さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
大阪経由① いつもの瀬戸内
さて、すっかり暑苦しい夏ですが、春の18きっぷ旅話~実家帰省復路編をお送りいたします。
とはいえ、大体はいつもどおりだったのですが…

通津

シリアス話の前に、ちょいと難読駅名。通津と書いて“つづ”と読みます。これに限らず、この界隈には“?”な駅名が溢れてんですけどね。

で、ダイヤ改正で困ったことが。これまでのこの筋~朝ご飯を実家で食べて出て、昼は岩国での乗り継ぎ時間を利用して、すぐそこのスーパーで(=かつては駅売店で)名物の『岩国寿司』を買っていただくという…それが出来なくなってしまいました(泣)。
本数が減ったというか整理されて、一本遅らせて岩国寿司ゲット!は不可能となってしまいました。

※時間に余裕がありまくりなかたは楽しめましょうが

新しい駅寺家

そういうことが事前に判ってたので、お昼は実家で簡単な弁当を作ってもらってということになりましたが、おむすびの絶妙な握り具合というのはもう…さすがベテラン主婦(=母のことですが)だな、と。
煮魚の味付けもそうですが、なかなか超えられないハードルがあります。

で、この駅は広島の寺家(じけ)といって、この春のダイヤ改正で新たに設けられた駅です。広島では他にも、一旦廃線となった可部線の一部が住宅地として栄えて…それゆえに新駅がふたつも出来たんですよ!

実は赤字の内陸部

特に北海道内で、廃止される駅の話が取りざたされた時期でしたが、新駅の出来るところもあり、廃止されるところもあり。
ちなみに寺家駅。鉄道好きには基礎教養の“瀬野八”の八本松側に出来た新しい駅ですが…この界隈が赤字路線だとは実家のテレビでニュース観てて初めて知りました。逆に呉線は黒字らしいのですが、それは近年のウサギ人気も関係してるのかな?とも。

お馴染み瀬戸内海

山を越えれば瀬戸内海…広大な内海ですから、穏やかです。好いんですよ、瀬戸内海。穏やかで、そこに島が大中小問わずぼこぼこと浮かんでて…ひたすらのどかです。
まあわたしは、それを見て育ったからそう思うのかも知れませんが。

味液タンク

途中、貨物列車が。今はすっかりコンテナ規格化されてますから、石油以外の液体はコンテナサイズのタンクに入れられてますが、そこに書かれた内容物の名前…ナンタラナンタラーラ酸専用とか、それが一体どのようなものでどこで何に使われてるのか…ちょっと気になるんですよ(笑)。

で、今回出会ったのは味の素のそれ…《味液》って一体…まあ、何となく解らんでもないですが。


そして一路、関西方面を目指します。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1351-844504b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック