さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
お盆帰省② 食べたことのない味わい
帰省して、駅で姉のクルマにピックアップされて母とともに外食ランチを…それはそれで面白かったランチでした。
で、その後。実家へと向かったのですが、面白かったのが午後のお茶タイムです。姉が買ってきてくれた…いま福岡で大人気のスイーツという…それです!

博多あまび

『博多あまび』というものです。これが今、福岡では大人気なんだそうです。で、これが何かと申しますと…福岡・糸島産の“あまおう苺入りわらび餅”と…わらび餅はわたしも好きですが、そこにイチゴを?

召し上がり方

召し上がり方が書かれてます。まずはそのまま…と。

不思議な食べ物

実に不思議な食べ物です。箸でつまんだ感触にしろ、そこから重力に負けて垂れ下がる様にしろ…わらび餅だからそういうものなのですが…真っ赤だし。こんな菓子、初めてですよ。

そしていただけば…うわー!と声を上げそうになる味わい!まあ有り体にはイチゴ味のわらび餅なのですが、それだけじゃないサムシングエルスがあるんです!

そしてお作法その2。練乳ソースを付けてみれば…わお!イチゴに練乳は言わずもがなですが、これがもうたまんない…泣いていいですか?なレベル。

更にお作法その3。練乳を付けたそれに、更にきな粉をという…うわー!これすごいわ!叫ばせてくれよう!

と、それくらいに美味しいものでした。これはもう、食べる感動でしたね。ここ自体が糸島のあまおう栽培のかたがたがやっておられるところのようで、確かに自分たちが手塩にかけ、そして熟知したあまおうの加工ともなれば…こういう素晴らしい製品が出来上がるのも解りますよ!

わらび餅自体は昔からあるものですが、地元名物…現地では大学移転での街変化やエスニック野菜栽培など、色んな意味で要注目な糸島ですが…こういうところから糸島自体がブランド化してて面白いかな?と思ったりした、そんな『博多あまび』でした。
これ、感動する美味しさなのですが、5月末頃~11月下旬までの期間限定商品です。来月辺りまで博多駅や福岡空港に行く機会があれば、ぜひ探してみてください。この時代にして現地でなければ手に入らない…いや逆にこの時代だからこそ、それが価値を持つものと思います。


オマケ。

九州しょうゆ味

折込広告を見てて、このようなものを発見。カルビーのおなじみ・ポテトチップスなのですが、ご当地ものというか…九州しょうゆ味というものが。
ええもう、あの甘口過ぎるしょうゆでのそれでしょう。案外、美味しいかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

こんなわらび餅…初めてですよう!
今回はツイッター先行根多から、午後のお茶にうれしい辺りを。一種のまとめです。

これはそもそも、サミットストア(=首都圏ローカルのスーパー)のツイッターで知ったのですが、地元だけでなく自転車行動中に立ち寄る他店舗でも、なかなか見つからなかったものです。

ラムネわらび餅

地元で、ようやく出会えました。『ラムネわらび餅』です!このメーカの作る、普通のわらび餅~黒蜜ときな粉が同梱されてる~はいつも置かれてるのですが、これはようやくでしたよ。

しゅわしゅわパウダー!

で、これがたまらんモノだったんです!本体にもラムネフィーリンが多少あるのですが、そこに添付の『しゅわしゅわパウダー』なるものをかけると…ラムネ感が一気にパワァアップするんです!
ただ、このパウダー…散らばりやすいので、扱いには注意が必要です。で、パウダーが多そうな感じですが、わたしはわらび餅一個一個をくろもじで刺しつつ、これを全面にコーティングする感覚でいただいたんですよ。結果的にそう余る感じではなかったのですが、この辺は個人の好みですね。

これはこの先の、鬱陶しい時期の午後のお茶にもってこいな和菓子なんじゃないかと思います。わらび餅ファンもラムネファンも、あまり見かけないかもしれませんが見かけたらぜひ一度♪


オマケ。

ブルーシールブルーウェイブ

暑かった日の自転車帰り道、沖縄タウンに寄り道してウチナー食料品店でブルーシールアイスを。このブルーウェイブが一番好きですね。爽快です。あの日見た沖縄の透明な青い海を思い出すと同時に、ブルーウェイブからビッグウェイブを思い出し、ついつい脳内再生で…♪うぃぶがっさーまらいてぃーいなはーつ、ぜんうぃむーぶぃざたい…これはもういいか。

大分銘菓

長年の仕事仲間から仕事先で、大分銘菓の『壱万円札お札せんべい』をいただきました。カミサンが大分のご出身で、用があって帰省してた際の土産ということ。二度目ですが、これが美味しいんですよ♪
西日本型の小麦系せんべいです。米系か小麦系か…日本のせんべいはそこに二分されますが…とかいう話は別として、そもそも縁起が好いですよ、何だか。

渋谷まる福いろいろ

これは、福祉作業所ですが常設のイートインカフェでもある『渋谷まる福』にて、午後のお茶用アイテム。
ハマった雑穀ハニーキューブ、今回はシナモンを。あと、抹茶グラノーラやゴマクラッカーを。すべて甘さ控えめで素材の好さが生かされてて、しかも噛んで味わいが広がるタイプ。当初は大人の悦楽とか思ってましたが、噛むことや素材の味や…お子の食育にも向くかもしれません。


青い鳥は、その辺にいるんですね♪

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

こういうところのそれにしてはしっかりと激辛
時々、地元駅のコンコースでの催しの中に、福祉作業所で作られたお菓子やパンの販売があるんです。
そういうのに出逢えば、応援の意味もありますが、買うんですよね。普段甘いものはそうそういただくものではありませんが、嫌いではないのでいい機会なんです。間違いなく美味しいからってのもありますが。
確定申告の時期、青色申告会のある駅まで行くと、そこでそういう販売をよくやってるのですが、特にチーズケーキなんて絶品なんです。

激辛カレー揚げパン

ここはパンも売ってるのですが、その中に『激辛カレー揚げパン』なんてのもあるんです。福祉作業所と激辛アイテムが最初は結びつかなかったのですが、出してたっていいですよね(笑)。
で、これがしっかりと辛かったんです♪リピートした際、販売担当のおねーさんにそう感想を告げると、そうでしょう(笑)と喜んでいらっしゃいました。

渋谷まる福

で、こんなフライヤを下さったんです。こういうイベント的なそれだけで無く、常設店舗があるんですね。しかも、カフェ併設となってて…イートイン・カフェというんだ、そういうのって。
で、よく読むと…目標を持ってみんな頑張ってる店なんです。これは一度伺わなければ。

ホープ就労支援センター渋谷

表通りからは一歩入るだけなのに、知らないと通り過ぎてしまう立地が気になりながらも、中に入れば…本格的なスイーツ類が並んでます。
わたしなんぞ洋菓子などは、それこそコンビニのそういう棚に並んでるものくらいしか種類の知識が無いのですが(笑)、それを超えたようなものまで並んでます。

雑穀ハニーキューブ・チーズクッキー

今回いただいたのはこんなところ。手前が『雑穀ハニーキューブ』、奥左は見たとおり『揚げパン(砂糖)』、そして奥右が『チーズクッキー』。
揚げパンは想像どおりのものでしたが、ビックリしたのが雑穀ハニーキューブ。何種類かありましたが、これはチョコ系です。で、甘くないんですよ。でも味わい深いんです…大人の味わい?
しかも雑穀ブレンドですから、しっかりと噛む感じ…これはなかなかなさそう。一見棒状に見えますが、キューブの名のとおり四角いのが五個となってます。しっとりとした食感…ほろ苦さ…噛む感触…お茶が美味い…惚れました(泣)。

そしてチーズクッキーも同様に甘くなく、しかしチーズの味わいが豊かで…まあチーズだから甘いというよりはそもそもしょっぱい方向性でしょうが、サクサクとして…そうそう、何ていうのかな?味わいは豊かだけど、しつこい濃厚さじゃないんです。それはハニーキューブも同様なのですが。

ふと、原材料表示を見れば…ああそうか、完全無添加なんですね。だから、味わいそのものは素材の味が濃厚でも、あとを引くようなしつこさがなくキレが良いというか、コクがあるのにキレがある…これではまるでビールですが(笑)。


何となく応援したい気持ちで伺ったのですが、それをはるかに凌駕する…こういう表現はあれですか?ええっと…斜め上を行くとかいうんですか、最近は…それはさておき、違いの判る大人が楽しめるスイーツじゃないかと感動した『渋谷まる福』でした。
一般就労を目的とされてるかたも頑張ってるようですから、ここは定期的に午後のお茶の共を買いに伺いたいですね。価格は普通なのですが(=今回の焼き菓子類が200円辺り)、他にちょっと無い美味しさを考えれば、むしろ安いかも。そもそもみなさん、本気で作られてるんだし。

皆さんもご近所にそういうところがあれば、一度覗いてみてください。応援してあげたい気持ちをはるかに超えたものに出逢えるかもしれませんよ。


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

シリーズ《春》② よその桜を楽しんだ帰り
仕事で年に一度行くところがあって、それがまさに桜の季節なんです。

24時間80円

行政単位としては神奈川県なのですが、まあ多摩川を越えてすぐのところですし、自転車で行ってんです。そしてその界隈の駐輪場が…これは安いですよ!24時間で80円なんですから!

あまり縁のないかたに申し添えれば…都内ではだいたい、初めの二時間は無料で、以降はその二時間を含む8時間単位で100円というのが多いんです。

で、ここは…安いのですが、100円でもよかったのでは?とも。50円ではアレだけど100円取るほどでも…そういうことなのかもしれませんが、お釣り補充の問題がありますよね。100円単位なら百円玉だけでもよさそうなところですが…まあいいか。

そんなにきれいじゃないけれど

で、午前中で片付く仕事なのですが、弁当持参で。その近くを流れる川が面白いことに、川面に近いところへ一段降りて楽しめる遊歩道が整備されてるんです。
まあ、あんまり綺麗なものではないですし、花筏がどうとかいうどころではないくらいに速い流れですし。
でもまあ、これはこれで気分の好いものですよん♪

写真は端のほうの閑散としたエリアですが、コアなところは地元民で大賑わいでした。


で、帰り道。往路で『シャトレーゼ』を発見してたので、帰りに立ち寄りました。
各地に展開してる、和洋含めたお菓子の店ですが、実は先日の帰省時…地元に出来てるのを発見(笑)。早速いくつか買って帰り、母と楽しみましたが。

こんなのありました

ケロコさんとの思い出でもあるレモンケーキなどとともに、『うさぎのまくら』なども買いましたが、“おっ?これは…”と思った和物…『いそべ餅』がありました。

かわいいいそべ餅

一見“おかきかな?”と思うほどのひと口サイズなんですが、カップ状容器内で二段に分かれてます。これはあれですよ、ふたりで楽しむとかいう場合にもグッドですね。
もちろん、わたしのように午後のお茶をひとりで楽しんでるような同志にもお薦めです。

いやしかし、これは美味しかった!海苔の香りも好いし、餅好きには大推薦です。


(つづく)

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

シリーズ街角① 限定モノ
春ですね。で、春かどうかはさておき、街で最近出逢ったあれこれを。

もちぽにょみかん

おなじみ『もちぽにょ』。神奈川を中心とした関東のコンビニ・スリーエフのオリジナル人気商品ですが、『みかん』が出てました。
中にはみかんカスタードとみかんソースが入ってるのですが、そこに地元神奈川産のみかんが使われてるんです。こういうのは取り組み自体が好いですね。
中身はもちろん、甘酸っぱさが爽快に広がってみかんみかんしたうれしい味わい。多分限定なので、気になるかたはお早めに。

チョコ感マックス

ランチパックのスイーツ系に『板チョコ&生チョコクリーム』なるものが。身体もアタマも疲れてたのでついつい手を出してしまいましたが、中に入ってる板チョコがやたら楽しかったです。
チョコ感マックスだし当然のことながら甘々なのですが、状況によってはハマります。疲れたときにどうぞ♪


で、街角話は続きますが、オマケでこんなものを。

春の訪れ

夜の道端で、何だろうと近寄ったら…這い出してきてました。春ですねぇ。


(つづく)

テーマ:コンビニスイーツ - ジャンル:グルメ

Eテレ『おねえさんといっしょ』(ウソ) きゅうしゅうみやげ
【凡例】
ここで言う“おねえさん”というのは女性一般に対する呼称(※1)ではなく、血縁のある実の姉(※2)です。福岡在住ですが、会議だ何だの出張でちょくちょく東京に来てるんですよ。

※1 【用例】 「ちょっとちょっとそこの―、一緒にお茶飲まない?」

※2 したがって、キャバクラのお姐さんとの同伴で訪れた店とか、そういうのでもないです。




凡例はさておき、姉から貰った九州みやげです。このひとは出張も多いひとですし、こういうのの選択に…感覚的に長けてるのかもと最近思い始めました。

もぜかるかん

『もぜかるかん』…かるかんについては結構知られてる鹿児島銘菓だと思うのですが、この“もぜ”というのは薩摩の言葉で“かわいい”の意であり、つまるところそういうかるかん、と。
もぜとは申しますが、エジプトを出たりとか海が割れたりとかのそれとは関係ありません。まあ、とりあえずそれを題材にしたメタリカ初期の名曲『クリーピング・デス』でも聴いて、おくつろぎください。

Youtube Metallica: Creeping Death (Live - The Night Before - San Francisco, CA - 2016)   



メタリカって、特に初期は歌詞に聖書も絡んだ人文系なんですよね。曲後半の“死ね!死ね!”はともかく…いや、メタリカや聖書はさておき。

この発売元・薩摩蒸氣屋といえば、博多の店舗では『博多焼どうなつ』というものがあり、これがとても美味しいモノなので家族全員大ファンなのですが、そもそもはこのかるかんで有名のようですね。
でもって『かすたどん』でも有名のようですが、あれは仙台銘菓の(以下略)。

餡などはなくシンプルにして充分

餡などは入ってないシンプルな、だからこそこのしっとりとした味わいを純粋に楽しめる…しかもサイズが“もぜ”ですから、ちょっと午後のお茶の時間に一個、とか気軽にいただけます。が…?
ライト感覚ですし…美味しいんですよ、これ。そうするとですね、必然的にもう一個、あと一個と…ついつい消費してしまう…嬉しい困りごとです。

これ、お薦めです。九州出張とかでの職場みやげなんかでもこれ、餡とか入ってないライトな感覚が評を博するかも…あ、でも自然薯系ですから、山芋アレルギーのかたにはNGです。そこんとこ4649!


で、写真に写ってる缶詰。これは『松浦漬』といって、好きなひとはとことん惚れ込む逸品です。佐賀のものですが、鯨文化好きや海産物の酒粕漬好きにはたまらないものなんですよ♪
たまにネットのお取り寄せで買ったりもしてますが、それを買ってきてくれる姉…肉親とは?とか、以心伝心とは?とか、考えてしまいました。

そんなありがたい、しかもピンポイントでズバリとしたみやげはさすがに肉親ならではでしたが、これはお薦めです。機会あれば、普通のみやげとしても自身みやげとしてでもお薦めです。

やっぱ日本は…どこにいっても美味しいモノがある…この国はすごいですよね!


(了)

テーマ:各地の名産 - ジャンル:グルメ

神奈川シュークリーム紀行(3) 行列に並んでみる
仕事でよく行く藤沢ですが、JRのほうの藤沢駅北口構内に、早朝から甘い香りを漂わせてる一角があるんです。
帰りの時間帯には開いてるのですが、たいていは列を成してるし…並ぶのがあまり好きではないので、そもそも何の店か確認してなかったんですよ。

メープルハウス藤沢店

上には“サクサクメープルシュー”とあります。何とここも、その場充填タイプのシュークリーム専門店『メープルハウス』藤沢店でした。
そう知ると…しかも午後の、ちょうど小腹が空いた時間帯でしたし、これから帰り着くまで一時間くらいかかるし…よし、並ぼう!

※そんなに、決意するほどのことじゃない

メープルシュー

まずはフラッグシップの『メープルシュー』。シナモンの香りがたまらんのですが、サクサクなシューに目いっぱい充填されたカスタード…ああ、これだよこれ!これのために生きてんだよ!
いや、そこまで大げさな主張はあれですが。

とちおとめシュー

そして、季節モノの『とちおとめシュー』。これがまた♪こういう、季節モノがあるのってうれしいですね…リピートしてしまう理由になるし(笑)。
いや~、今まで利用してなかったことが悔やまれましたよ。ここはお薦めです…と、ここで…この店は一体…袋には…金沢?

調べたらここ、ベーカリーカフェとかパティスリーとか形態は様々ながら、ほぼ金沢だけで展開されてる店のようですね。
で、県外では…このシュークリーム特化の店舗が福井市と、関東では上野・吉祥寺・八王子…そして藤沢に、と。
なぜ藤沢を選んだんだろうとも思いましたが、行列を成してるってことは、出店は正解だったってことでしょうね。

上野・八王子はエキナカですが、吉祥寺は駅前で藤沢は改札外なので、それぞれ私鉄利用客でも楽しむことができます。興味のあるかたは是非…あ、ここだけに限らず、アップした他店も面白いですから、機会があれば是非どうぞ。


で、今日は…あの日です。もう6年経ってしまったか、と…まだまだ復興途中です。
朝や昼にこれを読んでくださってるあなたへ。よろしかったら14時46分、一分間の黙祷をお願いいたします。


(了)

テーマ:シュークリーム - ジャンル:グルメ