さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
変わった地名ハントツーリング(5) スイングアウト!
地図上にいきなり発見してしまった神社を探して山を登りお参りして…

あとは下るだけ

あとはもう、下るだけです。漕ぐ必要はありません。ステアリング&ブレーキコントロールだけで“ひゃっほー!”な高速世界です。
そんなわけで…途中の写真がありません。まあ…サイクリストなら気持ちは解っていただけるかな、と。

ランドマークとしての神社

そして、この日の最後の探索の、まずのランドマークとしていた神社に到着。好い天気でしたし、平日ながら自転車趣味の同志をよく見かけました。
で、そこから民家や農地の間を走りつつ肝心のそれを探すのですが…う~む…ここも字(あざ)が面白いからと、しかもセットものじゃないかと興奮して訪れたのですが…その全てが空振りでした。



その地区の地理院地図を貼り付けておきますが、これはお手元のデバイスによっては表示されないかも知れません
智…義…信…忠…孝…このような字が散らばってるんです。これってつまりあの“仁・儀・礼・智・忠・信・考・悌 ”ですよね。わたしの世代だとNHKの人形劇でやってた『里見八犬伝』を思い出すのですが、それの痕跡をコンプリートできれば…そんなことも考えてたファイナルが大コケで、ひとつも見つかりませんでした。
ちなみにこれ、古い地形図(=うちにある地形図データ)には記されてないんですよ。逆じゃないか?とも思うのですが。

成果は得られず

成果は得られませんでしたが、でもまあ振り返ればなかなかにアドベンチャーなサイクルツーリングの一日ではあったかな、と。

津久井湖

途中、津久井湖で大休止。平日の昼間だというのに、ローディにしろポタリングにしろ自転車趣味人が思ったより多くて…このひとたちは一体、何の仕事をしてるん…あ、わたしもか。


さて、そろそろ世間はランチタイム。わたしも走り回って腹ペコです。とっとと美味しいものを楽しみたいところです。


(つづく)

スポンサーサイト