を使わないで出来てしまうことが今の時期にはありがたいんですけどね。今回はそんな、パスタ茹で器の応用編でした。



テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

パンチラ娘がおっしゃるには
こんなものをスーパーで見つけました。リケンのわかめスープのバリエーションなのですが、面を飾るのは日本一有名な家族のひとつ、その構成員です。
で、表のイラストを見て…この娘は顔や髪型が記号だから、まずはそこで“ああ、わかめちゃんか。上手いこと使いおってからに”などと思うところですが…

トムヤムわかめスープ

こんなにスカート、短かったか?昔の漫画版のそれではこういう感じで、名著『サルまん』ではこの様子を“幼い女の子を表す記号としてのパンチラ”と、ほかのそれとは区別してたように記憶してますが…いや、そういう文化論じゃないんだ、今回は…いや、パンチラも文化で…エヘンオホン!

で、単なるわかめスープだったらまあ、普通なのですが、トムヤムわかめスープなんですよ、これ。時流に乗ってますねぇ!

パクチーの風味がさわやかね!

とにかくあの一家といえばもう、皆さん名前が名前ですから、こういったキャラクター起用には枚挙に暇がないかと思いきや…そう思うほど見かけないなとも思いますよね。
で、“わかめにまかせて!”とか、“パクチーの風味がさわやかね!”などの文言があって…いや、そうなのかも知れませんが、あの一家にパクチーってのは合わな…いや、差別はいけませんよ。

お茶漬け的に〆で最高

推奨されてる使い道でお茶漬けなんてのが。これは想像するだけで美味しそうだと思ったので、いきなりそういう使い方をしてしまいました。
はっきりとすっぱ辛いところはしっかりトムヤムスープですが、お茶漬けにするとパクチーの風味は解りにくくなってしまう気がしました。一方で、普通にスープとして作った場合は、確かにパクチーの風味がさわやかです。

これはあれですね、とりあえず常備しておいて、そういう刺激が欲しいときとかにサイドで添えるとか、お茶漬けで済ませたいがインパクトは欲しい…そういうときに役立つんじゃないかと思います。
特にこれからコンティニューな暑さ…噂によると関東では、9月末まで最高気温が30℃を下回ることはないという恐怖な予測を聞いてしまいましたが、そんな中で暑い国に倣って食事でサッパリしたいという気分の時には重宝しそうです。


で、オマケで…パンチラといえば…

【グループ魂】パンチラオブジョイトイ【戦国BASARA】



あれは名曲ですよね。これはゲームソフトと絡めた絵師の作品のようですが、そちらはよく知りません。


噂の魚屋さん
横浜の魚好き(=釣るのも捌くのも食べるのも)な仕事仲間から教えてもらってた鮮魚店というのがあって、これが大船にあるので、あの辺での仕事が入ったら伺ってみようと思ってたんです。
曰く、大船に行ってあの店に寄らずには帰れない…何せ三崎の水産会社の直営だとのことで、マグロが安いらしいんです。しかも、そういう場合にありがちなバチマグロだけでなく、インドマグロも安いらしいんです。

たまたま大船での仕事が入り、早い午後に終了となったので、駅に戻りがてらほぼ駅前といっていい鈴木水産大船ジャンボ市場店へ寄ってみました。

インドマグロ赤身

実際、マグロに限らずビックリするような価格なんですよ。処理済みのカナガシラとかキンキとか、こんな価格でいいの?と思うような値札。
今回はとりあえず、まずはインドマグロだろうということで、これまたビックリ価格の赤身を。しかもこれ、冷凍じゃなくて生なんです。ほぼワンコインで二人前取れるサクでしたが、これが美味しかったですねぇ♪これはズケにして丼物にしても面白いかな。

山口県産さざえ

あと、山口県産のさざえ(刺身用)が、ほぼワンコインで5個入りだったか、やっぱりビックリするような価格で。実家に帰省して食べてるのがまさにこれなのですが、あっちとそう変わらない価格なんですよね。
で、刺身用とは書かれてましたが、それは活きてますよということを表す記号だろうということで、刺身よりも好きなつぼ焼きで。やっぱさざえはつぼ焼きが一番です♪

生インドマグロ中トロと切明太子

そして後日。今度は戸塚での仕事でしたが、終了後は藤沢から小田急で帰ろうと思ってたので、途中の大船で一旦下車。鈴木水産へと寄り道…寄り鉄しました。
この日はもう17時前といった時間帯だったため、鮮魚のほうはあらかた売り切れ状態でしたが、マグロのほうはまだまだ品があったので、値引きになってたインドマグロの中トロと、あとは加工品コーナーから辛子明太子の切れ子を。

はんぺんに挟む

明太子もドッサリあると、あれにこれにと使いたくなるものです。で、はんぺんに挟んで。これは、麦から作られた飲み物も進みます。

インドまぐろヅケ丼

一方でインドマグロ。これはヅケ丼にしたものですが、たまたま近所のスーパーで沖縄フェアをやってたので、買ってきた海ぶどうも散らしました。楽しかったですねぇ♪


と、まだ二回しか訪問できてないのですが、面白いところですよ、鈴木水産。教えてくださった仕事仲間に感謝です。
一方で…ここはできるだけ早い時間帯に伺ったほうが好いということも判りました。調べたところ、閉店が18時だそう。15時くらいまでがベストかも。
ここは今後も、あの辺に行ったとき…あ、18きっぷ帰省の復路で途中下車ってのもありかも。また訪れたいですね。


テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ