さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
シリーズ《親友》② 鹿児島みやげ編
その親友が、どこで何をしていたかは国家機密レベルの話なのでここには書けませんが、その出張先のみやげです。

まるごとしろくまプリン

鹿児島みやげなのですが、『まるごとしろくまプリン』というものをいただきました。そういえば以前この親友から、大阪みやげで『お持ち帰り通天閣』というプリンをいただきましたが…みやげ=プリンなのか?>親友

こんなパック

プリンと名乗ってますが、開けるとそこには…ひと口饅頭かと思うような個別包装…これ、ホントにプリンなのか?

鹿児島といえば

ちなみにしろくま、これはアイスで今や全国区かなと思うのですが、まだ伝播してない地域のかたに説明を。
鹿児島発祥の名物で、かき氷に練乳をかけ、その上にたっぷりとフルーツをのせたアイスです、と。

で、そのしろくまの美味しさをプリンにしてみましたって…気持ちは解るのですが…このパッケージは…?

生牡蠣風に

何と!この中に充填されてるような形態でした。ビックリしましたよ。ただ、これってどうやって食べれば…器に移すのも何か違うし、ここにスプーンを突っ込むのも何だか…あ、そのままイケばいいのか。

という訳で、それこそ生牡蠣を殻からツルッといく…あの感覚で、“口から迎えにいって”ツルリと直接いただきました(笑)。で、これがなかなか♪
実際のフルーツではなく、みかん・さくらんぼ・メロン・りんごの果汁を使った角切りゼリーの類が散りばめられてるのですが、白い中にほのかに見え隠れする色合いもきれいですし、何より美味しいので…ついついもう一個もう一個…と。

これ、鹿児島みやげとしてお薦めです。機会があれば是非♪

桜島鶏炭火焼

そしてもうひとつ。これは左党向けのものですね。『桜島鶏炭火焼』です。さすが親友、押さえてますねー。

香りが好い

シンプルに塩こしょうで仕上げられてるせいか、肉の味わいが好いですね。そしてこういう地鶏ものとなれば、わざとやってんじゃないかってくらいに硬かったりしますが、これは柔らかいです。
酒が進みますが、これを使って丼物を仕立てるなんてのも楽しいかも知れません。

これまたお薦めです。そんな、親友の出張みやげ二題でした。で、帰省みやげもいただいたんですよ。次回はそれをアップいたします。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ご当地スイーツ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
「しろくまプリン」・・・最近まで我が家の冷蔵庫にありました。
食べましたけど、ゼリーみたいな感触でしたね。
スプーンを使わずにそのまま食べたほうが食べやすいような気がします。
鹿児島に行って、「しろくま」食べたいですね、天文館の「むじゃき」が有名ですよね?
2017/02/24(金) 19:08:57 | URL | ノアかか #iXwxf.pk [ 編集 ]
>ノアかかさん

わお!お宅にありましたか(笑)。そうですね、ゼリーとか…あと密豆の牛乳かんみたい感じで、プリンって感じとはまた違いますよね。

鹿児島現地で一度はと思ってるのですが、まだ一度しか行ったことがないんですよ。そのときは首折さばの刺身をいただきましたが。

またいつか、訪れてみたいです。そのときは天文館のむじゃきですね。覚えておきます。ありがとうございます。

2017/02/25(土) 17:02:35 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1209-d29a8897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック