さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
休日お昼は白河で(5) 小峰城再訪
列車が来るまで、まだ時間があります。一時間に一本のペースですから、タイミングが合わないとまあしばらくは…でもそれなりに、時間をつぶせますよ。

白河駅舎

白河駅まで戻ってきました。美しい駅舎ですが、これもまた大正時代の建築なんですよね。

まだまだ修復中

で、駅から近い白河小峰城へと。ここは好いところです。まだまだ修復中ですが。

ナンバリング

大震災で崩れた石垣の修復は、まだ終わってません。一応、今年の三月末で終わるようですが。
石それぞれに小さな白い何かが貼り付けられてるようですが、これはナンバーでしょうね、この石がどこの石かを示す。

白河小峯城三重櫓

三重櫓へ。美しいです。ここもまた、戊辰戦争の要衝であったのですが。詳しくは“戊辰戦争 白河”で検索してみてください。wikiや公式だけでなく、詳しい個人サイトも出ますから。

市街地を一望

そこから見下ろす市街。天候は今ひとつでしたが、気分は好いですよ。

まだ入れません

そして大手門側へ。こちらはまだまだ修復中で、ホントならこちら側から登城したいものですが。

大手門から登城気分

そっちから来れたなら、この圧倒的なビジュアルを経て門をくぐれるんです。その日が一日でも早く来ることを、白河ファンとして願います。

石垣復旧の流れ

“石垣修復の流れ”です。大変な作業だと思うのですが、築城時は重機なんてなかったんですよね。

大変な作業だと思う

造るときはゼロから積み上げていけばいいとして(それもまた大変でしょうが)、崩れてしまったそれの修復となったら…重機があってももっと大変ですよね。

広い空と遠くの山々

広い空と遠くの山々…こういう風景が常にあるって素敵ですよね。
そして、そんな森高さんな世界を思い出していたところ、日曜昼に福島に伺った際の楽しみ・受信してたRFCラジオ福島の『手塚とナッコのSunday“卵→KING”』でこの日のゲスト、『アイくるガールズ』の楽曲が。

youtube 「アイくるガールズ『恋色スターマイン』(試聴用ver)」




ここまでよく判らないままに聴いていたのですが、いわき市のご当地アイドルなんですね。そしてこの“小名浜の夜空に花が咲く”という…これで何というか…いきなり涙、みたいな。

いや、ここにもほかの東北各地同様にたくさんの思い出があって…東北放浪を繰り返してた時期ですが、東京に戻る際は最終日前日にリハビリもかねての仙台泊(=都会的感覚を取り戻す)のあと、常磐線経由で帰京するとなると途中でいわき界隈に立ち寄って…小名浜もそのひとつだったのです。

特に!メヒカリが今ほど知られてなかった頃、ここの名物として一部で話題だったその頃、買いに行って…そういう土地だったのです。
それがあの日…津波で滅茶苦茶に破壊されまくり、さらには原発事故で…漁業の町はどうなるんだと…地元のかたがたは皆さん頑張っておられるのでしょうが、逆に旅人だからこそか…悩んだところでどうなるものでもないのですが、とにかく滅入りまくるくらい悩んだものでした。

だるまさんができるまで

つい先日の地震、あれがあの地震の余震だということで…6年経ってもまだ続いてるんですよね。そして、復興もまだまだ続いてます。
それぞれがその地で頑張ってるんだ、わたしも頑張らねば…そういう気持ちを抱きながら駅へ。線路をくぐる通路には観光案内がいろいろと有るのですが、名物の白河だるまができるまで…だるまさんって、こうやって作ってたんですね!


そして、駅へと戻りました。


(つづく)

スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

休日お昼は白河で(4) あのひとのお墓
有名人の墓を訪ねる…そういう観光もあるかと思います。特に歴史ある墓地なんて『でっか字まっぷ』では青山霊園とか多磨霊園とか、著名人の墓が地図上に記されてますしね。

※グーグルマップにもありますが、有料なでっか字マップのほうが詳しいです

太白山天恩皇徳寺

この街にも有名人の墓があって、一応観光名所になってるので、今回は訪ねてみることにしました。

奥へ奥へと歩かされる

このふたりの墓があるのです。新撰組に関しては個人的にはあれなのでまあ…あれなんですが、もうひとつはやっぱり左党として、訪れてみたいじゃないですか。

菊池央の墓

何度も曲って、ようやく菊池央(たのむ)の墓に。それだけではなく、戊辰戦争戦死者供養碑も並んで。ここは激戦地で、100日間にわたる戦いで千人以上の戦死者が出たそうですから。

ようやく到着

そして、ようやく到着。こちらに小原庄助の墓があります。民謡『会津磐梯山』の中で、“朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上つぶした”と歌われた、あのひとの墓です。

解説によると

このひとの存在については諸説あるようですが、ここの解説では会津塗師の九五郎がそうではないか、と。要するに“伝”なのですが。

正面のそれではない

正面にそびえる立派なそれではありません。これは蒲生羅漢という絵師の墓で、このひとも酒好きとして知られたそう。

小原庄助の墓

そして羅漢に絵を学びに来ていた会津塗師の九五郎、そのひとの墓がこれです。徳利に杯を被せたような…こんな墓石ありかよ!なお墓です。
学びに来ていてそのままこの地で客氏されたようですが、戒名が…

“米汁呑了信士”で…

辞世の句が…

“朝によし 昼になおよし晩によし 飯前飯後その間もよし”

好きだったんだねぇ(笑)。まあ、そういうところから、このひとが小原庄助ではないか…そう伝えられてる、とのことでした。酒好きとはいえ、売り物にならない魚のような目でクダ巻いたり暴れたりとかそういうのではなく、ニコニコと明るく飲んでたのではないか…何かそういう気がします。
で、享年が判りませんが、何となく早死にしたとは思えないし。師匠の蒲生羅漢も酒好きなれど、83歳没ですし。

寺で猫に

墓をあとにしつつ歩いてると、カサカサという音が…ねこでした。
きれいな姿でしたから、家ねこでしょうね。そういえば、あまりこの地ではネコに出会わなかったなと思いましたが、やっぱり冬が寒いからですかね。


(つづく)

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

休日お昼は白河で(3) 街並みを楽しむ
二軒もはしごしたので、満腹状態です、腹ごなしで街歩きと洒落込みました。

奈良屋呉服店

交差点まで戻ったところで、このような美しい建物が。奈良屋呉服店というお店で、明治時代に建てられたものだそう。
いい雰囲気ですよね。

月よみの庭

その先には『月読みの庭』というところが。足下に解説板があって、市内には昔からの月待講の碑が多くあり…どうもその関連らしいのですが、詳しいことはよく解りませんでした。

ここで納豆を

スーパーを見ると、ついふらふらと入ってしまいます。で、ここで未食の地納豆を見つけました。

今井醤油店

今井醤油店。ここも明治期に立てられて、昭和30年代に改修されたものなのですが…

廃業のお知らせ

廃業のお知らせが。昨年末で営業を終了してしまってましたが、それまでこの建物で商売なさっておられたというのがすごいですね。
こういうところに、買い物に行きたいものですよ。

松井薬局

この薬局は当然、左の蔵がポイントです。これだけでなく、4つの蔵と2つの倉庫があるそうなのですが、それぞれ明治期のもの、と。

野村屋

そして、アイスキャンデーの野村屋。昔ながらのそれを作って売ってるところです。

三笠焼き

前に回れば、アイスキャンデーだけでなく、三笠焼き(=いわゆる大判焼きとか今川焼きとかいわれるあれ)も作って売っておられました。
腹いっぱいだったのでそれどころじゃありませんでしたから、ここは次回の課題というところで。

ビヤガーデン

ここの屋上にはビヤガーデンが…あったようです。もう今は、やってないよなと思って調べたら、平成17年に終了したとのことで…10年前か、惜しかったなぁ…。

聖ハリストス教会正面側

この街に来ると、浄土真宗なのについつい見入ってしまう聖ハリストス教会。今回は、入り口側から。美しいです。これも大正4年の建築です。

気になる食堂

その斜向かいにある食堂が気になってるんです。屋号の白十字ってのは、教会と関係あるのか、はたまた神田の白十字と…興味は尽きません。
ここでもラーメンを出してるのですが、それよりもそもそも洋食の店ですし…検索すると気になりまくりなんですよ。


何軒ものラーメン店を食べ歩いて、その美味しさは街ぐるみだと前回書きましたが、それもあって次の機会にはラーメン以外の食べ歩きを…今回の白河ランチでの結論です。
次回はまず、ここですね。そして野村屋にも、と。


(つづく)

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

休日お昼は白河で(2) もう一軒
年齢的にもうこういうことは苦しくなってきつつありますが、せっかく来たんだからもう一軒気になってた店へ、と。

裏通りから

何となく、裏通りから向かってみました。これが好かったんですよ。

城下町

このように、城下町地名が現役です。そういう街で育ったものですから、何か近親感が湧くのです。他にも金屋町や細工町、八百屋町や道場小路など。東京でも神田に、紺屋町や北乗物町なんてのが辛うじて現存してますが、統合整理された町名や“やたら中央とかに価値を見出してる”町なんて…わたしは魅力を感じませんけどね。
その点で、地名がそうでなくても町割が未だ背割りなところ(=京都が代表的ですが、大阪や横浜や八戸や…などにも)をうらやましく思ったりするんですよね。

しらかわん

それはさておき。古い町屋風の店では、店頭の正月休みの貼り出しが“しらかわん”でした。
あの萌えキャラは…こういう際には使われないのでしょうか…あ、全年齢対象なのか、これ。

見えてきた

遠くに見えてきました。ここも有名店なんです。

入り口はどこだ

到着しましたが…入り口はどこだ?まだ早い時間なのに、駐車場は停まりまくってます。

明るい店内

気になってたもうひとつはここ、『手打ちラーメン英(はなぶさ)』。ここも有名なのですが、どうやら先代の意志を息子さんが継いでるようです。
先の『茶釜本店』だけでなく結構多いのが、高齢夫婦だけでの経営。おとーさんが調理して、フロアはおかーさんが、というケース。高齢だとこの先…という問題も無くはないですよね。人気店でも突然の閉店、とか。
気になる店はなるべく早いうちに、訪問を達成したいものです。

それはさておき、小上がりやテーブルが充実した店が多いなと思うのも白河ラーメンの特徴ですが、行けば何となく解ります。家族連れが多いんですよ、四人連れとか。それも、小さな子供を含むそれよりはむしろ、大人な子供らを含むそれ、みたいな。

英メニュー

待つ間にメニューを。『高校ラーメン』という、標準価格で大盛り特盛り可能ってのは好いですね。しかも“麺を残したり、分け合った場合は通常料金です”という、教育的指導も。
これはいいことだと思いますよ。

手打ちラーメン英

しょうゆの『ラーメン』です。小ライスをサービスで付けられましたが、それは胃のキャパ的に無理がありますゆえ、ラーメン単品で。
美味しかったですねぇ♪色淡く澄んでいながらも味わい深いスープに、手打ちでコシのうれしい中太ちぢれ麺。そして、白河おなじみの具…ここはさらにゆで玉子1/2も載ってるんです。
二杯目なのですが、これがもう向こうから口に飛び込んでくるが如し。やっぱり白河ラーメンは美味しいですよ♪

ご馳走様でした

ここも感動の一杯でしたが、この街に暮らす皆さんはいつでもどの店でも、美味しいラーメンを楽しめるんですよね。何せ人口6万人の市にラーメン店100軒以上ですから、これは日常な文化と言い切ってしまってもいいと思いますよ。

そして、何軒も食べ歩いての中締めというか、わたしなりの結論が。この街でラーメンを食べる…基本的にどこで食べても美味しいと思います。『とら食堂』だけはさすがに別格ですが、あとは好みの領域なのでは、と。

この好みも絶対的なそれというよりは、その日の体調や気持ちで…“今日はガツンといきたいからあそこにしよう”とか、“あっさりがいいな、あそこにしよう”といった、基本は変わらずともそういった個人的チャートやマトリクスからその日のラーメンを選んだり…そういう贅沢が可能な街は、全国的にもそうはありませんよね。

白河、好い街ですよ。で、その街を…せっかくだからまた観光してみることにしました。


(つづく)

テーマ:ご当地ラーメン - ジャンル:グルメ

休日お昼は白河で(1) 別系統の店
冬の18きっぷの話なのですが、今やもう春の18きっぷシーズンとなってしまいました。で、特に季節限定な話はありませんので、これを皆さんの18きっぷ旅の…そのまま参考にとかじゃなくて、旅のスタイルの参考になれば…と。
東京出発ですが、これそのものがどうこうじゃないと考えると、今アナタが居るそこから片道数時間ののんびり日帰り旅…そういう感覚でご覧ください。


さて本題。冬の18きっぷが一日分残ってて、そうなると日帰りでどこかにとなるのですが…これが案外難しい。

グリーン車で

泊まって楽しみたいところは除外されますし、日帰りお手軽でもまあ…気分もありますが「今、あそこに行ってもな」なところもありますし。

川を渡る

で、東京から日帰りで伺って楽しいというところで、またまた白河(福島県白河市)へ。個人的な好みもあるのですが、この街が好きなんですよ。
観光資源としてはまあ、城とか古い街並みとかもあるのですが、一番のそれはやっぱり『白河ラーメン』なんじゃないでしょうか。それに惚れ込んでしまったわたしは、暇あらば通うことになってしまったのです。

外観

まずはそこら辺からということで、今回は系統の違う店への訪問を第一の目的としました。有名な『とら食堂』とはまた違った系統の老舗、『茶釜本店』です。

ウッディな昭和空間

“とら系”とはまた別に“茶釜系”というものがあるのだそうですが、共に戦後の混乱な時代の屋台から…というところが面白いものだな、とも。

祝開店の寄贈鏡

内装が昭和テーマパーククラスというか…いや、テーマパークが真似してるのですが、壁に並ぶ木札のメニューや温度計、そしてこの“祝開店”で贈られた鏡とか、昔は食堂なんかで当たり前にありましたよね。

茶釜本店

基本は中華そばなのでしょうが、白河に来たなら一杯は頼みたいのが『ワンタンメン』。自家製麺なだけでなく、ワンタンも自家製なところが多い白河ですから。
好かったですねぇ。ルックスがまず、完璧に白河ラーメンです。特にこの、澄んだスープに映えるほうれん草の緑ってのが、個人的に好きなんですよね。

なみなみと注がれたスープや、そしてチャーシューやメンマがしょっぱいのもここの特徴だそうですが、これはそれをおかずに白飯をという、戦後的スタイルを今に伝える…これは考えすぎか?富山ブラックがそういう歴史を…それはさておき。
白河おなじみの太めでツルツルな縮れ麺、口中を火傷しそうながら一気に啜るように楽しみたいワンタン、そしてスッキリとしていながら味わい深いスープ…美味しい一杯でした。

ここはサイドメニュー的存在として『おいなりさん3ヶ』200円というものがあるのも特徴だそうですね。丼物各種もありますし、ここは中華そばだけではなく街の食堂として日常的な存在なのでしょう。そうそう、ここはテーブル席のみだった気がします。
この日は世間も休日でしたが、家族連れが多かったですし。っていっても幼児連れ世代ではなく、親孝行世代だったり…あ、ここの辺りでわたしは何となく、帰省時に母と外食に行くあの感覚を思い出して、この街が好きなのかも。


それはさておき。白河ラーメンに関して、ある確信に向けて意識を一歩進められた、そんな『茶釜本店』でした。そしてもう一軒、徒歩圏内で気になる店があるので、満腹中枢があれする前にと急ぎました。


(つづく)

テーマ:ご当地ラーメン - ジャンル:グルメ

巨大だけど、実はこれが美味しい
なめこ、好きなんですよねぇ…そもそもアタシが育った地方では一般的ではなく、一方でご飯の友の『なめ茸』は幼少時からナガノのそれがお馴染みだったのですが、あれはえのきであってなめこではないということは…いつ頃気付いたんだっけ?

関東に居を移して、定食屋さんなんかで出て来た味噌汁が『なめこ汁』だったりした際にはもう驚嘆したものです。それまで自らのカルチャーになかったからというだけでなく、たまらなく美味しかったからの驚嘆だったんです。

かつてはそれくらいにローカルなマテリアルだったと思うのですが、今や全国的に出回ってますよね。先日は帰省した際に、朝食に出て来てビックリしたものですが、それくらいに栽培なめこの生産量が拡大し、食卓に普遍化したかと思うと…感慨深いですねぇ!

たべごろなめこ

そんな、なめこを取り巻く環境も様々な昨今ですが、近所(=渋谷区)の商店街の八百屋さんで出逢ったのがこの『たべごろなめこ』。福島産です。
たべごろとは名乗られてますが、世間一般でのなめこイメージとは全く異なる…このデカさは何なのよさ(=ピノコ)?
写真を撮ろうとして、これは比較対象を入れなきゃなぁ…と、シヤチハタを入れてみました。

でっかいなめこ

ええもう、このデカさは非日常なのですが、うちにあるキノコの本では、プロによる解説で…なめこは大きく育って傘が開いたものが美味しいのに、都会では小さな蕾みたいなそれが珍重されてて実に惜しいことだ…そういう記述があったんです。

あと…サブカル的にはつげ作品ですね。天然のなめこ群生ってのに羨望ことしきりでしたが、そういう環境があることの豊かさに感動したものでした。

縮んでもデカい

こんなに巨大ななめこなのですが、火を通すとサイズは縮みます。でもそれでもやっぱり、大きいんですよ(笑)。で、味そのものも素晴らしいのですが、なめこらしいぬるぬる感…だけじゃないんだ、シャキシャキ感…これには感動しますよ?

なめこ澄まし汁

これは澄まし汁で。その大きさをビジュアルで楽しむなら、味噌汁よりも澄まし汁のほうが面白いかも。どっちにしても何だか、この大きななめこの存在は、笑いを誘うといいましょうか…いやそれ以上に!軸も傘もシャキシャキ感マックスなところが感動モノなんですよ♪

なめこって、そのぬるぬる感ばかりが認知されてるように思うのですが、実はそのシャキシャキ系な歯ざわりを推さなくてどうするよとはキノコファンの…それはさておき。

なめこ中華丼

汁物以外に、もっと他に使い道があるだろうと思ってたところ、パッケージの使い道に中華丼の文言が。確かにそれ、美味しそうやん!と思いながら作ってみれば…あー!たまらん(泣)!と。

菌類ではキクラゲ(=台湾産のアラゲキクラゲ)も参加させてるのですが、もうそれが逆にオプションに思えるくらいになめこが全てをさらうが如し…中華丼に巨大なめこを入れなくてどうするよ!なくらいに…これは最高でした!
とりあえずこの巨大なめこが手に入って、かつ中華丼を日常で楽しんでおられるかたには、なめこ中華丼がお薦めです。
で…お店でこういうメニューがあったら面白かですよね♪


ひさびさに、料理欲をそそられる素材に出逢えました。この量で、八百屋さんでは145円で売ってるんですよ。日常の使い切りでもありがたい量です。皆さんもお見かけしたなら、これは面白すぎるので是非どうぞ!

テーマ:きのこ - ジャンル:グルメ

桜チップで仕上げました!
これはたまたま出会ったものなのですが、なかなかナイスだったので。

スモークドかき宮城

宮城県産の『スモークドかき』です。“桜チップで仕上げました!”とありますが、裏を返すと…

シンプルです

原材料名のシンプルなこと!素材の良さを活かすというのは、こういうことなんでしょうね。

石巻かき燻製最高

余計な味がしないのは当然ですが、燻製の上品な香りとともに広がる海の味わい…最高ですよ。そもそもこの、ふっくらとして張りのある姿からして…かわいいじゃないですか。

かきといえば…やっぱ酢がきでしょ?とか、カキフライに変わる何かがあるか?とか、かき好きの中でも意見は分かれそうですが、これは誰もが納得しそうな味わいです。
作っておられるのは石巻の会社ですが、これはもう復興応援とか関係なく美味しいです。いや、応援は続けてますけどね、それはそれとして、かき好きのアナタに味わっていただきたいぞ、と。

サイズは倍になりますが、通販でも扱われてます。

丸ほ 保原商店 『燻製かき』 宮城県産のかきを桜チップで美味しく燻し上げました

興味のあるかたは是非どうぞ♪


テーマ:東北万歳! - ジャンル:グルメ