さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
変わった地名ハントツーリング(3) 驚異の激坂!
そして、その山越えの道の取り付きまでやってまいりましたが…

押し歩き決定

この激坂は…押し歩き決定です。いや、フロントダブルならまだしも、フレッタはフロントシングルですから。8速でもこれは上がれません。

何と雨降林道

何とこれ、雨降(あめふらし)林道でした。林道ならまあ、一般道とは規格が違いますから、激坂も珍しくないんですよ。
で、距離は308mですから、そう大した距離ではありません。

夕方からゲート閉鎖

午後4時30分でゲート閉鎖されるらしいんですが…ちょっと早いような気もします。で、押し歩きでもひっくり返りそうな勾配なのですが…

驚異の激坂

こんな勾配標識…初めて出会った気がします。22%ですよ!?22%!!そもそも14%でも登れないほどの激坂なのに…20%台の勾配の坂…あるんですね。
さすが、林道基準です。

22パーセントの坂

これが22%の坂です。こうやって写真で見ると、大したことないように見えるでしょ?実際ここは10%台だと思いましたが、でも立ってても後ろにこけそうになるんです。

ピーク道に出ました

約300mを押し歩いて(=勾配がすごいから歩いてても疲れました)、ようやくピークへ到達。ここからは峰を走る道を右へと向かいます。

22パーセントを振り返る

来た道を振り返って。この辺はもう、アスファルトだと上れないからコンクリート舗装になってました。たぶんここが22%だと思います。とんでもない勾配だって解っていただけますか。これくらいとんでもないと、下りだって降りて押しますよ。

穴川林道でした

稜線の道は穴川林道でした。で、この先に…たまたま見つけた面白いスポットがあるので、ちょっと寄っていこうかな、と。このときはまだ、そこに至るのがあんなルートだとは思ってもみなかったのですが。

雨降林道

断面図を。こうして見るとそうでもないように見えますが、平均でも16%ありますから、やっぱりとんでもなかったな、と。
そしてまた、とんでもないものに出会うことになりました。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
こんばんは。

22%!!

すごい勾配を自転車を押して行かれたんですね。

こんな勾配で更に幅員もあまりなさそうなので、
自動車で対向車が来たら大変なことになりますね。

行き違いポイントまでバックで上がるのはもちろん大変だけれど、
バックで下がるのも怖いですよね。

若い頃、仕事で出向いた、とある大阪の林道でそんな怖い体験をしたことを
思い出しました。

あれ以来、極力、林道を走らないように心がけています。
2017/04/19(水) 22:40:34 | URL | ふぐにさん。 #36k9amUg [ 編集 ]
わかります……
急勾配って、写真だと伝わらないんですよね。
「22%」っていったら、激坂もいいところじゃないですか(笑)

30%だと、ほぼ垂直に感じますよ。
四駆で遊んでいた頃、恐怖しました。
降りるときは、垂直に下るジェットコースターみたいなもので。

ヒルクライムで遊んでいるときのこと。
一度、30%勾配の途中で、車の中にひとり置き去りにされたことがあります。
なんて所に置いていくのだとダンナさんに
本気で起こりました(笑)
2017/04/19(水) 23:49:11 | URL | nbm #N3E1ubaI [ 編集 ]
>ふぐにさん。さん

ここは一応、幅員は5.7mありますので、設定上(笑)は離合も可能かと思われますが、何せ勾配が勾配だけに…。

特に…Google mapにナビさせると最短距離を走らせようとするので、免許取り立てのひとなんかが迷い込んだら…と。

まあ、公道ではないですしね。こういうところは地元の皆さんに善意で解放されてる…としても、どれだけのひとが日常で使用してるのやら。
趣味人にとってゲート開放はありがたいのですが。

2017/04/20(木) 17:01:20 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
林道といえば
>nbmさん

いらっしゃいましたね(笑)。ここ、舗装してなかったら多分、走れないでしょうね。
で、一応四駆軽トラが走れるようにとかで砕石ダートだったとしたら、まあ自転車は走れませんが。

30%といえば、坂上がり(笑)をやたら楽しんでた頃に、大阪~奈良間の暗(くらがり)峠に憧れたことがありました。写真で見ると、ほとんど壁に見えるんですよね(笑)。
まあ、今となっては遠征する体力もありませんが。

自転車でも、18%とかになると下りでも逆さに落ちるような感じで、さすがにそうなると、シート高を下げて(=BMXみたいにして)腰を後ろに引いたりしてバランスを取りながら下ってます。

しかし…30%の途中で置き去り…そりゃ本気で怒るわ(笑)。よくフィクションで、崖から半分飛び出してゆらゆらしてるクルマとかありますが、それと同じくらいの恐怖でしょうね。

2017/04/20(木) 17:08:52 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1265-be56791c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック