さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
大阪経由② 大阪でプチ乗りつぶし
三石を過ぎて上郡へと到れば、岡山県から県境を越えて兵庫県へと突入したことになるのですが、個人的には播磨国は瀬戸内文化圏というか、山陽だと思ってるので、とりあえず明石海峡を越えるまではまだまだ続きの感はあるんです。

有年

ただ、列車運行の切れ目である相生は、一つの区切りではあるかな、と。そしてその、乗り継ぎ駅である相生のひとつ手前が有年。“うね”と読みます。
ここはもう、大垣夜行の時代から記憶に刻まれてる駅でした。あの時代、東京からずーっと乗り継いで来てると、このあたりで強烈な睡魔に襲われてたものだったんです。

竜野簡体字版

相生からは姫路行きに。車内のデジタル広告&案内。これを見て一瞬!自分はどこに連れて行かれようとしてるのかと思いました。この…要するに簡体字なのですが、一瞬“戎”に見えたので、そんな駅なんてあったか?とか思ったのです。

竜野日本語版

日本語で書けば《竜野》なんですけどね。高級そうめん『揖保の糸』など、乾麺生産で有名なところです。

明石大橋

姫路からは新快速で一気に関西中央部へと。特急並みの速度で疾走する新快速、いつも頼もしく思ってます。
車窓からは明石大橋が見えます。これ、いつ見てもデカいなぁ…と思います。


そして、新快速は無事に大阪駅に到着。この日はようやく、西成の安い宿に予約が取れたのです。最近はインバウンド需要なども重なって、なかなか取れなかったんです。
で、最寄り駅の新今宮へと向かうのですが…

月菓粋木琴堂

考えてみれば大阪環状線、西半分はよく利用していながら、反対側は…昔に利用したことはあったはずですが、とりあえずこっち側から向かってみようかな?と。
途中で見た、駅ホーム店舗。カステラ…いやいや“かすていら”の店です。この“かすていら”に思わず!月菓粋木金堂を思い出してしまいました。関西ですねぇ!いや、『あっちこっち丁稚』の話ですが。

201系現役

何となく大阪環状線も完乗しつつ、新今宮到着。ここに碇を下ろします。大阪ではまだまだ201系が現役ですが、これもまた置き換えでなくなってしまうのか…それもまたちょっと寂しいなと、そういうことも思いつつ…大阪の夜が始まりました。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1352-c12494cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック