さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
ほやでいろいろ試してみました
前にほやの塩辛を買って、これがなかなか面白い素材だったのですが、仕事で池袋に行った際にちょうどぞの女川『いかや』さんが宮城ふるさとプラザへ販売にいらしてたので、伺っていろいろと買いました。

女川いかやなど

今回はこんな感じで。ついでといって何ですが、三角定義あぶらあげも買いました。これ、美味しいんですよ。

塩辛と一ノ倉無鑑査

ついでにスーパーで、宮城の好きな酒『一ノ蔵無鑑査』も。まずは塩辛を大根おろしに載せて。
これ、なかなか好い感じでした。

蒸しほや

あと今回は、気になってた蒸しほやも。これは好きですねぇ!もしかして、これが一番食べやすく、とっつきやすいかも。

蒸しほやの薄皮

これには更なる味わいどころがあって、身と殻の間にあるこの薄皮…はがす手がかりが最初はわかりにくいのですが、こつをつかめば上手くはがせます。で、これが…サザエの刺身のようなコリコリ感があって、なんだか面白いんですよ。

お馴染み三角定義あぶらあげ

三角定義あぶらあげは定番の、オーブントースターで焼いて七味と醤油で。これ、仙台に行く機会があれば是非手に入れてほしいです。本来は定義如来まで行かねばならないのですが、藤崎の地下で…今でも売ってますかね?足繁く仙台に通ってたころは売ってました。

ほや冷やし中華

〆に冷し中華を。これにもほやを載せました。割と色んなものに合うものですね。まあ、独特の風味がありますから、あまり使いすぎないほうがいいかと思いますが。

ほや納豆

後日、塩辛を納豆に加えてみました。これ、なかなか面白かったです。で、薬味はわさびが合いそうだと思ってそうしましたが、これは確かに。ご飯にというよりは酒ですね、これは。


と、いろいろ試しましたが、蒸しほやの美味しさが特に面白かったというか、これはまた楽しみたいですよ。
地域によって販売は限られてる素材ですが、食に興味のあるかたには是非一度お試しいただきたいものですね。見かけたら是非…現地で味わうと、もっともっと美味しいんだろうなぁ…。


スポンサーサイト

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

叡智が詰まった『しょうゆの実』
たまたま乗り換えで利用したJR品川駅の改札内で、東北物産展をやってました…って、ここではよくやってますよね。
その中からいただいたのが、今回はこんなところ。

品川駅改札内で

鮭の中骨の水煮缶は気仙沼産。これは安定した美味しさというか、食べるよろこびがありますよね。で、もうひとつは庄内産の『しょうゆの実』。こちらでのコンビニ東北フェアでおむすびの具に使われてたり、他にも話にはよく聞いていたのですが、実物を手にしたのは初めてです。

江戸時代から続く発酵調味料なのですが、しょうゆというよりは味噌のようで、それでいて液状なんですよ。でもさらにそれでいて、豆粒などが残ってるんです。
そのままご飯の友としていただくのが定番のようですが、肉や魚を漬け込んで焼くというのもまた定番だそうですね。

しょうゆの実すげー!

鶏もも肉をひと口大に切って漬け込み、それをオーブントースターで焼きました。これが…いやはや未知の体験でしたよ!まあ味噌漬けといえば味噌漬けなのですが、それ以上のものがあります。
漬け込んだぶん本体が脱水するゆえから増加する歯応えと、そして相反するようですが漬け込んだぶん酵素で増加するやわらかさ…この好い感じの同居は不思議でしたねぇ。で、もろみ的な華やかな香りはもちろん、小粒納豆クラスの大豆がまた面白いアクセントに。

で、たくさん作った残りは冷蔵庫へとなったのですが、翌日の弁当に利用したら、これが硬くならずに好い感じの柔らかさ。何より冷めても華やかな香りと発酵系の味わいプラスで、ご飯が進む進む♪
楽しい弁当となりました。


これ、東北以外ではあまりその辺で売ってるものじゃないと思うのですが(=東北でもそこら中で売ってるものじゃないか)、ちょっと色んなものを漬け込んでみたくなる…魔法のような魅力を感じます。もちろん!肉や魚だけでなく、野菜も漬けてみると面白いことになるかも。いただいたフライヤのレシピには、生野菜を和えて即席漬けにとか、炒め物にそのまま調味料として使ったり、半熟目玉焼き丼にとか…それ以上にこの味と香りを活かした使い方はまだまだありそう。
料理好きのアナタ、さあ使ってみろ!的に挑まれてるかのようなすばらしい調味料です。見かけたら買いですよ、これ。


テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

無くなった思い出と、新たに作る思い出と(下)
買って帰ったのは、こんなところです。

女川いかや

塩辛は、DPZの記事にも出てきた『肝だめし』を。そしてもうひとつは試食したとたんに“何じゃこりゃ!”(=いい意味で)と驚かされた『焼きほや』。
そのふたつでの金額が二千円を超えたからか、はたまた最終日だったからか、『茎わかめ佃煮』はオマケで付けてくださいました。ありがたいですね。甘目ながらもこれがまた、ご飯の進む味わいでした♪

※高いちゃあ高いのですが、水揚げ後数時間のうちに処理してる手間を考えると、これはこれで妥当かも。味わえば…安いとも。

肝だめし

記事で気になってた『ほやの肝だめし』。これって、ほや好きでも好みの分かれそうなコア物件・ほやの肝の塩辛を“お試し程度”ブレンドしたものとのこと。割合としては、身3:肝1ということでした。
で、お試しで肝が入って…それで“肝だめし”という商品名なのですが(笑)、試食でいただいて、何という濃厚さだと驚いてしまいましたよ。

ほやたまらん!

で、それが一堂に会すると…たまらんですたい!あの色あの香りあの味な塩辛ですが、塩辛なんだけど生とそう変わらないんですよね。あ、右の塩辛の、色の黒っぽいそれがほやの肝です。

そして、焼きほや…これは好いですよ。見た目が何だかドライマンゴーっぽいですが、酸味があるからか味わいもそういう風にも思えます(笑)。よく“海のパイナップル”と呼ばれてるほやですが、殻や身の色からしても“海のマンゴー”でいいんじゃないかと思いました。

で、一番肝心なところですが…ほやの塩辛は、生ほやの好さと保存の利点が組み合わさった素晴らしいものかな、と。

玉子かけご飯にほや塩辛

これはまあ花色木綿…じゃなくて出来心でですが、いわゆる“玉子かけご飯”に応用。これがなかなか好かったんですよ。
とにかくまず、海の香りですね。だからまあ、それが苦手な内陸出身者などにはお薦めも何もあったものではありませんが。
あ、青い容器に入ってるのが、付けていただいた茎わかめの佃煮です。これだけでもう!ご飯何杯でも!な美味しさなんですけどね。

ほや塩辛茶漬け

そして…お茶漬けです!そのものが塩味を有してますし、そこにガツンとしたインパクト(=化調とか蛋白加水分解物とか)が要らないなら、これだけで海の味わいを楽しめるお茶漬け…これってほや好きにはたまらんですよ。
朝ご飯でも、夜の晩酌の〆でも、これはお薦めですよん。

で、結果的にお腹を壊すことも無く、充分に楽しめました。過去のあれは何だったんだろ?鮮度の問題だったのかどうなのか、いつか産地でもいただきたいなぁ…そう思ったところで、ああそうか…過去の思い出は失われたけど、だったらまた新しく思い出を作ればいいじゃないか、と。

その第一歩が、女川産のほやの数々でした。高級品ですからそう頻繁には利用できない以前に、こっちでは販売箇所も限られてますが、これからはほやを日常に組み込もうと思いました。鉄道再開時に訪れた2年前はまだ更地のような状況でしたが、記事によると今はかなり街が出来つつあるようですし、改めて再訪せねばなりませんよね。


ほや…そのものが不思議な生物ですが、それの販売先として筆頭だった輸出先が大震災移行、禁輸措置を続けたまんまです。その分、国内で消費出来ればいいのですが…でもこれって嗜好性が強いですから、強要も出来ないし…。
その生態の不思議さも含めて、もっと知られてもいいのにな…そんなことも思ったほや問題の解決と、そして思い出問題の解決でした。
今後はわたし、池袋のアンテナショップ中心で“ほやライフ”を楽しみたいと思います。未経験ながら興味を持たれたかたには、まずは焼きほやをお薦めします。
じゃあ、女川で…逢いたいですね!


(了)

テーマ:海の幸 - ジャンル:グルメ

無くなった思い出と、新たに作る思い出と(上)
そもそもは『デイリーポータルZ』の記事を読んで興味が再燃したのですが、それってわたしには身体的相性が…という問題があったのです。

ほやです、ホヤ。メガネレンズとかは関係なく、三陸の特産物である、あの不思議な生物にして究極の珍味かも知れない、あのほやです。
あの、他に類を見ない独特な味わい…大好きなのですが、なぜかお腹を壊してしまうという…生牡蠣は大丈夫なんですよ、でも、生ほやはなぜか…と。
好きなんですよ?大好きなんですよ?でもなぜか…体質に合わないのかなぁ、こういうのは何というか…究極の片思いみたいなものでしょうか。

宮城・山形の物産展

で、その記事が面白くて、その中で取り上げられてた業者のひとつ、女川(おながわ)の『いかや』さんが、東武百貨店船橋店での『宮城・山形の物産展』に出展されるということだったので、近くはないというかむしろ仕事以外ではうかがわないような距離のところなのですが(=昔、西船橋には二ヶ月に一度伺ってました)、記事内の社長さんがとても面白いかたで…このひとに会ってみたいというのもありましたが(笑)、それより何より!“塩辛”各種があるんです。
生がダメでも塩辛なら…そういう腹もあったんですけどね。そして…もう20年以上前になるのかな、初めて東北に出かけて放浪して…初めて目的地として訪れたのが女川だったんです。

好い感じの港町で、古い書店に入れば小さいながらも郷土本のコーナーがあり、それはその後の東北放浪でも“規模の大小にかかわらず東北の書店には必ず郷土本コーナー”があることを知り、旅の途中でそれらを買い求め読み込み…わたしの東北理解をまず促してくれたのがその小さな書店でした。

※無明舎出版(秋田)の『東北さかな紀行』という本を買ったのです。ええもう、いやすこですから。

そして『マリンパル女川』では一階の鮮魚を見てるだけで感動しつつ、二階の『レストラン古母里』で暮れ行く港を眺めながらビールをいただき、そうか雅俊さんって女川出身だったんだとか思いつつ(=同級生が店主ということで店名の命名者)、海鮮丼を楽しみ…東北って好いなぁ~!と思った瞬間でしたよ。

それがまあ…あんなことになってしまって…今はどちらもこの世に存在してないのですが

訪れて…何だか東武百貨店船橋店って、ちょっと迷路めいてますね。上に向かうのに…あ、ここからは直接行けないのか、みたいな。
で、平日なのに賑わってる催事場。せっかくだからとイートインでいただいたのが、山形名物の『板そば』。これに合わせて、うちを出てたのです。

山菜天付き板そば

せっかくだからというか、今春はちゃんと山菜をいただけてないので(←今ごろかよ!)、山菜天付きでいただきましたが…いーですよねぇ!板そばって♪
美味しかったです。このイートインでは仙台の牛たんとのツートップでしたが、牛たんは都内でも割とあちこちにあるものの(=地元にも仙台牛たんがあります)、板そばはなかなか無いですしね。
美味しゅうございました♪

そして、本命の女川『いかや』さんへ。どこだどこだとうろつきながら出会えたそこには…あの顔のあの社長が(笑)。
このかたが記事から感じたとおり面白いかたで、こういうところでの会話セッションが好きなわたしにとっては“また逢いたい!”と思う御仁。さすが元・営業マンです。

で、いつもの催事よりはDPZの記事を観てきたというひとが多かったらしく、何だあなたもそうなの?みたいな。特に若い女性が多かったらしく、あのサイトってそういうサイトなの?と逆質問が。
いやあそこは、若い女性というよりは日常で面白いことを探してるひとが観てるサイトだと思いますが…云々。

基本的にはサンマなんかの…あれは丸干?そっちがメインらしいのですが、ほや関係もしっかりと。
そして塩辛も各種。そもそもほやって高級品なのに、いろいろと試食させてくださるんですよ。で、いただきつつ…嗚呼っ!これこれっ!と、手足をじたばたさせて喜びを表現したいくらいに感動的な味わいが(泣)。

塩辛類は全部買って帰りたいとも思いましたが、予算もあるし消費量もあるし冷凍品だから冷凍庫のキャパもあるし…自分内厳選で、試食でいただいた一番と二番を買って帰りました。


(つづく)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

休日お昼は白河で(5) 小峰城再訪
列車が来るまで、まだ時間があります。一時間に一本のペースですから、タイミングが合わないとまあしばらくは…でもそれなりに、時間をつぶせますよ。

白河駅舎

白河駅まで戻ってきました。美しい駅舎ですが、これもまた大正時代の建築なんですよね。

まだまだ修復中

で、駅から近い白河小峰城へと。ここは好いところです。まだまだ修復中ですが。

ナンバリング

大震災で崩れた石垣の修復は、まだ終わってません。一応、今年の三月末で終わるようですが。
石それぞれに小さな白い何かが貼り付けられてるようですが、これはナンバーでしょうね、この石がどこの石かを示す。

白河小峯城三重櫓

三重櫓へ。美しいです。ここもまた、戊辰戦争の要衝であったのですが。詳しくは“戊辰戦争 白河”で検索してみてください。wikiや公式だけでなく、詳しい個人サイトも出ますから。

市街地を一望

そこから見下ろす市街。天候は今ひとつでしたが、気分は好いですよ。

まだ入れません

そして大手門側へ。こちらはまだまだ修復中で、ホントならこちら側から登城したいものですが。

大手門から登城気分

そっちから来れたなら、この圧倒的なビジュアルを経て門をくぐれるんです。その日が一日でも早く来ることを、白河ファンとして願います。

石垣復旧の流れ

“石垣修復の流れ”です。大変な作業だと思うのですが、築城時は重機なんてなかったんですよね。

大変な作業だと思う

造るときはゼロから積み上げていけばいいとして(それもまた大変でしょうが)、崩れてしまったそれの修復となったら…重機があってももっと大変ですよね。

広い空と遠くの山々

広い空と遠くの山々…こういう風景が常にあるって素敵ですよね。
そして、そんな森高さんな世界を思い出していたところ、日曜昼に福島に伺った際の楽しみ・受信してたRFCラジオ福島の『手塚とナッコのSunday“卵→KING”』でこの日のゲスト、『アイくるガールズ』の楽曲が。

youtube 「アイくるガールズ『恋色スターマイン』(試聴用ver)」




ここまでよく判らないままに聴いていたのですが、いわき市のご当地アイドルなんですね。そしてこの“小名浜の夜空に花が咲く”という…これで何というか…いきなり涙、みたいな。

いや、ここにもほかの東北各地同様にたくさんの思い出があって…東北放浪を繰り返してた時期ですが、東京に戻る際は最終日前日にリハビリもかねての仙台泊(=都会的感覚を取り戻す)のあと、常磐線経由で帰京するとなると途中でいわき界隈に立ち寄って…小名浜もそのひとつだったのです。

特に!メヒカリが今ほど知られてなかった頃、ここの名物として一部で話題だったその頃、買いに行って…そういう土地だったのです。
それがあの日…津波で滅茶苦茶に破壊されまくり、さらには原発事故で…漁業の町はどうなるんだと…地元のかたがたは皆さん頑張っておられるのでしょうが、逆に旅人だからこそか…悩んだところでどうなるものでもないのですが、とにかく滅入りまくるくらい悩んだものでした。

だるまさんができるまで

つい先日の地震、あれがあの地震の余震だということで…6年経ってもまだ続いてるんですよね。そして、復興もまだまだ続いてます。
それぞれがその地で頑張ってるんだ、わたしも頑張らねば…そういう気持ちを抱きながら駅へ。線路をくぐる通路には観光案内がいろいろと有るのですが、名物の白河だるまができるまで…だるまさんって、こうやって作ってたんですね!


そして、駅へと戻りました。


(つづく)

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

休日お昼は白河で(4) あのひとのお墓
有名人の墓を訪ねる…そういう観光もあるかと思います。特に歴史ある墓地なんて『でっか字まっぷ』では青山霊園とか多磨霊園とか、著名人の墓が地図上に記されてますしね。

※グーグルマップにもありますが、有料なでっか字マップのほうが詳しいです

太白山天恩皇徳寺

この街にも有名人の墓があって、一応観光名所になってるので、今回は訪ねてみることにしました。

奥へ奥へと歩かされる

このふたりの墓があるのです。新撰組に関しては個人的にはあれなのでまあ…あれなんですが、もうひとつはやっぱり左党として、訪れてみたいじゃないですか。

菊池央の墓

何度も曲って、ようやく菊池央(たのむ)の墓に。それだけではなく、戊辰戦争戦死者供養碑も並んで。ここは激戦地で、100日間にわたる戦いで千人以上の戦死者が出たそうですから。

ようやく到着

そして、ようやく到着。こちらに小原庄助の墓があります。民謡『会津磐梯山』の中で、“朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上つぶした”と歌われた、あのひとの墓です。

解説によると

このひとの存在については諸説あるようですが、ここの解説では会津塗師の九五郎がそうではないか、と。要するに“伝”なのですが。

正面のそれではない

正面にそびえる立派なそれではありません。これは蒲生羅漢という絵師の墓で、このひとも酒好きとして知られたそう。

小原庄助の墓

そして羅漢に絵を学びに来ていた会津塗師の九五郎、そのひとの墓がこれです。徳利に杯を被せたような…こんな墓石ありかよ!なお墓です。
学びに来ていてそのままこの地で客氏されたようですが、戒名が…

“米汁呑了信士”で…

辞世の句が…

“朝によし 昼になおよし晩によし 飯前飯後その間もよし”

好きだったんだねぇ(笑)。まあ、そういうところから、このひとが小原庄助ではないか…そう伝えられてる、とのことでした。酒好きとはいえ、売り物にならない魚のような目でクダ巻いたり暴れたりとかそういうのではなく、ニコニコと明るく飲んでたのではないか…何かそういう気がします。
で、享年が判りませんが、何となく早死にしたとは思えないし。師匠の蒲生羅漢も酒好きなれど、83歳没ですし。

寺で猫に

墓をあとにしつつ歩いてると、カサカサという音が…ねこでした。
きれいな姿でしたから、家ねこでしょうね。そういえば、あまりこの地ではネコに出会わなかったなと思いましたが、やっぱり冬が寒いからですかね。


(つづく)

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

休日お昼は白河で(3) 街並みを楽しむ
二軒もはしごしたので、満腹状態です、腹ごなしで街歩きと洒落込みました。

奈良屋呉服店

交差点まで戻ったところで、このような美しい建物が。奈良屋呉服店というお店で、明治時代に建てられたものだそう。
いい雰囲気ですよね。

月よみの庭

その先には『月読みの庭』というところが。足下に解説板があって、市内には昔からの月待講の碑が多くあり…どうもその関連らしいのですが、詳しいことはよく解りませんでした。

ここで納豆を

スーパーを見ると、ついふらふらと入ってしまいます。で、ここで未食の地納豆を見つけました。

今井醤油店

今井醤油店。ここも明治期に立てられて、昭和30年代に改修されたものなのですが…

廃業のお知らせ

廃業のお知らせが。昨年末で営業を終了してしまってましたが、それまでこの建物で商売なさっておられたというのがすごいですね。
こういうところに、買い物に行きたいものですよ。

松井薬局

この薬局は当然、左の蔵がポイントです。これだけでなく、4つの蔵と2つの倉庫があるそうなのですが、それぞれ明治期のもの、と。

野村屋

そして、アイスキャンデーの野村屋。昔ながらのそれを作って売ってるところです。

三笠焼き

前に回れば、アイスキャンデーだけでなく、三笠焼き(=いわゆる大判焼きとか今川焼きとかいわれるあれ)も作って売っておられました。
腹いっぱいだったのでそれどころじゃありませんでしたから、ここは次回の課題というところで。

ビヤガーデン

ここの屋上にはビヤガーデンが…あったようです。もう今は、やってないよなと思って調べたら、平成17年に終了したとのことで…10年前か、惜しかったなぁ…。

聖ハリストス教会正面側

この街に来ると、浄土真宗なのについつい見入ってしまう聖ハリストス教会。今回は、入り口側から。美しいです。これも大正4年の建築です。

気になる食堂

その斜向かいにある食堂が気になってるんです。屋号の白十字ってのは、教会と関係あるのか、はたまた神田の白十字と…興味は尽きません。
ここでもラーメンを出してるのですが、それよりもそもそも洋食の店ですし…検索すると気になりまくりなんですよ。


何軒ものラーメン店を食べ歩いて、その美味しさは街ぐるみだと前回書きましたが、それもあって次の機会にはラーメン以外の食べ歩きを…今回の白河ランチでの結論です。
次回はまず、ここですね。そして野村屋にも、と。


(つづく)

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行