FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
新しいちゃんぽんスープ
ひさびさにちゃんぽん食べたい!と思って向かうのはリンガーハットではなく、近所にある製麺所。ここは東京にしては珍しく“ちゃんぽん玉”を製造しておられ、しかも他のめん同様に小売りにも対応して下さってる…東京で暮らすちゃんぽん好きというか、ちゃんぽんカルチャーの地域で育った身にはうれしい店なのです。

※近江ちゃんぽんとか八幡浜ちゃんぽんとかのそれではありません。九州・山口地区の話です。

で、スープ。いつもは実家帰省時に買ったり、某産直店に置かれてるのでそこで補充したりしてる佐賀・宮島醤油の『ちゃんぽんスープ』(粉末)を使ってるのですが、製麺所に見慣れないそれが置かれてました。

広島の長崎ちゃんぽんスープ

これは広島の会社が作ってる『長崎ちゃんぽんスープ』です。先の宮島醤油のものはリンガーハットみたいな白濁した丸鶏系ではなく、醤油味のものなんです。九州・山口地区の大衆食堂で頼んで出て来るちゃんぽんって、割とそのタイプが多いんです。それが気に入ってて使ってるのですが。

丸鶏系のまろやかな味わい

こちらは“長崎”と銘打ってるだけに、白濁系でした。なかなかに深い鶏の味わいが好いですね。いつもは醤油系だけど、たまにはこれも好いかな?と思った、そんな広島発のちゃんぽんスープでした。

めんが旨い

それもこれもまず、このめんが美味しいから云々できることですよ。しっかりとした太さとコシ、そしてツルツル感…この辺に住んでて好かったと思うことのひとつです。東京だと個人店では、普通の中華めんの縮れ太麺を使ってたり、甚だしくは極細縮れめんに皿うどんのあれをかけてるようなものをちゃんぽんと称してたりしますし。
まあ、リンガーハットならば間違いはないのですが。


そんなこんなな、血中ちゃんぽん濃度が下がったときの話でした。


スポンサーサイト
今年もいただいた越後の新米(=しかも農家の自家消費用!)
ちょっと前の話ですが、今年も大家さんからいただきました。

新米です

新米です。しかも、新潟にいる親戚の農家が自家消費用に作ってるコシヒカリです♪美味しいんですよ。
新米は美味しいですよね。でもって、よく“おかずが要らない”と言われてますが、実際その通りです。ご飯だけ食べてもその甘みとか香りとか…いいんですよね。

新米にしらす

とはいえ、何かあるともっと美味しいのが新米。今回はまず、釜揚げしらすとともに。こういう、淡いけどしっかりとした旨みを持つものって、ご飯の美味しさをさらに引き立ててくれると思うんです。
実際そうだったのですが、そこでふと気づく…これは?

何か長いやつ

小さなタコとかエビとか、よくまぎれてますよね。あれはそのかたちもあってか、何となくかわいらしいものですが…この長いのは一体…誰?
何らかの…長い魚であることは間違いないのですが、何でしょうね?これ。ウナギやアナゴはレプトケファルス(=ノレソレ)だからこんなかたちじゃないし。
この横縞模様が気になるんですが、おそらくダツの稚魚なんじゃないかな、と。画像検索すると、そっくりなものもありますし。

朝からちょっと悩んだ…そんな新米の朝食でした。


オマケ。

減塩ほうれん草

スフィーダ世田谷の試合観戦に行って、おみやげにいただいた世田谷自然食品のフリーズドライ味噌汁『減塩ほうれん草』。これ、米味噌と麦味噌の合わせなんです。そのせいか減塩なんだけど麦味噌の甘みがあって、旨みが薄いとかそういうことはありません。
減塩同志のご参考になればさいわいです。


蒲田で仕事なら(下)
蒲田での仕事に呼ばれて、ならばと鳥久の弁当をお昼に楽しんだのですが、せっかくだから帰りにも寄って美味しい惣菜もと思ったんですよ。
特に気になってるのが『もつ煮』。これだけ鶏を知り尽くしてる店のそれですから、きっと美味しいに違いありません。
そして先日いただいた焼鳥も。あれがまた、ビールの進むものなんですよ。

16時前頃でしたが…ほとんどが売り切れでした。さすがですね。売り切れ閉店になってないだけ、マシでしたよ。

東口で

残ってたのは名物のから揚げだけでしたが、昼にいただいたとはいえあれはご飯のおかずとして。夜は夜でビールの友とすればいいじゃないですか。
で、美味しい、と。冷めても美味しいんで…あ、昼の弁当ではアツアツのそれをいただけましたけどね。やっぱりこの、竜田揚げ系の衣ですね。これがサクサクしていつつ、美味しさを中に閉じ込めてるんでしょう。

奈良吉野産檜

で、ふと気づくのが割り箸の存在。これ、奈良吉野の檜の間伐材を使ったものなのです。檜は抗菌作用が強いので、防腐剤などを使用せず安全な割り箸を作れるとのこと。しかも間伐材ですから、森林の保護育成にも貢献してます。
ええもうせっかくですから、使う前にまずはその香りを楽しみましょう。好い香りですよ♪


昼はガッツイてたために気づきませんでしたが、割り箸にも光るものを見つけた…そんな昼夜ダブルヘッダーな鳥久デイでした。
鳥久、面白いですよ。興味のあるかたは、お近くじゃなくても是非どうぞ。


(了)

蒲田で仕事なら(上)
蒲田での仕事が入りました!しかもJR蒲田駅東口界隈!ついにこの時が来たぞと、小躍りする気分。というのは…そう、あの店があるから!あの店の名物でお昼を楽しめるから!

おかか

先日も関連をアップしましたが、蒲田には名物といってもいい『鳥久(とりきゅう)』という鶏肉料理の弁当屋さんがあるんです。で、そこの弁当が大好きなのです。
本店は駅からちょっと離れたところにあるのですが、JR蒲田駅東口にはすぐそこといっていい場所に東口店があるのです。しかも!その日の仕事先のすぐそば!思いが通じたんだなぁ…って、誰に?

一応、場所の確認で朝7時半頃に行ってみたのですが、7時開店ですからすでにお客がマイルドに列を成すが如し。さすがです…っていうか、昼はスムーズに買えるのでしょうか。

杞憂でした。ちょっと早めに伺ったのも功を奏したか、希望のものを無事に。鳥久には店舗限定の弁当もあるんです。せっかくですから、そういうものを楽しみたいですよね。これは東口店限定の『のり弁当』(460円)です。昆布とおかかの二種類があるので、今回はおかかで。

海苔弁当おかか

開けてビックリ!このようなビジュアルの海苔弁当は初めて見ました。ご飯部とおかず部に分かれてますが、ご飯の上の海苔の上におかずカップが載せられ、そこに柴漬けと牛蒡きんぴらが入ってます。
で、おかず部門には名物の巨大なから揚げが♪これで食べるご飯の美味しいことといったら!全体的に量も品数も少なめに見えますが、これがなかなか。美味しく食べ終わる頃には、満腹感としあわせにこころが支配されることとなります。しかもご飯部分はおかかとともに“海苔段々”になってるので、最後まで飽きずに楽しめます。それで460円なんですから、お買い得ですよ♪


仕事の日に鳥久の弁当をいただく…夢がひとつ叶いました。またそこの仕事、呼んでくれないかなぁ。
で、仕事帰りに惣菜をと思ってまた寄ってみたのですが…?


(つづく)

【ご飯ファンクラブ】美味しい土佐の味は…どこ発?
たまたま、スーパーの漬け物の棚に…竜馬を発見してしまいました!

土佐かつおのだし

手に取れば…○に高…高知家…『土佐かつおのだし』と来ましたよ!見たところ、細かく刻まれた具材の…あ、“だし”ってそこ?山形の郷土料理『だし』のノリ?

で、高知県産の文字の下には、宗田かつお節粉とか生姜とかはまあともかく、“幻の柑橘果汁『直七』果汁”とあります。
基本的には刻み白菜が主体かな?とも思うのですが、そこに柑橘系…これは香りで面白い効果を生むのではないか…そういう直感がありました。

ご飯が進む

いやはや、好かったですよー!このシャキシャキ感がたまんないですね!そして生姜による良い感じのフレイヴァもありつつ、肝心の柑橘果汁ですよ!
実際には原材料名からするとそれはサブ的なもののようですが、これありき!なくらいに貢献してます!白菜って美味しいんだけど、味は好きでもあの匂いがちょっと苦手ってかたも多そうに思うのです。そこにこの柑橘系の爽快な香りがマッチして…素ン晴らしいものになってます♪
これはご飯が進みますよ!

冷奴でも

ご飯に合うものは白いもの…特に豆腐によく合うというセオリーがありますゆえ、冷奴に。これがまたたまらん!客に出してお金取れるレベルです。左党にはこっちをお薦めしたいですね。

で、ふと思うことがあって眺める奥付…てっきり高知の会社がと思いきや…神奈川湘南の会社でした(笑)。でもまあ、美味しいものを創ってくださるのなら、それがどこでも構いませんよ。


これ、イオン系ミニスーパーの『まいばすけっと』で見つけました。これが気になるご飯ファンクラブ員で、近所にイオン系スーパーがあるそこのアナタ!探してみましょう!ご飯が足りなくなるくらいの旨さを持ってますよ!


こういう手で来られたら…買ってしまうじゃないですか
今やあまり利用することのないカップめんの類ですが、興味をそそるものがあればとりあえず…余興的に買ってしまうんです。
あれらは…普段の生活が減塩で薄味だし自然出汁が基本だし…結果として、インパクトとかの美味しさはあっても、いつまでも独特のうるさい味が舌に残るという…それがなければなぁ…って、カップめんにそれを期待するのはお門違いですね、ははは。

そんな日々ですが、これはやられたというか…こういう手で来られたら…買うしかないじゃないですか!

UFOチーズカレー

カップ焼きそば『UFO』の、チーズカレーです。塩分に関していえば汁物に比してこちらはスープを残すとか出来ないので、結果的に塩分高めなのですが…まあ、工夫すればということで。

作り方は標準のそれと変わりません。ソースと、そしてこれには粉チーズが添付されてるんです。わたしも割と色んなものにそれをかけて楽しんでたりするものですが、カレーにはかけても焼きそばにはかけてませんでしたし…味が想像できるようなできないような…。

もはや焼きそばではないけれど

で、これは美味しかったんですよ♪なるほど、カレー味の焼きそばってそういえば未体験だったかな?と。焼きそばにミートソースをかけた『イタリアン』という名物が新潟と長岡にあって、そのうち長岡の『フレンド』ではカレーイタリアンという焼きそばにカレーをかけた…もはやどこの国なのよさ(←ピノコ)!と思うほど…いや、美味しいんですけどね。

もはや焼きそばではないとか思いつつ…あ、刻みキャベツが添えられてますが、これはこのようなものを食すときの個人的ルールのようなものです。
うちで食べる場合は結果的に別の皿に盛るのですが、こういうのはそもそも塩分高めのものですから、それの緩和として&塩分体外排出システムの一助として、そして食物繊維を補う点でこのようにしてるのです。
まあこれ、味が濃いとか思わないかたにもサラダ添えとして楽しめてヘルシーかも?


なるほど美味しいし、自炊への発想は広がるし、これはよく出来てますよ。で、これ…こういうものですからいつまであるのか判りませんし、気になったかたは早めにお試しくださればさいわい。ジャンク感を求める向きにはあれかもしれませんが、意外に普通に楽しめますよ。


期間限定もの(多分)!
こういうものはそう書いてなくとも、そうそうに棚から姿を消してもおかしくないので、取り急ぎアップいたします。

燻製さばサンド

ローソンでサンドイッチでも買って一杯…そう思って棚を見れば、何だか光るものが(笑)。『燻製さば』サンドと来ましたよ!さばサンド!しかも燻製!

さば…好きなんですよねぇ。文化干しも困るくらいにご飯が進むものですが、これがみりん干しともなると…ああ…何の話でしたっけ?
そうそう、さばの燻製ですよ。これは福神漬で有名な上野の酒悦でも売ってて、鈴本演芸場によく通ってた頃には買って帰って楽しんだものです

で、あれはパンともよく合うんですよ。そしたらこんなものが…しかもドライトマトが確かに好いアクセントになってるんです。これはもう、左党ならこれを楽しみつつ一杯…となるでしょ?
左党向けかもしれない…そんな薫製さばサンドです。こういうプレミアムラインは、いつ消えてしまうか判りませんから、さば好きのアナタは急いで急いで!

もちぽにょかぼちゃプリン

もうひとつ、秋の『もちぽにょ』です。『かぼちゃプリン』なのですが、これは美味しいですよ。
ただ…これまで利用してたスリーエフがどんどん消えてってるんですよ。それは、すぐそばにローソンがあるから。同じ資本となったら、同じところにふたつも要らんということなのでしょうが、藤沢駅北口とか中野弥生町とか…なくなってしまいました。
で、地元のスリーエフだけが頼みかと思いきや、これがローソン・スリーエフに変身するため、今月末から来春まで工事でお休み、と。

もちぽにょを日常で手に入れられるよう、行動範囲というか自転車走行経路の見直しが必要になりますなぁ…。