FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
いつものコースですが⑰(終) 三島名物
島田を出て、そのまま乗り継いで熱海に行ってしまうのではなく、ちょっとした課題があったので三島で下車しました。

湧水沿いなのに涼しくない

駅から歩いて三嶋大社へと向かいましたが、早くも後悔するような酷暑…これは街中に突如として前触れなく現れる、水量豊富な川。富士山からの湧水だとは思うのですが、そしてそうなら冷たい水でしょうから、そばを歩けば涼しいはずなのに…はずなのに…

富士山の恵み

ただ、この豊かな恵みは眺めてて気持ちのよいものです。見た目だけは涼しいのですが。

ここで団子を

やってきたのは門前町。ものすごい人出でびっくりしましたが、ここの団子のひとつがカソリ旅で気になってたのです。この暑さなら本わさびソフトクリームがとこころが揺らぎかけましたが、課題ですし。

泣き団子をいただきます

これです、泣き団子です。何か子泣き関連の由来でもあるのかというと…いや、最初にこの名を知ったわたしがまずそう思ったのですが、これはわさびが使われてる団子なのです。その辛さで泣き団子…とはいえ泣くほどのものではなく、爽やかな焼団子でした。

お祭りだったよう

で、お祭りだったようですね。またはあれです、日曜だったのですが、週末は縁日的にこういうことをやってるってのもよくありますよね。

三嶋大社参拝

人混みをかき分け、三嶋大社に参拝。堂々とした構えです。伊豆國一宮ですからね。で、参拝の後はもうひとつ、課題があったのです。この境内にある休憩処・福太郎本舗の名物が、カソリ旅の写真で気になってたのです。

福太郎餅は烏帽子

これがその、福太郎餅です。草餅にこしあんというのは見て判ることですが、このかたち…通称・リーゼント餅とも呼ばれてるそうで。もっともわたしには角刈りに見えたのですが。
で、これはリーゼントでも角刈りでもなく、烏帽子を表しているのだとか。神社だもん、そうですよね。

福太郎の由来
1月7日午後1時より、御殿にて田祭(たまつり)が斎行され、引き続き舞殿では、静岡県無形民俗文化財に指定されている「お田打ち神事」が行われます。 「お田打ち神事」の起源は古く、平安時代ともされ、鎌倉時代になると盛んに行われたと考えられています。その後、室町時代には狂言形式の芸能として調えられたと考えられます。白いお面を付けた舅(しゅうと)の穂長(ほなが)がその年の恵方(えほう)から登場し、黒いお面を付けた婿の福太郎(ふくたろう)とともに、苗代所の選定から種まき、鳥追いまでの稲作行事を狂言風に演じます。「お田打ち神事」のように、年頭に当たって、その年の五穀豊穣、天下泰平を祈る神事のことを予祝神事(よしゅくしんじ)といいます。
当日は、神事に続いて、紅白の小餅や種もみがまかれ、これらと共に「福」を授かろうと、大勢の参拝者でにぎわいます。
このお田打ちに登場する「福太郎」は、神事における役割と、その名前から、福を授けるものとして、「福の種蒔く福太郎」と呼ばれ、親しまれています。
今日、そのお顔は おもち にもなって、めしあがる多くの人々に福を授けています。


※公式HPより

面白い経験でしたが、いかんせん暑すぎました、次は春か冬に訪れたいですね…あ、年末年始旅の復路だと初詣でまた混むのか…春ですね。
そして、無事に帰り着きました。


帰ったら届いてた

帰り着けば、受注生産方式の同人誌『ドーナツボックス5.』が届いてました。巨匠・いしいひさいち氏による同人誌なのですが、特に二コママンガ『ニコマン』のスピード感というか、あっという間にオチてしまう展開(=当たり前ですが)が面白すぎるのです。
他は単行本未収録作品などですが、ロカちゃんの新作を読めるところがうれしいのです。

わたし用からし高菜

で、しばらくうちを開けるとなると、食材は使い切って…となるので、うちに帰り着いても生鮮三品はありませんし、帰りがてらスーパーなどに寄っても、今後の展開などもありますから適当には買えません。
ただ、実家から持ち帰ってきた、姉からの福岡みやげがあります。

食材がないので

とりあえず木綿豆腐は買ってきました。で、高菜豆腐ということで。これがまた美味しいのです。


毎度同じコースを年に三往復もしてますが…というか帰省旅だから同じコースになるのは当たり前なのですが、それが何故か飽きないのはやっぱり…日本が豊かだからでしょう。どこで降りても何かありますし、そしてまたそれは美味しいものにおいても。今回は美味しい駅弁に始まり、本場のたこ焼きやビフカツ…そして県内で復活してた駅弁など、食に関してだけでもこれだけ豊かなのですから、やっぱり日本は面白いですよ!
長々と綴ってまいりましたが、もうすでに寒い時期にしてようやく夏帰省旅の話は終了。お読みいただきありがとうございました。皆さんの旅の具の参考になればさいわいです。


(了)

スポンサーサイト

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

いつものコースですが⑯ 島田再訪
ぐっすり眠った翌朝、東海道線を大阪から始発で出るために、いつものように早起き。前日買って翌朝用に残しておいたチキンライスをホテル一階の電子レンジで温めて朝食。フロントで鍵を返却し鍵保証金千円を戻してもらい(=この界隈の安宿はそういうシステムなのです)、新今宮駅へ。

50円自販機

この辺りは物価が安いのですが、それは自販機においてもや。一本50円の格安自販機は府内の他にもあるようですが、賞味期限が迫ってるものばかり入ってるから安いというものもあるようです。

終日女性専用車

大阪環状線で大阪駅まで行くのですが、首都圏と違ってここは女性専用車両が朝のラッシュ時だけでなく、終日そうなんですね。

こっちに乗りたい

で、これが向かいのホームに入ってくる、と。こっちに乗りたいなぁ…と思えども、それでは帰れなくなってしまいます。

大阪の朝もここから

大阪駅ではしばしの待ちが入りますが、とりあえずこれを飲みながら地元ラジオ局を楽しむ、と。

美しい書体

あとはまあ、いつもどおりなのですが、今回の旅でよく見かけてこころ奪われたのが、このポスター。戻ってくれば東京にもあちこち貼られてましたが、JRを使う機会がそうありませんし。
何にこころ奪われたかというと…普通ならモデルのおねいさんというところですが、この書体にドキドキしてしまったのです。こういうフォントがあるわけではなく、レタリングのオリジナルなのかな…こんなに美しい山陰という文字をわたしは、これまでに見たことがありません。

あんまき今回は抹茶

いつものように豊橋での乗り継ぎ時、その時間を利用して三河名物・あんまきを改札内の売店で。大雑把には巻いたどら焼きのようなものですが、これ好きなんです。今回は抹茶をいただきましたが、多分どの味も美味しいと思いますよ。

島田の街は白かった

そしてお昼時。前回面白かったあの店を再訪しようということで、島田駅で下車…すれば、街は真っ白です。それくらい日差しが強くて暑かったということなのですが。

カフェあいおい再訪

空調の利いた車内でほとんどを過ごしてるものだから、駅から店まで大した距離じゃないのにうんざりするほどの暑さ。その中を歩いて、あのカフェに到着。“あらっ!アナタこないだ来たわよね!覚えてるわよ!いつだったかしら?”と、ある意味きんどーさんみたいなマスターから笑顔であたたかく迎えられました。

サラダとアイスコーヒー

セットの飲み物もさすがにアイスコーヒーをお願いする気候でしたが、今日も写真撮って回ってるの?いやいや今日は旅の途中でここを思い出して、あらうれしいわぁ!などと会話を楽しんでると…

シーフードドリア旨し

前回、常連さんが食べてて美味しそうだったシーフードドリアをお願いしましたが、それが上がってきて…暑い日にアツアツなものを頼むのは一瞬どうかと思いましたが、店内は空調が利いてますから、待ってる間に身体も冷えますしね。
で、これもまた石窯で焼いてるんだと思うのですが、やっぱり美味しかったんです。ピザ・ドリアと来れば、次はパスタかな?などと、さらなる再訪を思ってしまう…いい店ですよ、ここは。一方で、島田に泊まって夜に来ても面白いんだろうなぁ…でも島田に泊まるってことがまず無いしなぁ…こういうのもまた、うれしい悩みなんでしょうね。


(つづく)

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

いつものコースですが⑬ 駅弁復活
んで、早くも実家を離れるときが来てしまうのです。

最終日も朝は植物性

最終日は乗る列車の関係で、いつもの朝7時からの朝食ではなく、ちょっと早めとなります。それゆえにこちらが“簡単なものでいいよ”と、作っていただくのは味噌汁くらいでと、あとは漬物とかそういうものでとかいいよとかいうのですが、きんぴらごぼうを作ってくれたりして。
だってあんた好きでしょといわれればまあ、自分でも普段から作ってるくらいですから確かにそうなのですが。で、きんぴらはようやくわたし、母の味に近づけました…娘みたいなこといってるな>俺。


そして最寄り駅まで歩き、途中にある地元ベーカリーでお昼用のパンをいくつか仕入れました。

徳山駅からジャンプ

山陽本線は未だ西日本豪雨であちこちが寸断されてます。往路では新幹線や代行バスで乗り切りましたが、復路ともなると時間帯的に代行バスは接続が悪くて(=そもそも本数が少ない)使えないし…結局は徳山駅から長駆、三原駅まで新幹線こだまでワープすることに。
結果的に、所要時間は在来線に比べればとんでもなく短くなるのですが。で、徳山駅の売店というか…駅コンビニ・ハートインは今やセブンイレブン化されてますが、徳山駅のそれにはちょっと驚くものが置かれてたのです!
買わずにおらりょうか!

ひかりレールスター車両のこだま

で、新幹線利用は結構な出費になるのです。そもそも山陽本線がこういう状態ですから、普通なら帰省自体を止めにしようと思うところですが…離れて暮らす高齢の親にもあと何回逢えるかという問題もありますしね。これもまた親孝行ですよ。
ホームに上がれば、やってきたのはこだまなのにひかりレールスター編成!700系ですが、これはこれでかっこいーのです。

完全禁煙車両

乗るのは当然自由席ですが、そこでふと気づく…レールスターって全席禁煙どころか喫煙室もない完全禁煙でした。もっともひかりにしろこだまにしろ、そう長時間乗るひとはいないでしょうから、禁断症状もギリギリ何とかなるのでしょうが。

山口・徳山から幸ふく弁当

そして、先ほど覗いた徳山駅のセブンイレブンハートインで見つけたのがこれです。山口県内からは駅弁が消滅してしまってたのですが、徳山駅で復活してました!
『幸ふく弁当』…“ふく”の名の通り、フグが使われてる弁当です。

※方言で、フグのことは“ふく”と呼ぶのです

おかずたくさんでご飯が見えない

これを新幹線の中で…まあ在来線に比べればあっという間に着いてしまうのですが、その間にいただきました。で…どうですかこの、具だくさん具合は!下のご飯が見えませんよ!
ふく天が入ってるのですが、ほかは野菜がたっぷりと!駅弁として考えると結構珍しいタイプです。しかも美味しいし、見た目より食べごたえあるし、これは好いですよ。
せっかくなんですから、これは根付いて今後も販売を続けていただきたいですよ。

三原から在来線

本来なら4時間かかるところをさすがに新幹線、こだまとはいえ1時間もかからずに三原に到着。駅弁食べて、ぼーっとしてる間に安芸を飛ばして備後入りしてしまいました。ここからは再び18きっぷで在来線です。

おやつとして地元パン

一応、地元ベーカリーでパンを買ってたのですが、今回これらは途中のおやつとしていただきました。子供の頃から食べてる、おなじみの美味しさです。

いつもより二時間早く到着

途中の不通区間を復路では新幹線でジャンプしましたから、宿泊地である大阪にはいつもより二時間も早く到着してしまいました。それだけの余裕ができたのなら途中で降り歩きしても好かったのですが、これは大阪で活かそうじゃないか、と。
環状線外回りに乗り継ぎです。


(つづく)

テーマ:駅弁 - ジャンル:グルメ

いつものコースですが⑦ 不通区間広島編
三原ー広島間が基本的には不通なのです。広島駅近辺ではピストンで動いてますし、三原駅からもバスが出てますが、このバスは近隣駅までの輸送。広島まで行くには在来線では無理だったのです。

じゃあどうするかというと…新幹線こだまで移動するしかありません。7/6以前に買った在来線の定期券や回数券を持ってるひとは特急料金の追加などナシで乗れるのですが、我々には普通に乗車券と特急券が必要です。

上がればびっくり

新幹線ホームに上がれば…何とサプライズ!あのハローキティ編成が上りホームに!ちょっと前まではエヴァンゲリオン編成だった500系です。

キティ500系

こんな色になってもやっぱり、500系のスタイルはかっこいーですよ♪航空機を思わせるような、いかにも速そうな感じが好いですよ。

来たのも500系

そしたらば…やってきたこだまも500系!個人的500系まつりですよ!
ちなみにこれが何なのか興味のないかたに申し添えておきますが、初めて300km/hで営業運転した車両なのです。もっとも、320km/h走行を前提に設計されてるのですが。
空気抵抗軽減のため、このように鋭く長い先頭車形状となってるのです。

航空機っぽさ

丸断面の形状ですから、内部もこのように航空機のようです。それが今や各駅停車のこだまですから。でもまあ、走っててくれることがうれしいですよ。
で、新幹線だけど部活高校生が多く乗車してて、なるほど代行運転利用なんだな、と。

広島で助かる

あっという間に広島駅到着。ここで充電用のあれを無事に手にできましたが、ビックカメラ開店までの約30分、近隣を観光。

猿猴橋再現

猿猴(えんこう)橋です。これ、戦前の姿に再現されてるのですが、装飾が素敵です。
日本橋などもそうですが、戦前の橋のデザインって装飾がかっこいーですよね。

駅前浜けん

そして…広島駅のすぐそばなのですが、こういう大衆酒場がビルの谷間で元気に営業されてるところがさすがに大都会です。

広島駅のすぐそば

夜は賑わうんだろうなー…いーなー、広島市民。

うにチーズ豆腐

“うにチーズ豆腐”ですよ!“漁師汁”ですよ!ビジュアルがなくても酒が進みそうなものだろうことは、想像に難くありません。
そして、山口入りとなるのですが…?


(つづく)

テーマ:青春18きっぷ - ジャンル:旅行

いつものコースですが⑥ 朝の山陽本線
そして開けた姫路の朝。ひさびさの姫路の朝…何せ西ですから始発の時間帯でまだ夜明け前です。

夜明け前の姫路

それが次第に開けてくるんですよ。その直前の、宇宙色のような空の色…これが好きなのです。

サンライズがサンライズと共に

そして始発列車の入線と…向かいには東京から四国や山陰へと向かう寝台特急『サンライズ瀬戸・出雲』が入線してくるという…目撃せずにはいらりょうか!
サンライズが、まさにサンライズの中を到着です!

かっこいいサンライズ

かっこいいなぁ、寝台車は。やっぱりこの、車両限界ギリギリまで大きく取られたサイズ感ですよね。屋根なんて普通はエアコン室外機が載ってるようなところまで思いっきり膨らませてますから。入線は迫力ありますよ!

内陸部閑散区間

サンライズを見送って、こちらもスタート。ここで関西限定と思われたセブンイレブンのご当地おむすびを楽しもうとしたら…そういう話も書きましたね。
列車は一路、閑散区間を。この、姫路~岡山間はダイヤが薄いので18きっぱーには少々ボトルネックなところですが、ずーっとこういう風景ですから仕方ないといえばまあそうなんですよね。

サンフレッチェラッピング

岡山到着。ここで乗り継ぐのですが、本来なら広島行きの列車は糸崎止まりとなってます。それもこれも…そうなんです、この時期は西日本豪雨による線路の寸断などで、幹線の山陽本線でさえまだまだまともに機能してなかったのです。
サンフレッチェラッピング車両が来ました。この次の列車が三原行きなので、どっちみち糸崎でそれに乗り継ぐことになるのですが、珍しい車両なので…これでまずは糸崎まで。

金光駅

途中、金光駅。金光教の本部があるところですが、団体用のホームが壊されてました。こっちに新しく南口を造るということでしたが、そういうホームも要らないくらい(以下略)。

糸崎駅

そして糸崎駅に到着。しばしの接続待ちを経て後続の三原行き列車の客となるのですが、ちょっと外に出てみました。もしかしたらあれを調査できるかな?という期待もあったので。

セブンイレブンにあれはなかった

これといったものがあるわけではなく、車両区だから始発/終点の設定となってるわけですが、あったらなと思ってたセブンイレブンが。おむすび棚を調査したかったのです。姫路で楽しんだあれらのおむすびはありませんでしたから、やっぱり関西限定だったんだな、と。
もっとも、中国は中国で限定があったりしましたが。

お届けができない状況

駅ホームの自販機には、このような事態も。水や水に近いものから売り切れてくんですよね。東京でもそうでしたが、ここらの場合は消費に供給が追いつかないという理由だけではなかったはず。
そして、ひと駅だけ移動の列車がやってきました。


(つづく)

テーマ:青春18きっぷ - ジャンル:旅行

北海道2018 7-1 稚内スタート
北海道滞在もいよいよ最終日前日。例によって18きっぷ移動です。道央へと向かいます。

最北の朝はウミネコの鳴き声とともに

今年も安くホテルが取れました。一時の狂乱インバウンドも過去の話となったか、ありがたいことです。一泊20万円とか、そんな部屋残ってても泊まれませんし。副港経由で朝日を見ながら…っていうか、やたらそこら中にセコマのある稚内市ですが、5時前となるとまだ朝早すぎて営業してるところはほぼないので、24時間営業の南稚内店へ寄って朝食を仕入れたついでにこっち経由で。
ウミネコの声で迎える朝も最終日です。

※すすきのにもいるけどさ、雰囲気がね

具が独特なおにぎり

こんなところを。筋子は定番ですが、あとふたつは具が面白くて。ポークカレーは完全にワンハンドカレーライスでしたし、手巻き寿司でスパイシートマトチキンですよ?この具が酢飯とあってるから不思議でした。
そしてお茶。これはただのお茶ではありません。これはセコマの10本買って1本もらう企画でいただきました…あ、タダで手に入れたお茶か、ははは。

最北端の線路

線路の最北端です。鹿児島の指宿枕崎線・西大山駅が最南端なのですが、一度それを走破する旅なんてやってみたいものですね。
かつての始発は6時台でしたが、今は繰り上がって5時20分ですから、始発発車時は無人駅状態です。ゆえに18きっぷの発券などみどりの窓口に関係したいかたは、前日までに済ませる必要があります

広がるいつもの牧草地

例によってあまり乗客は乗ってませんが、原生林や原野を抜ければおなじみの牧草地。果てしなく広がるスケールが、さすが北海道です。

下沼駅ぬまひきょん

途中、停まった下沼駅でびっくり!こういう、鉄道車両を転用した駅舎は通称ダルマと呼ばれてますが、ここのそれって以前に写真を撮った紋穂内駅のように外装が激しく傷んでて、蔦が絡むがごとくに錆びてた記憶があるのです。

きれいに塗装されてるどころか…何やらキャラクターまで描かれてます。これは一体…と思って調べたら、地元の皆さんによって再生を図るプロジェクトがあったそう。詳しくはこちらをどうぞ。いい話です。


大好き天塩川

そして、みんな大好き天塩川…いや、皆んな大好きかどうかは判りませんが、わたしの大好きな天塩川です。この日は天気もよろしくて、雄大さがさらにブーストするがごとく。
こんな朝早くから降り立って何かされてるかたがたが遠くに数人…やっぱり、釣りでしょうね。


(つづく)

テーマ:青春18きっぷ - ジャンル:旅行

出たとこ勝負
今日から夏の旅第二段・帰省編となりますが、困ったことに西日本豪雨被害が未だ深刻で、山陽本線の一部は間引き運転や代行バスなど…岡山以西はいつものパターンが通用しない事態となってます。
特に三原~広島間に至っては山陽本線も呉線も全通しておらず…今回は残念ながら、呉のいつもの店でカレー食べるイベントはナシですねぇ…タメイキ*。

今日は岡山辺りまでなので問題ないのですが、明日からは新幹線~こだまも駆使しつつとなります。
とりあえず、Twitterでも何か書きますので(@tabibitokabaei)、ひまなかたはそちらもよろしくお願いいたします。

テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行