さてめしアネックス
放浪旅と、名物と
清澄白河とか菊川とか、あの辺(1) 数え切れない
今年一番の大変すぎた大物外注仕事ってのがあって、その取引先周辺でも寄ると触ると“誰が犠牲になるのか”…いやいやいや抜擢されるのかと噂になってたんです。
結局はわたしを含むフリーのベテラン外注さん三人が軸となったのですが(×二日)、まー大変でしたよ。

で、心身ともに疲れ果ててましたから、そんな中での楽しみといえばやっぱりお昼。駅前からは離れてるのですが、逆に主要道の交差点が近いし、マンションとか住宅とか多いせいか食べるところは案外ありました。

疲れ果ててエナジーチャージといえば…やっぱり“中華”ですよね。¥700~900-くらいの日替わりやセットものが黒板に書かれてる店を見つけて、ここはひとつガッツリ平らげて午後に備えよう!とか思ったんですよ。

数え切れないメニュー

12時を回ってたにも関わらず客がいない店内…一瞬不安になりましたが、店内を埋め尽くすこのメニュー写真に圧倒されました。
数えようと思ってもめんどくさいから数えたくないくらいの大量メニューです。まあグランドメニューなんでしょうから、ランチタイムに出してくれるかどうかは判りませんが。

ランチメニューも種類は多く、店のイチオシは酸辣湯麺のセットものでしたが、こういうときはご飯でガッツリいただきたいんですよね。

エビとイカのチリソース

で、『エビとイカのチリソース』というのにしたんです。出てきたのがこれです。一見…すべてが小ぢんまりとまとまった感じで、何となく量が少なめなんじゃないの?と、この写真を見て思ったかたもございましょう。こうして距離を置いて見るとわたしも今、そう思います。

スープの器ってありますよね、中華の。そしてご飯茶碗ってありますよね、食堂の。そして香の物の小皿ってありますよね、食堂一般の。
そしてそれぞれの大きさの比率が、他の店でもだいたい一定な感じですよね。

スープの器を基準にするとこの写真はそう思えるのですが、ご飯粒…これは解りにくいか、そうそう、スープに突っ込まれたレンゲを基準に見てください。これは普通のレンゲです。
そう、器がそれぞれ大きいんです。ご飯は大振りな丼飯なんですよ。スープの器はそれこそ、世間の半ラーメン並み以上かも。

格闘が始まりました(笑)。メインはというと、解りやすく言えば“イカも入ったエビチリ”なんですが、エビはデカいしイカもデカいし、しかもこれらの下には刻みキャベツを主体とした生野菜までドッサリと隠れてて…中華定食の生野菜不足を心配してくださるなんて…まあ!なんてヘルシーなんでしょう!
いやいやいや、これがボディブローのように効いてくるんですよ。

スープもよくあるかき玉スープかと思いきや、豆腐や野菜まで入ってて…実のところ、液体と個体とどっちが多い?みたいな状態ですし。
市場食堂を思い出しました。練馬のそれとか横浜のそれとか。


これが美味しくなければ早々にギブアップするところでしたが、美味しいんですよ。だから結局、完食してしまいました。俺もまだまだ若いなぁ…(泣)。

何だか食べるのに疲れてしまって、全然回復になってないじゃないかと思いつつ、戻ってから仕事仲間にその話をすれば…山をやってる仕事仲間のひとりが「ええっ!そんな店ありました?チャーハンもありました?明日は僕、そこで食べたいなぁ(憧)!」と。
このひとは細身なのですが(=っていうか、この業界はわたしを含めて皆さん細身ですが)、山をやってる関係か“食いだめ”が効く身体みたいですね。

このときの雑談で、このチャーハン好きの仕事仲間がスペインで本場のパエリアを食べて…といった話にチェーンリアクションしていった、そんな昼休みでした。

で、わたしは仕事先に都営大江戸線の清澄白河駅から向かったのですが、都営新宿線の菊川駅から来たという仲間も。そこで『でっか字まっぷ東京23区』を確認すれば…微妙に菊川のほうが近いな、と。
だったら俺、乗り換えなしで来れたじゃん!と気づき、帰りは菊川から帰った…そんな初日でした。


(つづく)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://satemesi.blog.fc2.com/tb.php/367-b779d490
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック