FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
ランチ激戦区
千代田区内での仕事でしたが、昼はとにかく飲食店が混むエリアなんです。基本的にどこも高いのですが、そんな中にある『ゆで太郎』は当然大人気で、冬はダークスーツに埋め尽くされ、今は白シャツに埋め尽くされ…実のところこの界隈、女子大だらけなのですが、ゆで太郎にはオジサンしかいません。

で、ここまで混んでたら落ち着けないよなと付近を歩いたら…ああここがあったか、な餃子の店。
チャイナ系の店で入ったことはなかったのですが、空いてるとはいえ割と長続きしてるから味はまあ大丈夫だろう、と。しかも看板には四川麻婆豆腐定食なんてものが…よし!これだ!カッ!と熱いヤツで暑気払いだ!熱を以て熱を制すぞ!

四川麻婆豆腐定食

で、想像どおりに“黒い”ヤツですよ。麻婆豆腐って、辛さが極まれば色が赤から黒へと変わりますよね。

黒い粉末

しかも…上から大量に振りかけられた黒い粉…花椒でしょう。痺れの素ですよ。これはもしかして大変なことになるのか?と思いきや、これが意外にもスムーズに。
辛いことは辛いのですが、度を越したアトラクション的な激辛ではなく、しっかり美味いのです。これはご飯が進みますよ♪ただ、粗刻みの生姜は食べても、同様の鷹の爪は残しましたけどね。ええもう、赤い液体と共に。

黒豚餃子

そして、本業の餃子がハーフサイズ(3個)で付きましたが、これもまた旨かったですね。日本の、それこそ宇都宮みんみんとかぎょうざの満洲みたいな、ライトなタイプではなく、皮が厚めでもっちりした口当たりのもの。肉汁と共に楽しめました。
そして食べ終われば…店内は満員の勢い。空いてたからちょっと失礼な想像もしてしまいましたが、なぁんだ人気店なんじゃないか。


他のお客が食べてる黒酢の酢豚みたいなのも、なかなか旨そうだったんです。次の機会もゆで太郎が混んでたら、ここも悪くないな…そう思った、千代田区ランチでした。

スポンサーサイト
九州味めぐり
もうひとつ、熊本根多を。これは産直野菜などを売ってるセレクトショップで出逢いました。

青菜ふりかけ九州味めぐり

“九州味めぐり”と題されたふりかけシリーズのひとつ『青菜ふりかけ』です。その名のとおり青菜のふりかけなのですが、パッケージに描かれた九州の地図を御覧ください。赤く塗られてるところ…熊本ですねぇ!
裏を見ると、これは熊本県(阿蘇地方、菊池地方)産の高菜、小松菜、大根葉を使用したふりかけです、と。

健康に好さそうなふりかけですが、個人的にはそれ以上に…しょっぱすぎない味わいが気に入りました。普段から減塩をこころがけてるものですから、塩気には敏感になってしまってるんですよ。先日買ったコンビニの唐揚げ系弁当なんて塩を食べてるような…それはそれとして、こういうものも基本的には薄味…じゃなくて薄塩でいいんじゃないかと思うのです。物足りなければ塩を足せばいいんだし。

で、何か既視感のようなものがあるなと思ったらこれ…『めんたい粉(こ)』を出してる福岡の井口(いのくち)食品のものでした。あの会社が作るものなら美味しくて、そして面白いのは当然なのかも…そう思いつつ、いいもの見つけたなとも思った『青菜ふりかけ』でした。

九州、いいところですよ♪


免責事項
スーパーで九州フェアをやってたのですが、こんなものに出会いました。

太平燕チキン味

熊本の郷土料理『太平燕(たいぴーえん)』のカップスープ版みたいなやつです。これは便利だなと、ついついかごに入れました。これまでにもカップめんスタイルのものを手にしたことがありましたが、熊本以外ではなかなか出会えないものなんです。
太平燕、おおざっぱにいうと…九州のちゃんぽんのめんが春雨に代わったものだと思ってください。熊本では学校給食にも登場する、ある意味ソウルフードですよ。

県とくまモンの免責事項

と、ここに…くまモン使用に関する免責事項が。くまモン及び熊本県がいろいろを保証するものではありませんよ、と。
まあ…何か文句つけたがるひととかが…まあいいか。

太平燕おいしい

現地の店でいただくと具だくさんで楽しいのですが、これはこれでいいんじゃないかと思います。具は少ないですが気分は楽しめますし、サイドの吸い物としてはあまりに具だくさんでも…ということで。
これで寂しいと思う場合は、乾燥野菜とかカットわかめとか加えればなかなかなものになりますし。


太平燕ってもっと広がってもいいと思いますが、やっぱり熊本のものとしてあまり広がらないんでしょうね。まあ、現地に行って食べるという楽しみも生まれるから、観光客誘致としてはそれでいいのかな。
興味の湧いたかた、熊本に食べに行きましょう!熊本は好いですよ。


これは便利!
たまたま出逢ったのですが、遂に時代はここまで来たかと小躍りしそうになりました。

ほんのり味付とろろ

長芋とろろのパックです!こういうのを待ってたんですよ。小分けの冷凍モノなんかには出逢ってましたが、解凍しなければならないからすぐに使いたい場合には…でしたし。
もちろん、一本買ってきて自分で擦ったりはしてますが、ちょっとだけ欲しいってときもあるじゃないですか。

簡単とろろそば

冷たいそばですが、これをかけるだけで冷やしとろろそばになりますし。こういうときに便利なんですよね!

ねばねば三色丼

もちろんご飯にも。いわゆる麦とろなどでは自分で擦り下ろしてたっぷり!なんてのが好いですが、こういう…ねばねば三色丼みたいなものを楽しみたい場合なんてピッタリですよ。


これは今後も楽しみたいので、末永く販売していただきたいものですね。とろろ好きのアナタ!見かけたら是非どうぞ♪


梅雨時のお菓子
そもそもはちょっとまとまった入金があったからそれを幾ばくか下ろして…とはいえ“今日はパーッと行くぞー!”とかいう訳でもなく、個人年金の引き落としを活動の中心とする口座にそのまま移すだけ…それだけじゃあ寂しいので、ちょっとだけ無駄遣いしようかなと、近くのヴィレヴァンへ。

安いサンダルが欲しかったってのもありましたが(※ヴィレヴァンは本来…書店です)、ああいうところは店内をブラブラしてるだけで面白いのです。

梅雨のお菓子

で、ここはハリボーの種類が多いので(※あくまで書店です)、ついでにコンビニで売ってないタイプを買って帰ろうと…そこで見つけたのがこの、カントリーマアムの夏のうすやき!しかもチョコミント!

流行ってますねぇ、チョコミント。これはそのものも美味しいですから、味も想像付きます。ええもう、想像通りでした。しかも薄型なので、軽い感覚で楽しめますし。
さらには…冷蔵庫で冷やすとさらに美味しく、冷凍室に入れるとさらに!と。

冷凍室が旨い

冷凍室は想像の範囲外でしたが…たしかにこれは面白い!当然、ガチガチに凍ることはないのですが、中がちょっと面白いことになるんです。これは是非、アナタご自身でお試しください。


これは好い出会いだったなと思いつつ…まだ他の店~スーパーやコンビニで見かけてないんですよね。ヴィレヴァン専用ってこともないでしょうし…ただこれ、夏限定商品らしいので、気になるかたは急いで探してみてください。お薦めです。


こういうラーメンが好きなのです
近所にコンビニみたいなスーパーみたいな店があって、生鮮三品は扱ってないのですが日配品みたいなのはやたら安かったりするんです。
しかも、地方メーカのものが多いので、ちょっと新鮮なものがあるんですよね。

喜多方らーめん二食入り

で、こんなものがありました。喜多方ラーメンの生めんものなのですが、その割に常温保存なんです。しかも二食入りで108円だったかな?そういうお買い得価格なんですよ。
喜多方ラーメン、好きですねぇ。都内にもチェーン店はありますが、現地まで食べに行ってちょっとめずらしいヤツをいただいて感動したりしましたよ。

この太い縮れ麺と透き通ったスープ

これ、好かったですね。インスタントの技術がいくら上がったところで、やっぱり生めんものにはかなわないでしょう。この、太い縮れめんあっての喜多方ラーメンですし、この澄んだ醤油味のスープあってこそですよ。
とても美味しゅうございました♪


で、その二日後くらいにまた買ったんですが…それ以降は見かけないんですよね。あの店は何だか独自のルートで仕入れを行ってそうですが、これはまた入れてくんないかなぁ…と。
再会できることを祈ってます。と同時に、ラーメン好きにはお薦めな商品です。見かけたら是非どうぞ♪


美しき旧道~外伝 名物にうまいものあり
今回のおみやげです。まあ特別に観光地というわけではないですが、峠ならではな物があるんです。

名物にうまいものあり笹子餅

これです。『笹子餅』です。“名物に うまいものあり 笹子餅”と、五七五なコピーがありますが、これは昔からのものでしょうね。
街道の峠といえば昔から、とろろ汁とか餅とかのパワーアップアイテムが付き物と思うのですが、今で言えばコンビニがその役割を担ってるといえましょうか。

あん入り草餅

あん入りの草餅です。これは美味しかったです。うちに帰ってからひと息ついて午後のお茶としていただきましたが、これの正しい食べ方はやっぱり…峠越えの前の腹ごしらえとして、でしょうね。補給食ですよ。
炭水化物のカタマリともいえますが、あんの甘さは脳への働きかけになるでしょうし、草餅ですから単なる餅よりも飽きずに楽しめるんじゃないかと思います。
自分みやげだけでなく、うちで待ってる家族へのみやげとしても喜ばれるのではないでしょうか。お薦めです。


今回も楽しい峠越えツーリングでした。やっぱり峠っていいですね。しかもそれが旧道の峠だとなおさらです。
じゃあまた!あの峠で会おうぜ!


(了)