FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
思いがけないご当地ランチ
時間が中途半端な仕事二件というのがあって、しかも離れてる上に雨まで降ってるし…いろいろとめんどくさかった日のこと。

ナニノコシカケ

二件目に移動したのですが、先方の都合で時間が指定されてて、それが昼時だから先にお昼をと。ただ、そこは初めての街ですし、何があるのやら…せっかくだからインディーズな店でいただきたいものです。
で、街路樹に何か生えてたのですが、こういうのを見るとサルノコシカケというものを思い出すのです。がんに効くとかいわれてたんですが、これは何のコシカケなのでしょうか。

ふきの灯

で、こういう店を発見。夜は新潟料理で飲める店のようですが、ランチタイム営業もされてて、通常のメニューだけでなく十日町そばもあるという…こういうところでいただきたいですよね。

十日町そばきつねとハヤシ丼

選べるミニ丼セットの中にハヤシ丼なんてのがあったのでそれにしましたが、どちらも当たりでしたねぇ。そばは具を選べたのできつねにしましたが、雨が降って肌寒い日は熱いつゆの染みたキツネがうれしいのです。
それにも増して、ハヤシ丼が面白かったですよ。こういうのってなかなかないですよね。

これに当たることもある

美味しかったのですが、またこの街に来ることがあるのだろうか…そういう残念さもあるんですよねぇ、美味しかっただけに。
で、池上線沿線だったのですが、仕事を30分で終えての帰りはこの旧型車両に当たりました。行きでは新型だったので…いや、旧型がうれしかったんですけどね。まあ、地元住民は新型のほうがうれしいんだろうな…そんなことも思った、雨の日でした。


スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

いつものコースですが① 最強駅弁
今頃になって夏の帰省の話もどうかと思いますが、同じコースを年三回も往復していながらそのたびごとに新しい発見もありますゆえ。
そんなわけで、同じようなエピソードは端折ることにして、新しい発見や出逢い中心に綴っていきたいと思います。


18きっぷ帰省です。いつものようにうちを始発で出て新宿でJRに乗り継ぎ、品川駅で東京駅発0520の一番電車に乗り継ぎますが、そのまま終点の沼津まで行くのではなく、かといって乗り継ぎポイントでありひとつ手前の三島で降りるでなく、このところの定番である熱海下車です。
そうすることによって、スジは一本遅れますが熱海始発のガラガラな列車で、座ってゆっくり旅できる上に、駅弁も入手可能なんです。

金目鯛西京焼弁当

熱海駅で売ってるのは小田原の東華軒ですが、ここは定番だけでなく季節ものや新商品が常に出てる印象ですから、選ぶ楽しみもあります。
今回はひと目見て“これだっ!”と思った『金目鯛西京焼弁当』を。リアルにして可愛らしいキンメダイのイラストも好いですよ。

魚駅弁最強な西京

豊橋で乗り換える新快速。頃はお昼時。開ければ…素晴らしいのひと言ですね、これ。西京焼は香りで食べさせるところもありますが、何せ金目鯛ですから。味わいもたまらんものがあります。これで一杯やるのもいいでしょうねぇ。
選んで正解でした。西京焼だけに、魚系駅弁最強なんじゃないかと思いましたよ。魚好きのかたにはお薦めです。

並走する空き地

そして愛知県内。この並走する長~い空き地がいつも気になってます。『鉄道廃線跡を歩く』シリーズに出てた記憶はあるのですが、港方面へ敷く予定だった未成線だったと記憶してます。

いつものなおみ院長は健在

そして、大垣で乗り継ぎ。トイレ休憩タイムでもあるので橋上駅舎へ一旦上がりますが、乗り継ぎ列車での席確保のために早々に戻り並びつつ、ラジオで『ひるのいこい』を。
エスカレーターのなおみ院長は相変わらずでした。

黄身ソースはポイント高いが

んで、余録。JR東海の駅コンビニ『ベルマート』のおむすび。色々とアイデアは面白いし、これの黄身ソースはポイント高いのですが…何かご飯があまり美味しく感じられないのです。何か昔のこういうのっぽいというか、固まってて団子みたいで食感が今ひとつ…みたいな。
か、東海地方ではこういうご飯がいいのかなぁ…JR東日本のニューデイズのそれはご飯が美味しいだけに、ちょっといろいろ考えてしまいました。


(つづく)

テーマ:駅弁 - ジャンル:グルメ

選択の結果
仕事で行った先の社食を利用できるところなんてのがあって、安くて早くて美味しくて…とても助かってるのですが、今回は選択してどうだったかの話を。

豚肉のチゲ風

ここの社食、種類は少ないのですが安くて美味しいのはいつものこと。この日はミックスフライと…そして珍しいことに『豚肉のチゲ風』なる定食があったんです。
チゲといえば鍋物ですが、要はそれっぽいものってことですよ。鍋から具を取ってよそったような感じです。暑い日でしたから酸味と辛味がうれしい、そして元気の出る一品でした。しかも小鉢は揚げタラの甘酢あんかけ…これ、どっちかっていうとメインになりうる存在じゃないの?
仕事は大変でしたが午後も頑張れた、そんなお昼でした。

鶏照り焼き

ここは和洋中その他いろいろあるので選択に迷うのですが、この日は何となく洋の『鶏の照り焼き』…照り焼きが洋なのかどうかはさておき、付け合せがサラダにポテサラですから洋でいいでしょ。
これ、ちょっと驚きだったのが、こういうものにしては鶏が温かかったこと。保温されてるそれを盛ってから熱い照り焼きソースをかけてたのです。こういうところだと冷たくて当たり前なのですが、そんなこころ遣いがうれしいですね。

野菜カレー大盛り

他人が食べてるカレーライスというものは、なぜかやたらと美味しそうに見えるものですが、この日もふと視界に入ったそれが美味しそうで…更にこの日の他のメニューはすでに食べたことのあるものばかりだっったので、じゃあカレーにしてみるか、と。

当然業務用かと思いきや、大きな根菜がゴロゴロなところは…これはもしかして厨房で作ってる?と思わせるもの。家庭的なものを感じさせつつ、そこそこな辛さもあって食の進むタイプです。
しかもですよ?大盛り無料で380円なのですから。小鉢の生野菜サラダ80円を付けてもワンコイン以下なのですから。コスパ抜群でした。これは今後も選択肢に含めたいですよ。


と、今回はこんなところで。今回の選択はすべて当たり…いや、大当たりでした。お昼が美味しいと、午後も頑張れますよね!


テーマ:社員食堂 - ジャンル:グルメ

ランチ激戦区
千代田区内での仕事でしたが、昼はとにかく飲食店が混むエリアなんです。基本的にどこも高いのですが、そんな中にある『ゆで太郎』は当然大人気で、冬はダークスーツに埋め尽くされ、今は白シャツに埋め尽くされ…実のところこの界隈、女子大だらけなのですが、ゆで太郎にはオジサンしかいません。

で、ここまで混んでたら落ち着けないよなと付近を歩いたら…ああここがあったか、な餃子の店。
チャイナ系の店で入ったことはなかったのですが、空いてるとはいえ割と長続きしてるから味はまあ大丈夫だろう、と。しかも看板には四川麻婆豆腐定食なんてものが…よし!これだ!カッ!と熱いヤツで暑気払いだ!熱を以て熱を制すぞ!

四川麻婆豆腐定食

で、想像どおりに“黒い”ヤツですよ。麻婆豆腐って、辛さが極まれば色が赤から黒へと変わりますよね。

黒い粉末

しかも…上から大量に振りかけられた黒い粉…花椒でしょう。痺れの素ですよ。これはもしかして大変なことになるのか?と思いきや、これが意外にもスムーズに。
辛いことは辛いのですが、度を越したアトラクション的な激辛ではなく、しっかり美味いのです。これはご飯が進みますよ♪ただ、粗刻みの生姜は食べても、同様の鷹の爪は残しましたけどね。ええもう、赤い液体と共に。

黒豚餃子

そして、本業の餃子がハーフサイズ(3個)で付きましたが、これもまた旨かったですね。日本の、それこそ宇都宮みんみんとかぎょうざの満洲みたいな、ライトなタイプではなく、皮が厚めでもっちりした口当たりのもの。肉汁と共に楽しめました。
そして食べ終われば…店内は満員の勢い。空いてたからちょっと失礼な想像もしてしまいましたが、なぁんだ人気店なんじゃないか。


他のお客が食べてる黒酢の酢豚みたいなのも、なかなか旨そうだったんです。次の機会もゆで太郎が混んでたら、ここも悪くないな…そう思った、千代田区ランチでした。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

安いだけじゃない
郊外の仕事先の近くにあったスーパーが何度目かの撤退となって、そこに新しく入ったのが新鮮と激安を標榜するスーパー。どんなものだろうかと覗いてみたら…確かに生鮮三品が安いのです。こんな価格でいいのだろうか…そう思うレベルですが、量が多いというか…ひとり者だとこんなにたくさんは要らないんだよな(=きゅうりとか)…そこがちょっと残念だったりして。

で、弁当や惣菜のコーナーが…何かが間違ってるのかと思ってしまいました。普通の、フルサイズの弁当が10種類以上並んでて、それが一律298円なんですから。しかも、その日イチオシのものは250円なんですから!

ピリカラ鶏南蛮弁当

250円の『わらじメンチカツ弁当』にも惹かれましたが、暑い日でしたから刺激のありそうなものをと『ピリカラ鶏南蛮弁当』をいただきました。これも298円です。
内容はまあまあシンプルで、メインのピリカラ鶏南蛮が結構ビッグサイズ。あとは下に敷かれたキャベツ・ポテサラ・桜大根といったところなのですが、何せ減塩さんですからおかずの数はそう多くなくてもいいのです。増えれば増えるほど塩分も増えますし。特に、安い弁当に付き物の薬品臭いきんぴらとかスポンジみたいな根菜煮物とか、ああいうのは逆に入ってないほうがいいですよ。

メインがしっかりと量があり、そして美味しくて…これならアリなんじゃないかと。他は生姜焼きとか焼き肉とか揚げ物とか…まあそういったところですが、カレイの唐揚げ弁当なんていう魚好きにうれしいものもあったりして。

ここに仕事で来るときはいつも、弁当持参だったんです。でもここを利用すれば、コストに関しては自作弁当より安上がりかも知れません。ただここ…今どき珍しく水曜日が休みなんです。それも激安の要素なのかな?で、この街で仕事って、結果的に水曜日になってることが結構あるんですよねぇ…あ、そういうときは激安な老舗洋食店もあったか。


まあ夏場の自作弁当は傷む心配も付きまといますし、ここはしばらく利用してみようかと思います。


テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

あの洋食屋さん再訪
仕事でよく行く郊外の街の、仕事先とは駅の反対口側にある老舗の洋食店…創業50年の歴史もすごいですが、注文したオムライスがやたら美味しかったんです。
で、メニュー見ててびっくりしたのがその価格。

メニューにビックリ

それを思うと再訪せねば…願いがかないました。ご覧ください、このメニュー。他にもいろいろあるのですが、特にこの辺りの真ん中辺ですよ。チキンカツ¥290-…メンチカツ¥390-…前回はオムライスを頼んだあとで、この辺りが気になったのです。

定食セット

それらは単品ですから、定食とするにはこういったセットも注文する必要があるのですが…これまた安いよな、と。で、メンチカツを定食セットでお願いしましたが、それでも税別¥580-です。いいのか?そんな価格で。

メンチカツ390円

出てきてビックリ!このようなスタイルのメンチカツに出逢ったのは、へその緒を切って以来初めてです。小振りなもの三個なのですが、どれどれとナイフを入れた途端に溢れ出す肉汁!うわー!これはたまらん!
ハフハフといただけば…肉の旨味とともにスパイスの香りが口の中に広がって…嗚呼たまらん!すごいぜ!老舗洋食店!感動でした!


最安の部類でこんなに美味しいとなると、洋食店といえばのポークソテーなんて多分、とてつもなく美味しいんだろうと思いつつ、それでも単品で¥590-ですから、どこまで良心的なんだよ。
ここ、地元のかたなら会社帰りや帰宅前にちょっと一杯とか、そういう使いかたも楽しそうです。単品とビールとかグラスワインとか、居酒屋よりも安く済むかも知れません。

ここはまた寄って、他のものも試してみたいと思います。


テーマ:洋食屋さん - ジャンル:グルメ

社食でこんなのが
定期的に呼んでいただけてる仕事先のひとつには安くて美味しい社食があって、社員等だけでなく出入りの業者も自由に使えるところが魅力なのですが、これまで定食類は洋も和も試し、丼物も美味しかったなぁ…とここでふと、麺類を食べてないぞと気づいたんです。

和な麺が多かった気がして、それこそけんちんうどんなどというマニアックなものの記憶がありましたが、たまたま中華麺が出てたので、それもまたいいかな?と。

塩ワンタン麺

塩ワンタン麺です。こんなものもメニューのラインナップにあるんですねぇ。当然、業務用食材で出来てるんでしょうけど、ワンタンは生姜がしっかり利いてたし、何といっても澄んだ塩スープがなかなか。で、腹減りまくりだったので別料金のライスまで付けてしまいましたが、満足なお昼でしたよ。


大企業って、こういうところがいいんですよね。今月は系列会社に一回、来月はここに二回呼んでいただいてるので、当日のメニューが今から楽しみです。


テーマ:社員食堂 - ジャンル:グルメ