さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
海の幸、山の幸
実家に帰省すると、自分で料理しないでも食べられるのがありがたいのですが、特に土地柄で魚料理中心なのはうれしいものです。
刺身もそうなのですが、やっぱり煮付けだよなと思うんですよ。種類にもよりますが、煮付け>塩焼き>刺身…いや、種類によりますけどね。


一方で、年末年始といえばカニだってかたがたも多いのではないでしょうか。ラジオショッピングでもおせちとともに、カニもしつこいくらいに聞きますし。

かに爪

で、姉夫婦は元日の午前中に到着予定なのですが、義兄がカニを持ってきてくださるということで、冷凍室にあったカニ爪を母とわたしで食べてしまおうということに。
やっぱり、カニは美味しいですね。特によく動かすところは食感が違います♪

あと、うちの年末といえば、天草の伯母から送られてくる活車えびが今やすっかり恒例。今シーズンも…まあ殺生というか、そういう捌き方になるのですが、今日の午前中に届く予定です。
乗り越えなければならないハードルは、最初はなかなか高いものですが、一度経験してしまえば慣れますよ。

なめこ汁

海の幸話の一方で、山の幸の話も。
朝食には味噌汁が出ますが、母の新しい好みか最近は『なめこ汁』が帰省中に一度は出ます。子供の頃というか、実家にいた頃は一度も出なかったし、上京後に時が経って帰省するようになっても、それは同様。

まあ、東京では日常の味噌汁根多のひとつですが、振り返ればなめこ汁って…上京して初めて食べたんだよな…そんなことも思い出しました。
知らなかったものも地域を移れば日常となり、時が経ってそれが全国的なものとなり…マスコミや、今ならインターネットの役割も大きいと思うのですが、食文化というものは面白いですね。


いよいよ大晦日。今年が好かったひとも、ろくでもなかったよというひとも、来年は面白い年にしたいですね。
一年間お付き合いいただき、ありがとうございました。来年もまた、よろしくのご愛顧を願います。
じゃ、あの神社の初詣で会おうぜ!


スポンサーサイト
誰のためか、何のためか
一昨日のお昼頃に東京を発って、いつものように18きっぱーとなりましたが、たどる経路は同じでも時間帯が全く異なるので、ある意味新鮮なものがありました。
で…何せ乗り鉄車窓派を標榜してますから、真っ暗な車窓を友としてもまああんまり面白くはないというか、ただの移動になってしまいますしね。


岐阜辺りが限界かなぁと思い、何度も泊まってる岐阜市内ではなく、初めて大垣に泊まりました。これがなかなか面白かったんですよ。
18きっぷ愛用者にとって大垣といえばおなじみの駅ですし、大垣夜行をいろんな意味で懐かしんだり、大垣ダッシュなどという専門用語が…それはさておき。
で、おなじみの駅ですが、ここに泊まるという発想はわたしにはありませんでしたよ。そもそも、改札外に出たのも初めてだったかも。


その話はまた後日ということで、今回は“JR西日本が暖房を入れてくれない問題”について。
過去に雪積もる北陸で始発に乗った際、空調を点けてくれないものだから低体温症で死ぬんじゃないかという目に遭ったものですが、今回もまた。
大垣から米原まではJR東海だから、始発でも普通に暖かかったですよ。ところが、乗り継いだ新快速姫路行きは冷え冷えで、時は過ぎれど一向に暖房の入る気配なし。停車してドアが開く度に冷風がサーッと吹き込んで、足先から冷える冷える!
アメダスで確認すると、当時の外気温は0℃でした。で、ここまではまだよかっ…いや、良くないのですが、まだマシだったんです。


姫路から播州赤穂行きに乗り継ぎ、相生で乗り継いだ岡山行きが115系。これもまた暖房を入れてくれないというよりは冷房車というか、チルドカーでしたが、何せ国鉄時代からの古参ですから、ドア脇からのすき間風がすごいんです。
当時の外気温は岡山市内で3℃でしたから、似たような…いやそれどころか新鮮な冷たい空気がガンガン入って来るんですから。そして岡山からの糸崎行きもまた115系…普段ならうれしい車両も、暖房ナシでは…ガマン大会ですよ。
と、そこで目に入った車内吊り広告が。JR西日本によるものです。曰く、

20161229155930551.jpg

JR 西日本では、節電に取り組んでおります。

JR西日本では、駅における一部の照明の消灯、駅・車内の空調の調整など、節電に取り組んでおります。
お客様のご理解とご協力をお願い申し上げます。



そうか節電だったのか、じゃあしょうがな…ちょっと待て。“何のための”または“誰のための”節電なのか、その目的が一切書かれてないぞ?エコのためにとか、社会全体で消費電力量を減らすためにとか、例えはともかく全く何にも。


つまりは…“JR西日本のため”ってことですよね。だったらちゃんと“我が社の経費節減のためにご理解とご協力をお願い申し上げます”って書くべきですよ。何で客がそんなことに協力しなきゃなんないのさ。全く、もう。

20161229160120fa5.jpg

で、貼りっぱなしのステッカーがまたシャレになんないというか、《この車両は冷房使用時 弱冷車です》、と。
“冬期冷房不使用時は 強冷車です”…凍えながら、そういう言葉がアタマに浮かびました。かといって、それが嫌だからといっても降りるわけにもいかないし、他に手段も…あ、長距離の移動は暖かい新幹線でどうぞって…そういうことかい。


この時期、この界隈を18きっぷで旅するならば、厚着やカイロなどは必須です。皆さん、お気をつけを。
こちとらお客様じゃい!など申すつもりはございませんが、誰のための鉄道なんでしょうね、全く。


仕事納め企画~あの話の続き
昨日で仕事納めだったのです。いろいろありましたが、何とか片付きましたよ。ホント、大変でした。
で、仕事納めということで今回は…過去に書いたそれの中で、これはその続きにも触れなければと思ったあれこれの、その後をいくつか。
これを今年の中〆といたしますのでちょっと長くなりますが、まあ流し読みでご覧ください。


☆年末から確保

日清『どん兵衛』の年末年始特別バージョン『年明けうどん』が故郷のそれに近くて、しかも“10分どん兵衛”でいただけばさらに近くなるという…そこに気づいて買い集めて、しかも近所のデイリーストアが2月になっても棚に並べてたので、不自然に思われない程度に買い足していたのですが…そこって店自体が無くなってしまったんですよ。


年末から確保

で、やっぱり不自然に思われない程度に、すでに別のコンビニで並び始めた辺りから、密かに買い集めてます。一度に二個三個ですが、積み重ねて来年三月くらいまでのそれを確保したいと思います。
ド早朝の食事としては、なかなかありがたいのですよ。梅干も加えると塩分過多になりますゆえ、それはそれで弁当に応用してましたし。
いくつ集められるか…まあそんなところで覇を競おうとは思いませぬが。


☆ハリッサ面白すぎ

カルディで売ってるオリジナル商品の中でも、個人的に大ヒットだった『ハリッサ』。モロッコとか、北アフリカのマグレブ地方の調味料なのですが、これが面白いんですよ。

薄揚げハリッサ

パンに塗ってのピザトースト・モロッコ風が美味しかったので、薄揚げに応用。最近よく見かける“手揚げ風”とか書かれてる、芯に5mmくらいの豆腐の層があるタイプのあれです。
それに塗って、溶けるチーズを散らしてオーブントースターで、と。これはもう、酒の和洋を問いません。何の友としてもその先にはしあわせが広がることでしょう。

栃尾の油揚げにもハリッサ

さらなる応用として、新潟名物『栃尾の油揚げ』にも。切り開いた中に塗って、閉じてからやっぱりオーブントースターで焼いたのですが…これは肉厚だけにたまらんですね!
和なモノにもバンバン応用できる…これはやっぱり面白いや!興味あってカルディがお近くにある方は是非!


☆今年もお世話になりまくり

今シーズンも足はしもやけに見舞われてますが、前シーズンに発見した特効薬が素晴らしかったので、今や“しもやけドンと来~い!”みたいなものですよ。

今年もお世話に

それこそ、かゆいとか赤くなってるとか気づいた…そこで使うべき軟膏です。早いうちに~汗かくとかゆいとか、赤くなって腫れてるようとか、きつめの靴を履くと当たって痛いとか…そのレベルで早めにコレで手を打ちましょう。初期症状なら数日…早ければ翌日で解決すると思います。

一方で、まあ何とかなるだろうと放っておいた患部が…プールに浸かりすぎた小学生の唇みたいな色になってしまっては大変です。しもやけってルーチンな症状なんだと思うんですよ。生活とか仕事とかの環境が同じなら、症状は現状維持か悪化しかないですよね。
悪化してもこの『ベルクリーンS』が体質に合うなら、早期に改善されることと思いますが、第二類ですのでアレルギーとかあるかたは一応、ストアの薬剤師さんに相談してみてください。


☆味噌で試してみました

たまたま出逢った生姜焼き専門店のそれが美味しかったんです。で、ノーマル以外にも面白そうなそれがあって…でもまあ生姜焼きしかないのですが…生姜焼きファンにはうれしいじゃないですか(笑)。

味噌生姜焼き中

で、『味噌』を『中中』(=ご飯と生姜焼き双方が中盛り)で。これがまた!たまんなかったですねぇ♪味噌と生姜はベストフレンドですから、合うであろうことは想像に難くありませんでしたが、豚肉生姜焼きでもベストマッチだったとは!
減塩野郎にはチョイ濃いめな味付けですが、これで一合半以上はあろうかと思しき白飯がガバガバと進む進む!素晴らしきかな生姜焼き!称えよ生姜焼き!

トッピングのおろし生姜も利いて、この時期は身体の温まるうれしいメニューでした。あと他に、おろしポン酢とか辛味味噌とかあったんですよね。
で、今月は何故かここの前をお昼時に通る展開が多くて…もうひとつ!

生姜焼きピリ辛味噌

『ピリ辛味噌』です。この寒い時期ならもう!これに気持ちが向かって当たり前でしょう。しかも、自転車で移動してますしね。
素晴らしかったですよ。冬はこれですね。完成したそれに赤い点々が見えますが、それだけにあらず皿の端に豆板醤少々が添えられてます(笑)。
そのままでも好い感じなのですが、これはやっぱり…まず味わってからは混ぜ込んで楽しみたいですね。
生姜に唐辛子という、身体の温まるアイテムの競演です。実のところ食後は身体がポカポカして、暖房要らずな…ええもう自転車で走るわけですから、大変にありがたい“冬のお昼”となりました。

やっぱ生姜焼きって、老若男女問わず無条件幸福ですよね♪で、『おろしポン酢』を頼んでる…常連と思しきかたがたも多かったんですよ。これもやっぱり、早いうちに試さねば。


☆干ふのりの意外な使い道

三陸・久慈産のそれですが、美味しいもの好きなら当然ご存知でしょう『干ふのり』。お馴染みのワカメとか濃緑色のあいつらと違ってこれ、うすむらさきというか…見様によってはピンク色にも見えなくはないんですよ。
しかも!温かい汁物とかにはただ放り込めばいいくらいにすぐ戻りますし、それでいて海藻のツルツル感と特有の歯応えがうれしい、と。さらには、そのままつまんでもポリポリとした食感と上品な磯の香りが…酒の友としてなかなか♪

湯豆腐にばらまく

思い切って湯豆腐にばら撒いてみたところ…これがたまらん!という結果に。上品な磯の香りが、利尻昆布と豆腐の関係に一石を投じる…いや、そういうのじゃなくて、上品の三乗みたいな美しき味わいに♪
うちに干ふのりあるよという、豆腐好きにはお薦めです。


で、昨日午後からは帰省の旅に。今回は日程に余裕が無いので、あまりあちこち寄れません…ホントは、無くなる三江線に乗りたかったのですが、あともう一日無いと無理だな、ということで。

そんなわけで、年末らしい記事にしてみました。来年も面白い年にしたいですね。


和風仕立て!
これはローソンストア100で見つけました。ここはハチのレトルトカレーをよく置いてるんですよね。

和風仕立カレー丼の素

ハチの『和風仕立てカレー丼の素』です。和風カレーといえばその昔…あれはヱスビーだったかと記憶しますが、ルーで『和風カレー』というものを発売し、ベンガルさんら出演のそのテレビCMがインパクト大でした。

ひらたけ入り

それはさておき、これは面白かったですよ!確かに和風和風♪だし感とかそういうところがまずは和風のカレーですが、具にある種の疑問が。

“あれ?これは?”な食感の具に出会ったんですよ。きのこなのですが、こりゃしめじじゃないし…そしたら何と!原材料の中に“ひらたけ”なる文言が!
日常でもなかなか手の伸びないそれですが、それをレトルトカレーに…何を考えてるんでしょうか?ハチ食品のかたがたは。

ただ、個人的にはこれ、こころ奪われるランクでした。美味しいんですよ。今や本格的なインドカレーやアセアンのそれを気軽に楽しめる、カレー百花繚乱時代ですが、たまにはこういう選択肢もあっていいんじゃないか…そんなことも思ったハチの『和風仕立カレー丼の素』でした。


初めての『菊芋』
スーパーの産直コーナーは面白いものが多く、しかも安いところも魅力なのですが、普段はあまり見かけないものもあるんですよ。

菊芋

『菊芋』が売られてるのなんて、初めて見ました。話としてはよく聞きますし、文献にも登場してたのですが、何せ売ってないものですから。
で、これにも書かれてますが、含まれるイヌリンという成分が、天然のインスリンらしく…まあわたしは糖尿病ではないですし、美味しければいいのです。
あ、糖尿病じゃないひとが食べても、独特の食物繊維や栄養素から、身体に好いそうです。

菊芋浅漬け

皮ごと食べられる上に生でも食べられるということで、とりあえずめんつゆ漬けにしてみました。
で、この食感は…他に例えようがないですね。菊のような花が咲いて、かつ地下茎が出来るところからこの名前が付いたそうですが、芋の食感じゃないです。もっとガリガリした…ガリガリじゃないか、何だろうな…ヤーコンよりは硬いし…菊芋としか言いようがないです。
ただ、皮付きで調理するとその香りに、牛蒡とかあの感じかな?とも。これは面白いですね。

菊芋味噌汁

味噌汁に入れてみたのですが、これがなかなか。火を通すと、芋の一種のような気はしてきます。ただ、シャキシャキした感じがあるので、そこはちょっと違うか、と。
汁物の具にするのが、とりあえず個人的な好みでしたが、刻んでチャーハンに混ぜたりカレーに加えたり、火を通したほうが面白かったですよ。

で、次に手に入るのがいつになるのやら…来年になるのかなぁ。また出会えたら、是非買い物かごに入れたいですね。面白い食材『菊芋』でした。


サーモスの『真空断熱フードコンテナー』が面白い!
これは今年最高の買い物でしたよ。冬の弁当には…いや、秋~春の3シーズンの弁当には欠かせないものとなりそうです。
思ったよりも温かいというかアツアツなくらいですから、ベースは何味にして具は何にしようかとか…弁当持参の日の前日から、移動中にぼんやりと考えたりなんかして。

で、オプションのあれも買ったんですよ。

スープジャーポーチ

『スープジャーポーチ』というもので、これがまた断熱系とでも申しましょうか、これに入れるとさらに温かさが長持ちするらしいのです。

これは期待できる

そもそもは、買った店の入ってるショッピングモールの年末福引の補助券…いや、福引じゃなくて応募して当選とかそういうのですが、あと二枚あれば応募出来たんですよ。で、これを買うと、ちょうどよかったということもありましたが。
表裏の生地中に“わた”も入ってますが、山好きや放浪の旅人なら銀マットやエマージェンシーブランケットを思い出そうこれもんですから、期待できますね。

スタティックその後

実際のところ、劇的なほどの大きな差はないのかもしれませんが(=そもそもがなかなかですし)、確実に保温力が伸びてるなと実感できます。仕込んでから5時間くらいなら、かなりアツアツを楽しめます!
それ以上に、生地によるグリップ性とか上部ハンドルとかで持ち運びやすくなるので、買うときに余裕があれば一緒に買ったほうが好いですよ。

で、最近ヒットだった乾燥具材は『干し貝柱』。沈むので写真には写ってませんが、おつまみ用の小さなそれ(=1cmくらいのそれ)がなかなか好い仕事をしてくれます。食感だけでなく、好いだしも出ますしね。

クリームシチュー系

最近はクリームシチューなんぞも。ハウスの『クリームシチューミクス』は顆粒状なので、こういうときに使いやすいですよ。
このときは、細め小さめのニンジン一本とタマネギ中1/4を電子レンジで茹でて(=うちのそれには《野菜の下ごしらえ》キーがあるのです)、予熱したコンテナーにそれらと干し貝柱やスライス干ししいたけを放り込み、シチューミクス大さじ1.5を入れて熱湯を注ぎ、サッとかき混ぜてから蓋をキュッと。あとはまあ、駅まで歩いてるうちに結構かき混ぜられますし。
ゴロゴロした具材の入った温かいシチューは、この時期ちょっとうれしいですよ。

ごまだしでも

そしてこれはあの佐伯の『ごまだし』で仕込んだもの。これまたたまらんかったですねぇ!魚系で臭みのない美味しい汁物として、素晴らしいですよ♪具は同様ですが、何となくカニボコも二本(=それぞれ真ん中で斜めに1/2切りで)加えました。これだけで充分なおかずになるくらいです。
簡単なところではヒガシマルの『うどんスープ』1/2袋が、吸い物的にはちょうど好い量です。こういうときはカットわかめなんかも加えたいですね。


もうこれ、夏でも使いたいですよ。もっと早く買っとけば…好い買い物でした。
まだまだ寒い時期は続きますし、春までは…いやいやそれ以降も活躍させたい、そんな好い買い物でした♪
乾物やスープの素などを使えば手軽に簡単に、お湯さえ沸かせば忙しい朝でもサッと作れますので、弁当同志にはお薦めです。特に、わたしのような減塩野郎にはありがたいものです。

お薦めです。迷ってるかたは是非!

もちぽにょに『熊本スペシャル』!
スリーエフの『もちぽにょ』は、スタンダード以外に期間限定モノが出てたりしますが、『熊本スペシャル』なるものが登場してました。




熊本産牛乳を使った純生クリームが使われてるんです。それで“熊本スペシャル”なんですね。

しかも、売り上げの一部が義捐金として、日本赤十字社を通じて熊本へ寄付されるんです。
美味しく食べて寄付…いいじゃないですか。

もちろん、いつもの美味しさは変わりません。もちぽにょファンも、もちぽにょ経験のないかたも、行動先にスリーエフがあるなら是非!