さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
休日お昼は白河で(3) 街並みを楽しむ
二軒もはしごしたので、満腹状態です、腹ごなしで街歩きと洒落込みました。

奈良屋呉服店

交差点まで戻ったところで、このような美しい建物が。奈良屋呉服店というお店で、明治時代に建てられたものだそう。
いい雰囲気ですよね。

月よみの庭

その先には『月読みの庭』というところが。足下に解説板があって、市内には昔からの月待講の碑が多くあり…どうもその関連らしいのですが、詳しいことはよく解りませんでした。

ここで納豆を

スーパーを見ると、ついふらふらと入ってしまいます。で、ここで未食の地納豆を見つけました。

今井醤油店

今井醤油店。ここも明治期に立てられて、昭和30年代に改修されたものなのですが…

廃業のお知らせ

廃業のお知らせが。昨年末で営業を終了してしまってましたが、それまでこの建物で商売なさっておられたというのがすごいですね。
こういうところに、買い物に行きたいものですよ。

松井薬局

この薬局は当然、左の蔵がポイントです。これだけでなく、4つの蔵と2つの倉庫があるそうなのですが、それぞれ明治期のもの、と。

野村屋

そして、アイスキャンデーの野村屋。昔ながらのそれを作って売ってるところです。

三笠焼き

前に回れば、アイスキャンデーだけでなく、三笠焼き(=いわゆる大判焼きとか今川焼きとかいわれるあれ)も作って売っておられました。
腹いっぱいだったのでそれどころじゃありませんでしたから、ここは次回の課題というところで。

ビヤガーデン

ここの屋上にはビヤガーデンが…あったようです。もう今は、やってないよなと思って調べたら、平成17年に終了したとのことで…10年前か、惜しかったなぁ…。

聖ハリストス教会正面側

この街に来ると、浄土真宗なのについつい見入ってしまう聖ハリストス教会。今回は、入り口側から。美しいです。これも大正4年の建築です。

気になる食堂

その斜向かいにある食堂が気になってるんです。屋号の白十字ってのは、教会と関係あるのか、はたまた神田の白十字と…興味は尽きません。
ここでもラーメンを出してるのですが、それよりもそもそも洋食の店ですし…検索すると気になりまくりなんですよ。


何軒ものラーメン店を食べ歩いて、その美味しさは街ぐるみだと前回書きましたが、それもあって次の機会にはラーメン以外の食べ歩きを…今回の白河ランチでの結論です。
次回はまず、ここですね。そして野村屋にも、と。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史・文化にふれる旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
できることなら残してほしい
あぁ、いいですねぇ、レトロ建築の数々。
風情があります。
こういうのって、段々なくなっていってしまうんでしょうね。
2017/03/02(木) 00:04:19 | URL | nbm #- [ 編集 ]
文化財指定なので
>nbmさん

えぇ、いいんですよ。ただ眺めてるだけでも、やっぱり歴史が伝わってくるってことなのでしょうか。

で、ほかの建築と共にこれらは市の文化財に指定されてるので、そうそう解体されることもなさそうです。
この街も、そうそう再開発とかでややこしいことにはならなさそうですし。もっとも、旅人の感傷はさておき、そこに住むかたがたの意思が第一ですが。

川越の蔵の町も、ずっとあのままでいて欲しいものです。

2017/03/02(木) 17:04:32 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1214-4bdde041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック