さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
特に名はない旅 外伝② あの味を自宅で!
太田の岩崎屋で真っ黒い焼きそばを美味しくいただいて、店の外に立ってた『月星ソース』の幟旗…これが味の秘密かな?などと思いつつ、地元群馬のソースかと思いつつ…足利市での観光中に発見して“あらまあここのものだったのね!”、と。

月星焼そばソース

まさにその名も『焼そばソース』という、しかも“まじ うまいっす”というコピーも書かれたものがありました。なるほど、これかぁ!
で、ビーフエキス入りなんですね。普通は野菜や果実で作られてるものですが、これがあるから野菜…それこそキャベツだけでも美味しく楽しめるのかな?とも。

うまみが広がりますので

“うまみが広がりますので良く振ってご使用ください”…こういうの、好きです。まあこういうものはあれです、うまみ成分が沈殿しますからね。

真っ黒にはならない

で、その辺の単品売りの焼そばめん(蒸しめん)と、野菜炒めミックスを使いましたが、美味しく出来ました。ほんと、これ一本で充分です。で、あのような真っ黒い色にはなりませんでしたが、お店って複数のソースをブレンドしたりして“店の味”を出したりしてるものですから、そうすると…ちょっとそこら辺のチャレンジに意欲も湧きますなぁ。


買って好かった『焼そばソース』でした。で、もう一本あるんですよ。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
今はムーンスターの
運動靴(内履き)を思い出しました。
瓶を横倒しにすると旧ロゴに、、、ごにょごにょ。

焼きそばいうと、昨日の昼めし「バゴーン」でした。月星ソースとブレンドすると新しい発見がありそうです。
2018/02/13(火) 08:47:02 | URL | なじらん #- [ 編集 ]
ここもまあ老舗ですし
>なじらんさん

明治の創業ですし、何だか…知られざるすごい会社ですよ、ここ。

http://www.tsukiboshi-s.co.jp/about/

で、バゴーンは…ああ、そうですね、東北だけでなくそちらにもありましたよね。
マルちゃんって、地域限定が多いですよね。そういえば激めんって関東も販売エリアのはずなのに、近所の酒屋さんでしか見かけないんですよねぇ…。



2018/02/13(火) 17:08:04 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
もはや定番です。
少なくとも個人的には、ですが…。

でも、断然旨味が違うような気がします。
なのでこれだけでも十分なのですが、
私は一度麺だけにやはりこちらのウスターソースで下味をつけて、仕上げにあれを全体に回して全体に味を絡ませる…というやり方をとっています。

一般的なものは地元のスーパーでもありますが、直売所だと確実でしょうね。

ちなみに、もともと創業時は「転んでも起き上がる」という精神から、「だるまソース」という名前だったそうで、その後二代目さんが現在の名前にしたのですが、サイトをご覧になっていればご存知のことと思いますので、その理由はあえて割愛させていただきます。

小さい頃は地元の会社だとは知りませんでしたが、今ではもはや誇りですね。
2018/02/13(火) 21:01:58 | URL | あいあんさいど #- [ 編集 ]
うらやましいです
>あいあんさいどさん

こういうものが地元にあることそのものが、うらやましい限りです。しかもこれだけ歴史があれば、それこそ先祖代々…だったりなど。
味噌や醤油ではそういうことも語られましょうが、ソースだって語ってもいいじゃないかと思いました。

下味という手もありましたね。ただ…今は減塩の身の上ですから、それが出来ないのがちょっと悔しかったりします(笑)。
肉のポリ袋漬けというか、鶏もも肉などでよくやるのですが、そういう漬け置き後に焼くという料理などには使ってみたいです。

歴史、拝見しましたが、開発してリヤカーを牽いて量り売りしながらの、転んでも起き上がるだるまの如きソースの伝道師…そして現在の名前…歴史ある企業には数々のロマンがありますね。
あらためて、うらやましいです。

2018/02/14(水) 17:08:55 | URL | 中林20系 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1570-ec8640fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック