さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
具が肝心
何かまた九州の甘口麦味噌を楽しみたくなったのですが、近所の高級スーパーに行くと300gのパックが各種並んでるので、ちょっとお試しには便利なんです。

現代の名工

で、ある日気づいたのですが、ここに並んでるのは各メーカともHPにも載ってなくて、こういうところ向けに造られた(=造らされた?)プレミアムラインなのかな?と。
今回は“現代の名工”の手によるものです。

この、現代の名工とは…

国内で最高水準と認められた技術者に対して厚生労働省から贈られる称号です。

とのことです。

無添加九州麦みそ

『無添加九州麦みそ』ですから、原材料はシンプルです。で、そのまま味わってみれば…香り好く味わい豊かで…さらに甘い気が…(笑)。

甘いが素晴らしい味わい

甘いのですが、素晴らしい味わいです。まあわたしは味噌少なめで味噌汁をつくりますから(=通常の1/2~1/3)、ちょうど好い感じにはなるのですが。
ただ、思ったことが。わかめとか揚げとか、そういうのならまあ普通なのですが、ちょっと前に旬だった『庄内あさつき』を使ったところ…これは九州味噌には合わないかな…と。
東北の食材ならやっぱり、仙台や津軽の辛口でいただきた…ああ、そういうことか、と気づきました。なるほど、地元の味噌には地元の食材…それが食文化というものですよね。

九州味噌で回鍋肉


一方で、これはと思ったのが春キャベツによる『ホイコーロー』。ホイコーローは割と簡単にできて失敗の無い、料理初心者にもお薦めな料理ですが、特に春キャベツを使ったそれは柔らかさと甘みがたまらん!と思うんです。
で、それをこの濃厚な甘味を持つ九州味噌と豆板醤で…素晴らしかものが出来たとですよ!
まあ、それも好みですけどね。


ちょっと食文化を考えるにまで至った、そんな高級九州味噌でした。

スポンサーサイト

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

使いやすい赤だし
全国各地、味噌の旅の時間です。今回はちょっとひねって…いや、結果的にですが。

マルヱみそ赤だし

赤だしです。九州福岡からのマルヱみそ『赤だし』です。
赤だしといえば三河の『八丁味噌』ですが、こういう他の地域で作られてるそれって結構あるんですよね。東京にもありますし。

まあ、需要があるってことなのでしょうが、それらは総じて八丁味噌よりは安い印象です。で、今回のこれ…

だし入り柔らかで使いやすい

買うときは何となく買ってしまったのですが、買ってみればこれは個人的には避けてる“だし入り”でした。

えーっと、何で避けてるかというと…何せ減塩野郎Aチームですから、日常の味噌汁は味噌の使用も少なめなんですね。通常の1/2~2/3くらいで。それでも美味しくできるところに味噌文化の素晴らしさを感じてるのですが。

そうするとですね、味わいの関係で無添加系の顆粒出汁を多めに使ったりしてバランスを取ってるのですが、これが出汁入り味噌だと…味噌少な目=出汁も少なめ…中途半端な味わいになるんですよ。
まあ、これまでと同様に、顆粒天然出汁を加えれば済むことなのですが。

抑えた丸い味わい

これのみで、普通の量で作った場合は判りませんが、これそのものはなかなか好い感じです。豆味噌特有の渋みとかが抑えられてて、しかも八丁味噌と違って柔らかいので味噌漉しを使わなくても作れますし、これは赤味噌入門編としても好いのではないでしょうか。
特に、これを白いヤツと併せて使うにはなかなかな…好い仕事をしそうな素材に感じました。


まだまだ日本中には、思いもかけないところに思いもかけないみそがあるものですね。麦味噌大国の九州で作られてる赤味噌、なかなか面白いですよ。

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

乾燥モノ×フードコンテナーが何だかすごい!
寒い日々ですが、弁当持参の際はフードコンテナーに助けられ、温かい汁物とともにお昼を楽しんでます。

で、いろいろと…これは使えないかな?と思うものに出会えたり。今回は、そういうものを。

人参と大根葉

仕事先でよく行く郊外の、帰り道に立ち寄る産直&セレクトショップで、こういうものを見つけました。乾燥野菜です。

熊本の会社です

素材とブドウ糖しか使われてないので、これは自然な味わいが楽しめるのではないか…そう思う一方で、これって熊本の会社が作ってるんですね。
今はまだ、いろいろと大変な状況が続いてるでしょうし、とりあえず応援の意味も込めて購入いたしました。

食物繊維系スープ

これ、好かったですねぇ!戻った際がみずみずしいといいましょうか、大根葉はシャッキリしてるし、にんじんはきちんとエッヂが立って味わいも豊か。フリーズドライではなく熱風で乾燥させる独自製法だそうで、戻しに時間はかかるが生に近い状態を再現できるようです。
もっとも、時間はかかるっていっても、こっちは朝に仕込んでお昼に食べるのですから、その辺は気になりません。
これは…こういうスタイルで汁物を楽しむ究極形態かもしれません。香りもはっきりと大根とにんじん…お昼がさらに楽しくなりますよ。

ひと口サイズで湯もどし不要

で、さらに…こんなものが目に留まりました。そもそも高野豆腐って好きなんですよ。最近では簡単に作れるそれがコンビニにも置かれてるので、思い立ったが高野豆腐も可能なんですよね。

で、このひと口サイズ…使えないかな…と。

高野豆腐バッチリ

最高でした!乾燥野菜~今回の大根葉に人参、あとスライス干し椎茸と高野豆腐…これはもう、汁物というよりは充分に“おかず”ですよ。
で、乾燥野菜はそうでもないのですが、さすがに高野豆腐ともなるとひと回りくらいは増えるので…どれくらい入れるかがポイントです。
この写真では四個入れてますが、汁物としてはこれくらいでいいのではないでしょうか。つい先日、ためしに六個入れたら、これが結構ギッシリ目になってて…開けた途端に笑いそうになりました。
でも、おかずとしてはなかなか面白いですよ。アツアツの汁を含んだ高野豆腐を弁当で楽しむ…なかなかしあわせなランチタイムですよ。


とりあえず、今回紹介したこれらはお薦めです。まだまだ寒い時期が続きますから、工夫して温かいお昼を楽しみましょう。

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

白い味噌ですが
さて、味噌の時間です。今回は、有名どころのあれを。

蓼科の香り

これまで意図的に避けてたところもありましたが、味噌といえばの信州産です。何で避けてたかというと…そりゃもうあまりに一般的過ぎるからだったんですが。
で、ちょっと違う感じのものがあったので。『蓼科の香り』というものです。

シンプル原材料

シンプルな原材料です。そして…白い色の味噌なんですよ。で、白い味噌といえば甘口のイメージがありますが、これはそうじゃないんですよ。
そこがおもしろいかな、と思って。

白いけど甘くない

実のところ、甘すぎる味噌はちょっとあれなのですが、これは普通の味わいです。見た目は甘口のようでありながら、一般向きというか…関東在住者が日常で楽しめるタイプですね。

使い道としては…色の白い味噌汁を楽しみたいんだけど、西京味噌とかは甘いからなぁ…あわせにすると白くなくなるし…そういうひとに重宝な味噌ですね。

そうでなくても、日常使いとして美味しいです。味噌炒めに使っても、素材の色が映えるので面白いですよ。
興味あるかたは是非どうぞ。


テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

百がえしだっ!
いろいろと連載(?)が長かったこともあって、ひさびさの味噌話です。日本全国味噌の旅の時間です。

百がえし

このところ、甘口が続いてましたので、北国に振ってみました。津軽味噌です。
ここでは以前アップしてますが、今回はその名前に惹かれて。

こく味プラス

『百がえし』というんですよ、これ。あれは…テレビドラマですか?以前、“倍返しだっ!”っていう言葉が流行ってた気がするのですが、もう随分前でしたっけ?長年、テレビのない生活ですから、知識とか基礎教養としては一応知ってるのですが。

閑話休題。

“手がえし、手がえし、繰りかえし。香り引き立つ津軽味噌。”

いいですね、七五調ですよ。つまりこれは、炊き上がったご飯の天地返しみたいにして、しかもそれを繰り返して育てた味噌ということでしょうか。

味噌汁らしい味噌汁

これは、関東で普通に食べられてるような味わいの味噌汁が出来上がります。仙台味噌と共に、関東生活者にはお店などで馴染みのある味わいじゃないでしょうか。もっともわたしは減塩野郎ですから薄めに作ってるのですが、それでも深い味わいを感じるのは素晴らしい味噌だからってことですよね。

写真の具は刻み揚げ・いんげんと、薬味的に刻みネギを散らしてますが、結構なオールラウンダーじゃないでしょうか。たまねぎとわかめとか、シンプルになめこ一本勝負とか。


これまた、買って好かった味噌でした。何となく、冬の食卓に合いそうな、そんな気もした津軽味噌『百がえし』です。これで作る豚汁…これも実家のほうでは“ぶたじる”と読みますが、関東では“とんじる”なんですよね。
それはともかく、具だくさんの汁物でも全体を統括してくれて、多くの具材の個性に埋没することなく、逆に各具材の個性を惹きたててくれることと思います。

いやはや味噌って、その味わい並みに奥行きが深いね。

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

初めての四国味噌
さて、味噌の時間です。今回はちょっと変化球です。

五穀味噌

味噌を買ってる郊外のセレクトショップでいろいろと眺めてると、九州のものが意外に多いなと思いつつ…徳島?
四国の味噌とは…これは想像が及んでませんでした。

穀物の恵み

四国で味噌といえば甘口のイメージがあるのですが、これもまた同様。ただこれ、『五穀味噌』の名の通り五穀~大豆・米・麦・粟(あわ)・黍(きび)が使われてる味噌なんです。
そういうところが面白いと思ったのですが、この味噌自体が推奨(?)してる“みそカフェ”というコンセプトもまた。

“こだわりのお味噌汁でひと休み、すこし素敵な時間を”

そして、“カラダ思いの穀物ミソスープ”とも。

甘口で粒がたまる

わたしには似合わないオシャレな展開ですが、マグカップに注いだりすることなく、いつもどおりに。

味噌自体が柔らかめというか、ゆるい感じです。そして、九州の麦味噌とはまた違った、結構な甘口なのですが、味わいが豊かで香りも好いので悪くありません。これはこれで面白いですよ。

で、何せ五穀ですから、正しくは味噌漉しを使うべきなのかも知れませんが、麦味噌でもわたしは使わずにその粒々感を楽しむ口ですから、これもまた同様に。
底にいろんな粒々がたまりますが、それをぐいっとやってこその味噌汁でしょう。楽しいですよ。


四国で味噌といえば、白味噌仕立てに餡入りの餅が入るという香川の雑煮が有名ですから、これが甘すぎたらどうしたもんだか…そう思ってしまうのも自然なことでしょう。
ま、杞憂でしたが。結構な甘口ながら普通に、日常の味噌として楽しめます。

このヤマク食品、創業明治27年の老舗で、HPを見ると地元では有名みたいですね。で、そこにある『全国味噌分布図』というのが面白くて勉強になるので、味噌好きのアナタは是非ご覧ください。

またもや美味しい味噌を発見できました。味噌という文化は素晴らしいですね♪

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

味噌でさっと一品
長崎の、B食家にはちゃんぽんや皿うどんにかけるソースのメーカとして有名かも知れない『チョーコー醤油』。そこの味噌が最近、個人的に大ヒットなんですよ。

九州で…さらに重ねて“何でも激甘”として知られる地・長崎の麦味噌ですから、あえて“甘口”のそれを選んだとはいえ少々身構えたものの、これがなかなかにあっさりとして…甘口というよりは“旨口”なんじゃないかと思うほど。
むしろこの感じは、日常味噌としては地域外のかたがたにもお薦めできるのでは…と。特に減塩さん同志には、少ない量で旨みを楽しめますよ、などと。

味噌炒め

味噌炒めに使ってみました。手元に一個だけ残ってた小柄な茄子一個と、このところうちに常備ないんげんに、安かった鶏むねひき肉です。鶏ひき肉は細かくほぐさずに、菜箸でてきとーなサイズにほぐして火を通し、その他のそれを順次加えて、と。
「まあこんなところだろう」というあたりで麦味噌を。これは見当より少なめでいいです。この出来上がり量でいえば、小さじ一くらいですよ。あ、茄子から水分が出ますが、肉の臭み消しも兼ねつつ、味噌を伸ばすために同量の酒を加えましたが。

んで、これがたまらんという…麦味噌はやっぱり、米味噌や豆味噌とは香りが違うんですよ。こういう炒め物に使うと、ご飯にしろ酒にしろ“誘ってる”感がハンパないです。これ、どちらも止まらないくらいに進むこと請け合いです♪

ナスゴーヤ味噌炒め

上記は彩りでインゲンを使いましたが、これからの時期はゴーヤでも面白そうですね。価格もそろそろこなれてきてますし。
で、やってみました。これは…最高なんじゃないでしょうか♪内部のわたわたはティースプーンを使って極力、こそげ落としてますが、それでもやっぱりほろ苦さは残るもの。そこに九州の“しっとりとした甘味”の麦味噌が…これがすんごく合うんですよ♪
思えば…ゴーヤは沖縄産だけでなく近県産も入荷しますが、そもそもかつては宮崎産が多かった記憶がありますし、今回のこれは熊本産です。それを思えば…まあ合わないわけは無いだろうな、と。

肉野菜の炒め物は万能ディッシュですが、味噌炒めも面白いですよ。これは各種味噌によってその味わいが変化するところが面白いのですが、よくやった仙台味噌のそれとは全然違う面白さです♪

甘味があるのですが、これが面白いんですよ♪しかも、“ふわぁっ…”と香る独得の香りです。
そこに麦の粒々感も少々。これもまた食感に寄与してるな、と。食べてる自分がいま、麦味噌を楽しんでる…そういう実感を楽しめるのです。

保守的な味噌好きにはハードル高いかも知れませんが、九州の麦味噌は面白いですよ♪まずは信州や東北の米味噌と合わせてみて…そういうところからのチャレンジも面白いかも知れません。

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ