さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
大回りで塗りつぶし~千葉県リーチ編(3) 東金線
とりあえず乗り込むと…

広告が首都圏ではない

車内吊り広告が、もはや首都圏ではないな、と。地方に行くと車内吊り広告がない場合もありますが、あっても通学高校生向けに予備校や大学など、あと不動産や地元百貨店など…でもまあ、週刊誌のギスギスした見出しが並ぶよりも、精神衛生上は良いと思いますが。

農地の広がる車窓

さて、東金線。関東では珍しい“地方交通線”(=時刻表路線図では青い線路)なのですが、距離も短くて営業キロで13.8キロしかありません。駅も計5駅ですし、乗車時間も20分程度です。

で、農地と家々と…それだけでした。乗りつぶし以外で乗る要素はまあ…と。ただ、田植えの時期の水鏡を楽しむとか、青々と繁った稲穂とか…そういうのは楽しそうですね。
水鏡の時期にまた来ようかな…そんなことを思った東金線でした。

大網駅

あっというまに終点の大網駅へ。これで東金線は完乗いたしました。そしてこの列車はそのまま外房線へと入り千葉まで行くので、そのまま向かいます。

高低でも離れてます

で、外房線の大網駅とは距離も高さも離れてます。あの、屋根つきの高架が外房線の大網駅です。

杉が真っ赤です

途中、杉林があちこちに見かけられましたが…真っ赤っ赤なんですよね。まもなく来たる日々を憂いました。

土気に誉田

そして難読駅名。土気は“とけ”と読むんですね。しかも隣もなかなか…誉田と書いて“ほんだ”と読みます。
さて、頃はお昼どき。エキナカグルメを楽しみましょう。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1202-2d8745ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック