FC2ブログ
さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
だしに新しい風
山形といえば漬け物王国というか、あまりその辺では見かけないようなものが多々売られてます。中でも珍しいところでは…温海(あつみ)かぶのように他にない野菜によるものなんてのがあったりして、青菜(せいさい)漬けの山形青菜も山形特産です。

一方で、その手法が独特というものも。おみ漬けのように残り野菜を細かく刻んで漬けた、いわゆる始末が発祥のものとか(=近江商人から伝わったとか)、そしてわたしが好きな“だし”も独特。
夏野菜を細かく刻んで作った即席漬けの類ですが、これは食欲の減退する夏の時期に食を進めるありがたいものなのです。

わさび昆布だし

最近は山形の大手が東京工場を設立したりなどあって、お求めやすい価格で手軽に買えるようになってきましたが、そのバリエーションとして『わさび昆布』というものがありました。『おかわり三杯』などという面白いものを出してた、あのメーカーからです。

白いもので旨い

普通はきゅうりが主体なのですが、これは大根と…そしてなんといっても茎わさび!これが好いんですよ。あ、冷奴に乗せてますが、ご飯に合うものは豆腐にも合うのです。
で、だしの上に花鰹なんてのがまた楽しいのです。カルシウム摂取にもなりますしね。

だしにモルディブフィッシュ

これはちょっとひねって、モルディブフィッシュ(粉末)を。モルディブとかスリランカとか、インド洋の島々には鰹節と同じような文化があるのですが、カビ付け工程がない分あっさり目な味わいです。夏ならこっちのほうがサッパリいただけるかも。


自作もできるものですが、大家族ならともかく少人数家庭なら買ってきたほうが手軽でいいですよ。だし、夏のお薦めです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/1716-a31f9ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック