FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
ゴジラな麻婆豆腐!
んで、カレーだけじゃなく麻婆豆腐の素もあったんです。こちらもゴジラもの、ゴジラ麻婆豆腐の素です。

ゴジラ麻婆豆腐の素

これまた挑発的なパッケージですよ。アンタ、麻婆豆腐好きなのに素通りするつもりか?と…そんな声が聴こえてきそうです。

ゴジラ麻婆豆腐主要諸元

これはレトルトタイプですから、豆腐だけ用意すればいいというローソンPBのそれみたいなタイプですが、一応お好みで推奨されてるのが万能ねぎとラー油。
あんまり辛くなかったらすいません、ラー油を足してお楽しみください…何か面と違って低姿勢に感じるぞ。

ラー油はいらない

簡単調理なのです。そしてすぐに出来上がってしまうのですが…これは本気と書いてマジと読むくらい、真剣に辛いです。色が違うもの…四川タイプ…赤というよりは黒っぽいんですよね。そしてこれが…美味しいんですよ。
カレーもそうでしたが、味に奥行きがあるというか味わいゆたかというか…これまたお店レベルではないか、と。

ネギは彩りとして正解でしたが、ラー油は…要らないよう。これだけ辛くて満足しないひともまあいるかも知れませんから止めはしませんが、何か加えるなら花椒のほうが好いかも知れません。
価格はローソンPBのそれが5個買えるくらいに高いのですが、お店レベルの美味さに参りました。これもまたカレーと共にリピートしたいと思います。
麻婆豆腐好きのかた、特に麻辣なヤツがたまんないというアナタにお薦めです。


スポンサーサイト

テーマ:激辛グルメ - ジャンル:グルメ

都内で島めぐり⑤ 肴だけじゃない
今回買ってきた、みやげ類です。

愛らんどフェアみやげ

竹芝桟橋の東京愛らんどで買えるものもありましたから、それはそれとして…ツイッターで縁の生まれた新島産のものを。

トビウオのくさや

で、くさやですよ。これはまあ、世の中の多くのかたがたは噂だけ聞いて敬遠してたり、そもそもその存在さえ知らないかも知れません。だって、東京でもその辺じゃあ売ってないし。
高級スーパーなんかには置いてますけど。ただ、あまり種類は置いてないですからねぇ…で、あまり癖がないと噂に聞くトビウオのくさやがあったので、それを。

うちでくさやといえば地元寄席『上原寄席』で運営資金の一助として販売してる新島産のくさや。これは青ムロアジのものですが、他で買って食べたものよりはそう癖が強くなく、おそらく初心者でも食べやすいのではないか…例の臭気がそれほどではないのです。

で、トビウオ。これはもっともっと、癖がないというか臭気も穏やかで、マニアなかたには物足りないかも知れませんが、ある意味ちょっと癖のある干物…その程度なのです。
しかも、味わいはくさやだけに旨味が濃厚で、これだよこれ!な味わいはしっかりと。となるともしかしてこれ…ご飯のおかずにならないかな?と。あの臭気はさすがにご飯食べる雰囲気じゃないしと思ってたのですが、もしかしてこれならば…と。

ご飯にとか考えたことも

これまでの禁を破って(←大げさ)、朝食でご飯のおかずとして並べてみました。さほど違和感はありませんし、実際ご飯とともに食べても…これは美味しいじゃないですか!適度な塩気と深い旨みで、酒ならずご飯も進むこと進むこと♪

ただ、くさやって…普通の干物と比べて高級品なのです。だから毎朝食にとはいきませんが、これまで脳内判断で始まらせずにあきらめてたことを確認できた…それはとても好いことだったな、と。
機会があったら、またやってみたいですね。


(つづく)


テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

都内で島めぐり④ フェアに行く
その東京愛らんどのフェアというものが有楽町駅前で行われるということで…この日は台風接近で外出も如何なものかと思われましたが、うちから駅まで行けば現地では地下通路でたどり着けるし…出かけることに。

東京愛らんどフェア有楽町

お昼どきを狙って伺ったのですが、折しもその頃は小雨に。何というタイミングでしょうか。そして、こんな悪天候にもかかわらず大勢の島好きが結集してました。

サビの唐揚げ旨い

料理提供ブースは少なかったのですが、精鋭というかナイスな出店。まずはこの『サビの唐揚げ』を。標準和名ではクロシビカマスと呼ばれる魚ですが、初めていただきましたよ。で、これが美味しいのです。生ビールが欲しいなぁ…そういう味わいなのです。
これはどこか、島料理の店で出してたら是非お願いしたいですね。

雨だけどステージイベント

雨だけどステージイベントは行われてました。アイドルグループも出るということで、そのファンと思われるかたがたも結集されてましたが、わたしは民謡とか踊りとかが好きなので、そういうものを楽しめて好かったな、と。

あしたばサバドッグ島唐辛子

もうひとつ、あしたばサバドッグというものも。二種類ありましたが、島とうがらし入のものにしました。これまた美味しかったですねぇ。ツナドッグみたいなのですが、サバなんですよ。そして島名物としておなじみの明日葉に唐辛子…優しい味わいにピリリとしたアクセント…日常で食べたい美味しさですよ。

島寿司おいしい

そして、島寿司も出てました。自分でも作りましたが、これは見た目のべっこう色が美しいですよ。それがまず食欲をそそりますが、食べると唯一無二の味わい。安くはなかったのですが、雨の中やってきて好かったな、と。
そしてこの情報をツイッターで共有してましたtododesuさん達はわたしとは入れ違いの訪問となりましたが、楽しんでいただけたようで何よりでした。

伊豆大島ゴジラもの

おみやげとしていろいろ買いましたが、伊豆大島町のブースではゴジラものを。レトルトカレーと麻婆豆腐の素です。もうジャケからして相当な辛さなんじゃないかと。

何だかすごいチラシ

余談ですが、入れてくれたチラシ。アナーキーだなぁ。

せっかくだから兵庫

んで、せっかくアンテナショップの聖地に来たのですから、こっちじゃなかなか買えないものを交通会館地下の兵庫県ショップで。これはどちらも美味しいんですが、西日本と違ってこっちじゃあまず見かけないんですよ。


(つづく)

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

都内で島めぐり③ 島みやげ
せっかくですから、島みやげも買ってきましたよ。

赤イカ入

地元地域寄席『上原寄席』では活動資金の一助として新島のくさや(青むろ)を販売してるのですが、それはさほどクセもなく食べやすいものなんです。そういったツイートから生まれたつながりから“塩辛も美味しいんですよ”との返信をいただいたんです。
これは推奨していただいた店のものではありませんが、地域名物の赤イカ入りです。で、通常の塩辛と…唐辛子系の辛味を足したものが数段階…ここは難しいところですよ。辛味の加わったそれの美味しさは塩辛好き諸兄の認めるところではありましょうが、まずは基本のそれですよね。

次はピリ辛系を

美味しかった!モノ自体はスルメイカ使用に赤イカを加えたといったところで、赤イカだけでは作れないのかなぁと思いつつも、ワタが必要だからスルメイカとともに?なのかな?
美味しいものですし、価格は高めですが量が多いですし、次は辛味の加わったものを…段階的に上げていきたいと思います。

うわさのべっこう醤油

もうひとつ。これも鈴木マイラ@くさやガールさんのツイートで気になってたもの。先程いただいて楽しんだ鼈甲鮨ですが、べっこう醤油というものが売られてるのです。

つけヅユにも薬味として

これは島とうがらしを漬けた醤油なのですが、キリッとした辛味がなかなかに爽快なのです。そのままかけ醤油として使っても面白いのですが、例えばめん類のつけヅユにちょっと加えて薬味的に使っても面白いんです。

びんちょうで本命のべっこう丼

で、本命はやっぱりヅケ丼でしょう。島寿司や鼈甲鮨とよばれるそれには白身魚の刺身が使われるのが通常だそうですが、たまたま“これは?”と思うものをスーパーで発見。びんちょうまぐろの切り落としです。
べっこう醤油と酒を混ぜたものにサッと漬けるのですが、これは美味しかったですよ。島とうがらしは辛味だけでなく、香りも好いのです。単なるづけ丼とはまた違った美味しさを楽しめます。


で、その後。またもや地下鉄で島めぐりする機会があったのです。


(つづく)

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

都内で島めぐり① ひさびさに
ちょっと思うところあって…要するに暇だったのですが、閑居して不善をなすよりは…お昼をいただきに出かけることにしました。
その行き先は…島です!

島のある街

うちから地下鉄を乗り継いでたどり着きました。ここが島でs…いや、都心で“島のある”街なのです。地下鉄で行ける島…便利ですよ。

ここから船が出る

その正体はといいますと、ここ“竹芝桟橋”です。ここから伊豆七島や小笠原諸島への船が出てるんです。当然のことながら島の雰囲気が漂ってますし、ここには面白いレストランがあるのです。

鼈甲鮨

ここ、『鼈甲鮨』です。べっこう寿司…これは白身魚をヅケにして握り寿司にしたり丼ものにしたりという、島の食文化です。色が鼈甲色に見えるところからそう呼ばれてるものです。これは人的交流のあった沖縄の大東島にも同じ文化がありますが、それをここでいただけるのですから、ありがたいことですよ。

面白い店内

店内装飾が面白いですね。何だか…直接的表現ではない手法で、気分は乗船中のようです。

鼈甲鮨のセット

せっかくですから、島野菜を使った『野菜ポトフ』の付いたセットにしましたが、いちいち美味しかったですよ!鼈甲鮨、これは単なるヅケではなく島の唐辛子を漬け込んだ通称“べっこう醤油”が使われてるのです。
その香りの好さとともに上品な辛味もあり、そしてしっとりとした食感…これ、寿司好きならぜひ一度は召し上がっていただきたいですよ!何だか思わず笑顔になってしまう…そういう美味しさです。


暇だとはいえ、来て好かったな…そういうことを思いつつも、あの時刻が迫ってます。せっかくですから見学に伺います。


(つづく)

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

なぜか売っていた
近所というか徒歩圏内には7店くらいローソンがありまくりなところに暮らしてるのですが、その中のひとつ…隣町の銭湯へとぶらぶら歩いていく途中にあるそこに、ちょっと面白いものがあったのです。

※ここは以前も、なぜかYOSHIKIカレーを置いたりしてました

オブセ牛乳チョコチップスコーン

これだけではないのですが、信州のオブセ牛乳もののお菓子類が各種並んでたのです。こういうものには詳しくないのですが、惹句だけでも美味しい名物であろうことは判ります。
これはチョコチップスコーンですが、水を使わず牛乳…それもオブセ牛乳…これは低温殺菌ものらしいのですが、それだけで練り上げられて作られてるという…そういうものなのです。

何個でも行けてしまう危険性

だったらとんでもない価格か?と、ついつい思ってしまうところですが、価格は普通です。で、いただいてみればですよ?これ…すごいです!思わず天を仰ぎ…いや、天井を仰ぎ見て別に何もないと気づく…そういう話ではなく、これは本気と書いてマジと読む美味しさだよ、と。

味わい豊かなんです。かといって濃くてしつこいそれではなく、あとくちサッパリ。そしてついついもう一個…もう一個…と。
これが実は危険なのです!これ、水を使わず良い牛乳のみで…その関係もあって、カロリーが決して低いレベルではないという…ひとりでお茶飲みながらひと袋は軽く開けられそうな流れが出来てしまいかねませんが、カロリー表示を見てから食べるようにこころがけたいものです。


じゃあほかのいくつかも試したいものだと再訪したら…キャラメルしか残ってなかったという…う~む、まとめ買いしとくべきだったかなぁ…YOSHIKIカレーのときも、再訪時にはもうなかったんですよね。

このローソンに珍しいものが出てたら、とりあえずたくさん買っとくことにします。


テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

最近あまり食べなくなったけど
呼ばれた横浜での仕事がド早朝からで、うちを始発で出るような日だったのですが、その後の移動もあって最終的には港北区で終了。

で、その前に昼を挟んだのですが、出発が早すぎたこともあって弁当持参ではなかったのです。その日の仕事仲間とともに商店街へと降りていき、彼ら推奨のラーメン店へと。

屋号に“麺屋”が付いてるし、外のメニュー看板にも濃厚鶏出汁のそれが並んでるので、ああなるほど濃厚鶏出汁ラーメンの麺屋だな、と。青山に呼ばれてた頃は、その系列なのか暖簾分けなのかの店二軒によく、伺ってたものでした。

あられが面白い

そういう点で懐かしさはあったのですが、チェーン店ではないですから各店とも鶏出汁を基本にオリジナリティを競っておられるよう。で、気分は濃厚ではなかったので、あっさり系のそれをお願いしたのですが、これがとにかく美味しかったんです。
まあ、ご覧になってその美味しさは説明せずとも解っていただけるかと思うのですが、カラフルなあられがポイントでしたよ。これ、あざとい女子ウケ狙いかと思いつつも、いただいてみれば“おおっ!”とか声を出すところでした。この食感とフレイバーが、あっさりめにして味わい深いこの一杯の好いアクセントになるのです。

混ぜて食べよう

いくつかあるミニ丼から選んだそれも、混ぜていただけばこれがなかなか。カウンターのみ7席ほどで若い店主ひとりが切り回してる小さな店でしたが、店主の思いが詰まった空間だなぁ…と、ラーメンだけではない味わいを感じました。


こういう店が仕事先のいくつかの近所にあればと思いますよ。年齢的なものもあってか、もう既にラーメン店に伺うこと自体が少なくなりましたが、こういうそれならしみじみと…そして楽しくいただけるなぁ、と。
シンガー・ソングライターの友人は“ラーメンは小宇宙”と歌ってますが、店主の意欲や思いが詰まってて…まさにそうですね。
数年ぶりに呼ばれたこの街にまた呼ばれるのは何年先になるか判りませんが、その時まで頑張ってていただきたいものです。


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ