さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
作りながら食べる花見
本来は仕事が入ってたのですが、急に中止となってしまって暇となりました。
仕事日だったから他の~遊ぶ予定とかいれてませんでしたし。

おりしも東京は桜が満開です。ついこないだ開花したと思ったら、あっという間に満開です。
じゃあせっかくだから、お昼は近所の公園でいただこう、と。

お花見1~ソメイヨシノ

風の強い日でしたが、晴れ渡った空を背景に桜が美しく映えてます。
思ったほどの人出でもなかったのはやっぱり、世間は平日だったからかも知れません。
こんな時こそ“アウトドア寿司”だろうとも思ったのですが、それではいつもやってることと同じですし、ここはちょっとひねって自作のサンドイッチで、と。

お花見2~素材セット

とはいっても、うちで作って持っていく普通のそれとは違います。
ある程度の準備はしますが、完成は現地で、と。作りながら食べるんです。
今回は、ちぎったレタス・ゆで玉子・ゆでたソーセージ・買った生ハムに、自宅でスライスしたバタール一本といったところです。
一応、調味料としてマヨネーズとケチャップも持参しました。

お花見3~ソーセージ

これはレタスとソーセージに、マヨネーズとケチャップ少々で。
美味しいんですよ、これが。

お花見4~ゆで玉子と生ハム

こちらはレタスにゆで玉子と、生ハムで。生ハムの塩っ気で調味料要らずです。
この組合せはなかなかでしたよ。生ハムのしょっぱさとゆで玉子が好い感じのハーモニーを奏でる(笑)んですよ。

お花見5~注意書き

公園内にはこのような注意書きが。
火気を使えればシングルバーナー(=わたしはスノーピークを愛用)でお湯を沸かして、スープなんかも楽しめるところですが。ちょっと惜しいですね。

あ、下の看板の…わたしは不審者ではありませんよ!

お花見6~よい天気

この近所でアウトドアな仕事をされてた皆さんも、コンビニで買った弁当やカップめんなどを持ってきて、サクラの下でそれぞれ楽しんでおられましたし、近所にお住まいの方で弁当を持参して食べてるかたがたもいらっしゃいましたが、素材を持参してサンドイッチを作りながら食べてるひとは他にいませんでした。

お花見7~幹から小さく

まあ、傍目には不審者っぽいかも知れませんが。
でも、楽しいですよ。具の水分でパンがふにゃふにゃになってしまうこともなく、レタスもしゃっきりしたままいただけますし。
何よりもまあ、必然的にゆっくりと落ち着いて食べることになりますから、贅沢な時間の使い方でもありますしね。

お花見8~オオシマザクラ

食後に、自販機で買った温かい缶コーヒーをいただきつつ、せっかくだから消防学校の寮まで足を伸ばそう、と。
ここには通り沿いに見事なオオシマザクラの並木があるんですよ。

お花見9~さわやか

ソメイヨシノの薄ピンクな色も好いですが、葉も一緒に出てるオオシマザクラはその緑色も視覚的にミックスされるので、パステルグリーン的なさわやかさを感じます。
やっぱりサクラは好いですね♪


ひとり花見でしたが、このように作りながら食べる花見ってのも面白いですよ。関東の見ごろは今週末辺りまでかも知れませんが、興味ある方は是非!アウトドア簡単クッキング花見をお試しください。


スポンサーサイト
のんびりと瀬戸内を移動しながら…広島駅の立ち食いで贅沢にっ!
春の実家帰省(=三月中旬)からの帰京の話です。
折りしも未明に伊予灘地震があって(そんなころの話です)、その影響で山陽各地でも線路点検等で始発から運転見合せなどが。
何せ趣味性が高じての18きっぷでの旅程ですので。

この辺については『鉄道ドットコム』でのリアルタイム更新を見ながらの判断でしたが、おそらく早めに順次再開していくだろうと踏んで、実家からスタートしました。

で、これは当たりでした。行く先行く先ですでに順次再開となり、ダイヤはまったくの時刻表どおりに進みました。
日本の鉄道は(基本的に)優秀ですよね。

ラッピング車両

これは途中駅で。『三年寝太郎』という民話がありますが、当地の『厚狭(あさ)の寝太郎』にちなんだご当地民話のラッピング車両のようです。
こういった車両は楽しいですよね。
で、厚狭駅のある山陽小野田市では、市のキャラクターが『ねたろう君』という…そういうことらしいです。

金魚?

そしてその先でも…途中駅で出会った(=出遭った?)この…たぶんご当地キャラ。何か撮影をされてました。
柳井港当たりが金魚提灯で…ということで、それで金魚?と思ったのですが…

金魚とみかん

みかんだったか!何だか…どっちかにして欲しかったな、と。
これ、ちょっと距離を置いて観ると…結構不気味ですよ。“きもかわいい”路線を狙ってるんだとしたら…失敗しそうな気がします。
だって、生理的に何だか…金魚かみかんか、どっちつかずなんですよね。でもってみかんの表情が(以下略)。
これ、2Dだとそんなに違和感無いんじゃないかと思うんですが、立体化すると(以下略だってばさ)。


そして広島駅着。時刻的にちょうどお昼タイムだったんですよ。
かといって、乗り継ぎ時間を考えれば、外に出てゆっくり楽しむほどの時間も無く。
そんなときの味方が、ホームにある『ひろしま駅弁』の立ち食いうどん/そばですよ。
ここにはカープ応援の『赤うどん』があるんですよ!

赤うどんに牛すじプラス

今回は温かい赤うどんに、トッピングで『牛すじ』を追加。
たまらん美味しさでした。実は旧ブログの記念すべき第一回目に取り上げたのが、ここの牛すじうどんだったんですよね。
牛すじ好きにはホント、お薦めです。ちなみに温かいうどんだと揚げ玉ではなく、このような天ぷらが載ってました。

ここはお薦めスポットです。広島駅&周辺で安く早く…そして《美味く!》済ませたいなら、ここがイチオシです。

そして旅は順調に進みました。

梅田スカイビル

この、変わった形の梅田スカイビルを車窓に見ると、どっちから来ても「ああ、大阪だなぁ…」と思いますよ。


(つづく)


美味い!『カニカマ丼』♪
うちにある在庫食材だけで何かしら作る…雨降って外に出たくないお昼なんかによくやることですが、今回はカニカマがあったので、それを使った木の葉丼…とも言えますかね?
ま、カニじゃなくてカニカマですから、カニ丼とは言えませんよね。

カニカマ丼

基本的には親子丼と同じような作り方です。鶏肉がカニカマに替わっただけです。
カニカマはロール状の生地から出来上がってるっぽいので、縦方向にざっと三分割くらいに切っておいたほうがカニっぽくなると思います。
これが案外美味しかったんですよ。やっぱりカニ風味のおかげですかね?普通の木の葉丼とか玉子丼とかよりも、もうひと味ある感じです。

三つ葉じゃなくて刻みネギでも美味しく、彩りよく出来ます。何と言っても低コストで美味しく出来るところが好いですよ。
カニカマ好きなら是非お試しください。


その他の海の仲間たち
何かもう、WINDOWS 7には全然慣れませんが(=まだ初心者だし…)、特にファイルとかが解りにくいです。何かもう、右往左往です。
次第に慣れていくんでしょうか。今はまだ、XP のほうが断然使いやすいと思うんですけど。


さて、データ移行も一応完了しましたので、すでに書いてたその他の、実家で楽しんだいろいろを。しかも魚系です。

タイラギとホウボウ

コレは買ってきたモノの自宅盛り合わせで。
タイラギ(=難しいですが平貝と書いてタイラギと読みます)の刺身が出てたんですよ。しかもコレが宇部沖産という、地元産!

タイラギは巨大で無骨な三角形で真っ黒なその貝殻込みで(=ご存じない方はムール貝(シウリ貝)が巨大化した感じだと思ってください)有明海の名物でもありますが、国内ではなかなか採れなくなり、産業関係でリーズナブルな製品では原料を近隣諸国に依存してる状況のようです。
今回のこれは瀬戸内つながりで近所なところでの産。うれしいですよ♪

見てのとおり貝柱の刺身なんですが、これは同じような見た目のホタテ貝柱とは似て異なります。
サイズはタイラギのほうがさらに大型ですが。
ホタテはねっとりしっとりした感じがあると思うのですが、タイラギはシャッキリスッキリみたいな感じ…解っていただけますかね?
だから、ホタテとは違って薄切りにされてます。これが美味しくてうれしいんですよ♪

お供はホウボウの刺身。これまた知るひとぞ知る美味しさなんですよね。
小型のものを買ってきて自分で捌いてたりしましたが、刺身で好し焼いて好し、アラの潮汁ががまた好し…完璧でうれしい魚でした。

ホウボウはさておき、国産のタイラギは今後どうなるか不明ですし、見つけたら是非購入を!
美味しいですよ。巨大な貝丸ごとで手に入らば、その貝柱は半分を刺身で、もう半分はバター焼きでなんてのも一興です。

鯛の潮汁

新鮮そうで綺麗なマダイのあらが安く出てたので、それを潮汁に。あおさもプラスしてます。
これはもう!知るひとぞ知るそれです。まずもって、鯛のあらって好いダシが…いやいや“好すぎる”ダシが出るんですよ♪

百聞は一見に如かず…いやいや“ひと口”に如かずですよ。魚の王様と称されるマダイでもあらは結構安く出てますから、お吸い物には最適です。香りがたまんないんですよね♪
アタマが巨大すぎるがゆえに歩留まりの悪さで敬遠する向きもありましょうが、その無駄な部分はそれはそれで美味しく使いまわせるんです。マダイのアタマの旨さと言ったらアナタ…たまらんですよ♪
これはお薦めです。

とろけるノドグロ煮付け

ノドグロの煮付けです。これは冬場のカワハギの煮付けと共に実家での定番です。
絹のようなしっとりとした白身に、たまらない脂の乗り…そこに調味料…煮付けの醍醐味です。

ノドグロも以前は“赤ムツ”と言われてたんですが、ノドグロ=高級魚のイメージが普及したからか、実家辺りでも最近はノドグロ表記してたりします。
美味しいことに変わりはありませんが、ノドグロ人気で価格が上がって買えなくなることだけはご勘弁です。

魚が美味しい、しかもバリエーション多数…これはもう魚好きにとってはパラダイスですよね。
帰省して一番のしあわせです。

引っ越しがすんごく手間!XP→7!
まもなくWindows XPが使えなくなってしまうので、何とかしなければなりませんでした。
この三月はこういったタスクが多くて、実家に帰って庭木の甘夏を収穫するというのもそのひとつだったし、自転車パーツのインストールなんてのもそうでした。

で、これまで使ってたDELLのPCは、いつものように中古で買ったものとはいえハズレな個体だったので早く買い換えたかったというのもあったんですが、XPが使えなくなるまで待つか、と。
それが今、来たわけですよ。

いつものように秋葉原…というか、うちからは都営新宿線・小川町駅になるんですが、そこからいつもの『イオシス』へ。事前にHPでチェックしてたんですが、NEC Mate の7でCore2Duoでメモリ2Gのが大量入荷してて、それが¥16,800-なんですよ。

まっさら画面

買ってきました。で、デスクトップ画面上にごみ箱以外何も無いという…これはこゆ時くらいにしか見られませんよね。

とりあえず、まずはIEでエッセンシャルをDLして、次にUpdateを利用して、そしてFirefoxをDLしたら…IEが用済みになってしまうのが(以下略)。


で、困ったのがデータ移行。以前、XP→XPの時はまあ簡単でしたが、今回はそゆ訳にはいかないんですね。
XPと7ではいろいろとシステムが違うらしく、データそのままでは移行できない、と。

※同様の境遇の同志よっ!こちらを参照!

んでですね…実はわたし、最初はXPの時と同じでいいと思ってて、そのようにして外付けHDDからインストールしようとしても…該当するデータがありませんみたいな表示が。
上記のような、専用のソフトだかアプリケーションを使わなければならなかったんですね。

で、これはものすごく時間がかかるので、すでに書いてる原稿を使えるのはまだ先になりますし、
この原稿はとりあえずFirefoxの次にインストールしたOpenOffice のWriter で、いつものように書きました。

ALPHA.jpg

何かしら新しいものがうちにやってきた場合、佳き酒肴で祝うのですが、今回はまず…もう出回ってる『初鰹』の刺身で。二月頃から魚屋さんには並んでましたが。

脂の少ない初鰹ですから、薬味野菜たっぷりではなく、芥子でシンプルにいただく…『おせん』で学んだことです。美味しいですよ、これ。
写真に写りこんでる芥子、これはヱスビーの缶入りの粉末のそれを杯でこねて伏せて…定番です。

で、酒ですよ。いつもの『風の森』(奈良)から『ALPHA』なる新ラインナップが出てたので、“新しい”という共通キーワードからそれを。
いつもの風の森と違って度数が低めです。通常のそれは17度くらいありますが、これは14度なんですね。
ラベルが日英併記なので、もしかしたら海外展開でもある商品なのかも?

味わいはいつもの風の森と同様ですが、ガスが強めな気がしました。美味しいです♪


と…実はまだまだデータ移行も途中なんですよね。
とにかく、まずデータを外付けHDDに移したり、新PCに取り込んだりすんのにそれぞれ半日はかかると見といたほうがいいです。

そんなわけで、実家滞在から帰京への根多はデータ移行完了後ということで。

小さなメゴチの大きな味わい
これまた実家調理根多です。

小さなめごち

指くらいのサイズの小さなメゴチが大勢(笑)パックされて売られてたんです。しかもアタマを落とされ、わたも取れてます。
パックには“からあげに”のコピーも。想像するだに美味しそうですよね。
しかも油の温度は170℃が目安です、とも。親切ですよね。

から揚げが最高

その日は、小エビがあるからそれを唐揚げにするという予定があったので、メゴチも参加することになりました。
手前がメゴチで奥が小エビです。

これ、たまんなかったですね。こんなサイズなんですがほこほことした身の旨味はしっかりあるし、骨や尾ひれがクリスピーだったりして…イコール“酒が進む!”んですよ(笑)。
もちろん、ご飯に合わせても美味しいと思いますよ。たくさん作ったならお弁当のおかずにしても嬉しいと思います。

旨味そのままアゲイン

ビールが止まらなくなる味わいですが、途中からは沢の鶴の『旨みそのまま10.5』にチェンジ。
これ、その前の帰省時に実家近所のスーパーで見つけて『がんす』などと共に楽しみましたが、東京のうちの辺りじゃ未だに見かけないんですよね。
米の旨みがしっかりしてるので、度数は低くても美味しいし、料理の味も引き立ちます。
少量でも満足が高いから、飲み過ぎ防止にもなりますしね(笑)。

メゴチの唐揚げも、旨みそのまま10.5も、どっちもお薦めです。小さなメゴチを売ってたら、是非唐揚げでお楽しみください♪ご飯も酒も止まらなくなりますから!

卒業の季節~『ラ講』もいよいよ最終回
昨年秋から始めたNHK第二の、いわゆる“ラ講”でのロシア語勉強。いよいよ最終回で、スキットも大団円となりました。
『まいにちロシア語』入門編では、《今日の会話》におけるサーシャとマーシャの恋の行方が気になる…そんな展開もあったんですよ!オクサン!

大雑把に言うと、独身女性であるマーシャが、誕生日プレゼントをくれた男性・サーシャに好意を持つのですが、訊けばサーシャには《息子》がいるということを知ってしまうんですね。
で、おそるおそる「奥様はいらっしゃるんですか?」とか訊ねるんですが、「いいえ、わたしに妻はいませんよ」との返答が。
サーシャはシングルファーザーだったのか、と。

その後はサーシャに急接近するマーシャですが…?

ここまでは以前に紹介してます

それからですよ。すれ違いの日々が始まるんですよ。
マーシャもサーシャもお互い近づきたいと思ってるようでしたが、たまたまマーシャが通りがかってサーシャに時間があるか訊ねれば、折りしも大忙しでそれどころでは…と。

サーシャの息子・イーゴリが長いこと体調不良で、街中でバッタリ逢ったマーシャのお父さんは確か医者だったと思って紹介を願えば…父はもう働いてないんですよ、父の友人を紹介します、と。

ああ、もどかしい!

で、この二人のストーリーはしばらく登場しませんでしたが、最後の最後になってこの二人話の〆ですよ。

今日の会話

これだけでは意味不明でしょうから、日本語訳も。

マーシャ良かったね♪

医者を紹介してくれて、それで息子・イーゴリがすっかり良くなったことのお礼として…何とまあ!サーシャはマーシャを家に招きたい、と!
そしてマーシャも“喜んで!”的に、と。

何だか…良かったね…マーシャ良かったね、と。やっぱね、すぐにくっつくもんじゃないんですよね、男女って。
そこは日本もロシアも共通してるのか?お互い惹かれあってても、状況が邪魔をしたり…そもそもサーシャはシングルファーザーだし、息子イーゴリは別れたママを恋しがってるし…結構複雑で…これ、ホントに語学講座の初心者向けスキットなのか?

そんなこんなもありましたが、本気で半年間NHK第二のいわゆる“ラ講”で学んでみて、これは確かに身に付くというか、素晴らしい講座だなと思いましたよ。
テキスト代はかかっても、聴取はタダですし。わたしはICレコーダで予約録音してましたから、聞き逃しもありませんでしたし。

とにかくAMラジオでは以前から“聞き流すだけの英会話教材”のCMがうっとうしい上に脅迫産業的ですごく嫌な気持ちになるんですよね。
「明日から会議は英語でやるなんて言われたらどうしますか?」って、平日午前に『ゆうゆうワイド』を聴いてるリスナーが明日から英語で会議するような境遇に身を置いてるか!バカか!この会社は!
でもって“話せるようになる”とは言ってないんですよね。聞き取れるようになるとは言ってますが。これはハングルとかもそう。空港で、近くで話してた現地の人の話してる内容が解った、と。それに何の意味があるんだか。
広告塔のプロゴルファーがインタビューで「英語は解らない」と言ってるくらいですしね。
外国語学習も、聞き取りだけじゃせいぜい映画を字幕なしで観て云々くらいしか使い道が無いでしょ?相手の言ってることにその言語で答えられてこそでしょ?
聞き流し教材にはそれが無いよね。

そんなもんに金払わなくてもNHK第二のラ講を利用すれば基本的にタダですし、テレビで受信料というお金を払ってても充分元が取れるんじゃないかと思いますよ。
特に英会話に関しては、全くの素人から普通にしゃべれる人や、それ以上のエキスパートな人まで、それぞれに向けた語学講座がありますしね。
有効活用しましょう。


で、次期もまたロシア語講座各種は受講しようと思います。テキストも買ってありますし。
一方で英語…とっさのことを思えば、わたしに必要なのは『ラジオ英会話』の粋な言い回しよりも、『英会話タイムトライアル』の確実性と瞬発力だなと思ったので、3/31からはTTも受講すべくテキストも買いました。
AKさんがTTも受講されてましたが、ヒアリングでは普通に英語が解るかたでも、しゃべりに関して不安があればこれは素晴らしいトレーニング番組かと思います。


とりあえず、学ぶ同志!今期も頑張ろうぜ!