さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
千葉リトライ① あのパンを食べたい
流れとしては先日七月末の北海道ツーリング編となるところですが、写真を整理してる段階で…今年の旅はあまりにもエピソードが多すぎる、と。
今のところの大ざっぱな割り振りでは…初日編だけで一週間分くらいになってしまうし…7泊8日の旅だったんですよねぇ…二ヶ月くらいかかるのか?
とりあえずこれは、世間のお盆休みへの情報提供とかは諦めて、お伝えしたい夏の北海道の魅力を改めて書いて…長期連載になりましょうが、そういう形でご覧に入れたいと思います。


その一方でその前に…千葉の気になるところへの再訪と言うかリトライな旅もしましたので、今週はそちらをアップしたいと思います。


まだ寒かった時期から大回りなどを駆使して、千葉県内のJR線の乗りつぶしをやってまいりました。休日おでかけパスを使って神奈川と千葉の未乗路線を制覇し、これにて終了となるところでしたが…その後に、季節的にこの辺りの名物などをスルーしてしまってたことがもったいなく感じてしまったんです。

黄色い電車で

で、今回はそのリトライ編ということで、またもや休日おでかけパスでの日帰り旅となりました。まずは黄色い電車で、千葉駅へと。まずの目的が千葉駅なんですよ。
そうです、エキナカにあるカワシマパン、そこで出してるマックスコーヒーパンが、前回は売り切れてて買えなかったんです。

ようやくとついでに

今回は、開店直後とまではいきませんが、かなり早めに伺えたこともあって無事に手に入れました。そしてもうひとつご当地ものとしては、ななさんの情報で魅力あるそれが伝えられてましたが、それはすでに無し。その代わりというか何というか、『B-1グランプリ』でお馴染みの勝浦タンタンメンパンも出てたので、それもひとつ。
甘いものと辛いもの、どちらも千葉名物のフィーチャーものです。対照的でしょ。

早速いただくマックスコーヒーパン。激甘は激甘なのですが、ある意味普通にマックスコーヒーの味です。あ、マックスコーヒーというのはですね、コカコーラ系の自販機に千葉・茨城限定で昔から入ってる缶コーヒーなのですが、練乳が使われてたりして激甘なんですよ。
甘いのですが、そもそもがそうですし…知らないで買ってしまったひとにはお気のど…いや、そのかたが甘党だったなら感激したかも。
これはこれでありだなと思う、そういう名物パンでした。要するに…缶コーヒーと同じ甘さだよ!ということで。

小港鉄道のキハ

五井駅では、小湊鉄道のキハが見えます。これも、キハ20系の仲間なんですよ。

車窓青々

稲の育った車窓は青々として気持ちのよい風景です。乗りつぶしの頃はまだ田植え前だったので土色の風景でしたが、こういうところへはやっぱり稲のあるシーズン中に訪れたいですね。印象が全然違うんだもの。

そして、次の目的地というか、メインイベントへとリトライしました。


(つづく)

スポンサーサイト