さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
休日お昼は白河で(2) もう一軒
年齢的にもうこういうことは苦しくなってきつつありますが、せっかく来たんだからもう一軒気になってた店へ、と。

裏通りから

何となく、裏通りから向かってみました。これが好かったんですよ。

城下町

このように、城下町地名が現役です。そういう街で育ったものですから、何か近親感が湧くのです。他にも金屋町や細工町、八百屋町や道場小路など。東京でも神田に、紺屋町や北乗物町なんてのが辛うじて現存してますが、統合整理された町名や“やたら中央とかに価値を見出してる”町なんて…わたしは魅力を感じませんけどね。
その点で、地名がそうでなくても町割が未だ背割りなところ(=京都が代表的ですが、大阪や横浜や八戸や…などにも)をうらやましく思ったりするんですよね。

しらかわん

それはさておき。古い町屋風の店では、店頭の正月休みの貼り出しが“しらかわん”でした。
あの萌えキャラは…こういう際には使われないのでしょうか…あ、全年齢対象なのか、これ。

見えてきた

遠くに見えてきました。ここも有名店なんです。

入り口はどこだ

到着しましたが…入り口はどこだ?まだ早い時間なのに、駐車場は停まりまくってます。

明るい店内

気になってたもうひとつはここ、『手打ちラーメン英(はなぶさ)』。ここも有名なのですが、どうやら先代の意志を息子さんが継いでるようです。
先の『茶釜本店』だけでなく結構多いのが、高齢夫婦だけでの経営。おとーさんが調理して、フロアはおかーさんが、というケース。高齢だとこの先…という問題も無くはないですよね。人気店でも突然の閉店、とか。
気になる店はなるべく早いうちに、訪問を達成したいものです。

それはさておき、小上がりやテーブルが充実した店が多いなと思うのも白河ラーメンの特徴ですが、行けば何となく解ります。家族連れが多いんですよ、四人連れとか。それも、小さな子供を含むそれよりはむしろ、大人な子供らを含むそれ、みたいな。

英メニュー

待つ間にメニューを。『高校ラーメン』という、標準価格で大盛り特盛り可能ってのは好いですね。しかも“麺を残したり、分け合った場合は通常料金です”という、教育的指導も。
これはいいことだと思いますよ。

手打ちラーメン英

しょうゆの『ラーメン』です。小ライスをサービスで付けられましたが、それは胃のキャパ的に無理がありますゆえ、ラーメン単品で。
美味しかったですねぇ♪色淡く澄んでいながらも味わい深いスープに、手打ちでコシのうれしい中太ちぢれ麺。そして、白河おなじみの具…ここはさらにゆで玉子1/2も載ってるんです。
二杯目なのですが、これがもう向こうから口に飛び込んでくるが如し。やっぱり白河ラーメンは美味しいですよ♪

ご馳走様でした

ここも感動の一杯でしたが、この街に暮らす皆さんはいつでもどの店でも、美味しいラーメンを楽しめるんですよね。何せ人口6万人の市にラーメン店100軒以上ですから、これは日常な文化と言い切ってしまってもいいと思いますよ。

そして、何軒も食べ歩いての中締めというか、わたしなりの結論が。この街でラーメンを食べる…基本的にどこで食べても美味しいと思います。『とら食堂』だけはさすがに別格ですが、あとは好みの領域なのでは、と。

この好みも絶対的なそれというよりは、その日の体調や気持ちで…“今日はガツンといきたいからあそこにしよう”とか、“あっさりがいいな、あそこにしよう”といった、基本は変わらずともそういった個人的チャートやマトリクスからその日のラーメンを選んだり…そういう贅沢が可能な街は、全国的にもそうはありませんよね。

白河、好い街ですよ。で、その街を…せっかくだからまた観光してみることにしました。


(つづく)

スポンサーサイト
休日お昼は白河で(1) 別系統の店
冬の18きっぷの話なのですが、今やもう春の18きっぷシーズンとなってしまいました。で、特に季節限定な話はありませんので、これを皆さんの18きっぷ旅の…そのまま参考にとかじゃなくて、旅のスタイルの参考になれば…と。
東京出発ですが、これそのものがどうこうじゃないと考えると、今アナタが居るそこから片道数時間ののんびり日帰り旅…そういう感覚でご覧ください。


さて本題。冬の18きっぷが一日分残ってて、そうなると日帰りでどこかにとなるのですが…これが案外難しい。

グリーン車で

泊まって楽しみたいところは除外されますし、日帰りお手軽でもまあ…気分もありますが「今、あそこに行ってもな」なところもありますし。

川を渡る

で、東京から日帰りで伺って楽しいというところで、またまた白河(福島県白河市)へ。個人的な好みもあるのですが、この街が好きなんですよ。
観光資源としてはまあ、城とか古い街並みとかもあるのですが、一番のそれはやっぱり『白河ラーメン』なんじゃないでしょうか。それに惚れ込んでしまったわたしは、暇あらば通うことになってしまったのです。

外観

まずはそこら辺からということで、今回は系統の違う店への訪問を第一の目的としました。有名な『とら食堂』とはまた違った系統の老舗、『茶釜本店』です。

ウッディな昭和空間

“とら系”とはまた別に“茶釜系”というものがあるのだそうですが、共に戦後の混乱な時代の屋台から…というところが面白いものだな、とも。

祝開店の寄贈鏡

内装が昭和テーマパーククラスというか…いや、テーマパークが真似してるのですが、壁に並ぶ木札のメニューや温度計、そしてこの“祝開店”で贈られた鏡とか、昔は食堂なんかで当たり前にありましたよね。

茶釜本店

基本は中華そばなのでしょうが、白河に来たなら一杯は頼みたいのが『ワンタンメン』。自家製麺なだけでなく、ワンタンも自家製なところが多い白河ですから。
好かったですねぇ。ルックスがまず、完璧に白河ラーメンです。特にこの、澄んだスープに映えるほうれん草の緑ってのが、個人的に好きなんですよね。

なみなみと注がれたスープや、そしてチャーシューやメンマがしょっぱいのもここの特徴だそうですが、これはそれをおかずに白飯をという、戦後的スタイルを今に伝える…これは考えすぎか?富山ブラックがそういう歴史を…それはさておき。
白河おなじみの太めでツルツルな縮れ麺、口中を火傷しそうながら一気に啜るように楽しみたいワンタン、そしてスッキリとしていながら味わい深いスープ…美味しい一杯でした。

ここはサイドメニュー的存在として『おいなりさん3ヶ』200円というものがあるのも特徴だそうですね。丼物各種もありますし、ここは中華そばだけではなく街の食堂として日常的な存在なのでしょう。そうそう、ここはテーブル席のみだった気がします。
この日は世間も休日でしたが、家族連れが多かったですし。っていっても幼児連れ世代ではなく、親孝行世代だったり…あ、ここの辺りでわたしは何となく、帰省時に母と外食に行くあの感覚を思い出して、この街が好きなのかも。


それはさておき。白河ラーメンに関して、ある確信に向けて意識を一歩進められた、そんな『茶釜本店』でした。そしてもう一軒、徒歩圏内で気になる店があるので、満腹中枢があれする前にと急ぎました。


(つづく)

【達成!】 JR東日本完乗!
JRの関東地区路線の乗りつぶしは残すところ、神奈川県の一部と千葉県の一部だけだったのですが(=しかも一番めんどくさいとこ)、『休日おでかけパス』を使って始発でスタートし…まずは鶴見線と各支線を制覇、そして大きく千葉へと移動し…久留里線を上総亀山まで制覇し…これで神奈川県と千葉県のJR線完乗となりました!

他県はすでに完乗してますし、これで遂に関東地区路線完乗…待てよ、甲信越もすでに完乗してるから関東甲信越地区路線完乗…待てよ、東北はとっくに完乗してるから…ああっ!つまりはJR東日本全路線完乗ってことじゃないか!>俺




まあ、だから何だってことですが(=ついでにJR北海道も完乗してます)、これでようやく全ての路線について語れるな、と。

無事に帰り着いたら、千葉みやげで祝杯を挙げたいと思います。


鮮やかな浅漬け
産直コーナーのあるスーパーがあるのですが、そこにはなかなか見かけない珍しい野菜が並んでたりするんです。
しかも価格も安かったりして、そうなると興味の湧いたものはとりあえず買ってみて…人生そういうものですよ。

紅芯大根

『紅芯大根』というものがありました。これが一個100円ですから、とりあえず買ってみました。

葉っぱ以外ほぼカブ

形や大きさは、ほぼカブといったところでしょうか。ただ、その名前の片鱗を長い尻尾に覗かせてます。
で、この大きさって何だか馴染みがある…というよりは、昔の思い出に…あ、野球のボールですよ。あの大きさです。
若いかたなど…っていうかU40辺りだと、球技はサッカーしか知らないとか多いようですが…いいんだ、オヤジ世代だけが“ああ、なるほど”と理解してくだされば。

youtube『白いボール/王貞治・本間千代子』



王さんの名曲はともかく。

鮮やかな紅色

中は鮮やかです!まさかこのような展開を見せる大根があったとは!ここまで美しいデザイン…じゃなくて色合いなら、煮たりするのは勿体無いですよね。

パリパリ美味しい

浅漬けというか、まあ塩揉みの類ですね。一日寝かせましたが、生のときよりさらに鮮やかさが増したような気がしました。
で、これがパリパリとして美味しかったんです。そこら辺はさすがに大根ですが、普通の白いそれよりも心地よい感じの硬さを感じました。
何となく南国的な雰囲気を感じるかも知れませんし、和の色調からすると少々のどぎつさを感じるかも知れませんが、丼物の付け合せの香の物としてなど…いや、これは実際にそうした際の写真なのですが、華やかさが増して楽しいですよ♪


また新たな、そして面白い食材に出逢えました。こういうことがあるから、料理趣味は止められないんですよね。
お薦め食材です。是非!出逢ってください(笑)。


シリーズ《親友》③ 大阪みやげ編
これは親友の帰省先である、大阪のみやげです。四半世紀を越える付き合いながら、未だヤツが大阪弁で話すのを聞いたことがない…そこに何があるのか知りませんが、実家では大阪弁で話してるのでしょうか。

グリコのどて焼き丼

多分、駅のそういうコーナーで売ってるのかも、グリコ『DONBURI亭』から『どて焼き丼』です。
ええもう、関西限定の文字が躍ってます。重ねて通天閣のイラストも誇らしげです。

牛すじこんにゃくたけのこ

“大阪ソウルフード”のコピーもありますが、そもそもどて焼きやどて煮といわれるそれ、東海から関西にかけて一般的なものですが、牛すじなどバラエティミートとこんにゃくを味噌で煮込んだ…そういうものなのです。
これは、それに加えてたけのこまで加わってるところに期待が高まりますよ。

手軽に美味しいどて焼き丼

これは素晴らしかったですね!甘辛な味わいですが、濃すぎず薄すぎず、下の丼飯がわしわしと進む味わいです。左党ならついつい、これを肴に一杯…などと思いかねないところですが、これはご飯にあわせた味ですね。特にたけのこのアクセントは、想像どおりの面白さでした。

思うところというほどの思うところでもなく、小うどん(刻み)も添えて大阪感を盛り上げましたが、ああ大阪で…めし食いたいなぁ(※)…そんなことを思ってしまった『どて焼き丼』でした。

大阪でいただく“めし”は、たまらなく美味しい…否!“旨い!”のです

こういうのが好きな方へのおみやげには最適かと思いますので、大阪で迷ったら是非これをどうぞ。


親友に感謝しつつ、読んでくださった皆さんに感謝しつつ、シリーズ《親友》、これにて閉幕!
ありがとうございます。美味しいモノを楽しんで笑って…長生きしたいですね♪


(了)

シリーズ《親友》② 鹿児島みやげ編
その親友が、どこで何をしていたかは国家機密レベルの話なのでここには書けませんが、その出張先のみやげです。

まるごとしろくまプリン

鹿児島みやげなのですが、『まるごとしろくまプリン』というものをいただきました。そういえば以前この親友から、大阪みやげで『お持ち帰り通天閣』というプリンをいただきましたが…みやげ=プリンなのか?>親友

こんなパック

プリンと名乗ってますが、開けるとそこには…ひと口饅頭かと思うような個別包装…これ、ホントにプリンなのか?

鹿児島といえば

ちなみにしろくま、これはアイスで今や全国区かなと思うのですが、まだ伝播してない地域のかたに説明を。
鹿児島発祥の名物で、かき氷に練乳をかけ、その上にたっぷりとフルーツをのせたアイスです、と。

で、そのしろくまの美味しさをプリンにしてみましたって…気持ちは解るのですが…このパッケージは…?

生牡蠣風に

何と!この中に充填されてるような形態でした。ビックリしましたよ。ただ、これってどうやって食べれば…器に移すのも何か違うし、ここにスプーンを突っ込むのも何だか…あ、そのままイケばいいのか。

という訳で、それこそ生牡蠣を殻からツルッといく…あの感覚で、“口から迎えにいって”ツルリと直接いただきました(笑)。で、これがなかなか♪
実際のフルーツではなく、みかん・さくらんぼ・メロン・りんごの果汁を使った角切りゼリーの類が散りばめられてるのですが、白い中にほのかに見え隠れする色合いもきれいですし、何より美味しいので…ついついもう一個もう一個…と。

これ、鹿児島みやげとしてお薦めです。機会があれば是非♪

桜島鶏炭火焼

そしてもうひとつ。これは左党向けのものですね。『桜島鶏炭火焼』です。さすが親友、押さえてますねー。

香りが好い

シンプルに塩こしょうで仕上げられてるせいか、肉の味わいが好いですね。そしてこういう地鶏ものとなれば、わざとやってんじゃないかってくらいに硬かったりしますが、これは柔らかいです。
酒が進みますが、これを使って丼物を仕立てるなんてのも楽しいかも知れません。

これまたお薦めです。そんな、親友の出張みやげ二題でした。で、帰省みやげもいただいたんですよ。次回はそれをアップいたします。


(つづく)

シリーズ《親友》① あの店で豪遊
川崎の親友から、時間があったら飲まない?というオファーが。まあ、言ってみれば新年会のようなものですね。自営なこちらと違って海外出張もある技術者ですから、基本的には月金勤務ながら…年末年始の休暇がいろいろとややこしいことになって、向こうの希望日に金曜日なんてのが。

玉川上水の梅

いつもは土曜なのですが、じゃあそういう…世間の週末前と合わせてみようかということに。世間の週末の賑わいとか縁のない生活ですから、そういう中で楽しむのもまた一興かと思ったんですよ。もう川原に咲き始めてた梅を眺めながら出かけました。

で、場所は西新宿ということに。これはこっちのホームでもあるのですが。
そして店選び。前回はそこが満席だったからと流れた先が面白かったとかありましたが、時間もまだ早いからそこに行ってみようぜ、と。
そこの価格設定なら、わたしでも豪遊できるのです…そう、“魚肉ソーセージ52円”で有名な『さくら水産』です。この日もお互い、気分は“魚食いたいね!”でしたし。

突き出しのポテサラ

そういう安さばかりがクローズアップされてる感もありますが、行ったことがあればそれだけじゃない…ここはどこで利益を出してんだ?と疑問に思うくらいに、どれも安いながら…ここが肝心ですが、美味しい店なんですよ。

で、お通しはアイスのチョコミントとかをアレするヤツでアレしたと思しきポテサラ。ただ、この下には刻みキャベツが敷かれてんですよ。これが何だか…うれしくなるんですね。
そういう、芸の細かいところがあるんですよ、ここは。

本日の大漁刺盛り

“水産”ですから、頼みたいのはやっぱり刺身。安いんですよ。単品だとスーパーで売ってるそれよりも安いのでは?と思うほど。今回は思い切って舟盛り~『本日の大漁刺盛り』990円(税別)を。
好かったですねぇ!あ、これは!と思うところが並んでますから、これは“おまかせ”で楽しむ逸品ですね。

牛すじ煮込み

でもやっぱり肉もということで、『牛すじ煮込み』を。これは器から取り分けたものですが、牛すじって好いですよね。これの煮込みは得意料理のひとつなのですが、最近は牛すじも高いし…なかなか作れず仕舞いでした。
たまには作りたいですね。

大ばちまぐろねぎ間串

串物もあるんです。これは『大ばちまぐろねぎ間串』。まあ、めばちまぐろですから、こういう方向性だと独特の酸味なども感じますが、肉の串物にはない面白さがあります。

ノルウェーサーモンタルタル

こちらは『ノルウェーサーモンタルタル串』。そもそもが脂ののった系なのに、そこにタルタルか!と思うところですが、肴としてはアリですよ。
ま、酒宴ですし、健康がどうとかはとりあえず棚の上に置く、と。

お薦めが安い

で、また長期出張があったということで、今回は鹿児島県だった、と。あれ?前回のフランス関係があって、今回が鹿児島ってことは…えーっと…あのさぁ、鹿児島市内じゃないんだろ?と問えば…

きゅうりとらっきょう

さあ、何のことやら…そうそう、おみやげあるよー、とゴマカシ。
ええもう、どっちみちここには書けませんが、大体解りました。

これは作ったことある

これ、何だろうと思って頼んだ“ピザのようなもの”。出て来て、正体が判りました。これ、ベースは春巻の皮です。何せわたし、これ作ったことありますから。若い頃、いろいろあって『オレンジページ』読者だったのですが、こういう“中華の皮”を使ったクイックメニューとか学んだものです。

※簡単お薦めは春巻の皮を1/4に切って、それでスティック状に切ったハム&溶けるチーズを包んで、フライパンでカリカリに…というもの。つまみやすい上にカリカリな中でチーズがとろり!アツアツなうちに召し上がれ♪

ひと口サイズなら、餃子の皮を使っても美味しいんですよね。餃子の皮を使ったピザはかつて、『タモリ倶楽部』にも登場しましたよね。

そこに熱燗

で、そこに熱燗を頼むわたし。“ピザに熱燗かよー(笑)!”といわれながらも、まあ何となく併せてみたかったんです。
この組み合わせ、不思議なケミストリーが生まれ…たりしませんでした。わたしは嫌いじゃないですが、普通の左党は止めといたほうが好いです。

さくら酎ハイ

で、ここへ来たなら一杯は飲みたいのが『さくら酎ハイ』。桜の花の塩漬けが加わったそれなのですが、塩分はどうなのよさ(←ピノコ)とか思いつつ…まあそもそも酒宴なんだし、健康はとりあえず置いといて…香りが好いんですよ、これ。

タッチパネルで

ここもタッチパネル操作で注文が出来るので便利は便利なのですが、最近こういう店が増えてるのはやっぱり、労働力の確保が難しいからとか…そっち方面の問題解決でなのでしょうか。余談ですがこの店舗、近くにあるもっと大型なそこは留学生と思しきアジアの若者店員が多かったんですよ。
ここは日本人ばかりだったような気がするので…まあ、注文したものがすぐに出てきてくれれば、誰が働いていようとこちらも構いませんが。
コミュニケーションがある点では塚田農場のほうが…この話はいいか。


楽しい夜でした。で、口封じの出張みやげ(笑)と、帰省先の大阪みやげがありますので、その話に続きます。


(つづく)