さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
千住散歩(4) 旧日光道中
実は一旦、駅まで来たんです。

駅まで戻ってきたけれど

そこで、せっかく芭蕉矢立の地に来たのだし…と。とりあえず歩いてみたいじゃないですか。で、妙な話ですが、現・日光街道から分岐する(=逆か?)旧道の入り口に向かうと…これが何と足立市場正門前(笑)。

旧日光道中

もちろん、街並みは当時とは違いますが、いろいろと痕跡はあるはずです。そしてまずは、この先がやっちゃ場跡、と。

ちょっとイメージ違う

誰かと思いました。これは…何かイメージが違いすぎやしないかぁ。七福神のメンバーみたいなんだもの。芭蕉像はやっぱり、岩沼駅前のあれが一番じゃないかと思います。新白河駅前のそれもなかなかですが。

俳句の街

で、そういう土地だから、俳句の街なんですね、昔から。明治以降、著名作家も訪れてるので、ある意味歌枕とも言えるのでしょうか。

やっちゃ場跡

そして、やっちゃ場跡。やっちゃ場というのは要するに青物市場のことなのですが、古くは戦国時代から…そして昭和十六年の第二次世界大戦勃発まで、このエリアが市場だった、と。

道しるべ

途中、このような道しるべが。いろいろな“跡”について記されてます。歴史散歩好きのかたにもお薦めです。

今はスリーエフ

ここがやっちゃ場の北詰で、かつては酒屋さんが、そして今はコンビニ『スリーエフ』となっています。で、今でも酒を売っているというのは、ちょっと浪漫ですね。

千住掃部宿

千住というのは日光道中における最初の宿場町だったのですが、そののち街道に沿って規模が広がったものの、この千住掃部(かもん)宿がその元祖だそうです。

にぎやか商店街へ

そして、この通りを渡れば、向こうは賑やかな商店街です。商店街、好きなんですよ♪


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:歴史散策 - ジャンル:趣味・実用

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1253-84743460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック