さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
千住散歩(2) 千住で市場めし!
実はお昼を食べようというところから逆算して、開館と同時に入れば…そういう魂胆だったのです。
とはいえ、一番のメインは当然、美術館でしたよ。

足立市場

そこから歩いてすぐのところに、魚市場の『足立市場』があるんですよ。で、そこの場内には一般人も利用できる食堂街…街は大げさか、食堂棟があるんです。

時間が時間だし

時間が時間ですから、すでに閑散としてる場内ですが、一角だけは活気を呈してます。

食堂棟

ここです。ここに人気店がひしめいています。ひしめくといえばかつて、赤瀬川さんの著書でそれは“犇く”と書くことを知ったときの衝撃は…牛牛牛…後年、北海道で放牧された牛の…何の話でしたっけ?
そうそう、市場めしです。

市場めし とくだ家

東京で魚市場といえば築地の移転問題がかまびすしいものですが、こちらは静かに日常を送られてるよう。
いくつもある店の中から今回セレクトしたのは、『市場めし とくだ家』。ここの海鮮丼がとんでもないらしいんですよ。

とくだ家メニュー

卓上のメニュー。これは定番のそれのようで、他にもいわゆる“黒板メニュー”もありました。
で、私の頼むそれはひとつです。ええもうそこに絞ってましたよ。

足立市場マッターホルン

Now!『ごうか海鮮丼』¥1,300-です。観光地ならいざ知らず、市場で1K超えならそれなりに…そんなことも思いましたが、冷静に考えればわたし…観光客ですよね(笑)。
で、出て来たそれはご覧のとおり…何じゃこりゃ!ですよ。

独立峰

この独立峰を制するには過去の経験はもとより、綿密な計画が必要…じゃないですね。もうとにかく、欲望の赴くままに!とにかく手当たり次第に攻略!

いやはや、素晴らしかったですよ♪美味しい美味しい♪
その素晴らしさは画像をご覧いただいければお解りいただけるかと思いますが…えーっと、サザエって普通…殻ごと載ってますか(笑)?で、山の表面のこれらだけでなく、その内部にもお魚さんがギッシリと!
個人的には、キビナゴを貼り付けてくれたところが高ポイントです。そして隣のボイルホタルイカも。そしてその隣のカズノコ…いや、うにやまぐろなどメインのそれらスター選手の活躍は言うまでもないのですが、打率は低いが鉄壁の守備とか、代打での出塁率がすごいとか…そういう選手…じゃなくて根多の出番が面白いんですよ。

これ、北海道とか観光地なら…3Kくらいは当たり前ですよね。足立区バンザイ!です。

安いと思うborder=

平日お昼で、主用駅や繁華街からは遠く離れた魚市場の食堂で…なぜにこのように客が引きも切らず?
美味しいからでしょうね。そして、基本的に決して安いとは言えないのですが、そんな中で“本日のサービスランチ”は『鯖味噌煮とタコ刺し定食』で、これが¥580-!

おそらく、結構な量なんじゃないかと想像できましたが、そう思うと…海鮮丼系なイベント飯ならそれはそれで楽しめ、一方で日常な定食は安く楽しめる…理想ではないですか。

八戸ラーメンの店も

ここ、いいなぁ~!と思いつつ、他の店も外観だけ見学。寿司屋さんがあって、そこはそれ相応の価格ながら名店だそうですが、そういう経済力のない私の目に留まったのがこの、“八戸ラーメン”も出してるお店。
美味しいんですよねぇ、八戸ラーメン。ああいう、しょうゆラーメンの基本みたいなそれは、同じ南部の盛岡でもおなじみですが、ここはラーメンや定食だけでなく、他と同様に各種海鮮丼なども出してるようです。


と、素晴らしい経験をいたしました。ここ、お薦めです。市場関係者以外は通だけが楽しんでるっぽいですが、機会のあるかたは一度覗いてみましょう。面白いですよん♪

で、食後。すぐに帰ろうかとも思ったのですが、何か日差しが暖かで、ならばせっかくだから…続きます。


(つづく)

スポンサーサイト