さてめしアネックス
放浪旅と、名物と…
ちょっと変わったオブジェのようなもの
帰省先は新年早々悪天候でした。っていうか年末から悪天候でしたが。

初じゃないけど

で、三日になってようやく日の出を楽しめた、と。でもこの辺りのこの時期の日の出って、7:20ころからなんですよね。
自室からの写真ですが、何かこう…夕日っぽく見えるんですよね。『特捜最前線』とか思い出します。
♪わ~た~し~だけの十字架~


さて、実家滞在中は外食となることが多い、『うちの昼ごはん問題』です。
姉夫婦も福岡から帰省してきたのでクルマもある、となったら行動範囲も広がります。ただ、だからといって遠出すれば美味しい店に当たるとも限りませんよね。

かつては毎正月に義兄の運転で長距離ドライブして伺ってた風光明媚なところでの海鮮丼も年々劣化して、ついには長距離云々を置いておいても「こんなの千円以下だっ!」と怒りを覚えるくらい価格的に釣り合わないレベルに劣化して、結果としてわたしが激おこプンプン丸と化してしまったんですよね。

もうあそこはいいよ。あんなの食べるために義兄に長距離運転してもらっては申し訳ないよ…と。
で、わたしと母の提案で、水族館に伺った際に立ち寄る地元魚市場隣接の商業施設にある店の海鮮丼を皆んなでいただいた、と。
わたしと母はここのファンですが、初めての姉夫婦にもとりあえず喜んでもらえました。


ただ、これだけではドライブの楽しみがありません。姉夫婦の愛犬を広いところで走らせてってのも出来ませんし。
そこで、あああそこがあったね、行ってみようか、となったのが、地元の小高い丘というか小さな山というかなところの公園。

まず、国道沿いのPAから見る響灘(ひびきなだ)と島々の姿もよかったのですが、そこからさらに山の上の公園へと歩を進めれば…絶景でした。

これは一体?

と、そこで目に付いたのが…これは…芸術作品?オブジェ?
何だろね?この数字の配置は…もしかして?でもこの足型は?

アナレンマ式

想像通り、日時計でした。アナレンマ式日時計といって、その時期によって指定のところに立てば正しい時刻が判るようです。
初めて接しました。

日時計

日時計といえばフローラ・プリム&アイアート・モレイラ夫妻のアルバム『日時計』を思い出します。
『ルア・フローラ』(=花の道…花道?)って曲が好きでした。サビに当たる部分のメジャー/マイナーを行き来するところとか。ブラジリアンだなぁ…としみじみ。

とりあえずセルフ撮影してる自分へのツッコミとしては…まっすぐ立たなきゃ正確な時刻が判んないだろ!>俺!

響灘

響灘の風景も、六連島(むつれじま)の姿も好かったです。
因みにこの群島、中央に見える(=石油備蓄タンクのある)六連島は下関市ですが、その左に見える島(=馬島)は北九州市の所属になるんですよ。
何だか面白いですね。仲良く分けたってところなんでしょうか。


地元とはいえ、育ったり通学したり生活したりしてたエリアではないところだったので、地元再発見が楽しかった…そんなお昼タイムでした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/20-cbef9058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
下関市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/01/25(土) 09:00:20 | ケノーベル エージェント