さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
ちょっと驚く『あまかたれ』
帰省して、実家買い置きの『国産ひきわり』納豆をいただいたのですが、これが熊本『マルキン食品』の製品。




となると、添付は当然『あまかたれ』。ところがこれ、ちょっと違ったものだったんです。




ゲル状のそれというだけでなく、何と《減塩》なんですよ。
よく見れば、食塩換算値では納豆+たれで0.3gなほど。原材料名の筆頭が糖類ではなく“しょうゆ”であるにも関わらず、です。

どういうことなのかはさておき(=九州はしょうゆ自体がそもそも甘いせいか?)、これは悪くなかったですよ。豆自体の自然な甘味が邪魔されてない気も。“甘すぎないあまかたれ”なのかも知れません。

で、そのままでも美味しいのですが、カラシなどは付いてないもんだから、最近驚いた《あまかたれには柚子こしょう》の組み合わせを、と。
これもまた楽しからずや♪もっとも、柚子こしょうを入れすぎてしまっては減塩になりませんが(笑)。


減塩製品といえばだいたいは、美味しさなどが犠牲になるか、はたまた大した減塩ではないか…そんなもんが多い気がしますが、これはなかなか考えられてると思いますよ。

減塩さんにはお薦めです。
スポンサーサイト
穴子バカ一代
一昨日は雨の敦賀に泊まったのですが、夜が明けてみれば雨も上がって幸先の好いスタートだと思いきや…?
ひさびさに湖西線経由で南下しましたが、天候が今ひとつで琵琶湖の風景も…と。
ただ、ラジオは平日だけに、どこもやたらと面白かったです。浜村淳さんはひさびさに聴きましたが、やっぱり名調子ですねぇ!


姫路での乗り換え時、何だか無性に『あなごめし』を食べたくなり、買い求めてふと気づく…乗り換え列車への長蛇の列。しかも皆さん大荷物。

多分、皆んな岡山まで行くんだろうなと思うと…この列車じゃ食べられないよな、と。
で、新幹線ならふた駅だし、ワープすることにしました。

" align=


空いた『ひかり』の車内で紐解く姫路駅『まねき食品』の『あなごめし』です。瀬戸内というか、山陽といえばやっぱり穴子ですよね。




ちなみにこの『まねき食品』、姫路駅の『駅そば』でも有名ですが、幕の内弁当の駅弁の元祖だそうですね。




期待を裏切りません。穴子好きにはたまらんですよ。
で、ちょっと面白いと感じたのが各種付け合わせ。茹でか蒸しか、キャベツが入ってんですよ。これ、珍しいですよね。
他にもゴボウとか人参椎茸のうま煮とか、食物繊維も摂れるところが面白いですよ。
満足な『あなごめし』でした。


この界隈~姫路以西の山陽地区ではあちこちで穴子ものの駅弁を売ってるので、穴子好きなら食べ比べも楽しいかも知れません。


で、岡山からは空いた在来線で普通に帰省できました。
ネックとなる区間を上手くパスできれば、別料金はかかっても快適な移動が可能になるかも知れません。
また当たりを引きました♪
来春に新幹線が開通すれば、もう18きっぷでは楽しめなくなりそうな北陸界隈…それを楽しまんと北陸経由で帰省することにしました。
最後の北陸なんですが、何かこう…今ひとつなんですよね。列車内が混んでた(=ほぼ座れましたが)ってのもあるかも。
あと、日曜だったから、各地元ラジオ番組も東京キー局のそれが多くてってのも。


で、直江津で一本見送ってお昼にしましたが、こういうところだからと海鮮系に手を出すのもありきたりですし、ここはひとつ“ラーメン”で美味しい店があればと検索。

いや最近、白河の『とら食堂』とか佐野の『麺屋ようすけ』とか、完璧なラーメンに出逢えて喜んでましたから。

で、人気らしい店を見つけました。




『花果山』という、『西遊記』みたいな名前の店です。
何かすごいヤツが生まれてるのかと気になりますよね(笑)?




お願いしたのは『塩ラーメン』に『燻製玉子』プラスですが、登場した見た目からして…もしかしてこれも《完璧》なラーメンなのか?と

重要項目ですが主文後回しにはしません。ここもまた完璧でした。
濃度や塩分を求めるかたには向きませんが、鶏出汁ベースでアッサリサッパリスッキリなのに、実に味わい深いんですね。ストレートな中太麺も好いですし、チャーシューも嬉しい味わいで…これは完璧じゃないか!と。
しかもデザートとして、希望者には何故か杏仁豆腐が付くのですが、これまた美味しかったです。


検索して、知らない道をたどりながら訪れて…訪れて好かった、そんな直江津の乗り継ぎお昼タイムでした。

あの辺に行く機会があればお薦めです。
いやはや、名店はどこに隠れているのか判ったもんじゃないですね。
仕事納めでエスニック!
年末で忙しいですね。ええもう、年賀状は自分で撮影した(=もちろん!ベルビアで♪)風景写真でってのは長年の習慣ですが、地元写真店へのそれの注文とか、あと…それを出さなければ意味がありませんが、それは昨日の夕方に全て書いて出しましたから、毎年届いてる皆さんには多分、元日には届くと思います。

あと、ポチ袋は商店街のフリースペースに出店してた業者さんのそれで。
少枚数パックが安かったんですよ。三~五枚入り数十円がたくさんだったんですよ。
これはわたしにはありがたかったです。その中には世界一有名な犬や少年少女と小鳥とのあれもあって、でもってそれらは正式な版権のものにも関わらず、廉価だったんですよね。


さて昨日、外注で呼ばれて伺った横浜の港北区で無事に仕事を納めました。
いやはや、今年は大忙しで、去年までが暇のあまり悶絶しそうな数年間でしたから、“忙しいということはどういうことか”ということを思い出して、ようやく身体で理解したような、そんな一年でしたよ。
で、すでに来年一月の予定は早々に埋まってしまってるという…一昨年までだったら考えられないことですよ。とにかく、ありがたいことです。取引先の皆さんに感謝しますよ。

で、お昼となったのですが…駅からは離れてるし、周辺は団地とかマンションとか民家とかばかりだし、幹線道路沿いにラーメン店があったものの…休憩中に何となく検索してみたら『食べログ』で☆が三つ以下だし、何かしょっぱすぎるらしいけど駐車場があるところだけが存在意義みたいだし…それはちょっとなぁ…と。


.駅まで戻れば何かあるだろうと歩を進めて、団地の一角に見つけたのがベトナム料理の店。団地のメインの棟の一階部分が商店街になってたりする…お馴染みですよね。ただ、そこに…寿司屋さんなんかもありましたが、ベトナム料理店です。
「なぜここに!」と思いましたが、土曜お昼に開けててくださること自体がうれしいですよ。
で、俺が入っても場違いかなぁ…とか思いつつ入店。

特にランチメニューがあるわけではなかったので、グランドメニューから選ぶわけですが…仕事日のお昼で前菜はこれにしてメインはこれにして、デザートは…話の根多としては面白いですが(笑)。
単品もあったので、『牛肉のフォー』にしました。いわゆる『フォー・ボー』ですよ。

フォー・ボー

美味しかったですねぇ♪まず!いきなり!パクチーの香りですよ♪

※【エスニックひと口メモ】 ベトナムではパクチーを『ザウムイ』と呼ぶらしいですね

苦手なかたはとことん苦手なあの香りですが、わたしは好きなんですよ。この香りで食欲がガンガン増す、みたいな。
味自体は濃い目に感じましたが、それはまあ外食ではいつもそうですし。でも、嫌な濃さじゃありませんでした。
で、他はモヤシが特に好い感じ。生臭さを残すことなく火が通されてますが、それでいてまるで生かのようなシャキシャキ感で、こういうところはさすがにプロの仕事だなと思いますよ。

伺って好かった、突然のベトナム料理店でした。でもまたこの界隈に伺う機会なんてのは…難しいなぁ…と。
この界隈にお住まいの皆さん~分けてもその団地にお住まいの皆さんに激しく嫉妬してしまった、そんな仕事納めのお昼タイムでしたとさ!どんどはれ!


で、今日から帰省の18きっぷ旅です。昨日は東武東上線でのド早朝の人身事故の影響で(=しかも東松山での!)、東京から仕事先の横浜へ向かうのにも…乗り入れのメトロ副都心線~東急東横線~みなとみらい線までダイヤ乱れまくりで影響受けまくりで、代々木上原から明治神宮前に着いて乗り換えるところで…列車すべてが各駅停車になってた、と。
とりあえず、遅延に対する保証のない18きっぷですから、そういうことのない旅程として過ごしたいものです。

※乗り入れも結構なことですが、埼玉の県北での人身事故で…ずーっと離れた渋谷とか横浜とかが大迷惑をこうむったりすんですよね。年末に飛び込みが多いのは全国各地で毎年恒例ですが、やるならやるで周りに迷惑をかけない方法で…あ、当事者は世の中に迷惑をかけたくてそうしてるひと達なのか。


それはさておき、皆さん好いお年を!
まだまだ仕事だよう!とおっしゃる皆さんも、お身体に気をつけて!
台湾野菜が面白い
うちの近所には台湾物産館という店があり、そこに行けば台湾産の美味しいものがいろいろ手に入るんです。台湾産の紹興酒とか瓶詰めの調味料も各種あって、それがお求め安い価格なところがありがたいんですよ。
しかも、台湾産なら安全安心ですしね。

それだけでなく、現地直送のバナナなど果物や、季節になると有名なマンゴーも!美味しいんですよねぇ♪

台湾野菜芹菜

で、台湾野菜も各種あるのですが、これは現地産では無く、主に福岡で作られてるものです。ただ、種は当然台湾産だったりするらしいのですが。
今回はこの『芹菜』を。

以外に安い

意外と安いんです。で、何か見たことあるような無いような…と思ってお店のかたに伺えば…台湾のセロリだそうで。
なるほど、確かにこれは…と思いつつも、よく見れば細いし、節のくびれなんかもスラリとした感じです。

ベーコンと炒めて

炒め物が定番らしいので、とりあえずうちにあったベーコンと共に。これ、なかなか好いですね。紹興酒が進みますよ。
セロリ特有の香りが強いと言われましたが、炒めてしまえばちょうど好い感じとなりました。

いかと芹菜の炒め物

で、検索するとやたら出てくるのがイカとの炒め物。やってみましたよ。
これは確かに美味しいです。中華料理店のコースメニューの中に入ってそうですが、ほかにいろいろ入れるよりはシンプルなほうが芹菜の味わいや香りを楽しめるんじゃないかと思います。

これは気に入ったので、また機会があれば楽しもうと思います。そこここで手に入るものではないかも知れませんが、もし出逢えたなら是非!
面白いですよ♪

ようやく買えました♪
仕事納めに向けて、皆さんも忙しいいですか?アタシゃもう忙しすぎて何が何だか。
予備日としてた日が普通に空いたので休日として楽しもうと思いきや…その日は空いてませんかというメールが来たりして。

そんなこんなでひさびさに横浜に呼ばれました。っていっても金沢区の端(=横須賀がすぐそこ)ですが…。

横浜でお昼といえば…苦手な『家系』ラーメンを除けば…そうなるとそもそも横浜は…チャイナタウンでも有名なところなんだから、そういう創作系のラーメンじゃないそれもあるんですよね。街角の普通の中華の店とか。

その界隈はマジで飲食店が無くて、コンビニ以外では中華系二店のみでした。
あ、寿司屋さんがあったのですが、外に一切メニューが出てなかったから…怖くて入れない、と。

サンマー麺

そのうちの、路地を入ったところにある店で、神奈川名物『サンマー麺』を。寒い時期には温まって嬉しいメニューですよ。


で、仕事はかなり押して、この時期ですから暗くなって…うちに帰るころには…と。
そうなると、神奈川仕事時での帰宅に向けての定番…『崎陽軒』で何がしか美味しそうなものを買って帰る、という。

横濱ピラフ

この『横濱ピラフ』、発表時から気になってたのですが全然出逢えないんですよ。東京地区&横浜一部での扱いなのですが、東京の店舗でも見かけなかったし。

で、その仕事からの帰路。“座って帰れる乗り継ぎ”を考えつつ、選んだ経路は…横浜で東横線乗り換えではなく、そのまま京急で品川まで行って山手線に乗り換えて、と。
実のところ…自分でも驚きでしたが、全て座って帰れました。

横濱チャーハンと対

それはさておき『横濱ピラフ』。京急品川駅には当たり前のように積まれてました。で、これは有名な『横濱チャーハン』と内容が対になってるらしいんですね。

HPから引用すれば…

トルコが発祥とされる日本でも人気のピラフを、昭和初期から培ってきたチャーハン作りの技術により、崎陽軒らしく冷めてもおいしい、パラパラとした本格的な味わいに仕上げたお弁当です。
チャーハンで培った技術を応用したことから、先行する「横濱チャーハン」にあやかり、おかずやパッケージ、お弁当箱、価格に至るまで「横濱チャーハン」と対になった内容です。
「横濱チャーハン」で人気の鶏のチリソースは、チキンのクリーム煮に。昔ながらのシウマイは、デミグラスソースで和えた昔ながらのシウマイにというように、中華風の「横濱チャーハン」に対し、洋風の「横濱ピラフ」というコンセプトで作り上げました。

そうなんですよ、ここのところが面白いのです♪

※『横濱チャーハン』の画像はこちら

おかずも美味しい

開ければいきなり…チャーハンではない“洋”な香りが漂います。これが素敵なんですよ♪
でもってチャーハンのそれと同様にパラパラとした嬉しいご飯…ピラフでもこうとは!嬉しい限りです♪

崎陽軒の製品はどれも美味しくて水準高くて、でも買い求めやすい価格で…そこに感動してしまうのですが、これはその崎陽軒を持ってしても新たなるジャンルへの挑戦とも思えますし、そしてそれが素晴らしい形で開花してるよな…そういうことを思いながら、結果として感動しながらいただいた崎陽軒アイテムでした。

これ、期間限定っぽいので、近所に崎陽軒の売り場がある…あ、でも東京が基本で神奈川は一部か…でも、興味あるかたには是非召し上がっていただきたい逸品です。
崎陽軒ファンなら是非!

いそ吉さんゆかりのお店で本格中華ランチ
この忙しい時期に肋骨を“やっちゃい”ました。全くねぇ…。
よくあることですから、経験上恐らく全治二週間といったところだとは素人判断で。でもって一番下のそれですから、呼吸に伴う痛みとかも無縁です。
ただ…不用意に寝返りを打ったときに…いやまあ、寝返りは常に不用意なものですが、そういう瞬間に“ギクッ!”と。

まあこういうものは…気づかないうちにいつの間にか治ってるものですよ。

1スポーク破断

一方でこれはそういうわけには行きません。ふと気づいたのですが、普段使いのMTB XCのアスファルト仕様のそれのリアホイールが…何とスポークが二本も折れてるところを出先で発見してしまいました。

多分、どっちかが折れて、でもってスポークというものは一本折れると次々と折れるものだと聞いてましたから、二本目は連鎖で?とも。

三本目が折れることなく無事に自宅へ帰りつきましたが、とにかく修理に出さなければなりません。とりあえず、買ったショップに電話しました。
そしたらば、メンテ専門部門というか工房のほうに電話を回され、詳しく話を伺えた、と。で、それでは明日、お昼ごろうかがいます、と。

近年、26インチのMTB用ホイールは完組ではディスク用ばかりで、Vブレーキ用は全く見かけないんですよ。で、事情があって買い換えなければならなかった際、そのショップでは“ショップ組み”のVブレーキ仕様のホイールを出してて、これがもうありがたいものだった、と。

当初は一時間くらいでリペア終了のはずでしたが、いろいろあるのか二時間くらいかかります、と。
近隣でお昼食べてるくらいの時間つぶしでは微妙だったし、当日は雨降ってて…その影響で体調もあれでしたし、じゃあ明日またうかがいますということに。


でもまあ、せっかくこの界隈でお昼なんですから、どこかで食べてから帰ろうかな?と。
新宿三丁目界隈なのですが、いつもなら『博多天神』で博多ラーメンをいただいて替え玉するところですよ。
と、そこで思い出したところが。

2中国料理 歓

札幌・平岸の『いそ吉』さんが新宿時代に一緒に仕事されてたかたのお店、『中国料理 歓(ファン)』。
夜のコースでは薬膳料理などもあるそうですが、ちょっとそこまでは…ということで、まずはランチメニューを楽しもう、と。

3ランチメニュー

焼きそばありご飯ものあり麺類あり、そして週替わりで肉あり魚介あり玉子あり麻婆豆腐あり。迷いますよね。

4牛肉の牡蠣ソース炒め

何だか肋骨に効くんじゃないかと勝手に考えて肉料理に。『牛肉の牡蠣ソース炒め』に、プラス¥400-で付くスペシャルセット~ミニラーメンと前菜にシュウマイですが、それも付けてもらいました。

美味しいんですよ、これが。もうこれはわたしが味わいを云々するものではありません。個人的に嬉しかったのはふくろ茸の存在。これ、入ってると何だか嬉しいですよね。
で、サラダとかいろいろ付いてる上にセットを頼んだので、何だかコース料理のような品揃えとなってしまいました。

5ミニ岩海苔ラーメン

ミニラーメンは『岩海苔ラーメン』です。単品でフルサイズがあるのですが、メニュー看板を見たときに「これもいいなぁ…」と思ってただけに、これまた嬉しい味わいでした。


普段使いにはちょっと高めな感じですが、美味しさから考えれば納得の価格だな、とも。っていうか、次の機会があれば魚介とかミニ坦坦麺とか、そういえば常連さんみたいなひとがよく焼きそばを頼んでたんですよねぇ…それもまた美味しそうだし。

また伺ってみたい店です。いそ吉さんに感謝です。
あ、ホイールは無事に完治しました。次はわたしの肋骨の番ですが…まだ何か怪しいんですよねぇ…。