FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
圧力鍋で柔らかく
たまたまスーパーで、牛すね肉が安くなってるのを見つけたのです。これは応用範囲が広いんですよ。一般的にはシチューでしょうが、カレーにも美味しいし和風の煮物にも面白いのです。

で、長時間煮込むのがセオリーですが、それを圧力鍋でやってしまうとまあ、比較的短時間で好い感じになるんです。ということは、圧力鍋でそれなりに時間をかければ、それこそ普通にやった場合でいえば何時間も何時間も煮込んだのと同じことになるじゃないか、と。

圧力鍋すね肉のビーフシチュー

ありきた…いや、定番のビーフシチューですが、圧力鍋で牛すね肉と玉ねぎにローリエを加えて20分加熱&加圧。減圧後にじゃがいもを加えて別鍋で10分の調理でした。
玉ねぎはすでに溶けてしまってるのですが、柔らかくなった牛すね肉本体からも好い味が出てます。市販のルーを使い赤ワインを加えましたが、普通に肉を使うのとは段違いの味わいになってます。

今回買った牛すね肉、結構大振りに切られてたのですが、食べやすいようにひと口大に切って調理したんです。で、後悔というか、せっかくなんだからそのままやれば好かったかな?とも。そう、ナイフも使って食べるシチューですよ。

まあ何にせよこれ、美味しいです。台所が少々牛肉臭くなってしまうのがちょっとあれですが、あたたまる冬の一品ですよん。


スポンサーサイト

テーマ:シチュー - ジャンル:グルメ

あまえてください
ミニトマトの安い八百屋さんというのがあるのですが、今日はそっちに行かないしなぁ…ということでコンビニを覗いたら、ちょっとまた違ったものに出会えました。

あまエルトマト

鉾田市産の『あまエルトマト』というものです。鉾田といえば今はなき民鉄の…そういう話はさておき、パッケージがオシャレですよ。

中がしっかりしてる

これ、中のもろもろがしっかりしてるというか、どろどろと溶け出さないんです。ちょっと面白いですよ。

ツナサンドオープン

そのままつまんでも楽しいのですが、液体が流れ出さないというかそういう関係で、切ったものをオープンサンドにトッピングしてもなかなか。
となるとこれ、料理に使うといつもとは違ったものになるよなぁ…と。

ドライカレーにもってこい

ドライカレーに使ってみたところ、普段ならそのものが溶けてしまって水分となってしまうところ、かたちを保ったまま出来上がりました。もっとも長時間加熱したりするのではなく、温まって一体化すれば火を止めてるのですが。


これ、面白いです。ミニトマト好きなら是非どうぞ!


テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

これは便利!
たまたま出逢ったのですが、遂に時代はここまで来たかと小躍りしそうになりました。

ほんのり味付とろろ

長芋とろろのパックです!こういうのを待ってたんですよ。小分けの冷凍モノなんかには出逢ってましたが、解凍しなければならないからすぐに使いたい場合には…でしたし。
もちろん、一本買ってきて自分で擦ったりはしてますが、ちょっとだけ欲しいってときもあるじゃないですか。

簡単とろろそば

冷たいそばですが、これをかけるだけで冷やしとろろそばになりますし。こういうときに便利なんですよね!

ねばねば三色丼

もちろんご飯にも。いわゆる麦とろなどでは自分で擦り下ろしてたっぷり!なんてのが好いですが、こういう…ねばねば三色丼みたいなものを楽しみたい場合なんてピッタリですよ。


これは今後も楽しみたいので、末永く販売していただきたいものですね。とろろ好きのアナタ!見かけたら是非どうぞ♪


テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

あなたのアイデアいただきます! 納豆チャーハン編
ブログやツイッターにいただいたご意見を参考に…そういう根多です。今回は、“あの”納豆を使って。

おかめ超

おかめ納豆のラインナップには、極小粒を超えた『超極小粒』というものがあるんです。ホントに小さな粒で、その大きさは麦ご飯の麦と良い勝負なほど。
故にご飯に混ぜ込むと、なかなかに一体化するのですが、如何せんいつも手に入るものではないのです。

と、そこに“美紀”さんからご提案が。美紀さんの周辺では割と手に入りやすいそうなのですが、これを使って納豆チャーハンはどうでしょうか?と。
確かにこの小さな…ご飯と一体化するサイズの納豆ですから、これは面白そうですよ。

超極小粒で納豆チャーハン

やってみました!上手く出来ました!これは好いですよ。作り方のコツのようなものとして、納豆はそのまま…かき混ぜず調味料も加えずに油を引いたフライパンへそのまま投入して、バラす感じにして炒めるのですが(=そうすると焦げ付かない)、その後に玉子やご飯やネギを入れて全体を炒めながらよく混ぜて…割と簡単です。

焼かれた納豆…これは小泉先生直伝(=ラジオから)の『焼き納豆丼』でもおなじみの香ばしさがあります。納豆が苦手なかたにはお薦めしませんが、好きなかたには納豆の新たな面を知ることとなって楽しいかも。


普通の極小粒でも楽しいと思いますが、超極小粒が手に入ったなら是非お試しください。美紀さん、ありがとうございます。


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

極なだけでなく、さらに“超”!
おかめの納豆は全国どこでも見かけるなと思ったら、茨城から配送してんじゃなくて全国各地に工場があるという…それを知ったときには驚いたものです。
そんなわけで、全国各地で見かけるおかめの納豆ですが、こんなものを見つけました。

おかめ超極小粒

極小粒というのはスーパーでもコンビニでも見かけるものですが、超が付いてます。超極小粒です。限界に挑戦しようとしてるのでしょうか。

麦より小さいか

ホントに小さいんです!極小粒でも充分に小粒でしたが、あれより小さな大豆…あるんですね。これ多分、麦ご飯の麦より小さいんじゃないかと思うほどの粒です。

味はおかめですから安定した美味しさなのですが、この小粒過ぎるサイズを活かしたいですね。単にご飯に混ぜ込んでも、ご飯粒に限りなく近いサイズですから、一体感のようなものを感じます。で、料理に応用するのも、何かハマる物があると面白いですよね。


で…それ以降見かけてないのですが…これ、どこで買ったんだっけ?


テーマ:納豆 - ジャンル:グルメ

高級路線の納豆
実家に帰省しても食卓に納豆は欠かせないのですが、おかめ・ミツカンなど大手以外に地元系の面白いものがあるので、そういうものを見つけると優先的に買ってみるのですが…こんなのに出会いました。

豆百華

“元気納豆”ブランドのマルキン食品(熊本)からの、『豆百華』という高級路線な納豆です。“史上最高のこだわり納豆”と書かれてるくらいですが、まずこの花の絵が目を惹きます。これ、“肥後六花”なんだそう。

肥後六花

肥後六花(熊本の花)とは、肥後山茶花・肥後芍薬・肥後椿・肥後朝顔・肥後花菖蒲・肥後菊…肥後を付けてるだけか?と思いきや、それぞれ特徴があるそうですね。wikiにもありました

贅沢添付品

自ら“贅沢添付品”と呼んでる添付品、たれ・わさびにかやくまで付いてます。これも含めて六という数字~こだわりの大豆・製法・たれ・わさび・かやく・包装~にかけてあるそうです。

香ばしいあられ

このかやくがなかなかうれしいもので、海苔とねぎはありがちですが、そこにあられが入ってるんです。これが面白いアクセントになるんですよ。

大粒やわらかい

大粒で柔らかい豆は味わい深く、さすが創業百年の集大成と呼ぶにふさわしい…あ、この百って数字は、創業百年を表してるそう。サイトで知ったのですが、創業百余年の知恵と技術を生かしたこだわりの逸品だそうで、雑味のないもっちりとした食感の納豆に贅沢な3つの添付品を混ぜて食べると、今までにない食感と上質な味わいを堪能できる…確かに!

かやくに海苔やねぎや、あと鰹節なんかはこれまでにもありましたが、このあられには感動してしまいました。それもこれもまず、豆自体が美味しいからなのですが、その豆が柔らかいところへあられの乾いた食感と香ばしさ…最初は高いかなぁと思いつつの購入でしたが、食べてみれば“余は満足じゃ!”でした。手に入るエリアの納豆好き同志には、ちょっと高いけどお薦めです♪


被災を乗り越えて、感動的な納豆を作り上げリリースする…九州人の底力を見る思いもありました。これからもマルキン食品には、世の中を元気にするべく頑張っていただきたいものです。
で…これってこっち(関東)でも手に入らないかなぁ…。


テーマ:納豆 - ジャンル:グルメ

詰めも詰めたり
北海道旅話はちょっとブレイクして、日常更新をいくつかお送りいたします。


7月10日は『納豆の日』でしたが(=古い話ですいません)、都内にいくつかある納豆直売店『せんだい屋』では『納豆詰め放題』をやってたんです。

自販機でおなじみ

最初、池尻に出来た際に店頭の納豆自販機に驚いたものでしたが、この『せんだい屋』という店は宮城・仙台からではなく、山梨の納豆メーカー『せんだい』がやってる店です。質の高い納豆各種だけでなく、ちょっと変わった形態のものもいろいろと出してるところが面白いんですよ。

せんだい屋納豆丼シリーズ

変わりタレなんてのは言うに及ばず、たとえばこの…丼に入った『納豆丼シリーズ』。薬味付きだし、この中で納豆を混ぜてそこにご飯を投入するという…まあ、容器がこれひとつで済むというものなのですが…

夕飯納豆丼

これは『夕飯納豆丼』というものですが、さらにご飯とも混ぜて薬味は仕上げにトッピング…こういう、自分なりの食べかたを考えるのもまた楽しいのです。

納豆食べ放題定食

さらにはイートインコーナーもあって、普通に定食があるのですが、それに加えて“納豆が食べ放題”なんです。もっとも、食べ放題といわれてもそうそうたくさん食べられるものではないですから、これは“あれ、気になるんだよなぁ…”な納豆の試食と位置づけたほうがいいかも。


で、納豆の日ですよ。今年は月曜日でしたが、わたしは仕事の入ってなかった日でしたし、10日入金の売り掛けの確認で銀行へ通帳記入に行ったりなどありましたから、その流れで暑い中てくてくと。
オープンほぼ同時に到着いたしましたが、店内にはすでに数人の納豆フリーク同志が。詰め放題とはどういうことだろうと思ってましたが、お店の方から説明が。
ビニール袋を渡されるのですが…

※当時のツイッター投稿


せんだい屋 #納豆の日 の詰め放題の掟

☆納豆は3種類で無くなり次第終了
☆容器を潰さない
☆ビニル袋は手で広げてよい

★12個以上で赤字
★過去最高は24個!


と。


詰めも詰めたり16個

このビニール袋、結構チカラ使いますが内側から両手でぐいーっとやれば少しずつ広がるんです。ただこれもチキンレースというか、やりすぎて破れたらアウトですしね。
結局わたしは16個も詰めてしまいました。参加費というか、いくつ詰めてもレジで渡すのは600円。今回の三種類は3Pで172円とかだから、一個当たり約50円ってことになるのかな。そこに16個…大ざっぱでも800円分でしょうか、お得でした!

そしてお客は次々と増え、たくさん詰まれたコンテナから次々に各自のビニール袋へと…平日昼間なのにこの人出、用意された納豆は世間のランチタイム中にすべて消滅してたことでしょう。

納豆スタンプカード

この店にはスタンプカードがあるんです。500円ごとにスタンプ一個なのですが、今回のこのようなイベントでも600円だからスタンプを一個いただけるという…太っ腹ですねぇ。

で、うちに帰ってさっそくお昼とともに二個も食べてしまいました。賞味期限は二週間くらいだったでしょうか。でもまあ、それまでには当然、食べ切ってしまいましたが。これだけあると、料理にも使い出がありますしね。


そんな、夏の暑い日の最中の、納豆の日の下北沢でした。来年もまた都合が合えば、詰め込んで詰め込んで…新記録は無理でも自己記録更新にチャレンジしてみたいと思います。


テーマ:納豆 - ジャンル:グルメ