さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
【ご飯ファンクラブ】 ピリ辛というよりは…
ご飯の友の時間です。
有名なひとつに『なめ茸』というものがあります。これはわたし、子供の頃から好きでした。苦学生時代など、これと白飯だけで数日を過ごし仕送りの振込を待った…そんなこともありましたなぁ。水分量の多いものはひと瓶百円程度と安いんですよね。

七味入り

そんななめ茸ですが、同じ長野の七味唐辛子『八幡屋礒五郎』とのコラボ商品がありました。まあ、こういうのもたまにはいいよねと…軽い気持ちで買ったのですが…?

なめ茸七味

ピリッとおいしい!と書かれてますがとんでもない!これは“ビリッ”と来ますよ!電気かよっ!ってなくらいに"ビリ辛"です。人によっては小さじ1で茶碗一杯いけてしまいそうですよ。

ただ、単に辛いだけではなく、スーッとするような爽快感もあるので、そこら辺がさすがに老舗の味だなぁ、と。写真では冷奴に用いてますが、こういう使い方も面白いですよ。


あまり見かけないような気もしますが、辛いもの好きのなめ茸ファンにはお薦めです。こころの準備をしてから、さあお召し上がりください。


スポンサーサイト