さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
先祖を訊ねる旅(5~最終回) 地元の人気店
まあとにかく、補給食では済まないくらいに体力消費してしまったということでしょう。
どこか面白い店があれば…そこで出会ったのが、この店です。

地元人気店

R20沿いなのですが、こういうところでは駅前よりは街道沿いかな?とも思ったんですよ。駅前は何も無かったりしますしね。
で、フィクションじゃないんだからというような屋号でしたが、ピークを過ぎても駐車場に何台ものクルマが…信用できるでしょ?これは。

店内に入れば、この時間帯でも結構席が埋まってる…これは間違いない店ですよ。しかもカウンター上の壁の短冊状メニュー(=よくありますよね)を眺めれば…『ラーメン』は500円…一見ですし、まずはこれだな、と。
“醤油でいいですか?”と訊き返されましたが、塩や味噌もあったんですね。でもやっぱり、関東…じゃないか、甲信越か…でもすぐそこが神奈川県なんですけどね。いやいや、関東“近辺”ならまずは醤油だろう、と。

ラーメン500円

美味しかったですよ!いわゆる中華そば見たいな整然としたルックスではないですが、これが実に実に♪
自家製麺の店なのですが、そのめんは極細のストレート少加水麺で…判りやすくいうと博多ラーメンとかのあれですよ。それが濃い目甘目なスープに、と。
具はモモチャーシューとメンマくらいなのですが、そのどちらもが素晴らしかったですねぇ!そしてそこに、焼き海苔と大量のネギが。これがまたいーんですよ♪

控えめな旧

美味しかったラーメンでしたが、ここは地元では有名店というか、この辺でラーメンならここ!みたいな店みたいですね。
スタッフのかたがたも、明らかにツーリングな一見さんにもフレンドリーで、何だか…温かさを感じてしまいました。

上野原駅登山案内

そんな美味しい上野原お昼体験でしたが、駅まで来ると…このような登山案内が。
地元のかたがたは知らないはずは無いですし、登山目的でやってくるかたがたにも同様にあまり用の無いことかも…そこで思ったのが、ここが最寄り駅な大学の学生に向けたものかな?と。

下り改札

ここは妙な駅なんですよ。駅舎らしいそれが存在してなくて、跨線橋から降りて改札があって、みたいな。

上り改札

でも無人駅ではなく有人駅で…そして、ここで訳解んなくなりますよ。
その跨線橋状のところから降りてくれば、上り下りそれぞれの自動改札があるのですが…島式だからホームが分離してるわけではなく、外ではどちらにも行けるんです。
何だかキツネにつままれてるような駅です。

駅舎らしい駅舎がない

改札前から振り返れば、このように。あの先が跨線橋です。

あっちは南口

窓から、今回利用した北口ではなく南口を眺めてみればこのように…と。
基本的に、跨線橋あっての上野原駅です。

さらば上野原

ここから見える紅葉も好かったですよ。で、手前の駐車場はあの“パーク&ライド”でしょうか。
それにしても…駅舎らしい建物が無い駅ってのも…

ここだけ単線区間

山梨神奈川と二つの県境を一気に…っていうか単に駅で連続してるんですが越えて高尾駅まで戻ってきて、そして京王線へと乗り換え。京王線はこの先の終点に向かう、高尾ー高尾山口間だけ単線です。
まあ、トンネルで山を越えますし、未だにそれで間に合う輸送量ですしね。

紅葉自体は高尾で充分

紅葉自体は、高尾エリアで充分なんですよ。その分、ミシュランも認めた高尾山は歩くのも大変なくらいのものすごい人出だったとは過日、電車の中で隣のひとらの会話から。
そして特急を使って、早い午後にうちへと向かいました。

先祖への道

今回の、先祖への旅の道程を『カシミール3D』で。ちょっと行って山を楽しむにはちょうど好い感じの輪行ツーリングでした。

先祖コースプロファイル

そして、コースプロファイルを。左のピークがくらご峠ですが、その前後辺りに“登れねーよ!”とか“下れねーよ!”な急勾配が何となく見て取れるかと。

今回は地形図を眺めてて気になった地名(字)へ実際に伺ってみるという試みでしたが、ある意味くだらない企画ながらも途中でいろいろと発見もありましたし、気になる地名とか駅名とか…そういうきっかけで旅に出るってのも面白いですよ…そう提案して、この話を〆たいと思います。

付き合ってくださってありがとうございます。じゃあまた、変わった地名のあの場所で逢おうぜ!


(了)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1145-92acf277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック