さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
横須賀日和(2) 初めて見ました!
そして翌日も横須賀へ…というか、わたしは藤沢でピックアップしてもらったのですが、横須賀駅でのひともいるので…あ、この日はJRのほうの横須賀駅でした。

やって来る姿

駅前には道路を挟んでヴェルニー公園というところが海沿いにあるのですが、そこから米海軍施設や海上自衛隊施設が望めるんです。で、着くのが早すぎたので、ちょっと海を眺めに出たら…向こうから…やって来てるの?

こちらはいつもの

こちらはいつも見かける“それ”。海自の潜水艦ですが、なぜか米海軍施設のほうに停泊してます。横横から本町山中有料道路を経て横須賀に降りてくれば、まず視界を釘付けにされるのがこの潜水艦なんですよ。

大きい大きい

何とその潜水艦と同型のものか…こっちに向かって泳いできてるではありま…いや、“艦”なんだから“泳ぐ”はおかしいのですが、何となく“クジラ”を連想してしまったんですよ。真っ黒だし、表面に何も書かれてないし…そういうかたちだし(笑)。
それにしても…大きいなぁ!

取り舵

ここで取り舵。そばに付いてる船は誘導のためでしょうか。

おおっ!横

そして…横!何てデカいんだ!

デカい!ひとちっちゃい!

完全に横を向くと…あれは“ひとが立ってた”のか!甲板に何かがあるように見えたのですが、横を向いてはっきりと…っていうか、ひとちっちゃっ!潜水艦でかっ!
いやはや、朝から素敵なものを見せていただきました。ほかの仕事仲間も興奮してましたし、後日仕事で一緒になった横須賀在住者に話しても、停泊してる姿はおなじみだけど入港する姿は見たことがない、と。

そうそうあることではないようですし、これは貴重な体験だったのかも。

海自向け物件

そしてこの日も、仕事はやや昼押しで終了。この日は弁当持参だったのですが、せっかくだから公園で食べようかなと駅に向かう途中で見かけた不動産広告。
江田島、呉、岩国(大竹)…これ、完全に海自のかた向け物件ですよね(笑)。寮生活のひとが趣味のものなど、私物を置いておくための物件でしょうか。

公園工事中

公園はそこかしこで工事中。これは戦艦『陸奥』の主砲を再現したものですが、改修工事中でした。

日米艦船

日米の艦船を眺めながらお昼をいただき、そこでふと思うことが。
最近進めてた“関東地区JR線乗りつぶし”ですが、せっかく横須賀まで来ててお昼食べてあとは帰るだけなんだから…久里浜まで行ってみようじゃないか、と。

JR横須賀駅

横須賀線、横須賀駅までは以前来たことがあったのですが、その先のふた駅が未乗だったのです。盲腸線だから大回りでは乗りつぶせませんし、いい機会じゃないですか。あらためてここまで来るとなったら片道1200円以上かかるんだし、この日は仕事で来たんだからここまでの往復は経費なんだし。
仕事のついでに、趣味も進めることにしました。


(つづく)

スポンサーサイト

テーマ:海上自衛隊 - ジャンル:趣味・実用

採用されました!
オルタナ系ポータルサイトを標榜する老舗のサイト『デイリーポータルZ』という、ハマるひとはハマるけど、そじゃないひとは…なところがあるんです。
あ、面白いんですよ?

で、そこで『刺さる!切れる!でも美味しい!ケガめし』という公募企画があり、投稿して採用されました♪

『刺さる!切れる!でも美味しい!ケガめし』



読んでいただければ趣旨はお判りかと。特にエビ関系の投稿が多かったってのには苦笑ですね(笑))。あれは確かに…刺さるしなぁ(苦笑)。

でも、美味しいんですよ?それを乗り越えてこそ出会える味…そこまで大げさなものじゃないか。
興味ある方はご覧ください。

その間のいろいろ
長期連載中にもいろいろありました。小根多をまとめてお送りいたします。

れんこんで来るか

ランチパック根多なのですが、これが例の…

例のシリーズ

“必ず勝つ!”シリーズです。これ、受験だけでなく、冬のスポーツを楽しむかたも対象だそうですね。
それにしても…れんこん入り鶏つくねって、そんなおつまみみたいなものを入れてしまうとことと必勝祈願の関係は?と思えば、これはれんこんの穴に由来してて、見通しヨシ!ってアアタ、そりゃおせちの酢蓮じゃないですか!

あなたの目指すゴールは…あなたのために

あなたの目指すゴールは…あなたのためにある!今回の、絵馬裏のおみくじはそういう結果でした。
ちなみにこれ、醤油ソースの香辛料が利いてて、大人も楽しめる味わいです。

キャベツメンチも

キャベツメンチカツなんてのも。以前、商店街の肉屋さんの惣菜で発見して、その味わいに感動したキャベツメンチですが、それの入ったランチパック…カツで勝つとは昔からいわれてるものですが、キャベツ…

かなり強引

これはかなり強引なんでないかい(笑)?とはいえこれ、美味しかったからまあいいか、と。あの独特の食感を楽しめる点では、ありがたいランチパックです。

向き不向きより前向き

で、おみくじは…向き不向きより前向き…これもまたダジャレっぽいところが気がかりですが、好い言葉ですね。
試験にスポーツにと頑張る皆さん、栄養と縁起担ぎでどうぞ乗り切ってください。


デパ地下で

忙しくて、しかも(わたしにしては)遅い時間の帰宅となるので、乗り換えついでにデパ地下を覗いたとこ、値引き商品が並んでたので、たまにはこういうところも利用してみるか…と。

さかなの唐揚げ

『さかなの唐揚げ』です。裏を見ると、いか・たこ・たい・まぐろ・ひらめ、とあります。こういうのは多い順にかかれてるので、実際にもまあほぼいかたこなのですが、そのなかに混じる白身や赤身に宝探しのような楽しさが…いや、そういう楽しみかたは何かが間違ってるとは思いましたが、さすがにデパ地下の鮮魚店が手造りで出してるだけに美味しかったですよ。

海鮮ばくだん丼

ご飯ものとして『海鮮ばくだん丼』なんてのを。小さなサイズですが、〆には充分です。
で、その定義は…店によってまちまちのようですが、一般的には中心に載った生玉子や温玉を崩すことが爆弾の破裂のようで…これが多いですよね。以前、噂を聞いて自作した『八戸ばくだん』も、ポイントは卵黄でした。

そこら辺のばくだん感はともかく、手軽な量で美味しかったです。ここはまた利用しようかな…そう思いながらも、乗り換えのタイミングとかいろいろあって、なかなか果たせないでいる今日この頃です。

等身大か

JR東日本のスキー商品『JR SKI SKI』。今年のキャラクターは岡山の奇跡といわれたかわいいあの娘ですが、このパネルは…等身大でしょうか。
ちっちゃく見えるんですよ。でも思い返してみれば、その名を上げた『いい部屋ネット』のCMでもそう大きくは見えなかったし…調べたら160cm?
それにしては…あ、スキーウェアか。こういうのを着ると、女の子は“服に着られてる”感が出ますしね。

このパネルに興味のあるかたは、とりあえずJR駅に行ってみましょう。


とりまとめ、こんなところで。


年末年始の外食~年末編
さて、年末の外食話です。

大イチョウ

戻った翌日、お寺さんに行って、それからどこかでお昼食べて買い物して…年末に限らず、春でもお盆でもいつものことです。
で、途中で別の寺の大イチョウを鑑賞。いっぱい垂れ下がっておりますが、多分戦国時代くらいから生えてるのではないか…そう思うといろいろと考えてしまいますよ。

釜飯とお好み焼き

そして、今回は…いや今回もお好み焼きを、と。家ではやりませんし、特に寒い時期は鉄板の輻射熱で温まりますしね。

豚いかとえびたこ

ダブル(=具を二種類選ぶミックス)を二種類で。右が『豚・いか』で左が『えび・たこ』です。まあ、見た目は同じようなものですが。
で、生だこや刺身用の鯨などを買って帰った、と。

鏡餅や松飾りなど、そして窓ガラスや照明器具の清掃、そろそろ怪しい管球の交換など、帰ってからもいろいろと忙しかったのですが、冷たく澄み切った空気に…あ、星空を撮れるかも…などと思ったんです。

星空写真

ただ、三脚などは持ってきていませんから、窓枠にカメラを載せて…そういう方式で撮影しました。
フォーカス・シャッター速度・絞りは全てマニュアルにして、インフにしたフォーカス以外はカット&トライでしたが、何となく勝手が解ってきました。
絞り開放だと甘いレンズなので5.6まで絞りましたが、ISO800で30秒でした、これ。あとからデータを見て確認できるって、デジカメは便利ですねぇ。

ただ、住宅地の夜景ってのも今ひとつだよな…とは思いましたが、きちんと星が写ったことがうれしかった、そんな年末でした。


(つづく)

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

『エコプロ2016』で(上)
一昨年、ある講演というか対談が行われるということで初めて伺った『エコプロ』でしたが、昨年はある方の講演があるからと再訪することになったんです。

回送はJRマーク

その日は仕事も昼前には片付いて、うちに戻ってお昼食べてるような余裕の日でしたが、講演に合わせて出かけて…新宿駅で埼京線~りんかい線直通のそれを待っていたところ、そこに回送列車が。
で、驚いたのが電光掲示板。回送は《回送》とかの表記ではなく、JRのロゴマークが表記されるんですね。


そして講演。発酵の権威である…とかいうより、食に興味あるかたならあの“ゆるキャラ”な風貌も相俟っておなじみの、小泉武夫先生(東京農業大学名誉教授)によるものだったんです。
ラジオのポッドキャストや紙媒体ではお馴染みだった先生、特に『焼き納豆丼』は未だパワーチャージ食として重宝してますが、講演に伺うのは初めてだったんですよ。

今回のお題は『和食の知恵と工夫』。和食が世界遺産と認められたことに関連してのお題だったようですが、これが無類の面白さでした。“味覚人飛行物体”として各地の大学で長年に亘って教鞭を取り続けていらっしゃることと、講演などもなされてることでしょうから、ひとを惹き付ける話術とでも申しましょうか、聞いてて飽きさせないどころか、グイグイとその世界に引き込まれてしまいました。

あっという間に感じた45分でしたが、いくつか挙げておくと…

・日本は水に恵まれてる上に、その水には鉄分がほとんど含まれていないのでお茶文化がある~鉄分があると緑茶は真っ黒になってしまう。

・伝統的な和食の食材は、根菜・菜・山菜やきのこ・海藻・穀類・豆の六種類。肉や魚は基本的に含まれない。たんぱく質は大豆で摂れる。これらは栄養だけでなく食物繊維も豊富。

…といったような話を面白く解りやすく話してくださるので、グイグイ引き込まれるのです。

そして今、注目されてるのが《腸》。ラジオCMで“腸は第二の脳”などとユミタソ(笑)の声で聴きますが、その意味が解りました。
病気~とりわけガンに罹らないためには免疫力が肝心ですが、その役割を果たす免疫細胞は40代ともなると新たに作られないという、ある意味絶望的なところから始まりました。が、それでも腸を活性化することで免疫力を高めることが出来る、と。
そこで注目なのが、食物繊維や発酵食品。これらにより腸内が活性化されるんですね。そして和食には昔から、そういった食品がたくさんある、と。

世界的に注目されてるのが《味噌》。西洋のヨーグルトとともに、これの未知なるパワーがスタンフォード大などでも研究され、その結果の日本語訳が近々出版されるそうとのこと。そういう話を聞くと、家系的にはガンのそれながら(=白血病もありますが)、味噌汁を日々楽しんでて好かったな、と。これで何とかなってくれればいいな、と。

その関連で、オチャメな提案も。パワーあふれるエナジーチャージな味噌汁の話。豆腐の味噌汁はたんぱく質ダブルですが、そこにひき割り納豆を入れ、さらに揚げを入れるとたんぱく質四倍!と(爆)。
エナジードリンクにしてたんぱく質四倍で、そして免疫力もアップしまくりですよ♪

とても有意義な時間でした。仕事の合間を縫って伺って…その甲斐ありましたよ。小泉先生の講演は、著作と同様に…いやそれ以上に面白いかと思います。食文化…分けても発酵食品に興味のあるかたは、その機会あれば是非聴講していただきたいですよ。
風貌も何となくご当地キャラのように見えて親しみやすいながら…よく見ると結構なイケメンですよ。


そして、仕事関係のブースなども伺いましたが、意外に物販もあるものだなと…続きます。


(つづく)

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

早くも七草粥
4日の夕方早めに帰省先から帰宅したのですが、ガッカリあり発見ありな…これだから18きっぷ旅は楽しいなと再認識した次第です。
で、長期でうちを空けるとなると、保存食以外は使いきってのスタートとなるので、うちに食材がありません。スーパーに寄ってから帰宅しましたが、早くも『七草粥セット』が並んでました。

帰省時は…鯨飲馬食とまではいきませんが、魚を中心とした満腹食生活でかなり体重も…と、思いきや、実際には…ベスト体重の0.25%増程度でした。これなら日常を一週間も過ごさずに、元に戻ると思います。

んで…まあ体重はともかく、せっかくですから早めに七草をいただいてしまいましょう。

早くも七草粥

昨日のお昼に、作っていただきました。普通は朝かもしれませんが、朝から粥ってのも今ひとつ力が入らないような…ということで。食材もあまり無いし、カレーで済ますかというよりはまあ、健康的かも知れません。
朝、うちを出る前に、土鍋に水と利尻昆布を入れて、お昼頃帰ってきてから作りました。昆布だしのみで、味付けはしてません。まあ、粥ですし。あ、米を最初から炊くのではなく、ご飯を使いましたが。

ただ、それがなかなか好かったんです。身体が浄化されるような、何だかそんな気がしました。そうは言っても塩っ気がないのはなぁ…というところですが、そこは漬け物なんぞをポリポリとやりつつ、と。
美味しく、そして身体浄化のお昼でした。

多分、7~8日くらいまでは売ってると思うので、もう何回かいただこうかと思います。で、思ったんですがこれ、通年で売ってくれてたらいいのになぁ…などと、つまらないことをも思った新年初炊事でした。

テーマ:お正月料理 - ジャンル:グルメ

海の幸、山の幸
実家に帰省すると、自分で料理しないでも食べられるのがありがたいのですが、特に土地柄で魚料理中心なのはうれしいものです。
刺身もそうなのですが、やっぱり煮付けだよなと思うんですよ。種類にもよりますが、煮付け>塩焼き>刺身…いや、種類によりますけどね。


一方で、年末年始といえばカニだってかたがたも多いのではないでしょうか。ラジオショッピングでもおせちとともに、カニもしつこいくらいに聞きますし。

かに爪

で、姉夫婦は元日の午前中に到着予定なのですが、義兄がカニを持ってきてくださるということで、冷凍室にあったカニ爪を母とわたしで食べてしまおうということに。
やっぱり、カニは美味しいですね。特によく動かすところは食感が違います♪

あと、うちの年末といえば、天草の伯母から送られてくる活車えびが今やすっかり恒例。今シーズンも…まあ殺生というか、そういう捌き方になるのですが、今日の午前中に届く予定です。
乗り越えなければならないハードルは、最初はなかなか高いものですが、一度経験してしまえば慣れますよ。

なめこ汁

海の幸話の一方で、山の幸の話も。
朝食には味噌汁が出ますが、母の新しい好みか最近は『なめこ汁』が帰省中に一度は出ます。子供の頃というか、実家にいた頃は一度も出なかったし、上京後に時が経って帰省するようになっても、それは同様。

まあ、東京では日常の味噌汁根多のひとつですが、振り返ればなめこ汁って…上京して初めて食べたんだよな…そんなことも思い出しました。
知らなかったものも地域を移れば日常となり、時が経ってそれが全国的なものとなり…マスコミや、今ならインターネットの役割も大きいと思うのですが、食文化というものは面白いですね。


いよいよ大晦日。今年が好かったひとも、ろくでもなかったよというひとも、来年は面白い年にしたいですね。
一年間お付き合いいただき、ありがとうございました。来年もまた、よろしくのご愛顧を願います。
じゃ、あの神社の初詣で会おうぜ!