さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
うれしい誤算の『焼鳥丼』と、ランチタイム喫煙問題
仕事で青山に呼んでいただきました。で、そこでのお昼となると、やっぱり前に伺った居酒屋のランチが好いな、と。
もっとも、他には吉野家とココイチとコンビニと…これといった店が無いんですけどね。
ビル地下のレストラン街ではラーメン一杯が¥1,000-を超えてるし…。

さてその店。親子丼やざるそばといった定番メニューも(場所を考えれば)安いのでこころ惹かれますが、それよりは高めではあっても美味しい¥950-の日替わり数種に何だかわくわくするというか、こころときめいて…そこまではいかないか。
この日の日替わりは肉系が『焼鳥丼(温玉付き)』で、魚系が『さば味噌煮』でした。このところ魚はうちで毎日のようにいただいてましたから、それではと『焼鳥丼』で。

ここ、基本的には焼き鳥の居酒屋なんですよ。だからどのようなものが出てくるのか…妄想がアタマぐるぐるでした。
商店街生活者にとってはそれこそお昼時なんかに、鶏肉屋さん(=建物の老朽化で最近惜しくも閉店)が店頭で焼いて売ってた焼き鳥をタレで数種類(※)いただいて持ち帰り、それをホカホカの丼飯の上に串から外しつつ並べて、仕上げにお店自慢の長年継ぎ足しながら…な、添付のタレをかけて、んでもって自前の芥子なんか丼のふちに塗りつけたりして…そうやって楽しんでたものでした。

※ちなみに組み合わせ。自家製つくねは外せませんでしたが、後はひな肉とレバとか…そんな感じだったかな?丼物ならもつ系はすなぎも(=西日本では“すなずり”)などよりはやっぱりレバでした。

で、夜は焼き鳥メインの青山の居酒屋さん!果たしてどのような焼鳥丼が出てくるのやら…つづきはCMの後!

↑ウソ

焼鳥丼

ビックリしました!丼の上部構造、メインは鶏肉照り焼きに鶏そぼろ。これは…焼鳥丼というよりはむしろ『鶏照り焼き丼』ではないか!
イメージしてたそれとはかけ離れてるぞ?あ、でも鶏照り焼きも“焼いた鶏”ではあるんだよな…複雑。

ただ、この照り焼きが美味しかったんですよ。そして途中から温玉を割り入れて…このように肉系の丼物に玉子をというと先日に盛岡で楽しんだそれを思い出します
美味しかったんですよ、このオプションは。自宅で似たようなことをやる際に真似しようかな?
今回のこれ、鶏照り好きにはうれしい誤算でした。


ただ、この店。ランチタイム禁煙じゃないんですよね。コレまでは偶然めぐり合わせませんでしたが、この日はひとり分空けた隣で、待つ間にスマホに向かいながら絶え間なく喫煙する若い女性の先客が。
ひとりだとカウンターに通されますが、それがまあ…場合によっては悲劇の始まりみたいなものか?

わたしもかつては喫煙者でしたが、食は食で楽しみたいですし、ランチタイムに喫煙O.K.だったとしても当時から吸いませんでしたけどね。でもってそれはわたしだけでなく、一般のこころある喫煙者も同様なんじゃないかと思うのです。
確かにこの界隈…港区も路上喫煙禁止が基本だから、そこで飲食店は「うちでは吸えますよ♪」と、喫煙スポットとしてアピールして集客を考えてるのかも知れませんが、この時代となってはどうでしょうか?逆効果になりはしませんかね?

「あそこ、美味しいんだけどランチタイムに喫煙可なんだよな」、とか
「料理は美味しいんだけどタバコ吸って待ってる女が多いしさ」、とか。


そう、特に女性が多いんですよ。世間一般イメージでは現場作業員やオヤジ世代の男性がと思われるかも知れませんが、実際に「だって、吸っていいんでしょ?」的に平気で吸ってるのは、コレまでの目撃例のほとんどはオフィスワーカーと思しき女性達です。

※この期に及んでの路上喫煙者もまあ東京では、若い女性が多いのですが。あれは何ですか?喫煙女性がかっこいいとかananとかで書かれてんですか?

各オフィスに喫煙所はあるはずだから、そこで吸ってりゃいーんじゃないかと思うのですが、そこで吸う姿を同僚などに見られたくないとか…なのかな?
吸うんだろ!?えーかっこしてんじゃねーよ!とも思います。吸わないひとよりたくさん納税してんだし、喫煙者として誇りを持てよ!と。

女性の中の文化では、喫煙についてはまだまだ(=普通は語られない暗黙の了解な部分とか)一般化してないのかも知れませんし、吸いたいという欲望のままに突っ走ってしまってるんでしょうか。

まあ結局は民度の問題なんでしょうけどね。灰皿は置かれてても他に吸ってるひとはいませんでしたし。
難しい問題ですが。

で、当の女性には当然わたしより早めに料理が出てきたので、そこでタバコは消されました。やれやれ。
で、このひとがご飯食べながらタバコ吸い始めたらどうしよう…んな訳ぁないのが普通ですが、ありえなくはないですしね。
そんな心配もしながら、でも美味しかった『焼鳥丼』でした。


スポンサーサイト
小泉先生の『焼き納豆丼』!
これはラジオのポッドキャスト番組で教わりました。ここで言う小泉先生とは、発酵食品の権威であり、その恐れ入ってしまう権威はとりあえず置いといて、いつも面白すぎる小泉武夫先生のことです。
著作も面白すぎますが、ラジオに登場した際の本人の語り口がまた面白すぎるのです♪

小泉先生といえば発酵食品。発酵食品といえば納豆。
納豆の美味しい食べ方として紹介されてたそれを実際にやってみました。
ラジオ経由のインターネット経由ですが、小泉先生直伝です(笑)!

納豆といえば、とにかくもうそのままでも美味しいのですが、それに熱を通して、しかも玉子と合わせるという。
まず用意するのは、四角いパックに入った(笑)納豆。熱して油を引いたフライパンにその四角い納豆をそのまま移して焼く、と。
そして、その面が焼けてきたら納豆を裏返して反対側も焼きつつ真ん中にくぼみを作り、そこに生玉子を割り入れて、後はふたをして蒸し焼きに、と。

※小泉先生はそこに丼でふたをすると申しておりましたが、普通のふたのほうが一般的だと思います

当然というか、火は弱火ですが、まあこんなもんだろ?な辺りで火を止めて、丼飯の上にそれを移す、と。

小泉先生焼き納豆丼

これです。作成の工程上、どうしても綺麗なかたちに仕上げるのは難しそうですが、普通に作ったこんな感じでも味は素晴らしいですよん。特に火が通ったというか、表面を焼かれて香ばしくなった納豆!これは未知の世界でしたよ。

味付けは全くなされてないので、物足りないならここにお好みで調味料を。でも、このままでも自然が持つ塩分とかあるし、美味しいですよ。

彩りも考えて刻みねぎとか刻み海苔なんかをばら撒きましたが、これはなかなかヒットです。
で、てきとーに混ぜながら…特に半熟目玉焼き状態の玉子を崩しながら混ぜながら、と。
たまらんですよ♪

特にたんぱく質がたくさんです。納豆もそうですし、玉子もそう。
パウァチャージな、しかし簡単に出来てしまう丼モノとしてもお薦めです。しかもこれ、美味しいですし♪
今日はここ一番…そんな日の朝食…朝からこれは重いか?でもまあ、山に登るとか、自転車で峠越えとか、そんな時の前にはお薦めかも。

とか言う理由は無くても、単に美味しいです。納豆好きや玉子好きなら是非!
小泉先生直伝のこれ、発酵好きなら日常アイテムに加えたいですね。


実は東京にも結構あったりする
仕事で呼んでいただいた、世間は休日のオフィス街にて。
こういうときはお昼に悩むことが多いのです。平日と比べて人口が激減するもんだから、土日祝は休みなんて店も多々。

そういうときこそビジネスチャンスだとばかりに開けてくれてる店はありがたいですよ。まあだいたい、夜は酒を出してるチェーン店が多いのですが。

で、牛タンの店があったんですよ。牛タンといえば仙台ですし、先日も東北行の際に仙台空港に寄り道して美味しい牛タン定食をいただきましたよ
その一方で、新宿にはチェーン店もインディーズも込みで、意外に牛タンの店があったりするんですよね。

以前ニュースで、ご当地B級グルメ的な新宿名物を作ろうとしてうどんを持ってきたようなフードサービス資本(多分)の話をネットで読んで違和感を感じました。
新宿でそういったものといえば、まずはカレーじゃないのか?歴史とステイタスの新宿中村屋だけでなく、昔っから元祖的なファストフードとも言えるC&Cのカレーとか、他にも結構歴史のあるカレースタンドとか…まずはカレーだろうよ、と。

で、牛タンも“新宿の味”といってもいーんじゃないかな?とも思うのです。『ねぎし』とかね。新宿名物のひとつと言ってもいーんじゃないの?と思うのです。

牛タン定食

新宿でもねぎしでもありませんでしたが、港区某所のここも美味しかったです♪
夜は居酒屋として人気みたいでしたが、お昼にはこのような典型的な牛タン定食が。
東京の牛タン定食の常として『とろろ』も付いてますが、ちゃんと漬物も南蛮も付いてます(笑)。
やっぱ南蛮ですよね♪

で、この店。麦めしがお替わり自由だったんです。その日はド早朝からの仕事でお腹ペコペコだったってのもありましたし、丼飯をフルでもう一杯いただきました。
あ、そうそう。これは一人前なんですが、牛タン1.5人前ってのもあったんです。でも最近は塩分の問題もあることですし、ノーマルのそれでご飯を二倍食べられてしまうという(笑)。
美味しいお昼でした。この街に呼ばれたときには、時々はここで牛タンもいいかな?と思いましたよ。消費税値上げ前の話ですが、これで¥1,260-でしたから。しかも麦めしお替わり自由でしたから。
単なる価格帯的には高いお昼とも言えますが、仙台に思いを馳せたり、新宿の味を再発見&再確認出来たり…満足度を考えるとうれしいお昼でした。


折り紙こいのぼり
商店街暮らしなのですが、たまたま前を通りがかった、とあるお店のおかあさんが「ちょっとちょっとお兄さん」と。
何かと思いましたが、「え?何ですか」と近寄れば、「これあげる」と。
折り紙で作られた『こいのぼり』でした。

折り紙こいのぼり

こういう才能の無いわたしは素直にうれしいです。「割り箸に挟むとこいのぼりになるわよ」との仰せの通り、割り箸に挟んでみました。こんな感じです。かわいいです。
こいのぼりを飾るなんて…何年…いや何十年ぶりだろう。

多分、誰彼と無く声をかけてたのではなく、この大型連休を都内で過ごしそうな、しかも独身と思われるひとに声をかけてたっぽかったです。
何か見透かされた感はともかく、こういったことはうれしいですね。東京といえばコンクリートとアスファルトとガラスで出来てる無機質な街だと思ってるひとも多いかも知れませんが、このように日常は人情味にあふれてます。
まあ、地域によるのかも知れませんが。

これがこの日の天使でした。

春のご飯
春のおかずの次は春のご飯を。
コレは大家さんからいただきました。

風邪引いたりして、でも仕事は忙しかったりして…身体はてんやわんやでしたが、そんな中で大家さんから「炊いたからどうぞ」といただきました。
『たけのこご飯』です。春のご飯ですね。

※大家さんから惣菜などをいただいたりしてる話を時々書いてますが、こういった生活について「今どきそんなことが?」と思うかたもいらっしゃるかも。今や、東京だからこそ!かも知れません。って言うか、商店街住まいだからこそかも。

春のご飯

それを茶碗に移し、刻み海苔は自前で。たけのこの香りと海苔の香りは喧嘩しないと思うんですよ。
むしろお互いを高めあう、みたいなー。
ちなみに刻み海苔。市販のそれではなく、暇なときに普通の焼き海苔一帖をハサミでチョキチョキ刻んで作ったものです。なかなか有意義な暇つぶしですよ♪

美味しかったです。この春は忙しすぎてたけのこどころじゃなかったのですが、これからの大型連休はそれなりに暇も出来る予定なので、自分でも何かしら作りたいなとも思います。
でもって、やっぱり大家さんの作る料理は美味しいし、それを参考にして…と、いつもというか長年思ってるのですが、それを完全に自分のものには…コレはやっぱり少ないですね。
それはまた、母から教わった料理についても同様。アタマで解っても、実践して同じように出来るかというと、それはまた全くの別問題なんですよね。

いやはや、家庭料理は奥が深いです。


春のおかず
このところ長らくの闘病生活&投薬治療だった関係で、当然のことながら長らくの禁酒生活でした。
途中に血液などの検査もありましたが、禁酒生活の結果として肝臓関係の数値がほぼ問題無いくらいに改善されてた、と(笑)。

コレが一病息災というものでしょうか?ちょっと違いますよね。
で、春のおかず皿をひとつ。

禁酒中となれば夜も晩酌などはもってのほかで、普通におかずを作って晩ご飯を食べて…そんな生活でした。
で、わたし。魚が好きなんですよ。でも魚料理といえば何となく…酒の肴なんですよね。
刺身とか特に。コレはご飯じゃなくて酒の友だろ、と。

外ならともかく、うちで食べるなら塩焼きなんかもやっぱり酒かなぁ…とか思いつつ、ふと考えたのがムニエルとかポアレとかの、あの類。
同じようなものだろうと思われる方もございましょうが、これはわたしにとっては“おかず”なんですよね。んなもんだから、闘病生活中は矢鱈とこの類の登板が増えた日々でした。
まあ、安定して美味しいですしね。

真鱈のムニエル

コレは北海道産の真鱈の、皮を剥かれたそれを使って。サミットで売ってます。
そうそう、サミットのバイヤーの皆さん(サミット仕入軍団!)がやってるツイッター『サミットバイヤーなう』が面白いです。サミットユーザだけでなく、流通や食に興味のあるかたは是非!検索してご覧ください。興味深いだけでなく、面白いです♪

それはさておき。
その鱈を塩胡椒して粉をはたいて、オリーブ油を使ってフライパンで焼きました。両面を焼いてからフライパンを濡れ布巾に載せて温度を下げてから改めて蓋をして弱火でじっくり焼いてるのですが、それが正しい方法なのかどうかは知りません。

付け合せはやっぱり、春ということで菜の花を。あと、彩りを考えてニンジンも。
まあ、明るい…というか“あっかる~い♪”感じに皿を彩ると、何となく食卓も楽しくなろうというものです。
でも今見ると、ここに黄色も欲しかったな、とか思ったりして。黄色…炒り玉子とか小型オムレツとかかな?
ま、子供に出すならともかく、大人はこんなもんでいーですよね。

最近改めて、ムニエルに興味が向いてしまいました。ご飯にもパンにも合うし、でもって結果的に…酒にも合うんだよなぁ…結局それかい!>俺。
ムニエルとかポアレとか意外に簡単だし、でも工夫のし甲斐もあるし、結構楽しいですよ。
メニューのバリエーションに悩むアナタにもお薦めです♪

日本中が寒かった日(5~最終回) 朝もパトロール、ラジオが楽しい♪&〆にリッチ気分なお昼
明けて早朝。始発に乗るために早くホテルを出ましたが、外に出ると…

クルマに雪

あれからまた降ったのか、クルマには雪が積もってました。
道路にはほとんどありませんでしたけどね。

駅前も雪

タクシー乗り場の屋根もこのように。見た目寒そうに思えてしまいますが、実際に寒かったんですよね。朝の最低気温は氷点下だったんですよ。
冬装備で来て正解でした。

東北おむすび

朝食はコンビニで、東北らしいおむすびを。
山の幸に海の幸というところで。どちらも美味しかったですよ。

雪景色1

そして定刻どおりに帰路はスタートしましたが、街中と違って線路敷は雪化粧でした。

雪景色2

遠くの風景もこのように。

雪景色3

農地もこのように。やっぱり結構降ったのか…と。
地元の人にとっては迷惑だったかもしれませんが、旅の者にとってはもう一回雪景色を楽しめたところがありがたかった、と。

そして一ノ関で乗り継ぎ…と、南下するにしたがって雪は姿を消しましたが、寒かったことは確かでした。

HNK原町送信所

前から気になってたのがこの、東仙台駅近くにあるAMラジオの放送鉄塔。これはどこの?と思ってたのですが、NHK原町(はらのまち)送信所だそうです。
AMラジオ好きだけに、送信所のこの紅白に塗られた鉄塔を見るとわくわくするんですよね。
かつては福岡でもRKBラジオ福岡局の送信所を見に行きました

※日没後はRKBの電波、東京まで届いてます

ラジオ番組に関しては、土日の朝といえば特にローカル局は健康関係の通販番組ばかりですが、TBCラジオの『ラジオ魅知国寄席 』(みちのくよせ)が今は日曜8:30からやってんですね。
久々に伺いました。『小間物屋政談』の、前後半に分けた後半を演ってました。あまり伺う機会のない噺なんですが、誰が悪者とははっきり言い切れず、各人の気持ちも解らんでもないところが何だか不思議な噺なんですよね。
まあ、さすが大岡様といったところでしょうか。

一目千本桜

仙台で乗り継ぎ、これは白石川沿いの、わたしの大好きな沿線風景(東白石ー槻木間)。
川沿いというところも好きなのですが、ここの川沿いの並木があの有名な『一目千本桜』なんです。
四月の初めだとまだ咲いてませんでしたが、つぼみは今にも開きたがってるような…ああもうすぐだな、といった感じでした。

山桜

途中、山の中に桜が満開になってる一帯がありました。
容易には近づけないようなところなのかも知れませんが、だからこそ貴重かも。
こういう桜も何だか好いですね。

安達太良山

そして安達太良山。千恵子の自慢の空です。東京には無い空です。初めて観たときは感動しましたよ。
「って言われたってさぁ…」とか、それまでは思ってたのですが、実際に見たらアナタ!これこそ確かに大空だ、と。

と…全部は紹介しようもないのですが、東北本線沿線の車窓風景って面白いですよ。
よく、そんなに乗りっぱなしで飽きないのかと言われますが、車窓の面白い路線は飽きませんよ。

あと、わたしはラジオ持参ですから、普段は聴けない沿線各局の名物番組の受信が楽しかったりとかね。今回もラジオ福島が相変わらず面白かったですよ。
ラジオ福島といえば土曜日の『大和田新のラヂオ長屋』ですが、今回初めて受信した日曜の『手塚とナッコのSunday“卵→KING”』が面白かったんですよ。ナッコちゃんが面白いし、番組フェイスブックを拝見すれば…おお!これは!なタイプ。

※但し、手塚氏曰く、ナッコちゃんは写真に取られる場合は角度とか表情とか計算し尽くして撮られてるから、実物は写真とは全然違って、イベント会場などでもリスナーから気づかれない、とか。

それはさておき、これを聴けるならばと未だに逡巡してるラジコプレミアムに加入しようかとも思ったのですが、残念ながらラジオ福島はラジコプレミアムには不参加なんですよね。
予算の関係だったとしたら、それは東電が出してもいいんじゃないかと思ったりしました。原発周辺の今とか、全国の皆さんに一番聴いて欲しいと思う局ですしね。
でも、それをやってしまっては東電に借りを作ることになってしまうのかな…難しい問題ですね。


そして黒磯駅でお昼を迎えることととなったのですが、美味しいとはいえいつもの立ち食い蕎麦ばかりでは能もないな、と。
調べたところ、面白そうなカフェがありました。

駅前カフェ

思いっきり駅前です。で、ランチタイムに出てるカレーが美味しいと評判なんですよ。
この界隈といえば別荘地とかそういう側面もありますゆえ、ハイソな方々も御用達?とかね。
そもそも黒磯駅といえば鉄道ファンには交直流切替駅として認知されてますが、那須御用邸の関係で(今はほとんど使われてないとは言え)皇室専用出入り口があることでも有名。

安らぎ空間

静かで落ち着いた空間でした。まずは先にレジで注文と会計を済ますシステムでしたが、リゾートとか別荘とかの地でカレーが美味しくて先に会計…何か最近そういう経験があったような…あ、館山中村屋だ(笑)
『インド風チキンカレー』とコーヒーをお願いしました。

インド風チキンカレー

これです。ワンプレートですが、盛り付けが綺麗です。
このご飯は実家で時々出てくる十何穀米とか、そういうのだと思うのですが、この店自体が地元産野菜などの販売も行ってたりして、健康志向みたいなところみたいでした。
で…すんごく美味しかったです。カレーは思いっきり辛いのですが、辛いだけじゃなくて美味しいんですよね。しかも、身体が自然に受け入れる…すーっと入ってくる…そんな感じさえしました。

ご飯と共に、添えられたキャベツも只者じゃないなという美味しさですし、これはもうカフェの単なるランチメニューのカレーだと思って侮ってたらえらい目に遭う…そんな本格的なカレーでした。
インド風のサラリとしたソースのカレーが好きなら、ここで食べて間違いないと思います。ちょうどこの界隈でお昼時ならば、接続を一本遅らせて楽しみたい…そんなお店です。
旅の〆に美味しい店に出逢えました。お薦めです。


と、こんな感じの東京ー盛岡往復の一泊二日でした。もう何度も往復してる定番コースですが、今回もまた新しい発見があったよ、と。
それだけ日本が豊かな国だってことでもあるんでしょうね。

18きっぷというと、帰省や目的地往復などに使って、ただただ乗り継ぎ続けてるひとも多いと思いますが、降りてこその18きっぷとも言えます。
なじみのない街にこそ、自分の知らない世界が広がってるかもしれませんし。あ、但し降りる際は時刻表をよく見てからにしましょう。降りたが最後、次が来るのが半日後って路線もローカル線には実際にあることですし。

全国的に寒い週末でしたが、だからこそ出逢えたさまざまが一層温かかった…そんな一泊二日旅でした。
読んでくださった皆さん、ありがとうございます。あらかじめコースの決められた“旅行”ではなく、自分でリアルタイムに随時組み立てていく“放浪の旅”は、当たり外れの大きさも含めて面白いですよ♪


(了)