さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
こういう刺身がうれしい
一人前とかの量だったり、よく見かけるおなじみの魚類のものだった場合、スーパーのほうが便利なこともありますが、一方で商店街の魚屋さんでは…スーパーでは見かけないそれがあるところがうれしいんです。

ほっき刺

ほっきです。これも熱が通ってきれいなピンク色となって、ほかのものと混ぜてサラダになってるものなんかは最近よく見かけるような気がするのですが、あれはあれで好いですよね。
でもやっぱり、忘れてならないのが刺身。貝類の刺身はそれぞれに独特の歯応えが楽しいものですが、ほっきは特にそれが楽しいですし、そして口に広がる海の味わい…たまんないですねぇ♪
サラダなんかにはカナダ産の、すでにボイルされて輸入されたものが使われてるようですが、生ならやっぱり国産です。東京では微妙に手を出しにくい価格なのですが、魚屋さんなら割と買いやすい価格で出てることもあるんです。

ビッグなアジ

これ、アジなのですが、そもそもサイズがデカいんですよ。刻みネギがこの大きさに見えますから。切り身から察するに、おそらくマサバよりもデカいんじゃないかとも思います。で、身は締まってるのに脂も乗りまくっているという…しかもビッグサイズだし。
アジの刺身というと、まあ“たたき”になってたり、普通に造ってあったらひと切れが箸先でつまむ程度ですよね。これは食べ応えありました。もちろん、美味しかったですよ。

あん肝380円

あん肝です。こういうのはプリン体があれだから普段は食べないし、そもそも見かけないですよ。冬の時期のあんこう鍋セットにちょっと添えられてるのを見かけることはありますが。
そういえば…あん肝の缶詰ってありますよね。誰が買うんだろう…な価格の。道路拡張で無くなった近所のミニスーパーでは、かに棒肉のとかあん肝のとか、価格の高い缶詰は一般の棚ではなくてレジの後ろの棚に置かれてたなぁ…そんなことも思い出しました。

しかもこれ、この量で380円だったんですよ!オクサン!添えられたもみじおろしもよく合って、大変に美味しゅうございました。尿酸値が気になるところですが、そもそもあん肝の酒蒸しを前回食べたのは…思い出せません。10年以上は食べてないと思います。
だからまあ、たまには…と。翌日にいきなり足の関節が腫れたりとか、そういうことはありませんでした。


そんなわけで、魚屋さんの冷蔵ケースでは、スーパーとはひと味違うラインナップがアナタを待ってるかも知れません。近所に魚屋さんがあるかたは是非一度、覗いてみてください。


スポンサーサイト