FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
再会したかのようなあいつ
たまたま近所の、地方物とか格安ものが多いミニスーパーで見つけました!

丼ものレトルト版

麻婆丼のレトルトなのですが、ここに書かれてる“辛さ、ほとばしる”というコピーに覚えがあったのです。新宿中村屋…麻婆…辛さほとばしる…あ、麻婆豆腐の素でお世話になってたわ!

これまた四川山椒付き

前回の素に引き続き、今回もしびれの素である四川山椒が付いてます。そのままでも結構麻辣ですが、これをふりかけることによって麻のほうがアップグレードするのです。

再会したしびれ

懐かしい友に再会したかのようです。旨いなぁ、これ。もちろんそのままでも美味しいのですが(=麻辣なのですが)、そこに四川山椒です。いいんですよ、これが。
ただ、一般向けの商品でもありますから、一部の四川料理店でのそれのように身の危険を感じるほどではありません。辛く楽しく美し…美しくは違うか。手軽に楽しめるところがありがたいです。


その近所の店では店頭で、ダンボール箱を開けて特売的に売ってたので、とりあえず二個買ったのですが、まあすぐに食べてしまいますよ。次に見かけたら、四個は買っておこうかな…そう思わせるものがある、麻辣な美味しさのレトルト麻婆丼です。
麻婆豆腐および麻婆丼の好きなアナタ!これは是非!


スポンサーサイト

テーマ:レトルト - ジャンル:グルメ

いわゆるあいがけなのですが
近所にインディーズ系ミニスーパーがあるのですが、あまり見かけない地方メーカのものとか多くて面白いのです。多分、現金問屋とかで仕入れてきてるのか、たまにメジャーどころのものでも格安で販売されてたりするんです。

キーマとトマトツナ

今回はメジャーどころのカレー…いや“カリー”です。新宿中村屋のものですしね。地元はここと繋がりが深く、中華まんの工場が…それはさておき、これは面白いですよ。

当然二種入り

スリランカ式のカリーということですが、二種類のレトルトが入ってて、これを“あいがけ”にして楽しむという、そういう企画なんですね(←金鳥ラジオCM『殺虫剤占い』風)。
カレーであいがけといえば牛丼とのそれを思い出すものです…松屋のカレギュウとか富士川SAのフレンドリーとか、今は無き築地場外・大森の合がけとか…カレー同士のあいがけは一部ご当地グルメでしか知りませんでした。
当然のことながらハーフ量のそれが二種、箱の中に入ってます。

食べ方の新提案

これはそのキーマカリーとトマトツナカリーのものですが、それぞれそのままでもサラリとしたインド系で美味しいのです。そしてそれを混ぜていただけば…おおっ!これは新境地!
ツナに関してはもう、この界隈はツナ缶も鰹節も日常だったりしますから、あいがけがスリランカ式とかいう以前に、これもまたスリランカ式でしょう。

ビーフに野菜と豆

こちらは同シリーズの別パターン。ビーフカリーに野菜と豆のカリーを組み合わせ。上のそれもそうでしたが、混ぜた時の美味しさについても考えられてるのでしょう。

ビーフがごろごろしてる

これまた好かったです♪それぞれでも美味しいのですが、混ぜるとこれが新次元!でもってビーフのほうはカタマリ肉がゴロゴロ!楽しいなぁ♪


これ、調理例写真のように副菜も盛り付けるともっと楽しそうです。メーカサイトを拝見すると新製品のようですので、まだそこここに出回ってはないかも。でもこれは面白いですから、カレー好きの同志にはお薦めしたいですよ。

レッツエンジョイあいがけライフ♪


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

暑い国からシイタケ
近所のヴィレヴァンでは食品類もいろいろと面白いものが置かれてるのですが、意外に面白いと思ったのがこちら。

マレーシアのカップめん

マレーシアのカップめん各種です。一個200円ですが、賞味期限が迫ってると100円になったりするので、各種買って帰ったり。ラクサのような最近は日本でもカップヌードルが商品化したものや、あとロントンとか…概ね辛かったりココナッツミルクが利いてたりなど、“あの辺”の料理が手軽に楽しめるようになってます。

シイタケ入り

そんな中、“ SHIITAKE”という…どこかで見たことのあるような文字の羅列が。いや、あるようなも何も“しいたけ”ですよ。ちょっと驚き。
ただ調べてみると、シイタケは国際語だそうです。というか、英語でもshiitakeだという…初めて知りました。

これ、パッケージのような大きなシイタケが入ってるわけではないのは日本でもおなじみのことですが、味わいは好いですよ。それにもまして…東アジアだけでなく東南アジアでも広く食べられてるというのは、何だか面白いですよ。
で…器に移し替えるな?いや、あの縦型のカップはなかなか落ち着いて食べられるのものではないのです。底から混ぜるってったって、それもまた。時間が来て出来上がってから、何がしかの器に移し替えたほうが…いや、個人の感想ですが。


どこのヴィレヴァンにもあるものじゃないでしょうが、アジアンエスニック好きのかたにはお薦めです。面白いですよ♪


テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

これもまたよく出来てます
無印良品のレトルトは、高いけどよく出来てるなぁ(※)…そう思ってるのですが、今回はまた違うものにトライしてみました。タイ料理の定番、プーパッポンカリーです。

※高いけどよく出来てる→リピート
  よく出来てるけど高い→次はない

MUJIのプーパッポンカリー

レトルトでも最近はよく目にしますね、この料理。これまでにもいくつかいただいてますが、カロリーが気になる健康志向にはこういうものがあったり、一方でタイ工場での製造とか気合いの入ったそれも美味しかったのですが、ヤマモリのそれはいかんせんこっちで売ってないんですよね。

高い分美味い

で、MUJIのプーパッポン、これはさすがに美味しかったですよ。薄味野郎には味が濃い目ではありましたが、バゲットとともにビールの友として楽しい時を過ごせました。高いんだけどここは、色んな種類を展開してるところがいいですよね。また他のものも何か試してみようと思います。


ただ…あの、目の覚めるような美しい店員ちゃんを全く見かけなくなってしまったんです。辞めちゃったのか、はたまた他店からのヘルプだったのか…アンタ何しに行ってんだよといわれそうですが、それもまた日常の楽しみのひとつじゃないですか。
まあ、また行きますけどね。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

久々にエスニックランチ
休日(=世間は平日)でしたが、やんなきゃなんないこともあったので旅とか輪行ツーリングというわけにもいかず。

JICAでランチ

休日気分を何としてでも味わいたい…そこまで大げさじゃないのですが、そういえば最近訪れてなかったなと思いだしたのが近所のJICA東京。ここの食堂は外部の一般客も利用できる上に、ハラルとかエスニックとかの国際交流的なメニューもあるのです。

ビーフジョロフライス(ガーナ)

この週の週替りエスニックはガーナの『ビーフジョロフライス』、ハラルでもあるのですが初めていただく料理です。このジョロフライス…どこで切るのだ?と思いましたが、米料理ですからジョロフ・ライスですよね。元々はジョロフ族の料理ということだそうです。

そしてこれが美味しかったんです。炊き込みご飯~ピラフの類ですが、何だか珍しい香りもします、これは日本人の舌に合うアフリカ料理なのではないか…とりあえず、米を食べる国の米料理は割と抵抗無く楽しめるものなんじゃないか…常々そう思ってるのですが、それはアジアだけでなくキューバジャマイカにおいても。
そしてアフリカですよ。これは自分でも作れるんじゃないかと思いつつ、インディカ米を使ったらまた違った美味しさになりそうだという発想も。やっぱりいろいろと食べてみるものですね。


新しい発見もあった、初めてのガーナ料理体験でした!

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

本気で辛い
これもまたMUJIのレトルトカレーなのですが、これは面白かったんです。

無添加グリーン

グリーンカレーがありました。で、ここのレトルトカレーは辛さの指標として唐辛子のイラストが並んでるのですが、これは星…じゃなくて唐辛子5つの激辛となってます。
期待できますね♪

MUJIグリーン

期待を裏切りませんでした。すごく辛いです。容赦ないというか、無慈悲な辛さなのですが、それでも美味しいところがさすがです。
レモングラスの香りって好いですよね。ココナッツミルクの香りよりも、わたしはそっちのほうにタイカレーらしさを感じます。
で、タケノコにフクロタケですから。申し分ありませんというか、ありがたいですよ。

最近はグリーンカレーといえば、業務スーパーで売ってる具なしのそれが安くて便利なのですが、本気で辛い…そして美味しいグリーンカレーをレトルトで手軽に楽しみたいかたにはこれ、お薦めです。


テーマ:レトルト - ジャンル:グルメ

よく出来てますよ。ただ…
近所にMUJIがあることに気づいて以来、買い物帰りなどに立ち寄ってみるのですが、以前いらっしゃった目のさめるような美しい店員ちゃんは見かけなくなってしまったので、最近は足が遠のいて>何しに行ってんだよ。

メキシコ風

ごはんにかけるメキシコ風チリコンカン、というものが。これはわたし、昔から自作してますから買わなくてもいいのですが、まあ勉強ということで。

MUJIのチリコンカン

隣にはご飯じゃないものがいますが、何だか味が濃かった気がしました。ただ、豆が一種類だけじゃないのは好いですね。私はキドニービーンズだけで作ってますから。
次はガルバンソーも入れよう…ほら、勉強になったでしょ?

スパイシーチキン

夕刻から出かけねばならなくて時間がなかった時、何となく買ってストックしておいたスパイシーチキンカレーで手早く済ませる、と。

肉ごろごろ

これは好かったです。肉がゴロゴロ入ってて、まあ安くはないとはいえこれはなかなか。辛さも好い感じです。これは個人的に当たりでした。
で、MUJIのこういうのって無化調を謳ってはいますが、たんぱく加水分解物は使ってたりして、そこが画竜点睛を欠くというか…どうせならそれも使わないで作っていただきたいものです。


で、店舗内BGMのある曲が結構脳内に刷り込まれるというか、ケルト民謡のような気持ちのよい曲なのですが、天気の好い日にぶらぶら歩いてたりすると、ついつい脳内再生されてしまうんです。

耳コピですから細かいトリルやトレモロはさておき、大ざっぱにはト長調で…あ、皆さんもご一緒に!

そっそふぁ みっみみ れみどれみーど そっそふぁ みっみみ れどれみど
れれれれ れっれれ そふぁみれみーどー れれれれ れっれれ そふぁみれど
そーみ そーみ そーみ そーみ

繰り返した上で、上のハ長調に転調して同様に…そして繰り返したあとにまたト長調で繰り返して…と。
シンプルだけどくせになる味わいの…曲の話か。


最近はハーフサイズのレトルトものも登場してるので、それもまた試してみたいと思います。


テーマ:レトルト - ジャンル:グルメ