さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
これがあの有名な
先日の両毛焼そば紀行の最中、なぜか太田市で見つけた北陸名物のあれを使ったカップめんが、実は播州の製造だったという話がありましたが、今回はその“名物”そのものについて。

みそ鍋家族

これです。これがあの有名な『とり野菜みそ』です。昔からそのままな感じのパッケージデザインが好いですね。これは変わらないでいてほしいものです…いや、そういう話はさておき。
商品名はとり野菜みそなのですが、右上には《みそ鍋家族》と書かれてますから、パッと見どちらが商品名?と思わなくもないのですが。

これの素晴らしいところは、作り方に従って作るだけで、誰がやっても失敗なく美味しい味噌鍋が出来てしまうところ。まずは水に溶いて(←ここがポイント)、そこに具材を入れてから加熱するんです。具材の基本は豚バラと白菜なのですが、他のものでも確実に美味しいんで…えっ?鶏肉じゃないんですかって?いや、この商品名の“とり”は“摂り”であって、野菜をたくさん摂れるというところから付けられた名前なんです。

鶏もも肉と白菜だけでも

これは鶏もも肉と白菜で作ったものですが、確実に美味しいです。この写真では横にぐい呑みがありますが、もちろんご飯も進む美味しさです。バリエーションとしてキャベツでも美味しいですし、このあと加えたきのこ類もお薦め。そして〆にはうどんとか、先日は製麺所で買ってきた中華めん(太麺)を使ったらこれがまた♪

野菜をどっさり摂れるところがうれしい、そんな北陸の知恵ですが、今や東京でも普通にスーパーで売ってますから、まだまだ続く寒い夜はとり野菜みそ鍋で温まる…お薦めです。


スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

特に名はない旅 外伝① なぜここに?しかもなぜこの会社が?
先日の両毛紀行の余録です。おみやげ紀行みたいなものですね。ええもうレイドバックしてご覧ください。

なぜか大田で売ってた

まずはこれです!太田駅でちょっとした乗り継ぎ時間が生まれたので改札外へ出て、駅周辺を歩いたのですが…デイリーヤマザキがあったのです。
ご存知の方も多いかと思いますが、ここは結構地元のものとか置いてたりするんですよ。あと、工場のアウトレットとか。
セブンイレブンでは絶対になさそうなことですが…ありましたよ!見慣れないカップめんが!さすが上州・めん処です…あれ?

『とり野菜みそラーメン』…とり野菜みそといえば北陸石川のソウルフードとして有名です。最近は東京のスーパーでも普通に手に入りますが、まだそうじゃなかった時代~NIKKEI NETのオフ会で金沢出身の同人・YKヒルビリーさんからいただいた過去があります。

例のキャラクター

味噌鍋用の調味味噌なのですがその『とり野菜みそ』、すごく便利なんですよ!それを水に溶いて豚バラや白菜を入れて火にかける…そして展開されるめくるめくるめくるめく味噌鍋ワールド…たまらん美味しさなのですが…このキャラは?

あ…イトメンって書いてある…特に関西のかたには説明不要でしょうが、そうめん処・播州のメーカ『イトメン』製造のものでした。

かやくは豚肉

上毛で見つけた加賀のものが播磨の製造…あとで調べるとコラボものだったようでした。調べてみると実はイトメン製品、北陸で人気が高いそうなのです。徳島の金ちゃんヌードル等が静岡でシェアが高いとか、その感じでしょうか。

※ちなみにこの、サイト内の『残念なイトメン応援キャンペーン』というのがやたら面白いです(爆)!知ってるわたしは面白かったのですが、知らないひとのほうがもっと面白いかも。

これ、地元・太田のひとも混乱しないかなぁ…などと思いましたが、要するに美味しければいーのです。
ちなみに、使われてる肉は豚肉です。先にも触れましたが、とり野菜みそ鍋は豚バラが推奨なんです。鶏じゃないの?と思われるかもしれませんが、ここでいう“とり”は“摂り”であって、野菜をたくさん摂れるという意味なんですね。

とり野菜みそ内容

内容はこんなところ。まあ、標準です。

とり野菜みそ温まる

これは美味しかったですねぇ!とり野菜みその味わいを知ってるかたなら、あれを思い出して頬を伝うひとすじの光…そこまではなくとも“あー、これこれ!”と思い出すに足るものでした。
そして温まるんですよ、これ。そういう点でも、寒い時期向きかも?とはいえ…北陸以外ではどこで売っているのやら…うちの辺では見かけたことないし…近畿や山陽にも出回ってるのかなぁ…実家辺りでもイトメンといえばの『チャンポンめん』は普通に並んでるし。


とりあえず、流通は北陸や西日本中心かと思いますが、見かけたら是非!でもって『とり野菜みそ』そのものを見かけたら、味噌好きは是非!虜になる味わいですよ♪


(つづく)

テーマ:カップめん - ジャンル:グルメ

京王の駅弁&うまいもの大会で⑩(終) 応用が広がる
今回何度も立ち寄った石川・銭福屋ブース前を通りがかったら…いつものいろいろだけでなくキラリと光る…思わず足も止まります。

黄金にしん

あらお兄さん、あのこれは…、今日ようやく届いたんですよー…最終日にしてようやく届いたそれ…黄金にしんでした。にしんとバラ数の子の酢漬けですね、これは。
これも他の魚半身ものと同様な価格~一枚680円・二枚1080円だったので、二枚いただきました。そもそもにしんものってこっちじゃなかなか売ってませんから、それだけでもうれしいのです。

にしん片身

こうやってくっついてる以外に、袋の中にカズノコがいっぱい…身に対して数の子の量が結構多めです。ということは…使い放題という単語がアタマをよぎりますよね。

生姜利いてる

針生姜が結構入ってて、なかなかに生姜の風味が利いています。そしてにしんの旨みにカズノコのプチプチ感…これまた酒がノンストップとなるような美味しさです。これ、買って好かったなぁ…と言うか新製品なのかな?会期中に間に合ってくれて感謝ですよ。

で、酒ばかり飲んでるのも何ですから、ちょっと応用。

黄金にしん丼

ご飯にカズノコを混ぜ込むと、ちょうど好い感じの酢飯になりつつ、プチプチと。そこにスライスしたにしんを載せて、その上からさらにカズノコをバラ撒く…『黄金にしん丼』(ハーフ)です。
これが美味しかった!もう一杯といいたくなるくらい美味かった!いやそのもう一杯は明日に取っておけよと自分を諭すくらい美味かった!
まあ二枚も買ったので、何度もこれを楽しめたのですが、これは糀漬けでは出来ないな、とも。見た目も何だか華やかでしょ?酢じめの香りも華やかなんですよ?


今回の『有名駅弁と全国うまいもの大会』(←正式名称です)、いつものものから思い出のもの、そして新しいものと通う日ごとに毎回楽しめました。駅弁も三百種ともなると個人で全制覇は無理ですから、ある程度絞り込んだりするものですが、どっこいうまいものにも逸品があふれてます。特に左党にはうれしい逸品が♪
そっちも面白いですよと同志をそそのかして、今回の〆といたします。お読みいただきありがとうございました。


(了)

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

京王の駅弁&うまいもの大会で⑦ リピートついでに
大雪の影響でかなりの輸送ものが未入荷となり、波乱の裡に幕を閉じざるを得なかった京王の駅弁大会最終日でしたが、今回もいろいろと楽しめました。
で、“うまいもの”のほうからリピートした&未食チャレンジものを。

かぶら寿しr

銭福屋の『かぶら寿し』、これはとても美味しいんですよ。北陸の知恵と工夫が糀漬けになってるようなものです。能登麻美子さんが故郷の美味しいものとしてラジオ番組で大推薦されてましたが、これを誇りたくなる気持ちは食べればよく解ります。
こういうのって、他にないですしね。あ、ものとしては、スライスかぶにブリの切り身を挟んで糀漬けにしたものです。日本酒の好きなそこのアナタ!食べたくなったでしょ?

鯨カツ&竜田揚にさばとニシンの糀漬け

で、今回はそこからのスピンオフで、鯖と鰊の糀漬けも。手前は長崎のリピートもの『鯨カツ&鯨竜田揚げ』。これは文句なしに旨いです。

鰊糀漬け

まずは『糀にしん』から。糀も一緒に食べてくださいねということで、そのままスライスしました。
美味しいんですよ、これ。糀の華やかな甘みの中に、しっかりとした鰊の味わいが広がる…ここで酒を…いやはや、酒が進みすぎて困りますね。

鯖糀漬け

そして、『福さば』(しめ鯖のこうじ漬け)のほうもまたかくのごとし…これは特に酢〆の酸味と糀の甘みが合わさって…こう来るともう、酒泥棒の領域ですよ。
かぶら寿しなどだけでなく、これらもまた来年リピートしたいですね。お薦めです。ご飯にも合うと思いますよ。

鯨カツと竜田揚げ

そして、長崎の鯨です。鯨の街で生まれ育ちましたから、これは子供の頃からおなじみの食材であり、帰省すると今でも普通に鮮魚店やスーパーに並んでますから、個人的なソウルフードですね。
これらが載った弁当もあるのですが、酒の肴として楽しみたいのならこの、いわゆる“台抜き”がお薦めです。美味しさに間違いはありません。


と、慌ただしいうちに終了してしまった駅弁&うまいもの大会でしたが、これは来年もまた通わなくては…そう思わせてくれる何かがありますね。毎度のことながら京王百貨店の、そして各店のスタッフに感謝です。

で、まだこれで終わるわけではなく、根多はまだまだありますよ。今週はこのシリーズが続きます。


(つづく)

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

大阪経由⑤(終) 久々に同人の店で
明けて翌朝…いや、東海道本線(JR京都線)の始発に乗るために、まだ明けやらぬうちのチェックアウトとなりました。

朝のハルカス

で、日本一の高さを誇るあべのハルカスを眺める夜明け前。照明の点いてる窓は…早朝出勤じゃないよね(笑)。

朝の阪堺電軌

そして、同様な阪堺電軌。一度は乗りたいと思いつつ…そういえば、前夜に飲んだ辺りは、この路線で言えば隣の電停なんですよ。乗れば好かったと思いつつも…街歩きも好きだからなぁ。

朝の環状線

朝の大阪環状線。103系と同様に顔のかわいい201系がやって来ます。これもいつまで走ってくれるやら。



そして大阪駅で乗り継いで、あとはいつものパターンだったのですが、そこに変化を付けるとすると…お昼をどこでいただくか…これに尽きますよね。
時間帯ではだいたい、静岡で…となるのですが。

この広い空地は

ひさびさに降り立ったのは富士駅です。この辺、昔はいろいろと縁があったんですよ。ここから乗り換えた身延線で富士宮まで行って、富士宮焼きそば食べ歩きとか。
で、駅前の案内図が…何だこの右上の空白は!と思ったら、企業の敷地でした。まあ、住居じゃないですしね。

金時

ひさびさに寄ろうと思ったのはここ、『金時』です。今や国民に広く知れ渡ったご当地グルメの祭展『B-1グランプリ』ですが、そのきっかけとなったのが富士宮焼きそばであり、第2回大会が開催されたのもここ富士宮であった、と。

その当時、NIKKEI NETというところに『食べ物新日本奇行』(←打ち間違いじゃありません)という…それまではいい大人が口にしなかったであろう“食の方言”を読者と共に考えるインタラクティブなサイトがあって、不肖わたしもそこに参加させていただいてたのです。
そして食奇行では途中から、貴重な情報を寄せる読者のことを“同人”と呼び始めたんです。

そして、富士宮焼きそばと共に周辺情報として広まったのがこの、富士駅近くの『金時』というお店。ここの独自メニューである『かつ皿』が当時、食奇行に取り上げられて…それを試さんと詣でた同人は少なくなかったと思います。

かつ皿セット

せっかくですから、そばの付いた『かつ皿セット』に。で、せっかくこの界隈なんですから名物の…

プラス桜海老のかき揚げ

桜海老のかき揚げも、単品でお願いしました。これはおかずというよりは、麦から作られた泡の出る飲み物と共に楽しみたいところですが、まだ昼ですしね。

ご飯の上には茹でキャベツ

この名物『かつ皿』、カツ丼とは違いますし、洋風に盛ったカツ丼というものでもありません。どういうものかと申しますと、皿に盛られたご飯の上に茹でキャベツが載り、その上にカツが載り、その上からだし汁と共に作った溶き玉子がかけられてるというもの。
他では見たことのないメニューですが、ここのオリジナルだからそりゃ当然ですよね。

ひさびさにいただいた名物メニュー、ボリュームもあり美味しくもあり…そしてあの頃のことを思い出したり…いやいや、振り返るにはまだ若い…歩き出そう明日の日に…毎年、稚内のライダーハウスで、宿泊者全員で合唱してる唄を思い出したりしました。


国府津駅で乗り換え

そして乗り継ぎ、熱海からは上野東京ラインへの接続だったので、いつものように国府津(こうづ)駅で湘南新宿ラインに乗り換え。ここ、海が見えるんです。

踊り子さんに抜かれる

そして、特急『踊り子』が通過していきました。国鉄型車両はどこにおいてもその数を減らす傾向にあるので、これもまた近年…そんなことも思いながら乗り込んだ湘南新宿ラインで、無事に帰宅した春の帰省旅復路でした。


今回の旅は、なかなかに実り深かったです。特に三江線ですよ。車窓風景もさることながら、初めて訪れた川本町とマジオムことマジカルオムライスの楽しさ…こういうものに出会えるというのも、放浪の旅の醍醐味かも知れません。
ただただ目的地を最短で目指すのが好きなかたもいらっしゃいましょうが、あえて寄り道してみると、自分の知らなかった…そして知らなかったこれまでが悔しくなるような面白いものに出会えるかも知れませんよ。


お読みいただきありがとうございます。じゃあ、次はあの街のあの食堂で会おうぜ!


(つづく)

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

京王駅弁大会余話(4) 違うタイプのこっちも
加賀の名物『かぶら寿し』に感動したあまり、後日また買いに行ってしまいました。しかも、二個も買ってしまいましたよ。
あれは最高ですね。来年もまた、楽しみたいと思います。

大根寿し

その一方、こちらも気になったんです。並行存在の『大根寿し』です。こちらはルックスも材料も違いますし、双方押さえてこその…いや、別に押さえなくてもいいのですが、何かこう…片手落ちのようで気持ちが落ち着かないんですよ。

ひゃくまんさん

で、この…ひゃくまんさん?石川県のキャラクターだそうですね。
ここに説明が。大根とにしん・昆布・人参・唐辛子を米糀に漬け込み熟成させた漬け物だということで、ぴり辛味にほんのりした甘味の、昔ながらの味わいだとのこと。

そこそこきれいに盛る

ちょっと小奇麗に盛ってみました。大根のパリパリ感にコクのあるにしん…好いですねぇ!米糀漬けですから甘口なのですが、そこに時々唐辛子のピリッと感…杯も進もうというものです。

ドサッと盛る

で、これはむしろ乱雑に盛ったほうが好いのではないかと、次はこのようにドサッと盛ってみましたが、個人的にはこのほうが好いですね。
日本酒が美味しく進むのですが、にしんの味わいがご存知のようになかなか濃厚ですから、ビールにもうれしいですね。

かぶら寿しにしろ大根寿しにしろ、これらは出来れば現地金沢で、しかも冬の金沢で日本酒を傾けながら、さらに雪の降る音を聞きながら静かに杯を傾けたいなぁ…それが文化だよとも気づかせてくれた、そんな金沢の伝統の味でした。


やっぱりこの催事、面白すぎますね。目当ての駅弁やうまいものだけでなく、行けば何か“光る”ものに出逢えると思います。来年もまた、注目したいですね。
じゃあまた来年、あの会場で逢おうぜ!


(了)

テーマ:郷土料理 - ジャンル:グルメ

シリーズ《青春》⑪ 青春18新幹線(※)
※青春18きっぷで新幹線には乗れませんが、今回はそういう話ではありません

今回、寄り道してみようと思ったところの、最寄り駅まで移動しました。

函南駅

まあ、隣の函南(かんなみ)駅なので、あっという間に着くのですが、何せ本数が少ないものですから、三島駅に帰ってきてからちょっとの待ちが入りました。

この道を下る

駅前の、この道を下っていきます。冷静に考えれば結構な勾配で、戻って来るときが少々心配となりましたが。

東海道本線の下の川

下まで降り切って…つまりここが谷底に相当することになりますが、ここからは普通の住宅地です。
で、川に築かれた石積みの古い橋梁と、その上の盛土…これは相当なものですよね。しかも三連ですし。そして高く高く盛られた上を通ってるのは東海道本線です。
これは好い発見でした。

のどかな風景

のどかな風景です。こういう場合、普通は農地が広がってるものですが…いやそういうものもあるのですが、何か住宅地の趣きが強いんですよね。

幹線上

そして、訪ねる先の…そこに近づいてることはバス停名にも見て取れます。幹線上(かんせんかみ)…ええもう、そこに向かってるのですから。

この先に

何てことない住宅地のようですが、確実に近づいております。そしてたどり着いた先には…

新幹線区全図

じゃん!ここに来てみたかったのです。現役の正式地名ではありませんが、ここの地名は“新幹線”なんです!

新幹線

これは“地形図で気になったところを訪ねてみる”シリーズとでも申しましょうか、25000図にはこのような表記があるんです。

振り返って

元々は今尾恵介さんの著書『地名の謎』で知った情報なのですが、そもそもは東海道本線の丹那トンネル建設時に鉄道官舎が造られ、その後の新幹線建設時にも新丹那トンネル建設で活況を呈して…いつの間にかこの地名で呼ばれるようになったのだとか。

幹線下

先のバス停『幹線上』に比して、こちらは『幹線下(かんせんしも)』。地形図に書かれた気になる地名といえば先ごろ、“先祖”というところを訪ねたものでしたが、そこにはそれを示す掲示や痕跡はありませんでした。
が、こちら新幹線は、このようにバリバリです!その後、会って一杯やった親友によれば、ここの公民館が以前テレビで紹介されてたぞ、と。
まあ、そういうフォトジェニックなところはマスコミに任せて、旅人にはこれで充分です。

ほぼ一時間に一本

あ、そうそう。路線バスもあるのですが、時刻表はこのような感じです。まあ、歩いても大した距離ではありませんし、特に座りっぱなしの旅ならばたまにはこれくらいは歩いて、エコノミークラス症候群対策としましょうよ。

住宅多し

そして帰り道。住宅が多いです。この辺りから…どこへ通勤されてるのでしょうか。

埋もれた電柱

往路では気づかなかったのですが、電柱がこのように…青桐なんかに取り込まれてしまったフェンスなんかはありますが、法面が侵食してくるわけはないので…まあこうせざるを得なかったんでしょうね。

大丈夫なのか気がかり

川沿いで対岸にこういうところが…大丈夫なのでしょうか。

水がきれい

で、その川。水がきれいです。水量も豊かです。

登り坂がきつい

危惧したとおり、このだらだらと続く上り坂は…まあ、これくらいの運動はしてしかるべきでしょう。

かんなみへようこそ

函南駅に戻ってきました。一時間あれば訪問できますし…いや、そうしたいひとがどれだけいるのか判りませんが、この辺は本数もそこそこありますし、こういうところから地名駅名や地形図の世界に首を突っ込んで抜けなくなってしまうのもまあ、楽しき人生ですよ。

ここからは熱海行きで熱海まで、そこからは東京上野ラインに乗り継ぐのですが、わたしは新宿方面ですから小田原で湘南新宿ラインに…となると乗り継ぎ時間を利用して、あれを買って帰りましょう。


(つづく)

テーマ:街並 - ジャンル:旅行