さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
具が肝心
何かまた九州の甘口麦味噌を楽しみたくなったのですが、近所の高級スーパーに行くと300gのパックが各種並んでるので、ちょっとお試しには便利なんです。

現代の名工

で、ある日気づいたのですが、ここに並んでるのは各メーカともHPにも載ってなくて、こういうところ向けに造られた(=造らされた?)プレミアムラインなのかな?と。
今回は“現代の名工”の手によるものです。

この、現代の名工とは…

国内で最高水準と認められた技術者に対して厚生労働省から贈られる称号です。

とのことです。

無添加九州麦みそ

『無添加九州麦みそ』ですから、原材料はシンプルです。で、そのまま味わってみれば…香り好く味わい豊かで…さらに甘い気が…(笑)。

甘いが素晴らしい味わい

甘いのですが、素晴らしい味わいです。まあわたしは味噌少なめで味噌汁をつくりますから(=通常の1/2~1/3)、ちょうど好い感じにはなるのですが。
ただ、思ったことが。わかめとか揚げとか、そういうのならまあ普通なのですが、ちょっと前に旬だった『庄内あさつき』を使ったところ…これは九州味噌には合わないかな…と。
東北の食材ならやっぱり、仙台や津軽の辛口でいただきた…ああ、そういうことか、と気づきました。なるほど、地元の味噌には地元の食材…それが食文化というものですよね。

九州味噌で回鍋肉


一方で、これはと思ったのが春キャベツによる『ホイコーロー』。ホイコーローは割と簡単にできて失敗の無い、料理初心者にもお薦めな料理ですが、特に春キャベツを使ったそれは柔らかさと甘みがたまらん!と思うんです。
で、それをこの濃厚な甘味を持つ九州味噌と豆板醤で…素晴らしかものが出来たとですよ!
まあ、それも好みですけどね。


ちょっと食文化を考えるにまで至った、そんな高級九州味噌でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:味噌 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1261-a470d6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック