さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
横須賀日和(3) 神奈川県内JR線完乗リーチ!
さて、いよいよ横須賀線終点まで…ふた駅(笑)。

この先単線

横須賀線って、逗子駅までは本数も多いのですが、そこから先はダイヤが薄いんです。で、総武線快速・横須賀線でおなじみの長大編成ではなく、このように4両編成だったりして。

横須賀駅ホーム

しかも、ここから先は単線なんですよ。まあ、その輸送量で充分だってことなのでしょうが。ふた駅ですしね。

おなじみの電車

おなじみのラインカラー、おなじみの車両です。ただ、短いんですけどね。
で、横須賀を出ると次は衣笠駅なのですが…これがほとんどトンネルなんですよ。
google mapでは判りにくいので、興味のあるかたはマピオンや地理院地図(=地形図)をご覧ください。

久里浜到着

で、衣笠からの車窓もこれといったものではなく、お客さんに西洋人が多いなと思ってるうちに久里浜駅に到着。これで横須賀線は完乗となり、神奈川県内のJR路線は一番ややこしい“あの路線”だけとなりました。完乗リーチです。

エンドに向かって

レールエンドに向かって。ここはちょっと特殊で、この先にまだ続いてるのですが。

明り取り

そして駅舎へ。この、吹き抜けた上部に明かり取りの窓が並ぶってのは…あ、白河駅がそうでした。
こちらは昭和19年のものだそうですが。

久里浜駅舎

外に出て。装飾的なところはないのですが、建てられた時期が時期だけに、デザインに凝ってる場合じゃなかったんでしょうね。

そしてそこから街歩きとなるのですが…この辺は閑散としてるんですよ。賑やかなのは京急久里浜駅のほうなんですね。利用者数もあっちが3倍だそうですし。

ウィング抜けたら

徒歩ですぐのところにあるのですが、京急の商業施設『ウィング久里浜』にゆうちょATMがあるらしいのでお金を下ろしがてら(=世間は休日でしたから手数料のかからないゆうちょ口座を利用)、せっかくだからウィングぶらぶら。
そこで面白い店に出会ったのですが、それは最近立て続けに出会ってるジャンルなので、続きでまとめてシリーズ化してお届けいたします。

で、ウィング抜けたら商店街。ここ、有名だそうですね。その日一緒だったハマの、長年の仕事仲間に“久里浜ってどういうところですか?”と訊けば“あー、JRのほうは何もないスよ。京急のほうですね、栄えてるのは。商店街が有名なんですよ”と。

三角スペース

ここはまた来ることもあろうしと、今回はここで引き返すことに。で、JRの駅前にはこのような…三角形の囲われたスペースがあるのですが…使い途に決定打を欠く…そういうデッドスペースなのでしょうか。
広角を生かそうとするような構図で撮ったので(=ガラケーでですが)、これじゃ何が何だか解かんないか。三角なのかも何だか…。

スポーツバイク組立場所

サイクリストとして“おっ?これは!”と思ったのがこの、『スポーツバイク組立場所』。フロアポンポも置かれてます。
輪行サイクリストに人気のスポットなんでしょうね。こういうのは確か…尾道駅にもあったっけ?

自転車半島宣言

そこにはこのようなポスターも…『自転車半島宣言』と来ましたよ!オクサン!
半島一周…好いですよね♪これが房総半島ともなると途中で宿泊が入るところでしょうが、三浦半島なら日帰りでも…でもまあ、美味しいモノがたっくさんあるところですし、泊まって楽しむのもまた一興でしょう。

これで帰ります

そうかぁ…次の機会にはフレッタを連れて来たいものだなと思いつつ、そうなったらなったで運賃の安い京急で来てしまうんだろうか…そんなことを思いながら、トンネルの多い横須賀線で大船まで、そこからは東海道線で藤沢まで、藤沢からはいつもの小田急で家路についた…そんな思いつきの乗りつぶし旅でした。


オマケ。

印象的な地元広告

JR横須賀駅で印象的だった地元企業広告。こういうセンス、好きですよわたし。でもこの不動産屋さん、京急久里浜駅前なんですよね(笑)。


シリーズ『横須賀日和』はこれにて閉幕。後半は美味しいモノが出てきませんでしたが、続くような続きじゃないような続きで、最近ハマってる“美味しいモノ”を連発しますから、特に“お菓子食って涙が出そう”になる“微笑みがえし”な同志には請うご期待です。


(一応、了)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1222-ccd581c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック