さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
街道をゆく~中山道編① まずは日本橋
東海道を自転車で制覇したことがあるのですが、最近また自転車ツーリング熱が復活してふと思ったのが中山道。日常生活で東海道はそう縁があるものではないのですが、中山道は仕事先やスタジアムへ行くのに使うことがあるんです。

わざわざ日本橋

これもまたカソリ旅からのインスパイアなのですが、ちょっと走ってみようかなと思ったんです。で、走り出すとなるとやっぱり起点から…まずは日本橋に向かいました。

ここから始まる

単に中山道走ろうかな?だけなら、うちからなら山手通りに入って北へ走ってるうちに板橋で合流するので、そうしたほうが近いのですが、街道旅なんですから。

日本国道路元標

これです、すべての道はこの日本国道路元標から始まってるのです。逆にいえば、すべての道は日本橋に通ず…そういうことでしょうか。

里程標東海道

この界隈には仕事やショッピングで来ることがありますが、そんなときでもついついここには寄ってしまうという。この里程標…いいじゃないですか!夢が広がりますよ。
下関まで1076km…鹿児島まで1469km…いいですねぇ!

里程標その他

そしてこっちには、東や北へ。青森まで736km…札幌まで1156km…下関までと札幌までと…そう変わらないんですね。

銀座とかの中央通り

旅浪漫でこころを膨らませてのスタートです。ここのところが駅や空港からとは違うところです。まずは銀座とかで有名な中央通りです。

日本橋らしい一角

で、日本橋にはこういう、日本橋らしい一角も。かつては魚河岸があり蔵が立ち並び…今でも鰹節や海苔の問屋など、有名なところもありますよね。

かねやすを振り返って

今回は旧道巡りなのですが、秋葉原辺りがちょっとややこしいです。現道R17(=ここでは本郷通り)は万世橋交差点から始まってますが、旧道はその手前で須田橋交差点を直進する道。昌平橋経由が正解のようです。

そして本郷三丁目交差点を振り返って。このビルは『かねやす』という店で、江戸川柳に“本郷もかねやすまでは江戸の内”と詠まれてるように、ここからが本格的な中山道の旅となります。


(つづく)

スポンサーサイト