さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
『ワンラブジャマイカフェスティバル2015』に行ってきました
いろいろと忙しい中、ちょっと時間が出来たのと、本を買いに行くついでもあったので、代々木公園イベント広場での『ワンラブジャマイカフェスティバル2015』にお昼を食べに行ってきました。

1広く使ってる

今年はボブ・マーリー生誕70周年というキリのよい年だから、それがテーマのひとつになってたみたいです。享年36歳でしたから、差し引き…大体同じくらいの年月が過ぎたってことかな…その昔、かなり影響を受けましたから(=特にアルバム『サバイバル』内の名曲『ジンバブエ』には人生で大切なことなどを随分教わりました)、いろいろと感慨深いものがあります。

youtube『Zimbabwe』



※“YouTube.comで見る”の“もっと見る”以下に歌詞があります

到着してみれば…けやき広場にも物販テントがずらりと並んでて驚きましたが、イベント広場のほうは広い使われ方で余裕もありました。

2やっぱりジャークチキン

で、スパイスとハーブはジャマイカからの輸入物で、しかも無化調で調理してるキッチンカーの店があって、早くも行列が出来てたんです。まず、ジャマイカといえば『ジャークチキン』だからそれをと思ってたのですが、ここで扱ってたので列に並びました。

3ジャークチキン弁当

いろいろある中から『ジャークチキン弁当』を。下のご飯は『ライス&ピーズ』(=“米と豆”の意)と呼ばれる豆ご飯なのですが、日本のグリンピースご飯とはやっぱり違います。豆はキドニービーンズなんですがそれだけじゃなく、米も長粒種だし、ココナッツの香りと甘味があるんですよ。
豆のせいかほんのりピンク色のご飯ってのも面白いのですが(=日本で言えば赤飯ですね)、そこにスパイス&ハーブなジャークチキンです。これは美味しかったですね♪
しかも添えられたピクルスは湘南野菜を使った自家製だそう。身体に優しいジャマイカ料理でした。

そういえば以前、キューバ料理のご飯ものをいただいて、何だか親近感を抱きましたが、カリブ海諸国って結構ご飯文化なんでしょうか。

それにしてもフロントの女の子らが…綺麗でかわいくてセクシーで、めちゃめちゃドキドキしました(←いくつだよ>俺)。
調理がジャマイカ人っぽいおとーさんで切り盛りが日本人っぽいおかーさんだったから…あのかわいい女の子たちはその娘さんかな?
ラテン好きなジャズ屋でR&B好きでしたし…あのタイプの美女に弱いんですよ、あたしゃあ。『ブラック・ウフルー』のピューマ・ジョーンズとか(=彼女は在ジャマイカ米国人でしたが)、リアルタイムで訃報に接しましたが…かわいかったんですよねぇ。
あ、あとクラブカルチャーつながりか、ギャルギャルなかわいい綺麗な女の子もあちこちで見かけました。そういう点では他の代々木フェスとは違いがあるかな?とも。いやはや、眼福眼福…(以下略)。

4沖縄系の店

ジャマイカ料理だけではなかなかブースも…ということからか、他の国々…中南米だけでなく、それこそアジアやトルコなどなど、色んな国々の料理などのブースも。まあ、趣旨に賛同するなら皆さんどうぞ、みたいなものでしょうか。
ここは沖縄系の店みたいでしたが、ジャマイカ料理を提供してました。

5ジャークチキンタコス

で、『ジャークチキンタコス』を。またジャークチキンかよと思われるかもしれませんが…他にこれといったものが無いんですよ。酒のつまみならエビや魚を揚げたものとか美味しそうだったのですが、昼だから飲まないし自転車だから飲めないし。

でもこれ、美味しかったですよ。ひと口にジャークチキンと言っても店それぞれですから、食べ比べの面白さもあります…と、虚勢を張ってみる、と。

6ステージ

ステージイベントもあったのですが、それ以上に盛り上げてたのが…

7ジャマイカ大使館ブース

ジャマイカ大使館のブースです。ある意味、ここが一番面白いブースかも。だって、大使館ブースなのに…

8大使館がDJブース

DJが大音量でレゲエを回してるんですから。これってそれこそ、ジャマイカのいわゆる『サウンドシステム』でもあろうし、ジャマイカらしい文化ともいえますよね。
フェスでこういうことをやってしまう…世界で唯一の大使館なんじゃないかと感動しましたよ。

で、写真に写ってる、踊ってたジャマイカンのかっこいいおにいさんが頭にかぶってるタオルが気になったんです。他にも見かけてたんですよね、このカラーのタオルを被ったり、首にかけてたりするひとを。
ジャマイカの国旗カラーが鮮やかですし、これは欲しいな、と。どこで売ってるんだろうかと探したら…入口近くの本部で販売してました。一本¥1,000-でした。

タオルとストラップ

で、おみやげに。縦型と横型と二種類あったのですが、国旗カラーにライオンは共通です。これは横型ですが、この手のグッズは数に限りがあるそうなので、今日まだ売られてるかは判りません。欲しいかたは早めに行って本部テントに伺ってみましょう。
そしてもうひとつ。物販ブースで買ったネックストラップですが、これが何とラスタカラーでボブ・マーリー仕様。レスポールにボブの顔が何種類も…嬉しいですよ。¥300-という価格も嬉しかったです。

で、その後。紀伊國屋書店のサザンタワー店に寄って、欲しかった本も手に入れてから帰りました。
ワンラブジャマイカ、今日も20時までやってます。興味のあるかたは是非。わたしは仕事なのですが、昨日『レッドストライプ』(ジャマイカのビール)を買って持ち帰りにしようと思ったら、会場外には持ち出せない規約になってるらしく…残念なことに飲めずじまいでした。
なかなか売ってないビールですし、今日の仕事帰りに立ち寄って一杯やってから…そうそう!まだあればエビや魚の揚げたヤツなんかも楽しみたいですね。

スポンサーサイト
下がどうなってるのか気になったので
千葉県郊外での仕事のあとのお昼時。いつものようにスーパーで握り寿司を買って、公園でいただく…アウトドア寿司の時間です。

あまり変わり映えしない中、こんなのが出てました。

自慢の一本穴子入り握り

『自慢の一本穴子入り握り』です。一本穴子という言葉の次には何となく“土俵入り”という言葉が続きそうに思ったりしましたが、それはさておき。

穴子、大きければ大きいほど価値があるって訳じゃないらしいですね。観光地なんかではよく、巨大な穴子の天ぷらが突き刺さってる天丼などがあったりしますが…まああれはあれでいいのか。

これを買おうと思ったのは、この長い穴子の下がどうなってるのか気になったからなんですよね。
酢飯は…何貫潜んでるんでしょうか。

二両編成

まあこんなもんじゃないかとの予想通り、縦に二貫並んでました。二両編成です。
そんな訳で、前後に切り分けて穴子二貫分としていただきました。あ、今回はそういう事情もあったので手でつまむのではなく、箸でいただきました。

何となく楽しかったです。年を取るとそうそう面白いものなどに当たりませんが、そう思うなら自ら積極的に探せよってことなんでしょうね。

うまさぎっしり新潟

オマケ。駅に貼られてた『うまさぎっしり新潟』のポスターが好かったです。女の子たち、かわいいし。
特に手前の爆弾おにぎりの子がかわいいですね。ああ、食べてみたいなぁ…あ、おにぎりを、ですよ。
越後湯沢駅改札外の『雪ん洞』で食べられるそうです。

フルサイズを頼んで&これがあのナツミカンの…
仕事で湾岸に呼んでいただきました。そうなるとお昼は沖縄料理の店で…日曜以外は定番となってます。

そういえば、そばとハーフタコライスのセットを頼んだことはあったけど、タコライス単品は無かったなと思い出して、今回はタコライスを。
暑い日でしたし、こういうときはアツアツのものよりはこういうもののほうが…そうも思ったんですよね。

タコライスフルサイズ

ハーフサイズでも上品な店のフルサイズといったところでしたが、いやはや食べ応えありましたねぇ!大きさはトップに載せられたトマトで比較判断してください。
しかも美味しいし♪赤いボトルは自家製のサルサです。これがまた好い味わいで、ちょっとかけると辛味だけでなく、味わい全体がさらに立体化しますね。

スープも付きましたが、これがまた♪濃厚な鰹だしの澄んだスープでしたが、これが意外によく合うんです。
沖縄と言えば鰹だしですが、タコライスはそもそも米国文化からのタコスをご飯ものに転化したものですし、そういうウチナーミクスチャー食文化だからこういうスープも合うのかな?とも。

楽しいお昼でした。

ナツミカン1

その後ぶらぶらしてたら、ビルの植栽にナツミカンの木を発見。先日、ナツミカンの花の話題をなじらんさんからコメントにいただきましたが、残念ながら花はすでに散った後でした。

ただ、そのあとにはこのように…かわいい実がついてました。

ナツミカン2

いやはや、かわいいですよ。これがすくすくと成長して、大きな実になるんですね。

これまた何だか嬉しくなるような発見でした。

突然の思いつきで親子丼を食べたい!な同志へ
親子丼、美味しいですよね。しかも、材料さえあればすぐにできるし。
まあ、唯一のネックがその材料なのですが。

鶏肉さえあればいいのですが、こういうものが常に冷蔵庫の中にあるとは限りません。どうしても食べたいんだけど、雨降ってるしなぁ…なんてこともありますよね。

※これは単に私が、雨の日はなるべく外に出たくないというだけの話ですが

焼きとり缶詰

缶詰の焼きとりというものがあります。これはスーパーやコンビニでよく特売してたりするので、そういうときにまとめ買いしてるのですが、これらを使ってもまあまあなものが作れますよ。
しかも内容量からすれば“茶碗一杯分”とか、それこそ立ち食いそば店のミニ親子丼みたいなサイズにベストなんですよね。

焼きとり缶詰で親子丼

これは『塩味』で。内部のたれというか水分がゲル化してるので湯せんで軽く温めてから使うのですが、基本的には小鍋に開けたそれに薄切り玉ねぎを加えて酒少々も振り、あとは普通に作るのと同じようなものです。それに刻みネギ(=ホントは三つ葉がベスト)を加えて、玉子一個で綴じる、と。

缶詰の肉ですから当然フレッシュ感はありませんが、確かにこれは親子丼だなと思うようなものは出来ますよ。

茶碗親子丼

これは『たれ味』で。こっちのほうが当然、焼きとりっぽい味わいです。で、器は普段、ご飯茶碗として使ってる真っ黒い鉢ですが、大きさは普通の茶碗サイズです。
考えようによっては、これくらいのサイズの親子丼を作るときにこそ、精肉ではなくて缶詰で作るとちょうどよいのかも知れません。まあ、味の好みもありますが。


鶏肉が無くても簡単に作れますし、玉ねぎとか玉子とかネギなんかはまあ、普段から料理してるひとならストックがあるかと思います。
面白いので、興味の湧いたかたは是非お楽しみください。

ほぼ○○
昨日はついに30℃をオーバーしました。まだ5月なのに。日焼けするわ脱水寸前まで行くわで大変な一日でした。で…今日はさらに暑くなるらしいんですよね…やれやれ。


こんな日々が続くと、何がしか涼やかなもので一杯やりたくなろうというものです。たまたまスーパーで、“てっちゃん”を見かけてしまいました。『かねてつ』の練り製品です。東京ではあまり見かけないんですよ。
しかも、何だかすごい名前なんです。

ほぼカニ

『ほぼカニ』…カニは入ってないのですが、思わずかごに入れさせてしまう商品名ですよ。
北陸のスギヨが出してるカニ脚そっくりなそれは、こちらでは主に『香り箱』名で、西日本では『カニちゃいまっせ』という名で出回ってますが、これの命名はその“ちゃいまっせ”とは逆のベクトルですよね。

で、味わってみれば…いやはやこれは確かに“ほぼカニ”ですね。カニ酢付きなところも功を奏してますよ。
このジャンルに関して、本物のカニと区別できるのは日本人だけだそうですが、いやはやこれはフェイクとひと言でまとめられない素晴らしさを感じますよ。

それよりも気になったのが…

てっちゃん

てっちゃん…ひさびさに見ました。関西では大昔からお馴染みのキャラクターだったんですってね。わたしが知ったのは、上京後の'80年代後期でした。
かつて『ぴあ』に連載…ではなくて広告だったのですが、このてっちゃんのイラストをポップアート的に使ったシュールなコママンガ&エッセイ広告の『微笑家族』が楽しみだったんですよ。
そもそもは中島らも氏の手によるもので、その後はわかぎえふ氏によって制作されてましたが、このてっちゃんの顔にサングラスと無精ひげを描いて『とうちゃん』というキャラクターを作り出したり(=こちらのほうがむしろ主役)、友人のチャーリーは弘法大師の肖像画を応用してたり…他のエッセイとともにまとめられた単行本二冊は持っていて、今でも時々読み返してますが。

※何と!一部作品はかねてつHPで読めます。こういう作品でした

とうちゃん

で、せっかくだから上記画像に手を加えて“とうちゃん”を作ってみました。画像ソフトでいじってみましたが、作りながら何度も笑いをこらえる作業でしたよ。

ほぼホタテ

ホタテもあったんですよ。ただやっぱりこれは…繊維の関係でしょうか、ほぼホタテと言うほどではなかったです。ホタテ味の練り物としてはおいしかったですけどね。

てっちゃんやとうちゃんが懐かしかった、ひさびさのかねてつ製品でした。

パルミジャーノ・レッジャーノとラガーズハイ
こういうのは便利だなと思うものに出会いました。チーズなんですが。

パルミジャーノ・レッジャーノとラガーズハイ

おつまみとしての使いきりサイズで出てたパルミジャーノ・レッジャーノです。酒のつまみにチーズ、健康のことを思えばこういうものを…いや、本当に思うのならば飲まないことが一番健康に寄与するのですが、《飲むまいと 思う心も 日暮れまで》(by 日経・野瀬さん)と申しますし…。

パルミジャーノ美味しい

これは好かったです。もしかして、もっと前から出てたのかも知れませんが、これからもたまに買おうかな、と。
あわせたのはサッポロの『ラガーズハイ』というもの。これ、美味しいのですが、イオン系の店でしか見かけないと思ったら…イオンとサッポロの共同開発なんですね。
キリンラガーなどのようにガツンとくる系が好きなかたにはお薦めですが…イオン系でしか売ってないんですよね。そこがちょいと残念です。


とりあえず、美味しい組み合わせでした。

ひさびさの本厚木で
仕事で本厚木に呼ばれました。ひさびさです。で、お昼はどうしたもんだか…と。
小田急線の大きな駅ですし、それならば小田急がやってる『名代箱根そば』が駅にあるんじゃないかと思ったんです。が、どうも何だか見当たらないんですよね。

いか天どんセット

それよりはむしろ、『名代富士そば』のほうが目立ってたというか、しかも空いてたので「食べるなら今だ」、と。『ミニいか天丼』のセットにしました。
肝心のいかはゲソではなく胴部分で、しかも小さなそれをフリッター状(=ころも多め)に揚げてあるのですが、まあ悪くないですよ。下のご飯が進む美味しさです。
安定した味というか、安心感がありますよね、富士そばには。

その後調べたところ、ミロードイーストの中に箱根そばがあったようで、こういう店は表に面してないと判んないじゃないか…ぶつぶつ…と。
次の機会があれば、箱根そばを利用してみようと思いました。

しあわせの丘

で、仕事先に戻りつつ、何か既視感があるなと…思い出しました。美味しいシュークリームを出してるお店があるんですよ。

カリカリシュークリーム

仕事が早めに終わって、さて帰ろうという時間帯が折りしも午後のおやつ時。『幸せの丘』に寄って『カリカリシュー』をいただいて、うちに持ち帰るんじゃなくて近くの公園で。

クリームがはみ出してしまうから食べるのはなかなか大変なのですが、いやはや最高の美味しさでした。
そして、袋に書かれてる謎の詩…

最近、とても元気
希望が大きくふくらみ
夢も1つ、2つとふえました。


改めてこの文言に出会うと、何だか元気が出ました。これにはそういう、何と言っていいのか判らない…幸せの要素みたいなものが含まれてるんじゃないかと思いました。


美味しい本厚木でした。また、仕事で呼んでくれないものですかねぇ…。