さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
千葉リトライ⑥(終) あの水辺で涼みたい
どこへ向かったのかと申しますと…成東から総武本線で佐倉へ、佐倉からは成田線で成田へ、成田からは…説明がややこしいのですがやっぱり成田線で我孫子へと。
仕事でよく行く我孫子からは常磐線で…

なぜか土浦

何となく土浦まで来てしまいました。茨城県です。休日おでかけパス、常磐線はここまで来られるんです。

土浦のハーバー

土浦といえば霞ヶ浦ですから、水辺は涼しいんじゃないかと思ったのですが…この日は関東全域が猛暑だったんです。風は強かったのですが、それでも暑いってのはどういうことだよ、と。

潮の香りはない

ハーバーがあって、ヨットの類がたくさん停泊してるのですが、当然のことながら潮の香りはしません。そこがちょっと不思議です。葉山とか三浦とか、そういうところとは違うな、と。

波もない

で、波もないんですよ、当然ですが。ひたすら静かでした。で、暑いのですが、川に行けば多少は違ってくるのではないか、と。

桜川

霞ヶ浦に注ぐ桜川という川があるのですが、これがやっぱりというか…流れてる感が全然ないんですよ。大ざっぱに想像すると…霞ヶ浦自体が巨大な汽水湖だから潮の干満の影響を受けるとすると…満潮に向かってる時間帯は川の流れも…と。

で、左岸側には桜町という色街があるのですが、わたしが名古屋の友人とやってる非営利道楽団体『スタジオ桜町』の名前は、そこからいただきました。

※PCサイトでご覧の方は、右サイドバーに貼り付けられてる動画各種にご注目ください

まあ、深い意味はなく、最初に作った作品がサクラを題材としたものだったので、それにちなんだ地名はないものかと検索してのことだったのですが、友人(建築士・デザイナー)はペンネームを風俗街にちなんだそれにするし、ほかのスタッフ名も…なんだか判らないグループとなってしまいました。

土浦駅西口

暑い中、スタートとは逆側の土浦駅西口に戻ってきました。駅周辺や構内はもっぱら、高安関の応援だらけでした。地元出身の力士が活躍するのって、好いですよね。
そして、ボックスシートで一路、東京へと。

昔から気になってる

仕事で我孫子に向かう際、いつも見ているものですが、これが結構謎ワード。まあ、言いたいことはだいたい解りますが。

東京駅

そして、東京駅。常磐線だし、これもかつてなら不思議な光景です。上野東京ラインなんですよ。ちょうど新幹線が見えました。

ちょっと江口っぽい

そして、品川着。向かいの下りホームからはちょうど、特急が発車するところ。キャンペーンの絵に一瞬“江口?”と思いましたが、ほかの絵なども拝見すると違うようでした。

自分みやげ

そして自分みやげは、当時ニューデイズでやってた北海道&青森フェアで、サッポロクラシックを。このフェア、7/28までだったはずですが、今でもニューデイズではサッポロクラシックを買えるんですよね。在庫なのか、はたまた通年販売となったのか…通年販売ならうれしいのですが。


暑い日でしたが、改めて千葉の魅力を認識した、そんな休日おでかけパスの日帰り旅でした。
千葉、思ってるより面白いですよ♪


(了)

スポンサーサイト