FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と… スマホ等からは広告がウザくないPC版での閲覧を推奨します
年末年始の変化球 4-1 だらだら過ごす(上)
実家に到着したその夜、母がいろいろと用意してくれてましたが…

軽く炙ったがんす_result

広(ひろ)のイオンで買った、みやけの『がんす』もフライパンで軽く温めて添えました。これ、魚すり身に野菜を加えて平たく作ってフライにしたもので、他所では『魚ロッケ』という名前でも。美味しいんですよ。
みやけのがんすをみやげにした…そういう洒落でもありましたが。

たこえびといかぶた_result

翌日…30日ですが、この日はお昼前にお寺へ行く予定で、それまではギターの弦を張り替えて練習というか、ストーンズのコピーを。お寺のあとはお昼、商店街で外食をといういつものパターン。
お互いうちではなかなかやることもないお好み焼きを食べようというのもまた、いつものパターンです。

お好み焼きは正義_result

今回はたこ・えびといか・豚という二枚で。まあシェアして食べるのですが、二種類×二種類をいただけるという、そこが一人でお好み焼き店に行くのとは違うのです。

いけすを眺めて終わり_result

で、今年はふく(=ふぐ)が困ったことになった、と。いつもナゴヤフグの身欠きを買っていた魚屋さんが閉店してしまったとのこと。スーパーじゃないマーケットが未だにあるのですが、そこにいい魚屋さんがあったのです。
あの店なら安くていいものがあったのに…他店ではどうしても高くなってしまうというか、トラフグしか扱ってなかったりして、そうするとまあ…おいそれと手の出るものではない、となるのです。

代わりといっては何だけど、ふくめしを炊こうかということになり、観光協会へ行ってみやげものの中からふくめしの素を。鮮魚のほうはいけすのそれを眺めて終わりにしました。

帰宅してからは正月飾りや各所の鏡餅など、これもわたしの役割りなので。

宮城みやげ_result

そして、午後のお茶。今回はちょっとおもしろい趣向を。今回の実家みやげ、池袋の宮城ふるさとプラザで探しました。年越しそばはいつもわたしが用意してるのですが、今年は『海藻練(かもねり)そば』を。そしてお菓子の類として…

九重_result

ちょっとめずらしい『九重(ここのえ)』を。これ、ほかにはあまりないタイプの和菓子だと思うのですが…飲んで楽しむ菓子なのです。

ふくいくたる香り_result

きれいな色のあられのようなものなのですが、それを器に入れてお湯を注ぐと…浮実をともなったきれいな色の飲み物になるのです。
立ちのぼる柚子の香りも好いですよ。ガラスの器が推奨されてますが、こういう湯呑でも楽しいものでした。

そして、あとは窓ガラス清掃を。これもわたしの役割りなのですが、やった翌日に雨とか降られるとがっかりするものです。年末年始の滞在中、1~2日は雨ってことがあるのです。

おばけもあります_result

夜はクジラ刺しが出ました!赤身だけでなくオバケも一緒です。これはご当地もので、普通にスーパーや鮮魚店で売ってるのです。商業捕鯨も再開されることですし、今後はもっと全国的に消費が広がっていって欲しいものです。美味しいのですから。


(つづく)



スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

新春和菓子
年は明けたのですが、こちらは天候が今ひとつ…いやふたつみっつで、初日の出は曇天でうやむやでしたし、さらには強風がうなりを上げてて、その音で余計に寒さを感じるし、雨まで降り始める始末。

どっちみち外へ出たところで、店は開いてるでなし。元旦は皆んな休む…これはいいことだと思いますよ。

朝から雑煮におせち、うちは未だにそうです。そういう慣習を撲滅させたがってる意見をいくつか見ましたが、続けたいひとや楽しんでるひとにまでつべこべいうなよな、と。

帰省にみやげは付き物ですが、うちからは宮城の『九重』を。これは飲む和菓子です。
で、姉夫婦からはひさびさに…

20190101160800264.jpeg

『花びらもち』です。これは素晴らしいのです。しかも、正月菓子なので、この時期しか食べられないのです。

2019010116082977e.jpeg

元は宮中料理からの流れを汲むもので、作る店ごとに多少の違いがある模様。今回のこれは筑豊のさかえ屋製。有名な和菓子店です。
求肥で白味噌あんを包んでますが、ごぼうのシロップ煮だかが面白いアクセントなのです。
これはうれしかったですよ。

2019010116085967f.jpeg

もうひとつ。これは東京日本橋のものですが、暦菓子『雪の椿』というもの。外観からはその内容がさっぱり判りませんが…

20190101160931705.jpeg


これはビックリ!充填ものか!そこに驚きつつ、色彩の美しさにもビックリ!
おおざっぱには水羊羹みたいな感じですが、これは好いですね。しかも季節ごとに味が変わるとなると、ほかの季節のそれも気になりますよ。
東京のものなら、向こうで時には買おうかな…高そうだけど。


懐かしい和菓子、そしてご新規さんな和菓子…和菓子の楽しい新春です。


テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

ぴよぴよ
ちょっと前の話ですが、仕事先でお疲れ様といただいたお菓子がエラく美味しかったんです。こりゃどこの銘菓だろうと見ると…なんと練馬!東京にもこんな美味しい洋菓子があったんだなぁとしみじみ感じ入るものがありましたが、では仕事関係で練馬に行った帰りにでも寄ってみよう…そう思ってたのです。

で、その発売元。最寄り駅は東武練馬なのです。東武練馬にも練馬と付いてますが、西武線や大江戸線の練馬とは練馬が違うのです。区の北東端というか、実のところ駅自体は板橋区だったりするのです。

ここで自転車の機動力ですよ。わたしが用のある練馬は区の中心辺りですが、そこからこの広い練馬区を北東端まで環八経由で移動して店を探し当てたら…定休日ぃ…?

また来るかということにしましたが、その商店街が川越街道の旧道に当たるという発見もありました。川越街道くらいなら一日で通して走ってみてもいいな…そういう余録も生まれましたが、いかんせん脳が“午後のお茶菓子は?”モードとなってるのがね。

黒糖ひよ子

そこから環七経由での帰宅となりましたが、そういえばと思いだしたのが野方(のがた)にある『ひよ子本舗吉野堂』中野店。あれはわたしにとって東京銘菓ではなく、実家のほうのそれなのですが、まあたまにはと『黒糖ひよ子』をいただきました。
逆に、今や帰省時にひよ子を食べる機会があるかというと…まずありませんしね。美味しかったです…そして…このかわいさ。こちらを見つめてくるんですよ?それを食べてしまうなんて…いや、いいんだ。美味しいものはかわいい、かわいいものは美味しい…それが仏教的観念…じゃないよね。

ぴよぴよひよ子

もうひとつ、もなかもいただきました。こっちもかわいいんですよね。鳴かないのが不思議なくらい。で、こっちもまた、美味しいものはかわいい…もういいか。ひさびさの、美味しいひよ子でした。


オマケとして、以前イベントで出会った生後数日のロードアイランドレッドのひよこ動画を貼り付けておきます。



かわいいものは美味しい、美味しいものはかわいい…そういうことでひとつ。


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

大人の事情か
スイーツものを日常的に楽しむというようなことはないのですが、これだけは別!定番だけでなく新味が出たら買う!と楽しんでたのが『もちぽにょ』でした。

でした…と過去形になってしまうのは、販売してたコンビニ『スリーエフ』が事実上消滅してしまったから。大手も追随品を出してましたが、毎月のように登場する新味はスリーエフのキラーコンテンツだったんです。

美味しかったなぁ…あの、独特の食感と、そして柔らかすぎる手触り…ああ、もちぽにょフォーエヴァー!

もちぽよ

そんなある日、イオン系のミニスーパー『まいばすけっと』で、普段は見ない生菓子などの冷蔵棚を見るとはなしに見ると…信じられないものが!夢でも見てるのか!幻覚か?大丈夫か>俺?
よく見ると…もち…ぽよ?これは一体…当時、もちぽにょがあまりに話題となったものだから、他コンビニもよく似た名前の似たようなものを出してたのです。

裏返してみたら…製造元はもちぽにょを作ってた会社です。ということは…かつては大ヒット商品だったそれも、一部はローソン・スリーエフとして残ったとはいえコンビニ自体が吸収合併で消滅してしまいましたから…せっかくの名物商品も大型な販路がありません。
そしてここのところですが…おそらく商標はスリーエフひいてはローソンのものなのでしょう。それゆえ、元祖にして類似品のような名前で出さざるを得なかった…そんなところでしょうか。

とりあえず、この銘菓が世に残った…それだけでもありがたいことです。でも考えようによれば、ローソン・スリーエフとまいばすけっとの両方で買えるようになったと思えば…そうですよ、ポジティブに考えたいものですよね。

どちらも食べたことがないという方は、ぜひ一度お召し上がりください。美味しいんですから。


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

笑わせられたので、買う
郊外の仕事先に行った帰り、ショッピングモールに入ってる産直&セレクトショップによく立ち寄るのですが、地元産野菜だけでなく全国の逸品が並んでるところが楽しいのです。
で、パンや弁当のコーナーもあって、これは地元の工房など小規模と思われるところのいろいろが並んでて美味しそうなのです。
そんな中に…

にくきゅう焼

こんなかわいいのがありました!動物嫌いでない限り、これは思わず手に取るでしょ。『にくきゅう焼』なんだそう。声を上げて笑いだすところでしたよ。
裏を見ると、焼菓子…小さなケーキのたぐいですね。商品パッケージやコピーに笑わせられたら買うことにしてるので、これも買いましたよ。

うしろすがた

後ろ姿も。かわいいですよ、これ。ちなみにラベルは、猫と犬の二種類がありました。

肉球ごとに外れる

色が示すように褐色のものはチョコ味なのですが、これがどちらも美味しいのです。そして、肉球ごとに外れるという…ちょっと大きめですがそれゆえに食べやすいですよ。

かわいい肉球

で…こういうかわいいかたちなものだから、意味もなく何となくこれで手の甲をポンポン!と叩いてみたり…大人のやることではないですが、でもやってみたくなる…これはそういうお菓子ですね。
美味しいしかわいいし、二個入りで300円なのですが、じゃあまた買おうと次の機会に立ち寄ると…ないんです。HPを見ると、ほんとに小規模のようで生産数も多くないようです。

先日、二ヶ月振り二度目の再会となり、当然買いましたが…まあ入手困難は今後も続きそうです。
千葉県内の道の駅にも卸してるそうなので、どこかの道の駅で出逢えたら是非どうぞ!


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

気になる峠・気になる集落⑤(終) ついでに名物
不法投棄現場という嫌なものを見ましたが…

遥か下に川

そんなあとはきれいなものを見て、こころを洗いましょう。点在する集落を抜け、下まで降りきると道志川を渡るのですが、そんなに下まで降りずに橋を渡れました。いや、あまりに降りてしまうと登り返しがきついなとか思ってたので。

道志みちに合流

そんなに登り返さずに、道志みちへ。ここで県道518号は終わりです。

大型車通行不可案内

こちら側にも当然通行規制の看板が。大型車通行不可だけでなく、Uターンも出来ませんと書かれてますが…誰に向けて書かれてるかは、皆さんもよくお解りかと思います。

ベイスターズマート

そして、ベイスターズマートの前を通りつつ、今回は阿津交差点から千吉良方面へ向かい、甲州街道に合流する形で相模湖駅へと。

ダムの放水

何となくだったのですが、偶然にもダムの放水を見ることが出来たのはラッキーでした。

待ち時間におむすび

駅に着いたら、列車まではまだ時間があったので、駅前の酒店へ何かみやげ物があればと入ると…面白いものがありました。そして、何だかお腹が空いたので…そればっかりですが、ちょっと面白いおむすびを。美味しゅうございました。
そして、帰りの列車の中で…面白い道だし謎もその後の古地図で解けたりはしましたが、やっぱり不法投棄を見るのは嫌なものだな、と。そういう輩がいるから、林道はゲート閉鎖されてしまうんですよ。

湘南ゴールドサワー

そして夜。おみやげで乾杯。湘南ゴールドという神奈川の柑橘類があるのですが、それを使ったサワーです。神奈川というと都会のイメージが強そうですが、どっこい農業も盛んなのはこれまでにも書いてきたところ。そして、こういう地元名物は嬉しいですね。結構な甘さでしたが、それゆえに飲み過ぎ危険を感じる美味しさでした。


この界隈にはまだまだ気になるところがあるので、これからもまた通いたいと思います。お読みいただきありがとうございました。


(了)

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

いつものコースですが⑪ お茶タイム
実家滞在中は、午後にお茶の時間があるのですが…

メロンが出ました

何と!メロンが出ました!昭和の子供じゃなくてもこれはうれしいものなんじゃないかと思うのですが、最近の若いひとはメロンなんてそうありがたくもないのかな。

ワッフルクッキー

これはわたしが駅のみやげ物売り場で見つけて買った、ワッフルクッキー。ワッフルじゃないんですよ、でもクッキーともいい切れないような…そういうものでした。

風雅巻き

で、これは最近人気だそうで、わたしの前に帰省してきた姉が持ってきたという『風雅巻き』というもの。詰合せなものですからいろんな味があるのですが、それが…醤油カシューナッツとか、わさび大豆とか…なんだか変わったサブタイトルが。

初めての味わい風雅巻き

こういう仕組みになってたのです!最初はせんべい・あられの類かと思ってたのですが(=あられもありますが)、味付け豆を並べて海苔で巻いてるという…よくこんなの考えたよな、なお菓子でした。
それぞれ個性的にして美味しく味付けられた豆がスティック状に海苔巻きとなってるのです。食感も軽いし、何本でもいけてしまいそうな美味しさです。

これは通販もあるので、新しいお菓子に目がないかたなどは、取り寄せてみてはいかがでしょうか。
好い体験でした。


(つづく)

テーマ:おやつ - ジャンル:グルメ