さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
寒い日の鍋
鍋料理…といっても、食卓にコンロと鍋をしつらえてグツグツ煮ながら食べて…そういうのではありません。作るのは台所でです。で、それをよそって居間でいただくという、そういう鍋です。
ひとりだからいいんです。火災予防とか片付けとか考えると、それでいいんですよ。

今年も下仁田ネギ

冬にいつも下仁田ねぎを買っていた八百屋さんが閉店してしまったので、安く買うことが出来なくなってしまいました。かといって、安いスーパーにはあまり入荷してないし、高級スーパーならあるのですが高いし…たまたま安いほうのスーパーに出てました!価格もそのスーパーなりでしたから、ありがたいですよ。

豚肉団子と下仁田ネギ

豚ひき肉で肉団子を作って、下仁田ねぎとともに。刻んだ生姜をたっぷりと練り込みました。冬ですしね。
で、やっぱり下仁田ねぎは美味しいですよ。通常での流通は関東地区に限られるかと思いますが、この甘みやとろみは余葱を以って代えがたいものがあると思います。未体験のネギ好きのかたは、見かけたらぜひ。

茨城産せり

冬の定番といえば、せり鍋もそうですよ。これは仙台名物というか、ワッキー貝山さんのお母様が経営してらっしゃる立町の『居酒屋 侘び助』の冬の名物でもあり、TBCラジオ(=東京でも条件次第で夜は普通に仙台局地上波1260kHzを受信できます)の名物番組『地賛地笑バラエティ ガンバッペ魂』ではパーソナリティのワッキーさんからの特典で、大喜利の優秀賞として侘び助のせり鍋食事券というのがあって…欲しいなぁ、と。
っていうか、食べに行きたいものですが。

この日は仙台せりが入荷してなかったので茨城産となりましたが、これはもう冬の鍋のためにあるといっていいかも…あ、うどんに加えても美味しいですよね。すぐに火の通る素材ですから、これを投入して火を止める…そういうところでどうかひとつ。美味しいですよん♪

セリの季節到来

通は鴨肉とともに作るものですが、通でもスリーでもないわたしは鶏もも肉で。鶏肉でも充分美味しいです…っていうか、鴨は高いし。
で、根も食べられるんですよ。これがシャキシャキしためん類のような不思議な食感で…とはいえ水の冷たい時期にここをよく洗うのはしばれる仕事ですが、美味しさが待ってるのですから。これもお薦め…まあ好みによるかな。


寒い日は、レッツエンジョイ鍋ライフ!おっ?五七五だ。

スポンサーサイト