さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
あくまで炊き込みご飯の素ですから
仕事で月に二度ほど千葉県の郊外に通って…何となくそんな感じで長年経ってしまってますが、その仕事先の近所にある産直(=数年前に出来た)は面白いので、必ず寄ってから駅に向かってます。
そこで見つけたものなのですが…?

パエリアの素

えらく安い価格でパエリアの素…もとい『炊き込みご飯の素 パエリア』というものが出てたんです。200円しないんですよ?だったら買うでしょ。

で、とある休日のお昼。こないだ買ったあれを使って…そう思って裏を見たら…

具が殆ど入ってない

確認しといてよかった…具がほとんど入ってないじゃないか…だから安かったんだ。で、冷凍シーフードのイカとアサリと別々に買ってきて、加えることにしました。

僅かな具

買いに行って時間が経ってしまったので、ここから米の浸し時間を取っていては腹ペコで悶絶してしまう…そんなわけで、圧力鍋の登場です。圧力鍋での炊飯は逆に、浸さないで炊かないとなんないんです。
で、これが米に素を加えた状態。タコの足先というか…つま先みたいなのは入ってますが。

圧力鍋で

炊き上がってみればこれ、美味しかったですよ。個人的には二合炊き用というところも好感です。ただ…これはこれで美味しいんですが、パエリアというよりは…ああそうだった、これって“炊き込みご飯の素 パエリア”なんですよね。
そう考えると本場のあれがどうとかいうのではなく、スペイン風炊き込みご飯ということになるのかな?でもこれ、簡単に作れていい味ですし、何といっても安いですし。
弁当にもいいかもね…そんなことも思った、安いパエリアの素でした。


スポンサーサイト

テーマ:炊き込みご飯 - ジャンル:グルメ

この価格で国産でこの内容で
うちの近所にも業務スーパーがあるのですが、ひとり者だとちょっと単位が大きすぎるよなぁ…なものが多い気もするんです。
で、あれが欲しいとか思うものはなかったりして…そんな中で見つけたのが、オリジナル商品のこれです。

グリーンカレーの素

『グリーンカレーの素』です。レトルトカレーなのですが、具が入ってないんですよ、これ。その分安くて、3パック入りで185円とか、そんな価格でした。
鶏肉や好みの野菜などを炒めて、そこにこれを注いで温めて出来上がりなのですが、まず香りが好いんです。ああこの香りだよと思うあれです。
そして口に運べば…しっかりとした辛味を持つ味わい。好いですよ、これ。今回は鶏肉・ナス・しめじでサッと作りましたが、具材に予算をかけられるのならフクロタケの水煮缶とか筍水煮とか使っても面白いかも。

安いし便利だし、いいものを発見したと思ってよく見たら、これが何と国内製造!宮城で作られてます。
あれはいなばのタイカレー缶あたりからでしょうか、本場タイで製造ってのが増えましたが、日本もなかなかやりますよというところでしょうか。


具材を工夫して楽しみたい、そんな激安のグリーンカレーの素でした。近所に業務スーパーがあるグリーンカレーファンなら、ちょっと試してみるには好い価格ですから、、まずは手にとって見てみましょう。


テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

食べて温まる~これがアーユルヴェーダか?
年末に呼ばれる仕事のひとつ…そこは寒さの特異日というか、そこに呼ばれる日は毎年特に寒いのですが、寒さを如何せんとなったら…外食ではあれでしょう!

じゃがいもが出てくる

そこの近くにあるカリーライスの店…といっても最近増殖を続けるインド人経営のそれではなく、日本の老舗のインドカリー店です。多くのスパイスをブレンドした、ある種の芸術だと思うのですが、味わいだけではありません。身体に好いのです。

あ、ここはまず、ジャガイモとバターが出てくるんですけどね。アツアツのじゃがバターを楽しみながら、カリーを待つ、と。

美味しいエチオピアのビーフカレー辛さ20倍

ビーフカリーの辛さ20倍にしましたが、10倍程度でよかったかも…でも、コクがあるのにキレがあるというか、そもそも美味しくて味わい深いカリーライスですがら、辛さを上げても美味しさに変わりはありません。
そして、もうすでに食べてる最中から、血行が良くなってきてるのが判ります。指先まで血液が行き渡ってる…そんな感じがしてきますよ?

美味しいカリーライスを楽しんで、身体はポカポカ…冬の日のしあわせです。そういえばかつて、ここのカリーを食べたら痛風の発作が収まったなんてこともありましたなぁ。

全ては血行から…そんなことも思いましたが、特に冬場は当たらずとも遠からじでしょう。体調不良時はまず、血行の改善を考えてみましょう。


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中華の店で飲む!(しかも四川風!)
自営の仕事が世間のように月金9時5時じゃないので、世間一般のそういうかたがたとは休みが合わない…一緒に時をシェアできない…そもそもそういう生活だから未だに(以下略)。

一方で自身の抱えてる仕事は大体、昼前に終わるので…うちに帰ってお昼をいただく、これもまあ世間的には異常なんだろうな。


そんなわけで、気軽に飲める友人というのも限られてきます。ええもう、ここによく登場する…川崎の親友です。

JR登戸改札

このひとは全く堅気のSEなので、やっぱり休みなどは合わないのですが、休日が合えばたまには飲もう、と。今回は向こうのうちの近く、登戸界隈でとなりました。
ただ、登戸ってあんまり好い店がないんですよ。いくつかある好い店は大人気で、予約しないとまず無理ですし。今回は好い店探しをしようということだったので、さて探すとなって…チェーン店は避けたいよね。

豚足スライス

ここ、面白そうじゃないか?と様子をうかがったのがオシャレな感じの中華の店。しかも四川料理の店です。週末金曜でしたがまだ空いてましたし、じゃあここでと。

ちょっとうれしかったのが、完全分煙だったところ。そのときはそう気にならなくても、うちに帰って自分が煙草臭くなってて(=特に頭髪!)嫌な思いをすることも。それがあるから近年は、男二人で飲むのに個室ありな居酒屋を探すこともありますし。

まずは前菜から『豚足スライス』をチョイス。これ、いいですねぇ!期待が高まります。

青菜の炒め物とラムのスパイシー串

こういうところに来たのなら空芯菜の炒め物をと思いきや、すいません今日はないんですということで『青菜の炒め物』を。ニンニクが利いた塩味で、ビールが進む味わいです。シャキシャキ感が、さすがに中華の店ですね。
あと、わたしのチョイスで『ラムのスパイシー串』も。これもビールを進ませる味です。

四川な麻婆豆腐

四川料理といえばこれでしょう。麻婆豆腐です。赤黒い色から想像つくかと思われますが、唐辛子の辛さと花椒の痺れ…たまんないですねぇ!目の下に汗、かきまくり!ビールも進みまくり!

台湾風鶏肉の醤油煮

辛いものが続きましたから、ここでちょっとブレイクの『台湾風鶏肉の醤油煮』。こういうのがまた美味しいんですねぇ。しかも土鍋ですから、冷めることなく最後までアツアツで楽しめます。

油淋鶏

鶏唐も行っとく?ということで『油淋鶏』も。さっきの醤油煮もそうですが、四川料理だけでなく台湾料理もあるところがうれしいですね。

で、趣味関係だけでなく、最近どう?な話も。向こうはこのところ、国家機密が絡むから他言出来ない出張(=海外含む)なんてのがあって、メールでも連絡がつきませんでしたが、そのプロジェクトも今はお休みで最近は会社でも暇で暇で…と。以前は暇つぶしで企画書ばかり書かされてたそうでしたが、今はそれもないし…と。
中林はぁ?まあ変わんないねー、緩やかな上昇傾向にはあるけど…そんな近況でした。

海老の焼きビーフン

この親友は〆に焼きそばを食べたがるのですが、ここにはありません。中華の、しかも本格的な中華の…まあオシャレな中華居酒屋なのですが、そういうところですから。
代わりといっては何ですが、『海老の焼きビーフン』なんてのが。これは台湾系ですね。で、美味しかったんですよ。軽いけど満足感あるし、焼きそばよりこっちのほうがいいね…そんな会話で〆た、中華居酒屋の夜でした。


このひとから以前、『ガルパン』を借りたというか借りさせられたというか、面白いから観てみてと渡されて、2話まで観て展開がたるいなー…と、そこで止まってたんです。で、そう告げて返そうとしたら「3話まで観て!3話まで観たら最後まで観たくなるから!」と。

そう言われて、改めて観返して3話まで来たら…のめり込んでしまいました(笑)。女の子がどうとか戦車道がどうとかはともかく、戦車戦の面白さですよ。で、シリーズ続編のBDを今回、お借りしましたが、これがやっぱり面白かったです。

後日、面白かった旨を告げると「次は劇場版、持ってくから」と。次は年明け後…新年会かな?
こういう親友がいる人生って、いい人生なんでしょうね。


テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

これでいいのか?
無印良品で売られてる…あるものが気になって、そういえば数年前に地元のショッピングセンター内に出来たんだけど、それまで縁がなかったものだから利用する習慣がないんですよね。

MUJIのルーロー飯

思い切って伺ったところ(←そんな大げさなものじゃない)…目的のものはあったのですが、他も見て回ってたところで…何と“魯肉飯”の素…ルーロー飯と書いてありますが、まさかそんなレトルトがあるなんて!これも買わねばならんじゃないですか!

魯肉飯、好きなんですよ。自作することもありますが、最近は台湾物産の店で本場産のレトルトを見つけて、それがやたら美味しかったものの…店がオンラインのみになってリアル店舗は閉店するということに。
地元で気軽に(=とはいえ安くはないのですが)、レトルト魯肉飯を買えるところがうれしかったものですが…もしかしてまた?

万人向け

パッケージ写真からして少々の疑問がありましたが…これは…う~む…角煮丼じゃないのか?いや、こういうのがあってもいいのでしょうが(=実際、横濱中華街では広東料理の店などが角煮丼を魯肉飯として出してる例があるそうですが)、まず“香り”がないんです、あの香りが。苦手なかたが敬遠するあの香りが…あ、そういうことか。

これ、 魯肉飯ファンのためのものじゃなくて、ポータルというか万人向けというか…こういう料理もいかがですか?みたいなものなんじゃないかな?と。そもそも“ルーロー飯”ですし。


角煮丼としてはまあまあなので、魯肉飯好きの同志には五香粉を振りかけるとかすれば(=うちにあるでしょ?ははは)、あの感じに近づけられると思います。
とはいえ、店員ちゃんがすごく綺麗なかただったんだよなぁ…目が洗い流されて視力が復活するような美しさ…それはともかく、こういうものがカレーも含めていろいろとあるという発見もありましたので、また機会があれば棚を探ってみようかと思います。


魯肉飯ファンにはお薦めしませんが、どんなものかその片鱗だけでも知りたいかたは、気が向いたらどうぞ。


テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

これが入っているから
自宅でのお昼など、忙しい時でもご飯は炊いてたりして、なにがしかあれば楽しめるのですが、そういう時にレトルトカレーってありがたいですよね。

VLグリーンカレー

特に百円ローソンで売ってるものはなかなかに凝ったものも多く…とはいえうちの近所にはないので、仕事先の近所とかにあれば買って帰ってるという…あれらも数が増えれば結構な重さになるものですが(笑)。

で、グリーンカレーです。これはPBものですが、それがまたよく出来てるんです。

タケノコがうれしい

ビジュアルは紛うかたなきグリーンカレーですが、とにもかくにも細切りのタケノコがたくさん入ってるところがうれしいんです。タイカレーにはこのタケノコが入っててほしいものですが、自作でとなると…細切りの水煮がそこに売られてればいいですよ?でもなかった場合…孟宗竹の太いそれでは何か違う気がするし…と。

これが入ってるからこのカレーはうれしいよね…そういう話でした。百円ローソンで売ってるレトルトカレー、どれも興味深くて面白いですよ。

じゃがいもごろごろ

オマケ。最近、自作カレーによくジャガイモを入れてます。もうこの何十年かは“炭水化物がダブるから”という理由だけで基本的に入れてませんでしたが、これにはグルタミン酸が含まれてるから味わいが広がるというか、もうひとダシ出てるようなもんなんですよね。
こちらは、ジャガイモが入ってるから美味しいという話でした。


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

あの容器がなくても
百円ローソンでレトルトものを物色してて、こういうものに出会えたのです!

レトルトビビンパ

レトルトなんですが、あのビビンパの素なんですね。こういうのはありそうでなかった…そこら辺の代表みたいなものじゃないでしょうか。
で、そのまま丼飯なんかにかけてビビンパとして…ええもう!混ぜますよ!そうして楽しみたいところですよ!

ところがこれ、それだけじゃないんです。あの石焼きビビンパ風に楽しむ方法として、ご飯とともにフライパンで炒めるという手法を推奨…石じゃないけどこれは確かに!手法としては間違ってません。

ただ、出来ることなら…そこを器で楽しみたいものですよね?

耐熱皿で

耐熱皿というか、ドリアとかに使ってる耐熱の器にごま油を塗ってご飯をよそい、そこにこのレトルトを載せてオーブンで加熱。
取り出してのちに生玉子をトッピング…ええもうスプーンでかき混ぜれば!玉子は好い感じに熱が入りつつ混ざるし、全体が混ざれば好い感じ♪当然ご飯は、器に接してるところからパリパリに…全体的にはまあまあな感じでしたが、石の器がなくてもそれなりに楽しめました。

フライパンで炒めるのと器でそうなるのとではぜんぜん違うし…そんなことを思いながらの実験でしたが、これは面白いです。
石の容器がないけど、あれをまあまあレベルでいいから楽しみたい…そういうかたにはお薦めです。

オリーブ合盛り

オマケ。近所のエジプト料理屋さんで買ったオリーブ。これ、美味しいんですよ♪イラン産のそれですが、せっかくだからいつも黒とオリーブ色のそれをミックスでいただいてます。こういう…漬け物?は、日本にはないよね。
お薦めですが…まあ近所にハラルの店があったらってことになるのか、ははは。イランは今、災害で大変ですが、イラン産のものを買って応援…ドライいちじくとか…あまりないか。石油は個人じゃ無理だし。同じ地震国ですから、義援金募集があれば出したいですね。


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ