さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
鹿出没注意
いよいよ今日、昼前の便で羽田へと向かいます。今年も…いや、今年は特に充実した日々でした。
で、特に印象深かったことを。


ライダーハウスは宿泊所というだけでなく、交流や情報交換の場という側面も重要なのですが、そこで聞いた話が何だかすごかったんです。

稚内にノシャップというところがあり、まず岬なのですが水族館などもあり、周辺は住宅地でもあるんです。
そこに、エゾシカが出没してる、と。しかも、一頭二頭ではなく群を成してる、と。
ひとに対しても警戒したりせずに、堂々とうろついてる、と。

気になったので、島から帰ってきたついでにノシャップへ向かいました。

2017073014143058d.jpg

ノシャップ公園(広い)にはこのような看板が出てましたが、周辺には見当たらず。時間帯もあるのかも…そう思って岬をぐるっと回って…あ…

20170730141408282.jpg

確かに、一頭二頭どころじゃないですよ!10頭以上います(笑)!しかも、すぐその辺に家々があるというのに、堂々と草を食んでます!

20170730141430575.jpg
信じられない光景ですが、事実なんですよ。聞いた話によると、この辺の草は海風に当たって塩が付いてるから、塩分補給で自衛隊施設の裏山から降りてきてるうちに、戻るのがめんどくさくなったのでは?と。

今年は山道を走ってて、三頭のエゾシカを目撃してましたが、一瞬して記録更新というか…山の中より多いじゃないか(笑)!


そういったことも含めて、いろいろと新鮮だった10年目の道北でした。
皆さんもいかがですか?住宅地のシカの群れはともかく、道北は涼しいですよ。


スポンサーサイト
島の時間



連泊で毎度おなじみな稚内のライダーハウス。そこをベースとしたワンデイツーリングで、今年は礼文島へ日帰り旅してまいりました♪
あれは…2年前だったか、現地でいただいたホッケのちゃんちゃん焼きが美味しすぎて(本当に!信じられないくらい美味しいんです!)、あれをまた食べたかったのと、南側をまだ走ってなかったからってのもあったんですが。

で、観光スポットを含めて南側も制覇、晴れて礼文島完全制覇となりました。

それにしても…島の時間って、何だかのんびりしていて好いですね。海を眺めるのが好きってのもあるのですが、帰りのフェリーの時刻を忘れそうになるくらい、ついつい風景に見入ってしまいました。

もちろん!ホッケのちゃんちゃん焼きは最高の味わい。あればかりは、礼文島じゃないと食べらんない味なんですよね。
しあわせな島時間でした♪今日、札幌に移動して、いよいよ明日、泣く泣く北海道を離れることとなります。
まだ終わってないですが、なかなかに充実した北海道放浪だったかな?と思ってます。


そこを目指したという意味もあった
泊まろうと思ってたライダーハウスが、 ホタテ料理を中心とした経済活動を行っておられるところだったんです。で、店の名を冠した定食はホタテづくしで、それと瓶ビールを…そんなことも考えながら走ってたんです。

着いたら…まだ16時前なのに…閉店?18時までやってたはずなのに…。

裏で音や声…声をかけて伺えば、食事は出来ないがライダーハウスの宿泊は大丈夫だとのこと。
ここは風呂がないので、2km先の道の駅&ホテルの立ち寄り湯を利用するのですが、アタマの中はすっかりホタテモードなので、道の駅でこんなのを見つけて買いました。




この村はホタテ養殖で有名なんですよ。あの崎陽軒のシウマイにも、ここのそれが使われてるそうですし。




美味しかったですねぇ!ホタテの炊き込みご飯なのですが、さらに真ん中に載せられたそれ、デカいんですよ。これ一個で一合は飲めそうな…いやいやいや。
名物に旨いもの無しといいますが、こういう地元の誇りに間違いは無しですよ。

たまたま展開上こうなりましたが、満足でした…の一方で、あのホタテ定食も食べたかったなぁ…あ、また来いってこと?

まあ、いつか伺いたいですね。

星降るライハ
かつては北海道というだけでワーキャーな感じで旅してたものですが、毎年リピートしてると段々とその年のテーマとか漫然と思い始めたんです。
今年は、名寄本線の足跡を辿ることと…星空写真撮影について、もっと巧くなりたいってのが。

名寄本線のほうはなかなかな成果がありましたが、一方で星空写真も。これはもう!天候と月齢のめぐり合わせ、そしてその地の照明条件…地上がどれくらい明るいかということなのですが、先日リピートで泊まったところで全ての条件が合致したのです!

201707271804272e5.jpg

今や人口が道内最少の音威子府(おといねっぷ)村。そこにあるライハがその、素晴らしき場所です!
チェックイン時にそういう話をしてたので、作るオーナー(いいひと)本人も交えての手づくり夕食会(=これが美味いのよ!)のあと、皆んな…といってもオーナー含めて計4人でしたが、突発的に星空観察会となりました。
この村は道内の中で、もっとも人口が少ない自治体、しかもその宿がさらに僻地的なところにある関係で…いや、一応駅前なのですが、駅周辺にほぼ何も無いという…この駅の利用者って一体どのくらい?とか思うほど。そして月齢は新月辺り、天候は晴れで雲ひとつない晴天…素人目にも好条件であることが判ります。

暗いほうへ皆んなで歩いていき上を見上げれば…すごくたくさんの星。目が慣れれば更に暗いほうへ…見上げればさらなる星の数々!ザラザラとキラキラと、音を立てて降り注いできそうなほど!

20170727180357979.jpg

天の川を見たのは何年振りでしょうか!最初は北斗七星だカシオペアだ言ってましたが、見れば見るほど見える星はその数を増し続け、天の川さえも肉眼でハッキリと!そこに流れ星がスッ…と何本も!
皆んな子供化してしまったというか…ほらほらあれ!とか、うわー!あそこすごい!とか…こういう星空観測会は素人者だからこその面白さがあったのかも?だって誰も専門的なことを知らないから、解説も何もなくただただ“わー!”だったわけですし。
ここに専門家がいたとしたら…ありがたいけども…こういう興奮は無くなったかと思います。

で、撮影についてもいろいろ解ってきました。ミラーレスでもこれくらいは…そうそう!星空撮影ビギナーでもこれくらいは撮れましたから、デジイチユーザには是非一度チャレンジしていただきたいものです。

で、昨夜からは北海道も全体的に曇天に転じましたから、もう撮れないか…と。
良い経験の出来た北海道でし…いやいやいや、まだ終わってないですよ。星空写真はともかく、まだまだ北海道を全力で楽しみたいと思います。

ずーっとずーっと



昨日はバスで大幅に移動しておきながら、80kmも走ってしまいました。

主に農地の中を走りつづけてましたが、同じ作物が広大な敷地に果てしなく…ずーっとずーっと広がってんです。例えば、麦とか…




蕎麦とか…




あと、農業限界を超えた辺りは、牧草地がとんでもなく広大に広がってます。よくそういう場合、東京ドーム何個分とかいいますが、そんなレベルじゃない…渋谷区何個分とか、そういうレベルかも知れません。

田んぼ…畑…牧草地…真っ直ぐな道…“ずーっとずーっと”が、北海道らしい風景なのかも知れません。


内陸・沿岸・内陸と来て、今日は沿岸を目指します。

星の数ほど…とは言いますが
一昨日のことですが、夜になってよく晴れたし月は出てないしで、星がよく見えたんです。
あれはなかなか不思議なもので、じー…っと眺めてると目が慣れてくるのか、見える数がどんどん増してくるんですよね。

20170725140846dba.jpg

昔、学校で教わった北斗七星やカシオペアや…金星とオリオン座くらいしか見えない都心とは大違いです…まあこの写真は長時間露光なのですが。

数の多い例えで“星の数ほど”なんて申しますが、それはこういうところの夜空だから成り立つもので、都心なんかだと逆の意味になってしまうという…失恋した男友達に“女なんて星の数ほどいるんだから”なんて言っても、励ましにならないどころか、“逃した魚は大きい”みたいな意味になったりして。

新月辺りの晴れた夜は、星のたくさん見えるところに身を置きたいものですね。

充実の滑り出し
やっぱり北海道は涼しいですね。で、毎度のことながら、こっちに来るとお腹が空くんですよ。
羽田で空弁を食べておきながら、旭川空港を出て最初のセコマでスポドリを買おうとして、ホットシェフの大きなおにぎり『すじこ』も買ってしまうし。
でも、あれを食べた経験があるかたなら、この気持ちは解るでしょ?あんなに美味しいおにぎり、そうそうは無いんだからさ。

20170724171919d2e.jpg

さらに、旭川駅に着いたら駅弁と立ち食いの旭川駅立売で、幌加内産そばをかき揚げトッピングで。

IMG_0082.jpg

最高ですよ、これ。音威子府のそばが好きなかたなら、これもまた楽しめるかも。


で、明るいうちから温泉に浸かったり、昨年お世話になったあの宿をリピートしたり…ある意味やりたい放題です。でもまあ、長期休暇ってそんなもんでしょ?しかも、お金かけてないし。
そういう点でも、北海道は良いところです♪