さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
変わった地名ハントツーリング(3) 驚異の激坂!
そして、その山越えの道の取り付きまでやってまいりましたが…

押し歩き決定

この激坂は…押し歩き決定です。いや、フロントダブルならまだしも、フレッタはフロントシングルですから。8速でもこれは上がれません。

何と雨降林道

何とこれ、雨降(あめふらし)林道でした。林道ならまあ、一般道とは規格が違いますから、激坂も珍しくないんですよ。
で、距離は308mですから、そう大した距離ではありません。

夕方からゲート閉鎖

午後4時30分でゲート閉鎖されるらしいんですが…ちょっと早いような気もします。で、押し歩きでもひっくり返りそうな勾配なのですが…

驚異の激坂

こんな勾配標識…初めて出会った気がします。22%ですよ!?22%!!そもそも14%でも登れないほどの激坂なのに…20%台の勾配の坂…あるんですね。
さすが、林道基準です。

22パーセントの坂

これが22%の坂です。こうやって写真で見ると、大したことないように見えるでしょ?実際ここは10%台だと思いましたが、でも立ってても後ろにこけそうになるんです。

ピーク道に出ました

約300mを押し歩いて(=勾配がすごいから歩いてても疲れました)、ようやくピークへ到達。ここからは峰を走る道を右へと向かいます。

22パーセントを振り返る

来た道を振り返って。この辺はもう、アスファルトだと上れないからコンクリート舗装になってました。たぶんここが22%だと思います。とんでもない勾配だって解っていただけますか。これくらいとんでもないと、下りだって降りて押しますよ。

穴川林道でした

稜線の道は穴川林道でした。で、この先に…たまたま見つけた面白いスポットがあるので、ちょっと寄っていこうかな、と。このときはまだ、そこに至るのがあんなルートだとは思ってもみなかったのですが。

雨降林道

断面図を。こうして見るとそうでもないように見えますが、平均でも16%ありますから、やっぱりとんでもなかったな、と。
そしてまた、とんでもないものに出会うことになりました。


(つづく)

スポンサーサイト