さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
シリーズ《青春》⑩ 青春18グルメ
沼津とか三島とか、あの辺でお昼となると…海鮮丼などがアタマに浮かんだのですが、帰省中は魚ばかり食べてたんだし…逆に実家では食べないものを…そう思いつつ検索して、面白そうな店を見つけました。

三島駅正月仕様

三島駅は正月仕様といったところでしょうか、これはなかなか好い感じですね。夜はライトアップというか、竹の中が光るようでした。

カレー片岡屋

そして、駅前信号を渡って間もなく付いたのがこの、『骨だしカレー片岡屋』。ここ、夜にイタリアンバー『ヴァカンツァ』として営業してる店のようですが、昼はカレー…しかも欧州カレーを違う店名で出してるようです。

カレーへの想い

店主の、カレーへの想いが綴られてます。拡大してご覧ください。料理に魅了される…そしてその道へと導かれるドラマを感じます。

で、ここのカレーは、牛骨・豚骨・鶏がらからだしを取られるそうで、それで店名に“骨だしカレー”の名が冠されてるんですね。

厚切り煮豚カレー

素揚げの三島野菜が載ったフラッグシップの『三島野菜カレー』はすでに売り切れでしたから、もうひとつ興味を惹かれた『厚切り煮豚カレー』を。
HPには“一晩塩漬けした後、4時間ハーブと一緒に煮込み、さらに一晩漬け込んで仕上げた柔らかい煮豚です”と有りますが、この手間のかけ方は…これもまた欧州のそれですよね。

で、これが大変に美味しかったんです♪甘味辛味苦味その他いろいろ…複雑に絡まりあいつつもスムーズな味わいで、そう辛さは感じないながらも、気がつけば目の下に汗…コクがあるのにキレがあるとはこのことですよ。
そしてトッピングの煮豚…スプーンでほぐれるほど柔らかいのですが、これがまた好い味わいで、しかも好い香り…これ単品で赤ワインを傾けたいなぁ。

多分、ほかのメニューも同様に丁寧に手間ひまかけて作られてることは想像に難くありません。しかも、少食なかたでも楽しめるようにか、並・大盛りだけでなくミニもあるんですよ。
カレー好きの旅人には、是非訪れていただきたい…そんな三島のカレー屋さんでした。

駅舎の向こうに富士山

美味しいカレーに感動しつつ、三島駅へ。駅舎越しに富士山が見えました。
そして次なる行動へと、東海道線熱海行きに乗り込みました。


⇒『カレー片岡屋』 HP


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1187-c399cebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック