さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
社食でこんなのが
定期的に呼んでいただけてる仕事先のひとつには安くて美味しい社食があって、社員等だけでなく出入りの業者も自由に使えるところが魅力なのですが、これまで定食類は洋も和も試し、丼物も美味しかったなぁ…とここでふと、麺類を食べてないぞと気づいたんです。

和な麺が多かった気がして、それこそけんちんうどんなどというマニアックなものの記憶がありましたが、たまたま中華麺が出てたので、それもまたいいかな?と。

塩ワンタン麺

塩ワンタン麺です。こんなものもメニューのラインナップにあるんですねぇ。当然、業務用食材で出来てるんでしょうけど、ワンタンは生姜がしっかり利いてたし、何といっても澄んだ塩スープがなかなか。で、腹減りまくりだったので別料金のライスまで付けてしまいましたが、満足なお昼でしたよ。


大企業って、こういうところがいいんですよね。今月は系列会社に一回、来月はここに二回呼んでいただいてるので、当日のメニューが今から楽しみです。


スポンサーサイト

テーマ:社員食堂 - ジャンル:グルメ

何でこれなら可能かというと
ランチタイムなどで大盛り無料とか、麺類に半ライス無料とかやってる飲食店がありますが、何だか最近多くは食べられなくなってきてる傾向にあるので、そういうサービスを利用することはあまりないというか、まあ腹が極端に減ってれば別なのですが。

で、生姜焼き専門店というのがあって、ここのメニューだと標準とされる『中中』という、これはおかずもご飯も中盛りという意味なのですが、それが普通の食堂でいうところの大盛りに相当する量なんです。最小単位の『小小』が普通の生姜焼き定食に相当するんです。
じゃあ、100円アップの『大大』というのは…どれくらいのものなのだろうか…さらにその上の『特特』というのもあるのですが、それは無理そうながら大大なら…頼んでみました。

ピリ辛ゴマ

これは新メニューの『ピリ辛ゴマ』の生姜焼き定食『大大』ですが、とりあえずご飯を見ていただくとその量がお解りかと思います。そして生姜焼きも大量なのですが…これは生姜焼き好きなら…なかんずく男子なら賛同していただけそうですが、この料理自体がご飯の進みすぎるものなんですよね。だからバクバクと食が進み、気がつけば無事完食してました。

何だまだまだイケるじゃん…そう思いつつ、これは生姜焼きだったから普通に食べられたんだろうな、と。しかも、美味しい生姜焼きだからこそですよ。美味しくなかったらそれこそ、途中で飽きてしまうこと必至です。

さらにここ、『大大』以上はご飯お代わり自由なのですが、さすがにそこまでは…と。でも、たまにいらっしゃるんですよ。わたしが入店してチケット買ってると、そばで“特特お待ちどうさま”の声が聴こえて、わたしの生姜焼きが到着する頃に特特の主が“おかわり、半分くらいで”と。イメージとしてどんな巨漢がと思って振り向けば、普通の体型の会社員風だったり。


生姜焼きって偉大ですね。


テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

おかずにするのか?
何ということではないのですが、かた焼きそばをおかずにご飯を食べるというのは、一般的ではないのだろうか、と。

IMG_1526.jpg

ぎょうざの満洲での話なのですが、あんかけかた焼きそばを食べたいなと思いつつ、当たり前のようにご飯やぎょうざの付いたセットにしてしまってから…ふと思ってしまった、と。

これは…自分にとっては皿うどんから来てるのかな、と。あれはおかずだったんですよ、うちでは。もちろん、皿うどんは皿うどんとして完成してるひとつの料理だとは思うのですが。

で、これは焼きそばですから、辛子が添えられてます。でもって焼きそばですから、酢を回しかけたり。
ちなみに皿うどんの場合、何か調味料を使うとしたらそれはウスターソースです。辛子や酢ではありません。

IMG_1527.jpg

遅れてぎょうざがやって来ました。わたしの利用するこの店は、いつもそうなんです。一緒に持ってきてくれてもよさそうなものですが。
で、またふと思う…ぎょうざライスは日本の定番ですが、あれはそもそも単体で食事となるものだそうですね、チャイナでは。それをおかずにご飯を食べるというのは…チャーハンをおかずにご飯を食べてるようなものに見えるのでしょうか。


そういう、どうでもいいことを思いながらいただいたお昼でした。もちろん、安定の美味しさでしたが。


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

期間限定&春のたまごまつり
仕事で板橋区の、もうちょっとで埼玉みたいなところへと仕事で出かけたのですが、そこが昼前後くらいに終了するので、うちに帰ってお昼というわけにはいきません。どこかで食べることになるのですが、どこも混んでるんですよね。

そこでの前回の仕事の際、もしかしたら志茂のイオンにあるドムドムハンバーガーまでここから近いのではないか…そう思って地図を見れば、中山道×環八通りの交差点からそのまま環八外回りを走ってれば…あ、自転車なのですが、道一本で着けるじゃないか、と。

で、そうしました。そしたら…環八を走ってたはずなのに、道はいつの間にか北本通りになってるという…いや、別にミステリとか異世界ワープとかではなく、環八は赤羽岩淵までだったようです。

アジフライとエビカツタマゴ

前回はビッグドムとお好み焼きバーガーをいただきましたが、今回は季節限定の『ドムフィッシュバーガー アジフライ』…こういうものを出すところがここは面白いのです。そして『春のたまごまつり』をやってましたので、その中から『エビカツたまごバーガー』を。

アジフライバーガー

アジフライのバーガー、すごいですよ!揚げたてアツアツのアジフライが挟まってるんですから!このアジがまた旨いんです。そこに味付けはタルタルソースのみのシンプルな構成。食べながら時々、自分が今何をやってるのか判らなくなりそうにはなりますが、アジフライ好きにはお薦めしたいですね。

エビカツタマゴバーガー

そして、これまた魚介ものですが『エビカツたまごバーガー』。これまた美味しかったですねぇ。ここのハンバーガーは安くはないので、美味しくて当たり前かもしれませんが、メニューの発想が面白いのです。
有名なのはお好み焼きバーガーや手作り厚焼きたまごバーガーですが、他の客の注文を聞いてると、このふたつは定番的によく出てるようでしたし、日本のハンバーガー店だなぁ…そんなことも思いましたよ。
わたしがここを好きなのも、ハンバーガーの原体験がそもそも街角ベーカリーが出してる惣菜パンジャンルでのそれだったので、何か郷愁めいたものを感じるのかも知れません。フィッシュバーガーなんてのは逆に、そっちでお馴染みでしたしね。


近所じゃないので頻繁には通えませんし、今や全国的にも店舗数が少ないのであれですが(=でも微増ですが増える傾向にあるんですよ?)、これからも機会があれば楽しみたいと思います。


テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

怪我の功名ランチ
三ヶ月に一度呼んでいただく仕事があって、それが昼押しで終わるので、帰りがてら寄るのは魚河岸直営の安くて美味しい寿司屋さん。800円台でにぎりかちらしか海鮮丼か…いずれも甲乙つけがたいランチメニューを茶碗蒸し付きで楽しめるのです。

この日もそれだけが楽しみで仕事に…いやいやいや、仕事も楽しいですよ。ただ、この日は花粉症の症状が重く、仕事先では申請書が提出されてないとかのアクシデントもあって方々に電話かけたり、まあ仕事は片付いたのですがスタートが良くなかったですね。そういう事があると、のちのちろくなことにならなかったりする予感も生まれるものですが。

そして帰りに寄ったいつもの寿司屋さん。カウンターは先客ふたりだから、すぐにでもありつけると思いきやお店のかたから…たった今、団体さんの飛び込みがあったので時間がかかってしまうことを申し訳なさそうに。
確かに、障子の向こうの広い小上がりでは話し声が盛り上がってて…30分以上はかかる…何せ昼押しですからこっちも腹ペコです。また来ますと店をあとにしたのですが…すっかり寿司モードなんですよね、こっちは。

他は…踏切を渡ったところに寿司店はありましたが、回る店だし…日曜でしたから、子供が騒いでたらという懸念も。
もう寿司はいいやと気分を切り替えて、他を探すと…これは?

老舗らしいカレー屋さんがありました。これはいいんじゃないか?

キーマカレー10倍大盛り

インドがベースなのかも知れんませんが、またちょっと違うのです。ミートボールとかもあったりして。で、何となく頼んだのが、キーマカレーの辛さ10倍で大盛り。これが美味しかったんですよ♪
カレーソース自体はサラッとしたタイプと見受けましたが、何かいろいろと溶け込んでるのが解ります。そして、辛さ10倍はちょっと辛すぎたかな?と思いつつもキレの良い辛さは面白く、あっという間に完食。いや~、ここいいわぁ!
しかも、エチオピアのカレーもそうなのですが、血行が良くなる感じが判るんです。そしてふと気づく…この日は重かった花粉症の症状(鼻ずるずる)が止まってるじゃないか!
いや、誰もがそうなるわけではないですが、体質によっては効くかも知れません。

日曜だしピークは過ぎてるのに、入れ代わり立ち代わりお客が来るところは寿司屋さんと同様。ここも老舗にして人気店のようでした。で、フラッグシップはキーマじゃなくて別にあるのですが、他のお客が楽しんでるそれが面白いビジュアルだったんです。それもまたいつか…いや、でも寿司屋さんが空いてればそっちで…うれしい悩みが増えました。


まあ、うちからそう遠くないというか、ひまな日に出かけるのにちょうど好い距離ともいえますし、こっちは仕事帰りじゃなくてもまた伺おうかと思います。


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

素晴らしき洋食屋さん
仕事でよく行く郊外…仕事そのものはほぼ昼までに片付くので、いつもは弁当を持参して伺い、帰りに公園などでのんびりと弁当食べて…なのですが、たまにはどこかの店に気分転換と勉強を兼ねて伺ったりしてます。

軽井沢か

別件でいろいろ検索してて引っかかったのが、まさにその街の洋食屋さん。文章や地図を見ながら…こんな店があったのか!かれこれ四半世紀くらい通ってるけど、そこは知らなかった…まあ、仕事先とは駅の反対口ですしね。

かなりの老舗で、何と創業50周年なんだそう。それにも増してこの景観…ハーフティンバー様式の洋館とは!いや、おそらくこれは近年建て替えられたものでしょうが、思わず“軽井沢かよっ!”と突っ込みそうなオシャレ感。

さらに100円引き

ところで、店頭に掲示されたメニューが…ここはこれで有名だそうですが、間違ってるんじゃないかという…メンチカツなどの定食類が390円なんですよ?単品のおかずだけじゃないんですよ?

しかも!店内にあった掲示では、創業50周年記念でそれらが100円引き…洋定食が290円とは!今やコンビニで高級仕様のおむすびでもそれくらいしますよ?コンビニ弁当より老舗の定食のほうが安いんですよ?
こりゃもう、緊急事態ですよ。

だったらそれを検証しなければならないところですが、この日は個人的趣味…ここでもオムライスを出してると判ったので、それが楽しみで来たんですよね。

価格が価格…お昼時の郊外…駅前…ピークを過ぎた13時台にも関わらず、逆に平日だからか主婦仲間集団と高齢者仲間集団で混んでて、待ちが入るところでしたが、タイミングが好かったのかそう待たずに着席できました。

オムライスはこころの太陽

思ったより早く出てきました。これがここの『オムライス』550円(安!)です。もう姿の美しさに参ってしまいました。奥のスープカップに入ってたのは味噌汁でしたが、ここは日本ですからこれでいーんです。
で、オムライス…この価格では信じられない!ここはメニューに『ハムライス』があることで有名なのですが、その流れで中身はハムライスだと見当つけてたのです。
ところが!何と鶏肉ゴロゴロ!ちょっと大きめで噛みごたえのある鶏肉ゴロゴロ!そして美味しい♪ここ、最高です!多分、期間限定で290円になってる定食類もきっと美味しいに違いありません。

店内は混雑してるにも関わらずだらだら過ごされてるかたがたもいましたが、ビジネスマンのかたがたは楽しんだらとっとと退店して…まあわたしもそうでしたけどね。安い店こそ、食べ終わったらとっとと退店して回転に寄与したいものです。
素晴らしき、老舗のオムライスでした!

この街では、別の老舗食堂でも美しきオムライスを楽しみましたが、ふと思う…オムライスは“こころの太陽”なのではないか、と。
素晴らしき老舗洋食店でした。この価格でずーっと営業されてることそのものがうれしいというか地域貢献というか…改めてまたゴンザレス三上さんのオムライス・中華丼・天津飯趣味に思いを馳せるような…そんな洋食店探訪でした。

ここはまた改めて伺いたいですね。そして激安のそれも試してみたいものです。


テーマ:洋食屋さん - ジャンル:グルメ

ありがたい社食ランチ
呼ばれる仕事先に社食や学食があっても、出入り業者は使えないということはよくあることですが、中にはウエストが120センチ?とか思うほど太っ腹のところもあるのです>意味違うってば。
安いんですよ。しかも量がしっかりあって、そして普通に美味しいし。

天津丼に小鉢二個追加でも660円!

ここは大体ワンコインが基本なのですが、私が伺う土日でも定食だけでなく、麺類や丼物もあるところがありがたいんです。

※平日はもっとたくさんの選択肢が。定食類だけで何種類もあります。

これは『天津丼』…に、ひとつ80円の小鉢をふたつ足した姿。これで合計660円でしたから、大満足です。そして味噌汁はいつも、内容は違えど具だくさん。減塩さんにはありがたいんですよ、これ。

鯖の照り焼き定食

定食は機内食のごとく肉か魚かの二種類(=肉は洋、魚は和とも言えますが)が土日でも用意されてますが、これは魚のほう。『鯖照り焼き定食』です。ご飯・味噌汁・おかずで何と380円!そこに選べる小鉢80円を付けてもワンコイン以下とは驚きです。
いいなぁ、大企業。

カルビ丼大盛り

そこの系列の研究所での仕事へも最近呼ばれてますが、そこは周辺に飲食店もコンビニもないところ。だからか、そこで働いてるひとはそう多くないと思うのですが社食があって、外部の者も…あ、当然のことですが、入館手続きをして入ってきてる業者だけですよ。通りすがりはまず、敷地内に入れません。

先のそこは交通系ICカードでの支払いに限られてましたが、ここは食券ベンダー制でした。定食・丼物・麺類のみと種類は少ないのですが、疲れて腹減ってたし『カルビ丼』を大盛り券とともに。
これがまた美味しくて量がある上に、カルビ丼には野菜もたくさん載ってるんです。ここがうれしいじゃないですか。しかも仕事に呼んでくれる先輩のおごり…重ねてうれしいじゃないですか!
午後も頑張れる…そういうランチでしたね。ここは今月後半にまた伺うので、その日のメニューが楽しみです。

オムレツ生姜焼き定食

で、時系列でお送りしてるので、また先ほどの仕事先に戻って。これは和洋か肉魚かでいうと洋で肉系。『オムレツ生姜焼き定食』です。
オムレツはいかにも業務用ですが、これはこれでご飯が進みますよ。そして生姜焼き…これが嫌いな男子が果たして世に存在するのでしょうか…まあいらっしゃいますでしょうが、生姜焼き→ご飯→たまにキャベツをくるんだ生姜焼き→ご飯→味噌汁→ご飯→生姜焼き…青い鳥は身近なところにいるのです。
あ、デフォルトで付属することになってて一品選べる小鉢はサラダを。普通の生野菜サラダかと思いきや、小さな角切りチーズがばら撒かれてるところがなかなか♪社食も今やオシャレですなぁ。

ハンバーグシャリアピンソース

で、最新。『ハンバーグシャリアピンソース』という…シャリアピンソース自体を不勉強にして知りませんでしたが、そんなの社食で出すものか?とも…あ、社食も今やオシャレなのか。
肉だけど方向性としては和なのですが、これは美味しかったですねぇ!自宅で再現したくなる味わいでした。それにも増して…これまた選べる小鉢がひとつデフォで付いてるのですが、ほうれん草のおひたしを取ったら…何と上に大豆がゴロゴロ!これが美味しかったんですよ♪


てなわけで、今回アップした仕事先での仕事そのものはどっちも結構大変で、社食での安くて美味しくてボリュームあるお昼があるからこそ受けてる仕事でもあるのですが(笑)、呼んでくれる先輩のところは今後もこの二ヶ所での仕事には拙を起用していただきたいものです。


テーマ:社員食堂 - ジャンル:グルメ