さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
九州の郷土料理を作ってみる
これはそもそも、年末年始に帰省した際にスーパーで見かけて、話に聞いてたのはこれだったかと…かさばるのについつい買ってしまったものです。

本たら胃

『本たら胃』と書かれてますが、これは“たらおさ”と読むそうですね。福岡や大分の郷土料理だそうで、内陸の大分県日田市ではお盆に欠かせないものだそうです。

かなりグロい

たらの干したものといえば、正月の棒だらを思い出すのですが、逆に暑い時期のお盆に食べる料理とは…まあ、こちらは身ではなく、えらと胃なのですが。
で、袋を開けると好い香りが漂うのですが…それに反してこの奇怪なルックスは…“鬼の歯ブラシ”とか“天狗の耳かき”とか、そういうあだ名を考えたりしました。

戻すとやけに生々しい

H.R.ギーガーな造形でガッチガチに硬いのですが、それをまる一日水に浸けて戻すと…生々しいなぁ…やっぱりギーガー系か?
で、ここで思い出したことが。胃の部分です。これ、既視感があるなと思ったら…チャンジャですよ、朝鮮料理の。あれはたらの胃を調味料に漬け込んだもので、酒もご飯も進むんですよね。

見た目はグロいが旨し

もしかして、胃の部分を使ってチャンジャを自作できるのか?などと思いつつも、下茹でしてから細かく切って、オーソドックスに炊いてみました。胃の部分はもっちりとした好い歯応えがあり、一方でえらの部分には他に例えようのないそれが。面白いです。

ただ、えらの芯の部分が骨のように残ってしまうので…これは圧力鍋を使うと柔らかくなって一緒に食べられるのでしょうか…ちょっと課題が残りました。そこはもう一度チャレンジして、“俺のたらおさ”を作ってみたいですね。
まず、そこら辺で売ってるものではなさそうですし、好みというものもありますから薦めはしませんが、これについて調べるうちに食文化の伝播まで勉強になったりして、有意義な素材でした。

スポンサーサイト