さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
料理的には近くて遠かったあの国のそれが旨い
有り難いことに仕事がやたら来てしまって、二週間ぶっ続けで仕事の日々…そういうことがありました。
で、その明け。二週間前は何をやったんだっけと調べれば…近所にあるJICA東京の食堂(※)にエスニックなお昼をいただきに行ってたんだ。

※一般も利用できるのです

この日は…雨模様だったんです…二週間振りの休日なのに。で、雨がひどくなるのは昼過ぎからとのことだったので、とりあえず用がある郵便局と百円ショップ…そのあとにJICAに伺うかな?と。

チキンアドボなど

今回は“四ヶ国の味が楽しめる”ワールドランチにしました。左手前から反時計回りに、

・チキンアドボ(フィリピン) 鶏肉の酢醤油煮
・カルネアサダ(メキシコ) メキシコ風牛焼肉
・フルーツ グレープフルーツ
・タイ風鯖フライ(タイ)
・ムングダールカレー(インド) インド風緑豆のカレー煮

日本人向けのアレンジも入ってるかとは思うのですが、どれもご飯に合う、そしてご飯が進むものばかりです。特に今回、初めての味だと色めきたったのがフィリピンの『チキンアドボ』。現地では定番の料理で、肉や野菜を焼いて酢醤油たれに漬け込んだものだそう。
これ、酢が好い仕事になってるんです。暑い国ですから、酢でサッパリとかの意味もあるんでしょうね。これは自作チャレンジしたいと思いましたよ。


それにも増して…フィリピンといえば昔から、ひとも国も交流があっておなじみの国のはずですが、なぜかフィリピン料理って知られてない…いや、わたしがそう思うのですが、皆さんもそうじゃないですか?

学生の頃、フィリピンのお姐さん達…当時はまだ“ジャパゆきさん”という呼称があったものですが、そういう店での演奏とかにも仕事で伺ってて…ジャズを学ぶ当時の理想と現実の狭間で苦悩する気持ちも、そういう店でお会いするフィリピーナの皆さんの底抜けな明るさに何か救われた気持ちになったものでした。
彼女たちも、決して現状が全て楽しいと言い切れるものではなかったはずですが、それでもあの南国の太陽のような眩しい笑顔はやはり、南国の椰子の木越しに見る青く澄み渡った空の…何か純文学みたいになりそうなので、この辺で止めときます。
今は違う仕事をしてますが、あれはあれで好い時代でした。

閑話休題。地理的には八重山や台湾の南で、料理には醤油がよく使われてるそうですし、東アジア文化圏の南端みたいなところもあるのかもと想像。これよりさらに南下すると激辛カルチャーが入ってくると思いますし、南シナ海を挟んだインドシナ半島では醤油ではなく魚醤やスパイス&ハーブ文化になると思うし…アドボのみで語るのもあれでしょうが、普通にご飯に合う味わいだし、もっと知られてもいいのにな…そんなことも思った、今回のワールドランチでした。

フィリピンのアドボ…これは自作で美味しく作れるように頑張ってみたいですね♪そしてフィリピン…これまでも仲良くしてきてた国だと思うのですが、今後はさらに関係を意識したいと思いましたよ。


オマケ。

ハラルミートの缶詰

ちょっとぶれてしまいましたが、ハラルミートの缶詰です。JICA東京の食堂では、こういうものも売ってます。


スポンサーサイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

こういう国は信用できる…かも
ひさびさに休みだったけど特にやることもなし…何となく、近所にあるJICA東京の一般開放されてる食堂にランチをいただきに行きました。

今日のメニュー

入り口前に今日のあれこれのサンプルが置かれてるのですが、その前のケースに入ったオーダーチップを取り(=なくなればそのメニューは売り切れ)、それを持ってレジに並んで清算してチケットを。空いてる席に着けば、お姉さんがチケットをもぎりにいらっしゃって、そのあと料理を運んでくださいます。

※後片付けはセルフ方式

JICA東京の食堂

この日は一般客も少なく、静かでした。ランチセットにABCとあり、今週のエスニックがあり、ワールドランチがあり、さらにアラカルトまであるんですよ。

海老と野菜のナシゴレン

そんな中から今回はシンプルに、ワンコインの“今週のエスニック”を。この週は『海老と野菜のナシゴレン』でした。
インドネシアの“焼き飯”です。好きなんですよ、これ。あ、焼き飯という言葉は西日本文化のそれかも知れませんが、炒飯とはまた違うんですよ。西日本で昭和に幼少期を過ごした者ならば、半ドンだった土曜日のお昼ご飯に…

それはさておきこれ、ぷっつんぱっつんな海老がごろごろ♪しかも、あのえびせんまで二枚も添えられてます。これで500円は大変にお得でしたよ。

とても美味しかったのですが、ふと思うことが。インドネシアにはミーゴレンという…焼きそばもあるんですよね。で、焼きそばに焼き飯でしょ…国や民族は違っても、同じ文化を有する…特に食べ物というのはひとのこころをしあわせにするものですから(※)、そこに共通点がある国は…信用できるかな…信用できるかも…と。

※豪華質素関係なく、美味しくて栄養のあるものを日々きちんと食べられないから紛争とか戦争とか起こるのです…と思ってるのですが

焼き飯を楽しみ、焼きそばを楽しむ日常…お互い仲良くしたいものですね。そんなことも思わせてくれたJICA東京の食堂でしたが、そもそもここって国際交流の拠点でしたね、ははは。
ごちそうさまでした。


テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

ファン待望!レトルトで魯肉飯!
地元に、高級志向の台湾物産の店があるのですが、渋谷まる福にお菓子を買いに行こうとして通りがかり、何となくガラス越しの店内を眺めつつ通り過ぎようとして…足を止められてしまいました!
手描きPOPでは“どんぶりの素”とか書かれてたのですが、台湾で丼物といえば…あれがお好きならもう!思うところはひとつでしょ!

ファン待望!

なな何と!“精肉燥”と書かれてますが、これが『魯肉飯(ルーローファン)の素』なんですよ!オクサン!
台湾料理…屋台料理や庶民的料理として有名な魯肉飯。これのファンは日本にも多いと思うんです。わたしも大好きで、横濱中華街に食べにいったり自宅でも作って楽しんでますが、レトルトがあったらなぁ…これは常々思ってたことだったんです。

細長いパッケージ

現地価格ではもっと安いと調べて判りましたが、輸入品ですからね。はたして三食入りで800円が高いか安いか…箱を開ければこのように、細長いタイプのレトルトパックでした。
量そのものは一食当たり70gとレトルトカレーの半分以下ですが、まあ同様に比べられるものじゃないですし。
で、温めること1分!この即時性、屋台みたいで好いですね。

つゆだくなレトルト魯肉飯

泣いてもいいですか?買って好かったですよ、これ(泣)。甘めな味わいで香りは控えめだから、八角の香りがあまり得意でないかたでも楽しめるかも。それにも増して、量は70gながら結構“つゆだく”なんですよ。
写真のご飯量は3/4合といったところですが、半合~一合当たりで充分楽しめるかと思います。パッケージの惹句ではエシャレットも強調されてましたが、それは具というよりはフレイヴァとしてのそれですね。
ようやく手に出来た、レトルトの魯肉飯の素でした。


魯肉飯、未経験のかたがたに申し添えれば…美味しいんですよ。特に丼物が好きな同志には激しくお薦めしたいのですが、まずもって楽しめるところが限られてるんですよね。台湾料理を標榜するところならば、中華街でなくても街の普通の店でも出してたりしますが、その絶対数が少ないと思うんです。だいたい中華街でも、広東系とかの違う地域の店が全然違うものを魯肉飯として提供したりしてるし。

最近はタイ料理のレトルトや缶詰が百花繚乱ですが、何で魯肉飯のそれは出ないんだろーなー…日本のメーカは作んないだろうなー…そういうことも思ってました。
結局、現地からすればレトルトにして売り出しても…売れないんでしょうね。街に出れば屋台にしろ店にしろ、すぐに安く食べられるんでしょうし(爆)。
で、日本のメーカは…どこかが先鞭を付ければ大ヒット間違いなしと思うのですが…巨大市場であるチャイナに気遣ってそうしてるのだとしたら…まあ、しょうがないか。そう思ってわたしはこれまで自作とか、カルディで専用のたれを買って自作とかしてたんですけどね。


まだ、どこでも手に入るものではなさそうですが(=店のかたも最近入ってきたんです、と)、もし魯肉飯ファンのアナタがどこかで見かけたなら…確実に買いですよ!

レッツエンジョイ魯肉飯ライフ♪

テーマ:台湾のグルメ - ジャンル:グルメ

お昼に台湾の『台湾ラーメン』@横濱中華街
年が明けた頃の話です…って、気がつけばもう半年か…いやいや、横浜・関内(かんない)での仕事に呼ばれましたが、午後からのスタートだったんです。
うちから一時間はかかりますし、そうなるとうちで食べて出るには早すぎるし、現地で食べるには…混雑必至ですよね。
そこでふと…あの店があるじゃないか、と。

横浜中華街

中華街です。ここから関内までは徒歩でそう遠くないので、ちょっと早めにお昼をいただいて、ぶらぶらとハマ散歩しつつ現地に向かえば…と。

台湾ラーメンのセット

そうなると、いつもの萬和楼で何か美味しいものを、と。台湾料理の店なのですが、美味しいんですよ。
今回は『台湾ラーメン』のセットで。ラーメンに魯肉飯(ルーローファン)と水餃(スイジャオ)が付いてます。

今や日本で台湾ラーメンといえば、名古屋発祥のそれが有名ですが(=わたしも好きですが)、“台湾の”ラーメンは辛いわけではありません。あっさりさっぱりした、優しいラーメンです。

で、相変わらず店のオヤジさんは話の面白い、楽しいかたでした。

占い師募集

そして食後。中華街をぶらぶらと歩きつつ、関内へと向かうのですが…占い師募集の求人広告がありました。こういうのは募集するものなのかと思いながらも、好景気による人手不足の影響がこんなところにも…っていうか、やっぱり妙ですよね。

横浜公園

横浜公園というところを抜けていくと近道なのですが、名前からは横浜を代表する公園のようでいて…いやそれは山下公園ですよね。
ただ、何だかここに既視感があるなと思ったら…

ハマスタが

ハマスタのあるところですよ。ああ、なるほど、と。
で、仕事はいろいろと大変でしたが、そこからさらに鎌倉へ移動して…

藤沢のペデストリアンデッキ

藤沢から帰る頃にはすっかり暮れてしまいましたが、ここのペデストリアンデッキのイルミネーションはこのとき初めて見ました。そんな時間まで藤沢にいることなんてありませんでしたし。


まあ、移動の多い日でしたとさ。

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

生ビーツを売ってたので…やることはひとつでしょ!
スーパーに産直コーナーがあって、千葉からが多いのですが農家や農業法人直送の新鮮野菜が割と安い価格で並んでるんです。
ただ、その日その日でラインナップは違うのですが。

千葉産生ビーツ

何と!ビーツが出てましたよ。写真で見たことはありましたが、実物を見るのは初めてです。これを使って何か作るとしたら…やっぱりこれじゃないか、と。

ボルシチを作る

当然、これを作るのも初めてでした。『ボルシチ』です。野菜は何となく過去の経験を思い出しつつ、まあてきとーになりましたが、美味しく出来ました。
日本だとロシア料理店でも、トマトを使って赤くしたものも多いようですが、ロシア人シェフが腕を振るう稚内の店で以前いただいたそれはビーツ使用で、トマトとは違う…鮮烈なパープル系というか、そういう赤だったんですよ。

天然の赤

残ったそれはジップロックに入れて保存しましたが、この色で判っていただけるでしょうか。天然素材なのですが、着色料もビックリのビビッドな色合い。
これはボルシチだけでなく、他のものに使っても面白いでしょうね。ロシア料理店ではポテト系サラダにも使われてましたが、案外漬け物なんてのも…発想が広がるビーツ初体験でした。


オマケ。

熊本産実山椒

毎年の恒例行事です。八百屋さんに実山椒が並び始めてました。このひとパックが何と200円。スーパーだと倍くらいしますし、ありがたいですよ。

ちりめん山椒美味しく出来ました

そして今年も作った『ちりめん山椒』。美味しくできました。年に一度とはいえまあ、作り始めて20年くらいになりますしね。
関東は昨日入梅しましたから、これからは蒸し暑い日ともなりましょうし、爽快な朝ご飯で一日をスタートしたいと思います。


テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ

エスニック料理を気軽に楽しめる穴場
近所に『JICA(ジャイカ)東京』というところがあるのですが、調剤薬局で待つ間に何となくマガジンラックにあった“地元walker”を眺めてたところ、そこの食堂が紹介されてたんです。

※JICAについては、こちらのwikiをどうぞ

ここには世界各国からの研修生も来てますし(=その関係で、アフリカ系などのかたがたを近所でよく見かけます)、そこで出される料理…興味が湧きますよね。

JICA東京

しかも!その食堂は一般にも開放されてて、誰でも利用できるとのことなんです。
ええもう、休日(=仕事の入ってない日。世間は平日)に、のこのこと出かけていきました。

世界の展示

どういう国際貢献をしてきたかという展示がありました。それを見ながら階下(=通りに面した入り口は二階で、食堂は一階にある)へと。

この日のランチ

あらかじめHPで“今週のメニュー”をチェックできるのですが、ランチセットは、

・日替わりのA(洋風というか中華や近隣諸国を含む≠和風) 700円
・日替わりのB(和風系中心ながら近隣諸国も含むシンプル系) 500円
・週替わりのC(エスニック系…多分だいたいインドカレー) 600円

と三種類があり、さらに

・今週のエスニック(各国各地域からの、お得なメニュー) 500円

・二週替わりのフェアーメニュー(=四種類のワールドメニュー!) 850円

の二種類がありました。

これらはサンプル前にあるオーダーチップを取って、レジで清算してチケットを受け取るシステムでした。
そこに加えてハラル(=ムスリム向け)の弁当まであり、他にベジタリアン向けを含むアラカルトも注文できるようでした。

ひと箱で世界の味が楽しめる ワールドランチ

で、せっかくですから“ひと箱で世界の味が楽しめる”ワールドランチという、フェアーメニューをお願いしました。850円です。
空いてるテーブルに着くと、おねーさんが食券をもぎりにやって来て、そして席まで運んでくださいます。

※食後はセルフ式で、返却口へ

ジャマイカスパイシーチキン ジャークチキン

何せ『ワールドランチ』だけに四種類もの“世界の味”が入ってるんですから、これはお得ですよ。メインはこの『ジャークチキン』、ジャマイカ料理の代表ですね。野菜や香辛料などで作ったたれに漬け込んだ鶏肉を焼いたものですが、ピリ辛なところも食慾増進に寄与します。

白身魚のレモングラス風味焼き トートマンプラー

そしてタイ料理も。『白身魚のレモングラス風味焼きとトートマンプラー』です。文字通りレモングラスを使ったたれに漬け込んで焼いたものですが、これは和食好きにも歓迎な料理ではないかと。タイ料理といえば強烈な味わいのイメージが強いのですが、これは逆ですね。優しい…和食感覚ですよ♪
そして、裏に隠れてしまってますがトートマンプラー。これは香辛料入りのタイ風さつま揚げ。ひと口サイズと小さいのですが、存在感のある美味しさでした。

鶏肉入りブラジルコロッケ コシーニャ

そしてこれはブラジル料理。『コシーニャ』というもので、キャッサバ芋をつぶして作るコロッケだそうで、今回のこれは中に鶏肉が。これまた“ご飯のおかず”になりますねぇ。
そして、どれにも必ず野菜がついてるところがうれしいですよ。

ひよこ豆のいカレー チャナマサラ

インドからは、ひよこ豆のカレー『チャナマサラ』。これがまた優しい味わいで、そのままで好し、ご飯と共にも好し。
あ、そうそう。ご飯は軽い丼飯サイズでしたが、どれも美味しかったし食の進むものでしたし、楽しく完食いたしました。で、結果的に…ある意味ちょっと前までは大食漢だったわたし(=でもBMIは不動の21辺りです)も食後は満足する…食べ応えのあるワールドランチでした♪
ちなみにデザートのひと口フルーツはグレープフルーツでしたが、これがピンクとイエローの二色使い。ちょっとオシャレですね。

二階から中庭を

で、利用者は本来のかたがたと近所のひとと半々といったところで、気がつけば広い食堂が結構賑わってたんです。まあ近所の皆さんというのはやっぱり、“サンデー毎日”な高齢者グループが多かったのですが。

ここは駅前エリアでもオフィス街でもなく、むしろそういうところからは結構離れてるのですが、そのせいかほどほどにしか混まず、食後は中庭を眺めたりして落ち着いた気持ちになれますね。
で、ここはエスニック料理の穴場ではないか、と。それぞれの国の料理店は東京にはいろいろありますが、一度に四ヶ国の料理を楽しめるなんて…夢ですよ、これ。

うちにいるとお昼は自炊が常なのですが(=午前中で仕事を片付けて帰ってきた日も)、ここにはまたワールドランチのメニュー替わりのたびに(=二週間単位)、世界の味を楽しみに行きたいですね。
遠くからわざわざ出かけていくほどのものではないですが、割と近くにお住まいのかたで、特にエスニック好きのアナタにはお薦めです♪
JICA支部は各地にありますが(=主に都市部)、アナタの街のJICAでも食堂を一般開放してるかも知れません。東京と同様かは知るよしもありませんが、ご近所なら一度伺ってみてはいかがでしょうか。


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

紳士の国のHR/HMビール(本格派)
たまたま近所の散歩がてら、ディスクユニオン(=輸入盤や中古盤を中心とした“レコードショップ”)に立ち寄ったら、なぜか冷蔵ケースがあって…音楽関連のビールなどを売ってたんですよ。
その中に…そのアーティストが好きなら買わずばならない…そんなビールが並んでたんです。

トルーパー

『トゥルーパー』と題されたビール、この名前だけでHR/HMファンなら想像するところはひとつですが、大当たりでした。
だって…ラベルの絵がそのまんま…『The Trooper』なんだもの!エディなんだもの!

youtube『Iron Maiden - The Trooper (En Vivo!) [HD] 』



いや~、かっこいー!これは6年前の映像で、今やみんな還暦辺りだけど、現役バリバリです!トシとっても、いつまでもかっこよくありたいですね!

ロビンソンズ醸造所

そう!アイアン・メイデンが関係したというか、そもそもVo.のブルース・ディッキンソンが開発にも絡んでる“アイアン・メイデン・ビール”なんですよ!
しかも醸造元は…後から知ったのですが、歴史あるところみたいですね。

レッドンブラック

シリーズで出てるらしかったのですが、今回のこれは“レッドンブラック”という、いわゆる黒ビール。黒いんだけど光に透かせば赤く輝く…ちなみにこの名前は最新アルバムに収録されてる曲タイトルから。

コクのある黒ビールポーター

“ポーター”とよばれるものだそうですが、これまでビールといえばキリンのラガー(=出来ればクラシックラガー)かサッポロの赤星があればいいやと思ってたわたしが、英国ビールの面白さを啓蒙されるに至るものでした!

ドイツビールやベルギービールはこれまでにもあれでしたが、料理と共に楽しみたいわたしには…と。香りや甘みがあれだったんですよね。
ところが!英国のそれは…味覚に関していろいろdisられてる英国のそれは…素晴らしいじゃないか!と。
輸入に関するコストもかかってるだろうとはいえ、缶でいうレギュラー缶の容量で500円は高いかなー…とも思うのですが、この味わい深さを鑑みれば納得です。
何より!世界中のアイアン・メイデン好きの仲間達と繋がってるとか思えば…楽しからずや♪これに限らず今後は、英国のビールに目を向けてみようかとも思い始めた…そんなきっかけをも与えてくれた、アイアン・メイデン・ビールでした♪


余禄。

ディスクユニオン手ぬぐい

ディスクユニオンが、手ぬぐいメーカの『かまわぬ』とコラボしたものが並んでたので、あのショッパーを想起するこれをいただきました。
レコード(=LP盤)のように“帯”が付いてるところがニクいですよ(爆)!で、ビール買ったり手ぬぐい買ったり…レコード&CDも買えよ?いやもう、たまには買ってますよ?

テーマ:世界のビール - ジャンル:グルメ